黒川エレン単語

クロカワエレン
4.1千文字の記事
  • 6
  • 0pt
掲示板へ

黒川エレン(くろかわ えれん)とは、『スイートプリキュア♪』の主人公の一人である。
過去の姿についてはセイレーン(スイートプリキュア♪)を参照。

声優豊口めぐみ

黒川エレン

後述のキュアビートに覚醒し、心したセイレーンの新しい名前。それまでも人間変身した時はエレンと名乗っていたが、仲間になってからの違いは苗字がついていることに、S字の飾りからゴムで結んだものにかわったことである。

現在は調べの館の一室内に独り暮らし。音吉さんからは色々援助を受けており、たちもちょちょく訪れてるので衣食住問題。
最初はキュアパッションになった時のせつなと同様、今まで犯してきた自分の罪の重さに苦しむことになる。 彼女の場合元は良い性格だっただけに に返ってからはせつな以上に悪事を働いてきた罪悪感に苛まれることになる。
それどころか元々のコミュニケーションの低さが再発し、人付き合いが下手な面が浮き彫りになったりした。 そういうわけで幼馴染ハミィに助けをめた時、ハミィから「みんなハミィだと思えばいい」と言われて ひびかなめて見た時は今までにないぶっ壊れっぷりを見せた。 全にハミヲタである。

たちの協もあり人間世界染んだあとはセイレーン時代がだったかのように心美しい性格に変貌している。ただハイキングキャンプなどでは音吉さんから借りたマニュアル本を片手に少し思考のズレた装備をしてくることがある。さらにドヤ顔オヤジギャグかますこともあるなど、現在はほぼチームアホの子・・・もとい天然ボケ担当である。

それどころかと奏の名前を呼ぶことすらうなど、女の子としてのか弱さすら見える。
他にもお化け怖い、豆腐メンタル、そのくせちょっとツンデレ・・・。
これぞギャップ萌えの塊である。

また、マイナーランド時代にあれだけ嫌がっていた幸福のメロディが好きになったようで、
心地良く聞けなくなった原因はメフィストから浴びせられたノイズだったようだ。
それどころか提供カードでは弾き語りを披露している。

本人は本名である「セイレーン」の名前で呼んでほしくないとと奏に頼み、エレンと呼び方を変えてもらった。
かたやその会話をの前で聞いておきながら、ハミィだけは呼び方を変えない。
あるいは本名で呼ばれても気なくらい仲が良いとも言え、ハミィ相手には絶対に怒らない。
これもメイジャーランド時代から続く、2人(匹)の友情が培ってきた賜物である。

アコメイジャーランド王女であることが発覚してからは彼女様』と呼んでいたが、
本人に様呼びを止められてしまった様子。せっかくと従者という関係が発展すると思ったのだが、
本人がダメというのだから仕方ないよねちなみに映画で発覚したことだが、アコの正体に気づくまでは彼女のことを「ただの生意気な小として見ていたらしい。

エンディングキャラ名表記の変化は、第1話から第20話まで「セイレーン」、第21話のみ「キュアビート」、第22話以降は「黒川エレン」になっている。

キュアビート

キュアビート

-弾くは魂の調べ-

第21話で初登場した、スイートプリキュア♪では4人プリキュア(但し、キュアミューズより先に仲間入りしたため、スイートプリキュア♪3番プリキュア戦士と扱われることが多い)。変身者はセイレーンめ黒川エレン。

決め台詞は「心のビートはもう・・・止められないわ!」他の二人よりも決め台詞っぽい。

キュアモジューレにラリーセットすることで変身する。初登場時はモジューレやト音記号が出現せず意識に変身した後、戦うことなく退場した。その後の変身バンクでは"キュアモジューレで変身時にト音記号を描いて変身する"という彼女特有のモーションが追加されていたが、同時変身時では他の2人も行うようになる(2人わないと変身できないメロディリズムとは違って単独変身が出来る)。

バンク的にも、戦的にもかなりできる子だという事がよく分かります
しかものクセ部分を弾くとギター音が鳴る。なんという高性アスタイル(実際に劇中でこのを使ったのは2回だけだが、インパクトが強すぎて「ビートといったらヘアギター」のようになってしまい、事実ハピネスチャージプリキュア!』でのシリーズ10周年記念メッセージ登場の際にもヘアギターを披露、さらに『HUGっと!プリキュア』第37話で客演したときには落ち組+マシェリの弦楽器プリキュアクインテットが攻撃を放つ際に、その合図としてセンターに立ったビートがまたもヘアギターを披露している)。

キュアパッションや、キュアサンシャインのようなパターンとは異なり、ストーリー上で前触れく4人プリキュアとして登場した(新しいプリキュアが出るよ!というエンドカード告知はあり)。
初めての変身は強制的なもので、本来ついているはずのキュアモジューレが胸についていないなど、
これまたちょっとに包まれた展開で登場したが、これはいわゆる不全体だった様子。
ただ、プリキュアへの変身が可になったことにより、これまでのや他の人間に偽装するを失った。これは覚醒時に胸のペンダントが砕けたことが原因のようである。つまり本来の姿ではない格好で日々を暮らさないといけないことになる。
某お世話役のようにオープンゲット殺法が出来るかと期待したんだが・・・そこは先輩許さんミルこれはある意味彼女にとって、呪いとも取れる重い代償となったが、幸いにも本人は苦にしていない模様。

だった運動神経を活かし、小回りを利かした戦いを得意とし、攻撃・防御は基本的にラブギターロッドを使用して行う。実にキュアメタルである。

初期にネタバレらしきものが流出していたが、実際は全く異なるデザインだった。
これは東映が意図的に流したデマという噂も存在するが、最終的に巧妙に流されたアマチュア職人の作り物で決着。

異世界出身」「元敵」「4人追加戦士」「同じ弦楽器アイテムを使う」といった数多くの共通点から、キュアパッションとの絡みを期待されていた。そしてついにプリキュアオールスターズNS2でその期待に応えてくれた。

ラブギターロッド

キュアビート専用アイテム女の子キャラクターにはしいギタータイプ武器

召喚した直後はギターモードになっており、ラリーセットした状態で攻撃や防御技を使える。ソリーをセットし、ハートのボディ部分をヘッドまでスライドさせることで羽パーツが展開されてソウルロッドモードになる。

ちなみにスイートプリキュア関連の商品の中ではかなり売れたらしく、2011年一番のヒット商品になったとか。意外と女の子にも人気だったようだ。

このアイテムが出たときに一番喜んだと思うのが、キュアメタルこと劇伴作曲者の高梨康治氏であろう。なにせキュアビートとラブギターロッドのデザインを見て、心の中でガッツポーズしたそうである。しかも楽曲定もギターサウンドばりばりでOKとなるとキュアメタルの心に火がつかないわけがない。ハートフルビートロックの曲も一気に書き上げたとのこと。

さらに高梨氏はこのおもちゃ制作にも関わったとのこと。おもちゃ制作に関わるのはこれが初めてだったそうで、バンダイの担当者と原段階から打ち合わせを重ねて、完成しただけに思い入れも強く、キュアビートというキャラにも思い入れができたという。また、おもちゃから流れるギターサウンドサントラ等に参加している藤澤健至氏が実際に演奏したものをそのままつかっているそうな。

必殺技

ビートバリア
伝統芸能となりつつあるバリア技。ギターモードの時、ラリーを使用して扱う。キュアとしては大変しい。 サンシャインの血を受け継いでいるのかもしれない。
ビートソニック
同じくギターラリーで放つ攻撃技。女児向けアニメの技とは思えないガチ名前。 音符を召喚してそのエネルギーのように敵にぶつけるというド手な技である。最終回にはロボットバルカンのような効果音で連続発射した。ますますmktn・・・
プリキュアハートフルビートロック
ラブギターロッドにソリーを装着し、ソウルロッドに変形させて放つ、キュアビートの必殺技。 「駆け巡れ、トーンのリング!」という台詞とともに緑色リングを撃ち出す。 撃つときはちゃんとヘッド部分の下のところにトリガーがついており、それを押すと発射される。 「三拍子!1、2、3・・・フィナーレ」という台詞とともに飛び上がる。やっぱり可愛い。 それだけかと思いきや、ギターを持ち上げ、振り下ろすという手なアクションを行う。 御さんはどうかさんがラブギターロッドを破壊しないよう注意してあげよう。

この他にもメロディリズムを加えた3人、さらにミューズも加わった4人で放つパッショナートハーモニーも存在する。

関連動画

関連静画

黒川エレン

 

キュアビート

関連お絵カキコ

ビートちゃんprpr爪弾くは魂の調べ!セイレーン

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 6
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%BB%92%E5%B7%9D%E3%82%A8%E3%83%AC%E3%83%B3
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

黒川エレン

119 ななしのよっしん
2016/01/06(水) 23:24:04 ID: 66Su9Nklcg
>>113
元敵なのはもちろん4人とか弦楽器武器ってとこまで一緒なのよね
そりゃあ期待がかかるわな
120 ななしのよっしん
2016/03/30(水) 22:16:40 ID: 2xfmiZb/cc
漫画乙女戦争作者大西巷一も黒川エレン/キュアビートファン
121 ななしのよっしん
2016/11/03(木) 09:19:02 ID: eEesQcxEAV
公式イラスト見てると実際のキャラと印が違うけど、当初はもっと異なる趣になる予定だったんかな

なんか悪役時代を引きずってる感じ。つきが悪くて、ちょっと皮屋めいた表情まである
実際の本編では過去と決別する展開になってたけど、もしかしたら元々はもう少しドライな経緯で、ダークヒーロー的なプリキュアになる予定だったのかもしれない
震災のもあるんだろうか
122 ななしのよっしん
2016/11/23(水) 02:55:14 ID: FuHT5sPPAJ
ラブギターロッドハートフルビートロックの発射動作に
トリガーをひくギミックがあるのは映画デスペラード
ギターケースマシンガンがもとネタだったりするのかな
123 ななしのよっしん
2018/08/05(日) 21:36:14 ID: M4gOGHEn3S
>>121
イラスト段階では性格そのままの前提で用意されてたのなら、そうなるかもですね。
悪役時代の性格が出るシーントリオマイナーと絡む所で少しだけだったので、結果的にプリキュアシーンで出す機会がなかっただけかもしれません。
124 ななしのよっしん
2019/02/24(日) 10:00:56 ID: 8yOGf6p7Zx
スイートプリキュア♪と同じ人物がキャラデザを担当するスター☆トゥインクルプリキュアにて、
黒川エレン/キュアビート以来8作振りとなる追加戦士キュアが来そうな予感
125 ななしのよっしん
2019/07/08(月) 19:22:10 ID: 1Awo9rfB6s
作中ではペンダントが砕けたから変身を失ったように描かれてるけど
ペンダントを調達できればまた変身出来るようになるんだろうか。
それとも「変身するためのプログラム(?)そのものがバグったか消滅したかし変身出来ない」状態なのだろうか?
126 ななしのよっしん
2019/07/25(木) 18:14:00 ID: 1Awo9rfB6s
よく「もっとラブギターロッド使えよ」的な意見を見かけるが
振り返ってみるとセイレーン時代は「いつのまにか部下の頭の上に移動して折檻」を複数回行い
プリキュアになってからは敵に薄しての格闘戦ばかりしているあたり
エレンは「格闘戦」「薄攻撃」が得意分野であると思われる。
しかしラブギターロッドを使用する時は「敵と距離をとり様々な技を使い分ける」戦い方をする必要がある。
実はエレンラブギターロッドで戦うのが苦手なのかもしれない。
127 ななしのよっしん
2020/03/07(土) 00:36:19 ID: 1Awo9rfB6s
敵だった頃は洗脳前と洗脳後で1回づつ王子に惚れ込むイベントがあったのに
味方になった後は王子の事に触れなくなってロクに会話もしてないんだよね。
制作中に路線変更でもあったのだろうか。
128 ななしのよっしん
2020/09/27(日) 03:11:41 ID: eEesQcxEAV
特に本格的なフラグにする意図はく、単発で終わらせただけかも

エレンはまだ扱いがいい方で、
4年前には、相手方がメインキャラフラグが成立しちゃったせいで恋愛フラグを綺麗さっぱり抹消された新聞部長がいたりとか……
7年後には、思わせぶりな展開を入れておきながら何の描写も失恋した男子がいたりとか……(こっちはラストシーンの感動に間接的に関わる分、尚更不憫)