黄金の城単語

オウゴンノシロ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

黄金の城とは、1986年に出たタイトーアーケードアクションゲームである。
開発はセタが行った。

概要

この当時ではしい大サイズキャラクターを操って様々な障が待ち受けるの中を進み、各所に配置されているボスを倒すゲーム。全4ステージ

バーと三つのボタンを使って操作し、レバーの左右がキャラクターの位置の移動、上下がの上段と下段の操作(ニュートラルにすると中段の構え)、三つのボタンによる攻撃の上段、中段、下段に対応している。
特殊操作として、中レバーを上下に素く振ると、バリアを展開することができる。

攻撃を食らうと攻撃を食らった個所(頭、胴体、、腕、腿、脛)のパーツが取れてしまい、パーツくなった個所にもう一度攻撃を食らうとアウトとなる。
に関しても攻撃を受け続けるとり始め、最終的にが欠けてしまって防御範囲が狭まってしまう。

道中

中は炎やなどが右側から飛んでくるので、それらをで弾いたりで防ぎつつ進んでいく。

時折、色のを持ったコウモリ水晶球が現れ、色のを取ることでが消耗しなくなる。
水晶球は攻撃すると画面上の敵が消滅し、取れたパーツが全て復活する。

また、飛んでくるを防ぐと地面に落ちるので、それを四本入手することでくなる。
くすると、ボス戦で敵のに攻撃を数回当てることで一度だけ取れたパーツが全て復活し、ほんの少しの間は無敵になる効果がある。

ボス戦

各所に待ち受けるボスの所にたどり着くと、大サイズボスキャラクターとの一対一の戦いとなる。
ボスの大半はメイスなどの武器で武装しており、プレイヤーと同じように攻撃を当てるとが取れていくので、が取れた個所にもう一回攻撃を当てることで勝利となる。

この脱がすか脱がされるかという展開を見るあたり、アーケードゲーム初の脱衣格闘アクションゲームと言っても過言ではない(ただしキャラの大半は男)。

余談だが、1面に登場する女士のイレーネは胴のパーツだけ二重構造になっている。
胴のパーツを全て剥がして胴への攻撃で止めを刺すと・・・・・・。

気になる人は関連動画動画を見るんだ!

関連作品

1984年に「グレートソードマン」という、フェンシング剣道などで対戦するタイトーアーケードゲームがあり、これが黄金の城の原ではないかと言われている。

1992年にはアルュメから正当な続編である格闘ゲームブランディア」が出た。
ガリアノス(主人公)やイレーネといった黄金の城のキャラが出ていたり、キャラクターによっては黄金の城のようにパーツが取れる仕組みになっているが、それ以外はほとんど別物の普通格ゲーである。

関連動画

 

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%BB%84%E9%87%91%E3%81%AE%E5%9F%8E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

黄金の城

1 ななしのよっしん
2018/10/16(火) 15:50:36 ID: SfKtDCPIS2
最高の木

急上昇ワード

おすすめトレンド