黄色の13単語

キイロノジュウサン

黄色の13とは、フライトシューティングゲームACE COMBAT 04 shattered skies」に登場する戦闘機パイロットである。

概要

エルジア156戦術戦闘航空アクィラ隊(通称“黄色中隊”)の隊長で、乗機はSu-37

戦闘機パイロットとして優れた技量を持っている。
それを物語エピソードとして、5機編隊で飛行する黄色中隊機の中で、一斉に同じ旋回機動をしたにもかかわらず、彼の操縦する機体のみが鋭く飛行機を引いたという。

大陸戦争中期にける彼個人の撃墜スコア64機という驚異的な数値を誇っているが、彼自身はスコアよりも共に出撃した列機を事に連れて帰ってくることに誇りを持っていたようである。

参考までに、エースコンバットZEROに登場するインディゴ1ことデミトリハインリッヒ中佐が総撃墜数54機で、1970年以降のベルカトップスコアである。黄色の13はファーバンティメビウス1に撃墜されるまで、さらにスコアを伸ばしただろうことを考えると、彼の腕がいかに圧倒的であったかが理解できるだろう。

また、病院屋上高射砲地を設置した味方の陸軍に対して怒りを示すなど軍人としての高い誇りを持っていることが伺える。

メビウス1との死闘

永遠のライバルとなったメビウス1とはISAFによるアーリーバー作戦(油田及び石油化学コンビナート攻撃作戦)にて初めて会敵するが、この時はISAF側の命黄色中隊との戦闘は避けられメビウス1との戦闘かった。

尚、カウントダウン作戦(反抗作戦支援のための偵察衛星打ち上げ防衛作戦)にいてメビウス1黄色中隊の1機に対して命中弾を与え、黄色中隊を撤退に追い込んでいる。
黄色の13がメビウス1を意識し始めたのはこの時からだと思われる。

次に会敵したのはISAFによるストーンクラッシャー作戦ストーンヘンジ攻撃作戦)であった。急報を受け駆けつけた黄色の13だったが、ISAF軍機との戦闘中に2番機であった黄色の4メビウス1によって撃墜される。

そして、最終決戦となったのはオータサンダー作戦エルジア首都ファーバンティ攻略作戦)での首都での中戦だった。
単身で挑んできたメビウス1との戦の末、黄色の13は列機と共にファーバンティに散ることになる・・・。

時は2005年9月19日ISAFによる反抗が始まってちょうど1年の日であった。

余談

関連動画

何と黄色の13とメビウス1による夢の共演!?
気になる人は動画クリック

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%BB%84%E8%89%B2%E3%81%AE13

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

黄色の13

24 ななしのよっしん
2014/01/23(木) 01:10:59 ID: ojP4sN5uuP
結局その後の少年はどうなったんだろ。
メビウス1手紙を書いている場面とかのからすると大人になっているっぽいけど、今は何をやっているんだろ。あのまま場にいるのもいいけど、黄色の13の後を追う形で戦闘機乗りになっていたらいいな。何気に視が良いっぽいし。
25 名無し
2014/05/22(木) 03:57:23 ID: cVj9IsrDLV
欲を言えば、ベストメンバーと整備不良のない状態の黄色と戦いたかったなぁ
26 ななしのよっしん
2014/11/12(水) 17:44:19 ID: E0u7fvLC8v
ゲーム内の主人公と同化して一緒に悲しんだり一緒に奮したりするのがゲームの基本みたいなもんだけど
エスコン04の場合は挿入されるストーリー主人公との関係性が薄い"サイド"ストーリーでしかないという点で異質だよね
だけどゲーム性とサイドストーリーのどちらもが秀逸だから関係ない話を聞かされる煩わしさを感じさせないし
むしろプレイヤーISAFを勝利に導くということ、エースとして敵のエース(黄色中隊)を落とすということについての立体感を生んでいる
倒すべき敵として黄色の13と戦っていたはずなのに、ミッションが終わればプレイヤー黄色の13という人物に思いを馳せている

こういう立体感があるからこそ黄色の13シリーズでも屈と言っていいほど魅的なキャラクターとされてるんじゃないかな
こう考えてみると、エスコン04のストーリーテーリングのうまさはシリーズ断トツだね
27 ななしのよっしん
2015/01/13(火) 23:48:16 ID: 3HnHeQ/kZq
「こいつ戦後の復に要るんじゃね」っていうほど死んじゃうよな
YELLOW13さんに限らない話だが
28 ななしのよっしん
2015/01/31(土) 01:03:59 ID: YOjjx7JTGo
>>25
どうせならメガリスの15機が黄色とバリー隊とかで
29 ななしのよっしん
2015/04/05(日) 20:24:38 ID: IHH9351h6R
占領地の子供が築けると思ってて、「私」にを向けられてはっきり分かるぐらい絶望したり
不意の戦死は当然と断じていながら、子供の「私」相手には思い出を吐露したりと、
のちの作品の敵エースべると人の心の割り切れていないところ(あるいは兵士としては弱いところ)が
多く見えているのも特徴だと思う

でもだから好きなんだよ
二番機の喪失を招いた遠因を通報しないまま、首都にまで撤退して
技量と、機と、僚機と、相手の強さを信じて決戦に出撃した心は想像もできない

どれだけプレイして撃墜したか知れないが、それでもは本当は勝ててない気がする
30 ななしのよっしん
2016/08/06(土) 19:26:05 ID: hf4iepAaZ+
全にステルスがない機体でエースパイロットが乗るステルス機とやりあったパイロット
Su-47ならエースパイロットが乗る第6世ジェット戦闘機とやりあったんだろうか?

31 ななしのよっしん
2017/11/28(火) 02:49:03 ID: 4gakk9cziu
>>26
AceCombat初代からずっとやって、黄色の13エピソードと「私」からの手紙で、これまで墜としてきた戦闘機が単なる敵・的から自分の中で"キャラクター"になった気がした。

黄色の13に代表されるけど、他の敵機にもそれぞれ人が乗ってて…そして黄色の13がおそらく最期まで自分が「私」の両親を殺したことを知らなかったように…それぞれに知られざるストーリーがあったんだろう、と感じたことを今でも覚えてる。

AceCombatは3からストーリーが重厚になったけど、
それぞれ特色があっていいですな。4は特に秀逸だと思う。
32 ななしのよっしん
2019/02/02(土) 20:04:59 ID: bf0Hkyn8iv
>>31
ミッション15初プレイ時に、ここが「私」の居る町か…誤爆とかほんとに勘弁してくれよ
2次ミッション絨毯爆撃やめろ
クリア後→ああ、「私」も場の事だったのか
…と思ったのは覚えてる
04のストーリーは妙な生々しさがあって印的だったな
33 ななしのよっしん
2019/02/17(日) 03:16:30 ID: ZIgWMVRalF
最終決戦で「一機でやるな、五機でやる」って言ってたのは、13がメビウス1の事を自分と互か、それ以上の腕の持ちであることを認めてたからなんだよな。
メビウス1の実をもっていると分かっていたからこそ、飛行時間の短い部下たちを前に出そうとはしなかった