黒い仔山羊単語

クロイコヤギ
1.1千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

黒い仔山羊(Dark Young)とは、クトゥルフ神話における奉仕種族である。

概要

黒い仔山羊はシュブ=ニグラス(Shub-Niggurath)の生んだ子供である。またはシュブ=ニグラス本人か。

シュブ=ニグラスは「千匹のみし山羊」や「千匹の山羊みし山羊」と呼ばれている。

もしかしたら巨木の森林の中に入って行くと、いつの間にか黒い仔山羊に囲まれている。なんてことがあるかもしれない。

一般的にはシュブ=ニグラス奉仕種族として登場することが多く、シュブ=ニグラスを崇拝する土地によく現われるという。


黒い仔山羊の姿はまるでロープのような触手で形作られた巨大なのような姿をしている。

太い四本の肢と獲物を捕らえる数の枝のように生えた触手、幹の部分に備える巨大な口は触手に捕えられた犠牲者の血を貪るために存在しているのであろう。

その存在が現われると辺りは死臭に満ちてきて、気がついたら見上げるほど大きない木に囲まれているのである。


シュブ=ニグラス信仰において重要な存在であるとされ、たびたび地球に召喚されては崇拝者からの生贄を貪っている。

ロバート・ブロック著『無人の家で発見された手記Notebook Found in a Deserted House』には、

を崇拝するものたちの儀式を行なっている場所の近くに住んでいたために奇怪な出来事に巻き込まれ、黒い仔山羊に襲われてしまった少年ウィリー・オズボーンの体験談が記されている。

この作品で郵便配達員のキャップ・プリチェットじいさんはこの怪物を見て「ショゴス(Shoggoth)だ」と発言した。ねばねばしたゼリー状の触手の生えた生物……確かにショゴスのようだ。

なぜただのじいさんショゴスのことを知っているのか。そこを考えると面いかもしれない。

郵便配達員だったじいさんは丘の上で儀式をしている、低く唸るようなを聴いたのかもしれない。

「え う しゅぶ にが あ す んが りら ねぶ しょごす

―『無人の家で発見された手記

シュブ=ニグラスショゴスという言葉がどちらも見ることができる。

ショゴス古のもの(Elder Things, Old Ones)に作られた存在であり、シュブ=ニグラスが産んだ黒い仔山羊との接点はないはずである。

想像ではあるが後から追加された設定が数多くあり、そんな不思議を生み出しているのかもしれない。

ふと古のものシュブ=ニグラスの産み落とした黒い仔山羊を元にショゴスを作り出した、なんて妄想をしたが……だとするとウボ=サスラ(Ubbo-Sathla)が可哀想か。

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%BB%92%E3%81%84%E4%BB%94%E5%B1%B1%E7%BE%8A
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

黒い仔山羊

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 黒い仔山羊についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!