黒田長溥単語

クロダナガヒロ

黒田長溥とは江戸時代後期の大名、明治時代の族である。第十一代福岡

概要

文化8年(1811年)、薩摩島津の側室の子として生まれる。幼名次郎。

文政5年(1822年)、福岡第十代黒田斉清の養子に迎えられ、名を長溥とめる。重、斉清ともに蘭学に深く傾倒しており、長溥もその影を強く受ける。

文政8年(1825年)、元に伴う偏諱によって斉溥と名。

保5年(1834年)、筑前督を相続。蘭学を推奨し、長崎士を留学させ、博多ガラスの精錬所を建設するなど西洋の医学や技術の導入を図り、癖大名として知られた。嘉永6年(1853年)の船来航に際しては当時としては数少ない開論を展開した。開明的である一方あくまで佐幕的な立場を崩さず合体論を支持したが、士の中から月形洗蔵ら尊王攘夷をする者が現れるとこれを弾圧した。(辛)

文久3年(1863年)、武周旋の功績が認められ朝廷から盃を賜ると恩赦として形ら逮捕者を解放。元治元年(1864年)の第一次長州征伐では長州討伐に反対し、形、加藤司書早川勇内尊王を用いて解決を試みる。形ら筑前勤王党の周旋もあり長州征伐は沙汰止みとなった。内では勤王党の勢に拡大し、佐幕との衝突がしくなった。佐幕の立場を取る長溥に対しても尊王の要が強くなり、耐えかねた長溥は筑前勤王党の弾圧に着手し始めた。更にその後筑前勤王党によるクーデター計画が露見したため、形、加藤ら関係者を一斉に処刑し、勤王党を壊滅に追い込んだ。()

佐幕論で統一された福岡王政復古の政変以後の政局に対処できず、責任者として今度は佐幕の重臣達を処刑するという二重の愚行を犯し、人材の枯渇を招く。

明治2年(1869年)2月、養子の黒田長知に督を譲り隠居し、名を長溥に戻した。その後福岡は財政難のため贋作りに手を出すが政府に露見し、明治4年(1871年)に長知は知事を解任され、後任には皇族の熾仁親王が就任。間もなく置県により福岡された。

隠居後の長溥は元士を海外に留学させたり、私財を投じて校修猷館(現在福岡県立修猷館高等学校)を復させるなど教育支援活動に取り組んだ。

明治20年(1887年)3月7日死去。享年77

開明的な大名でありながら多数の有為な人材を死に追いやったことから土佐山内容堂との類似性を摘され、その手腕についても評価の分かれる人物である。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%BB%92%E7%94%B0%E9%95%B7%E6%BA%A5

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

黒田長溥

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 黒田長溥についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!