黒川温泉単語

クロカワオンセン
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

黒川温泉とは、熊本県小国町にある温泉である。

概要

阿蘇山の北に位置し、南小国温泉郷の一つを構成する、平日でも人通りが絶えない全人気温泉地。

2009年ミシュラングリーンガイド・ジャポンでは二つを獲得するなど世界的な評価も高い。

にありながら細かなサービスと高い満足度が約束された温泉として、令和に入っても好調が続いている。

山間にある手な看も歓楽施設もない、正に「古き良き鄙びた温泉地」といった、日本人ならしもが懐かしさを憶えるような色が特徴。

さほど広くない温泉には個性的な造りの宿がひしめき合っており、リーズブルな価格設定でお財布にも優しい。

湧出量が豊富なことに加え、質は弱性単純、弱アルカリ性単純硫黄ナトリウム化物、硫ナトリウム炭酸水、含と7種類も存在する。

貸し出しを行っているので浴衣姿の人も多い。

湯地場だがそのものの温度が高いこともあり、全ての宿が自露天風呂を所持している。

黒川温泉が注され始めたのは近代に入ってからで、「山の宿 新明館」の館が中心となって経営議論を重ね、時代のニーズを観察し、九州の山にはしい広葉を植えるなど地な活動を続けた結果、鄙びた温泉地の再構築に成功し、不況が続いた平成の時代の癒しブームに押されて急成長を遂げ、今に至る。黒川の人々は強い郷土の持ちが多く、故に一体感があり、盛への原動が生まれやすい土壌だったのだ。

黒川温泉が人気を高めるきっかけなったものの一つに1986年に導入された「入浴手形」がある。六ヶの有効期限内に三軒の露天風呂に入れるというパスポートで、画期的だったため全でも真似をする温泉地が頻出したが、その多くは参加する宿が少ないことが最大の要因となり失敗に終わった。相対的に黒川温泉のコミュニティー意識の強さの明ともいえる。「黒川温泉のは宿の廊下」という言葉もあるほど。

関連動画

関連静画

関連商品

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

黒川温泉

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 黒川温泉についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!