黒夜叉単語

クロヤシャ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

黒夜叉とは、北斗の拳に登場する北斗の拳士である。

概要

ケンシロウの従者で羅殿の番人。背は非常に低い。ジュウケイより強いらしい。義・遊昇凄舞という破対策の技を持っている。

ヒョウケンシロウ対決で唐突に初登場。ケンシロウに代わりヒョウ対決し一度は破を破るが、ヒョウはそれの対策をしており、自壊羅糸で逆に腕をられる。めて破を仕掛けられ逆に倒されそうになるが、ケンシロウわれる。以降はケンシロウヒョウ対決を静かに見守った。

ヒョウ戦後は実質的にヒョウの従者になり、カイオウ陸戦隊との戦いにも参戦。瀕死になったことでヒョウより一足先に死出のについた。

その後、彼の遺体がどこに埋葬されたのかは不明。なお、ヒョウは死後、カイオウにより溶岩の中に埋葬される。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%BB%92%E5%A4%9C%E5%8F%89
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

黒夜叉

1 ななしのよっしん
2021/12/07(火) 17:55:02 ID: Ylhvu8D20F
どういう訳かゲーム含めて東映スタッフに過剰なまでにされてるキャラアニメ生存、4、5は仲間キャラの一人、6では他のキャラを差し置いてプレイアブルキャラ

ケンシロウの従者という設定がやりやすかったのかそれともただ単に世話になったCV千葉さんの味方キャラが欲しかったのか…
2 ななしのよっしん
2021/12/08(水) 21:55:54 ID: VbGUZWuV8a
ヒョウ戦でしか出番がかったためが薄すぎて覚えてもらえないキャラ
特異な見たのおかげでようやくそんな居たなーって思い出せるくらい。

黒夜叉トキやリハクは明確に死亡した描写がいため生きているのかもしれない。
トキ巨大化の代償で寿命縮まったからうやむやになったラオウ戦の後息を引き取るまで医者を再開したのだろうか。
3 ななしのよっしん
2021/12/08(水) 21:58:26 ID: lrCp/ZEGHf
>>1
加えてセガサターン版でも生存
まぁこれは出て即死亡してるから優遇と言えるかどうかは分からんが
4 ななしのよっしん
2021/12/10(金) 02:09:52 ID: vAZBJY5dKv
>>1
声優なんて使ってなかった時代だから千葉繁とか関係なかったと言うね。
にも声優使い始めた北斗ゲーでは一度も登場していないと言う。
と言うか修羅編まで網羅してる北斗ゲーがい。
一応北斗の拳6では最強キャラではあった。
ターン版は黒夜叉トキが生きてたよりリュウケンが生きてた事の方が衝撃だったからなぁ。
一応武論尊監修なのに突っ込まなかったのか名前だけ借りただけだったのか。