黒澤明単語

クロサワアキラ

黒澤明とは、日本東京府大井町出身の映画監督である。日本映画巨匠の一人。日本では「世界のクロサワ」と呼ばれた。

1910年3月23日生まれ。1998年9月6日没。

身長180cm日本人としては長身だった。

概要

黒澤を含む数人で執筆し登場人物を細かく分析・描写した脚本や、セットの外面から小具など細かい部分に至るまで考めたこと、迫を出す為に行った革命的な映像技術(下記)など逸話が数多い監督であるが、日本の偉人の一人に数えられる人物で、現代の日本人でも一度くらいは名前は聞いたことがある人がどであるだろう。また海外での知名度も未だに抜群な存在であり、外国人日本イメージについて答えた場合「サムライフジヤマ、クロサワスシ」となる場合が多い。おそらく。

なお映画界においては日本映画のみならず世界中の映画監督の多くがリスペクト言しており、ジョージ・ルーカスの代表作『スターウォーズ』は黒澤映画へのオマージュシーンが多いことでも知られる。またスティーブン・スピルバーグやマーティン・スコセッシ、クリント・イーストウッドなども黒澤映画の大ファンである。クリント・イーストウッドに至ってはカン映画祭で群衆の中から黒澤の前に突然現れ感謝の意を述べたことや、『硫黄島からの手紙』の構想中に「監督は黒澤明だったら璧なのに」と発言したという逸話が存在するほど。

代表作の『七人の侍』や『乱』『用心棒』などから、時代劇映画監督と言う印を持つ人が多いと思うが、実は現代劇も数多く制作しており、特に社会サスペンスに関しては後続の数多くのサスペンス映画に多大な影を与えている。

経歴

元は画していたが、26歳(1936年)の時に画に見切りをつけて、PCL映画製作所(後の東宝)の助監督募集を倍率がほぼ100倍の中を突破。

1942年開の映画、『翼の凱歌』では外山と共に脚本を手掛ける。

1943年『姿三四郎』で監督デビュー。1948年に後にコンビと呼ばれるようになる三船敏郎が出演する『酔いどれ天使』が開。以降16年間、『生きる』以外に演で三船を起用している。

1950年の『羅生門』が1951年度のアカデミー賞名誉賞(現在外国語映画賞)、ヴェネチア映画祭で最高栄誉の金獅子賞など世界的な賞を数多く受賞・ノミネート。黒澤の出世作となる。

1954年には破格の製作費で製作された『七人の侍』が開。現在では、同時期に開された『物語』、『ゴジラ』と並び世界映画の傑作としての評価をされている。

1960年には自らの独立プロダクション黒澤プロダクション”を設立。『悪いほどよく眠る』『用心棒』『天国と地獄』などが開。この時期よりハリウッドなど海外からのオファーを受けるようになる。

1965年、『ひげ』が開。この作品にて三船とのコンビが解消。『ひげ』撮影後はアメリカからのオファーを受け、『暴走機関車』の製作準備に。トラブルにより撮影前に降となるが、その後真珠湾攻撃にいたるまでの日米軍双方の駆け引きを描いた超大作トラトラトラ!』の製作準備を開始。撮影前に日本国内で巨大な戦艦オープンセットが建設されたことや、山本五十六役など重要な役に演技経験のない素人を起用したこと、そして黒澤初のハリウッド映画として多方面で話題になる。1968年12月2日より、黒澤演出による撮影が開始する。

しかし、その僅か3週間後に突如黒澤病気という理由で降。実際には病気ではなく、制作会社側からの解雇であるといわれる。

1970年に『どですかでん』を発表。黒澤初のカラー作品となり、『ひげ』までの重厚な作品から一転して貧しい小市民を描いた作品となった。しかし、今までの作品のようにヒットはしなかった。開後には自殺未遂事件を引き起こしている。またテレビ産業の発展による映画産業衰退と重なり、作品発表にブランクが生じるようになる。

その後、1975年ソ連に招かれて撮影した『デルス・ウザーラ』が開。本作品はアカデミー賞外国語映画賞を受賞する。

1980年には超大作影武者』を発表。勝新太郎解雇するなどのトラブルがあったが、70歳とは思えないパワフルな演出で、カン映画祭のグランプリにいている。1985年には自らの「ライフワーク」と言した『乱』を発表。この作品はシェイクスピアの『リア王』を原作としているが、一説では主人公の役柄・内面の設定は黒澤自らの胸中の吐露であるともいわれる。

1990年には黒澤を敬する映画監督マーティン・スコセッシが出演し、ハリウッド特撮技術を取り入れて、自らの見た「夢」を映像化した『夢』が開。翌年にはリチャードギアが出演した『八月の狂曲(ラプソディー)』が開。1993年、随筆内田日常を描いた『まあだだよ』が遺作となる。

2004年には『七人の侍』をベースにした『SAMURAI7』が制作される。

逸話

と視覚効果を得るため様々な工夫を凝らしていた。

工夫と言えば聞こえはいいが、作品のためにスタッフ役者に相当なをさせていたということでもある。特に、最後の矢の逸話は「蜘蛛」でのものだが、三船は文字通り死にかけており、後日になってに酔っているうちにマジギレし、散弾銃をもって黒澤に押しかけたほどであった(三船は癖の悪いことで有名だが、今回のみならず、裕次郎などに対してもガチで殺しにかかったこともある)。

影響

作品

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%BB%92%E6%BE%A4%E6%98%8E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

黒澤明

57 ななしのよっしん
2017/10/19(木) 02:00:51 ID: MYOfkqnmp/
なんでそんなに得意げなんだ?
58 ななしのよっしん
2017/11/22(水) 23:35:22 ID: 6bSdDHyCsp
中国でも十人にひとりしか知らないよ
59 ななしのよっしん
2018/01/30(火) 15:29:54 ID: nj2sgqE+NP
充分だろ。
日本だってスピルバーグジャッキー・チェンは知ってても
スコセッシは知らない人だって多いだろうに。
60 ななしのよっしん
2018/02/15(木) 05:04:55 ID: ILLf8Wmsho
この人の作品ってなんか妙に格化されてて正直取っ付きにくかったんだけど読んでみた普通エンタメしてて面いな
あまり持ち上げすぎない方が見る側も入りやすいと思う
61 ななしのよっしん
2018/06/20(水) 09:55:04 ID: CuW3ORY79T
同じく同様に格化されてる手塚治虫にいってやれ
62 ななしのよっしん
2018/06/24(日) 14:17:45 ID: rfC6gfKwtQ
偉人の格化っていうのは偶像崇拝みたいなもんだろうな。
自身の理想像まで投影してしまった結果、実像とかけ離れた存在に解釈してしまう。
個人的にカラーになってからの黒澤作品はあんまり好きじゃない。
63 ななしのよっしん
2018/07/02(月) 10:59:48 ID: ILLf8Wmsho
三船&志村と組んでる時が一番いてたな、黒澤にとってもあの時期が一番思い出深くていてた時代だったんじゃないだろうか
64 ななしのよっしん
2018/07/03(火) 15:34:32 ID: nj2sgqE+NP
「乱」で過去の名脇役だった仲代達矢が役を演じたときは正直物足りなさを感じてしまった。
名優だけど、役としては三船のオーラに及ばないというか。
特にピーターとの二人芝居のシーンは退屈だった。
65 64
2018/07/03(火) 15:39:24 ID: nj2sgqE+NP
>>64
脇役ではなく敵役か
66 ななしのよっしん
2018/07/03(火) 15:55:45 ID: ssFTZCmwyI
黒澤明映画セリフの聞き取りが難しいという評判があるけど
是枝裕和映画もまあまあセリフの聞き取りが難しい
現代の作品なのに