黒い霧事件(プロ野球)単語

クロイキリジケン
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

黒い霧事件とは、プロ野球界で1969年に発覚した一連の八百長事件である。
プロ野球界にとどまらず、政界までもが介入し社会全体を巻き込んだ。

概要

1969年当時プロ野球界では八百長が横行しており、その中でも西鉄ライオンズは悪質であった。
しかしもはや習慣と化しており、はっきりとした拠もつかめなかったため、事件には発展しなかった。
そんな中、当然のように同チームに在籍していたカールボレ外野手にも八百長の依頼が持ち込まれた。
しかし、ボレスはこれを拒否、この事実プロ野球機構に通報する。

これがきっかけで報知新聞が調に乗り出し、読売新聞と組んで八百長拠を掴む。

その後、西鉄投手であった永易将之が暴力団の依頼を受け、公式戦で敗退行為(わざとチームが負けるように投げる)を行っていた事が発覚。永易は西鉄解雇となる。
そして同年11月28日、コミッショナー委員会は永易に対してプロ野球界初となる永久追放という重い処分を下す。その後永易は世間から逃れるように札幌でひっそりと過ごしていた。

その後なんやかんやあって国会議員が永易の行方を捜してほしいという要請をすることになり、政界の介入を受ける事件へと発展する。

1970年4月1日に永易が他の関係者がいる事を暴露したテープが「テレビナイトショー」(フジテレビ)という深夜番組にて放送される。その後永易は国会の中で記者会見することになった。その中で表された池永正明・与田順欣・益田昭雄・村上康・船田和英・基満男の六人が事情聴取を受け、一ヶ月経たないうちに小自動車競走法違反の容疑で前年引退した田中勉・高山勲、それに加え胴元の暴力団員が逮捕される。これにより田中勉・高山事実上の永久追放処分となった。

そしてこの八百長疑惑と、オートレースでの八百長及び賭博行為にプロ野球選手が関わっていたということで疑惑はオートレース界にも波及する。
には当時中日エースであった小川健太郎阪神タイガース葛城雄がオートレースでの八百長行為で逮捕され、疑いのある選手として今度は東映田中調、安敏明の名前が挙がる。

5月25日、永易に告発された6人の処分が確定。池永、与田、益田の3人は永久追放処分(池永は後に復権)、村上と船田は11月30日まで野球活動禁止処分、基は厳重注意処分となった。

7月30日小川安に永久追放、田中調に厳重告の処分が下される。

1971年1月11日南海ホークス三浦チームメイト佐藤博から八百長の誘いを受けてその報告を怠ったとして告処分となった(誘った佐藤博は引退したためコミッショナー委員会からの処分はなかったが、事実上の永久追放となっている)。

この後も多数の選手が八百長に関わっている事が判明したが、前述のように習慣化していたため、八百長をしていた、あるいは誘いを受けた数があまりにも多く(田中勉は70人以上いたと言している)、全員処分すればプロ野球存続に関わるとして、これ以上の逮捕者は出なかった。

また、高山田中、胴元の暴力団が小自動車競走法違反で逮捕されたことは、競走中の違反で送検されたオートレース選手が「プロ野球選手オートレース八百長に参加した疑いがある」と供述したことがきっかけである。
このため、オートレース界からも、当時の大井オートレース場のエースだった戸田など現役選手19名が逮捕される事態になった。そして大井オートレース場はこれを引き金1973年閉鎖に追い込まれた。

結末

この事件で、エースとなりつつあった池永を始め選手から多数の永久追放者を出した西鉄人気、実共に失い、1972年に身売りされる事となった。

逆にこの事件の結果東尾修は、ニ軍でも打たれ自信を失い野手転向しようと考えていたが、選手が事件で足りなくなったため一軍でフル回転する機会を得、活躍したことで太平洋クラブクラウンライター西武に至るまでのエースとしてチームを支え続けることになった。なお結果的に、西鉄から西武になるまでずっとチームに所属していた投手は東尾だけである。

東尾は後に「黒い霧事件が自分にとっての最大のチャンスターニングポイント」とっている。

逮捕者の数、関係した選手共にこれまでに類を見ないほどの数となり、球史にり継がれる事となる。
現在では、この事件が深く暴力団が根付いていたプロ野球界を浄化し、最終的に観客動員数の増加につながったと評価するもある。

オートレース関係では逮捕され、多大な影を受けた選手として廣瀬登喜夫がいる。
ダート神様とも謳われまさに当時現役最強であり、充実著しいときに逮捕されてしまった。
廣瀬も上記の19人に含まれていたが、実際は冤罪であり、1975年無罪判決が出て事に現役復帰を果たした。
しかし裁判に5年かかってしまい30代前半というオートレース選手としては一番充実する時期を裁判で失ってしまう結果になり、選手生命に大きな影が出た。それでも廣瀬は復活できたので非常に稀有な存在である。
また、廣瀬以外の選手のほとんどが現役復帰できなかったほか、実際には関係であった選手の中にも事情聴取を受けたことから、ファンなどから疑惑ので見られ引退した選手もいることも事実である。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%BB%92%E3%81%84%E9%9C%A7%E4%BA%8B%E4%BB%B6%28%E3%83%97%E3%83%AD%E9%87%8E%E7%90%83%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

黒い霧事件(プロ野球)

29 ななしのよっしん
2015/09/12(土) 10:28:58 ID: TAF47AI7vu
永易の件を追求したのが読売グループなのが話をややこしくしている(これは本当、担当記者が自分で言ってる 暇な人は検索してみよう)

ちなみに、かつてはWikipediaにも

「当時パ・リーグ球団に在籍しその後巨人に移籍した某選手(彼も八百長の疑いをかけられていたにもかかわらず何ら処分が下されなかった)が、池永の処分解除に対して猛に反対していたことは「巨人の威を借り生き延びた者が、自らのスケープゴードの復権に過剰な拒絶反応をしている」ような印を与える。」などと書いてあったが大嘘

(明らか張本勲のことだが日本ハム(当時)から巨人に移籍したのが1976年なので時期的に巨人護はありえない)

ちなみに調べてみたが1969年巨人の選手でパリーグ出身者は若生忠男と柳田だけ
まあ若生は西鉄出身、投手100勝してるのに償トレード、巨人ではほとんど使い物にならない(通算3勝3敗)と状況がそろいすぎてるがw
30 ななしのよっしん
2015/10/06(火) 08:05:41 ID: VnDFgZQafp
この時代でもまたやったのか…
31 ななしのよっしん
2015/10/06(火) 12:29:56 ID: 5pL1d1Yf3P
虚、虚、虚ち~ん(笑)
32 ななしのよっしん
2015/10/21(水) 23:53:39 ID: p2TGr2vqDf
虚カスざまああああああああwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
33 ななしのよっしん
2016/03/14(月) 20:56:37 ID: 285LfUrvWN
かつてMLBで起こったブラックソックス事件では、
関与を疑われた選手は全員裁判では無罪だったのに全員永久追放、
MLB自体も人気と権威が大失墜して、一時は数あるマイナースポーツリーグの一つまで落ちぶれた。
ベーブ・ルース出現なんてが吹かなかったら、今でもそうだったかもしれない位に。

そんな悪しき前例が世界最高のプロ野球リーグであったのにも関わらず、
NPB黒い霧事件を、KBOも八百長事件を同じように起こし、更に度の巨人軍選手による八百長
どうもプロ野球界ってのは、他歴史に学ぶってことをしないらしい。

ところで、上記の八百長事件って、いずれも発足から40年くらい経ったころに起こってるんだな。
野球が競技レベル的にもエンタメ的にも、マフィアシノギになる位成熟して、
結果八百長持ち掛けられて、それが発覚するくらいまで横行して・・・
っていう一連の流れに掛かる期間って、どこのも同じくらいなんかね?
34 ななしのよっしん
2016/03/14(月) 23:26:24 ID: B1NHR/xWR6
>>33
>どうもプロ野球界ってのは、他歴史に学ぶってことをしないらしい。

大昔から「歴史は繰り返す、一度は悲劇で二度は喜劇」だとか「組織は必ず腐敗する」だとか言うじゃない。
別にプロ野球だけじゃないし、プロスポーツ業界だけじゃないし、政治、産業、宗教教育エンターテイメント、お堅い業界、ナンパな界プロアマ問わずなんだって長く続けばニンゲンの集まりは腐り切る。
まあ特に崩壊が立つほどの巨大組織に育ちやすいのが大人間が集まる分野だから、人気プロスポーツが最も腐敗しやすい典のひとつになりがちなんだろうけどね。

40年ってのはわからんが、ひょっとしたら組織論みたいな高度な分野には世代交代の標準の研究とかあるのかもな。
35 ななしのよっしん
2016/10/31(月) 02:15:21 ID: sCJgWwkST/
40サイクル説は社会学の研究テーマとして面いかもね
36 ななしのよっしん
2018/05/15(火) 09:34:39 ID: FDsl1lcftO
米国ブラックソックス事件」から翌年で年となった今年2018年5月米国最高裁スポーツ賭博をネヴァダ州以外で禁止するのは憲法違反と判決。
今後全野球賭博が合法化されるが、MLBは最後まで反対していた。
37 ななしのよっしん
2019/03/24(日) 21:25:02 ID: bqXHLlnHF4
の選手が絡まなきゃ発覚しなかった恐れもあったのか
38 ななしのよっしん
2019/10/22(火) 22:00:52 ID: /tWkHGtN4Z
>>37
もしあの時発覚しなかったら、もっと根深くNPB暴力団が関与してブラックソックス事件のようにNPB社会人野球グループの一つになってたかもしれない...

急上昇ワード

2019/12/11(水)09時更新