黒鉄一輝単語

クロガネイッキ

の最弱(さいきょう)を以て、君の最強を打ち破る!

黒鉄一輝とは、ライトノベル落第騎士の英雄譚』及びそれを原作としたアニメ主人公である。

CV逢坂良太

概要

【伐ランク】F 【攻撃】F 【防御】F 【魔量】F 【魔制御】E 【身体】A 【運】F
】身体倍加 【固有霊装】陰 【伐絶技】一修羅、一羅刹 
【通り名】《落第騎士(ワーストワン)》、《冠の王(アナザーワン)》、《七星剣王(しちせいけんおう)》

魔導騎士育成学校・破軍学園の一年一組(留年しているのでクラスメイトより一つ年上)。
生まれもった魔量が伐均の十分の一と極端に低く、身体強化系「身体倍加」も、魔制御をある程度習得している伐者ならでも同じことができるために、全く意味がいという伐者としての才に全く恵まれていない少年
ついた名が《落第騎士(ワーストワン)》

者としてのがことごとく悲惨な代わりに、極限まで鍛えぬいた人的な技と身体を持つ。

騎士の才くとも容姿は恵まれており、シルエットは全体的に細身ながら、鍛え抜かれ引き締まった体と、柔和な笑顔が印的な甘いマスクから、かなり女性にモテる。

実、非常に諦めの悪い強固な精を持つが、反面アリスには「自分の痛みに慣れ過ぎている」と警告されるなど、ある意味行き過ぎたストイックさを持つ。
に全てをげてきたため女性には不慣れで、大胆なステラブラコンの珠に圧倒されることは多いが、意外と鈍感ではなく、人並みに性欲はある模様。気が付けばハーレムができてることの多いこの手の主人公にはしく、恋愛ではステラ一筋である。

であるは、伐者の名門であり、彼のような落ちこぼれが魔導騎士となることを良しとせず、
である黒鉄珠雫以外の家族全員から見放されて育つ。
耐えかねての山に謀にも出した時に、曾祖であり、先の大戦の英雄であると出会い助けられる。
彼に送られた言葉に感銘を受け、「自分の価値を諦めない」ことを決意、
小学校卒業したあたりから実家を出奔して中学に通いながら場破りなど武者修行を行い、
現在の彼の担任であり、当時試験官だったCランク騎士折木有里を決闘で下し、破軍学園に入学する。
しかし、と通じていた前理事長一の策略により、授業自体受けられず留年してしまう。
だけどもその間も元プロリーグ世界ランキング三位のAランク騎士である新宮寺ハンデ戦で倒して、
彼女が理事長となった際に打ち立てた革により「七星剣武祭で優勝すれば卒業できる」と契約し、
ようやく授業がまともに受けられるようになり、魔導騎士へのを再び歩み始めたところ、
新宮寺理事長の方針によりステラ・ヴァーミリオンルームメイトとなった。

鳴り物入り入学したステラ決闘で打ち破ったことから次第に注を浴びるようになり、七星剣武祭出場選手選抜戦の第一戦で《狩人桐原静矢を下したことから、紛れもない出場最有冠の王(アナザーワン)》として学内や全の強から一置かれるようになる。

波乱万丈の七星剣武祭を勝ち抜き、決勝戦でステラを打ち破った事で遂に優勝を果たし、見事七星剣王(しちせいけんおう)》称号を獲得する。

戦闘能力

前述の通り、伐均の十分の一の極端に少ない魔量と評価の低い身体強化系魔導騎士としては全く才がないが、それを補って余りある剣術と、攻撃の評価が貰えなかったが魔を使わなくてもAランク級になる人的な身体を持ち、ハンデ戦とはいえ元プロリーグ世界ランキング三位のAランク騎士である新宮寺理事長にも勝利するほどであり、学生としては類の実をもつ。
9巻ではステラとの戦によって自己の可性を突き詰めてしまい、限界に突き当たるが、ステラへの想いを糧に運命の限界を突破し覚醒ブルーソウル)》を経て、魔すら訓練次第で引き上げることができる運命の外の存在たる魔人デスペラード)》に至る。

  • 絶技「一修羅
    一輝のもつ「身体倍加」を発展させたもの。
    一日に使える体以上のを発揮させ、身体を数十倍もの爆発的な強化をして、ステラの常時身にっている魔リアり伏せるほどのパワーと圧倒的な機動性を得るが、魔を一日かけて満タンにしておかなければならない上に、全ての魔を消費し体に負担がかかるため一日一回、それも1分間しか使えないとっておきの技。
    汎用性に乏しいためランク評価には繋がらないが、魔しでもAランク級の身体を持つ一輝にとってその身体を最大限に生かせる伐絶技は非常に強な切り札となる。
    しかし、巻で当時試験官をしていた折木からは命を削る行為であり、いずれ取り返しが付かないことになると懸念しており、実際8巻で暴走した天音で最悪のシナリオが起こる羽になった。
  • 絶技「一羅刹
    切》戦で「一修羅」をさらに発展させた一輝が持つ最強の伐絶技。
    「一修羅」の「身体倍加」を一に凝縮し、霊装を容易く破壊するなどの如き爆発的な強化をするが、「一修羅」と同様に一日一回しか使えず、反動も体から血が吹き出るほどに強い。

  • 》戦を経て模倣技で習得し、七星剣武祭で覚醒した新しい
    短く情報密度の高い戦闘用の信号で連動する筋肉時に動かし筋を集約することで、0から100への加速の存在しない急な緩急を可にし、爆発的な身体を得る。
    7巻時点ではかつての「一修羅」並の身体でしかないが、完成すれば無音撃を可にしたりと圧倒的な身体となる。
  • 放出
    者ならでもできる魔制御による身体強化。一輝は魔が足りなくて「一修羅」が使えない時の代用として使っている。
    による身体強化とは違い非常に効率が悪いが、全魔を一気に消費することで一だけ「一修羅」並に身体を強化することができる。
  • 模倣技(ブレイドティール)
    ではも稽古をつけてくれなかったため、他流の研究や見稽古を続けた結果習得した、見た剣術の術理を解析し、さらにそれを発展させ全なものとして習得する技。
    ステラとの決闘直後には、ステラの「皇室技(インペリアルアーツ)」を含め127を盗んだという。
  • 握(パーフェクトビジョン
    「模倣技」の応用で、相手のではなく、相手そのものの行動や跡から、アイデンティティまでも暴き出し、
    思惑や感情までも読み取る。
    狩人》戦にて開眼する。

  • 多種多様な技、体術を身に着けた一輝がその極致として独自に開発した必殺技。
    第一秘撃」第二秘「裂甲」第四秘「蜃気」第六秘太刀」第七秘」までが登場。
  • 第一秘撃」
    一輝人的な身体制御で全てのベクトルを切っ先一点に集中して突きを放つ最強の攻撃を誇る必殺技。
  • 第二秘「裂甲」
    相手の攻撃を受けた窮屈な体勢から、下半身のバネとの捻りのみで使う距離撃であり、で放つ寸勁。
  • 第三秘「円」
    で受けた相手のを円を描くように身体を回して循環させ、自分の撃に乗せて返すカウンター技。しかし決勝戦でのステラの猛攻を捌き切れないと感じた一輝は戦いの中で技を作り変え、腕から入った衝撃を上半身のマッスルコトロールで広背筋で交差させるように循環させ、刹那の内に撃に乗せて返す技とした。
  • 第四秘「蜃気
    足捌きによる緩急によって残像を作り出すことで相手を誤認させる技。
  • 第六秘太刀
    から相手に筋伸縮による衝撃波を叩きこみ、内側から破壊する浸透勁。
  • 第七秘
    「一修羅」の使用が前提の人間動体視力かに上回る速度で不可視の撃をする攻撃も然ることながら最速でもある必殺技。
    後にエーデルワイス剣術で身体が格段に向上した事で「一修羅」を使わずとも使えるようになった。
  • 終の秘「追影」
    「一羅刹」を使用した状態で陰根本を掴み、居合の格好でを振りぬく。その速さは自分の影が追いつけない程。一人の人間完成させた『る』という概念の究極形。
  • 日一心流
    に伝わる剣術。直接教えてもらっていないが、一輝も盗み見てたため全て知っており使える。
  • 古流歩法「抜き足」
    《闘》南郷次郎が用いていた特殊な呼吸法と歩法で覚醒意識に滑り込ませて相手に存在を認識できなくする技。
    3巻時点で既に習得していたが、初めて使われたのは7巻である。
    一輝の「抜き足」は対人レベルではなく、南郷や《夜叉姫》西寧音と同じ対軍レベルであり、軍勢相手に使用可
  • 流最終義「天衣無縫
    《最後のラストサムライ)》と呼ばれる非伐者の海斗が編み出した義。
    相手の攻撃を感じ取ることで筋の通った一流の撃以外をほんの僅かな体捌きだけで受け流す。
    海斗である瀬の動きから「模倣技」で再現し、《士殺し(ソードイーター)》との決闘で見せた。
  • 夜の一刀修羅
    決勝戦後抜き放たれた絶技。ステラドラゴンファングされた。と謳われながらも十回振るわれたが

人間関係

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

黒鉄一輝に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%BB%92%E9%89%84%E4%B8%80%E8%BC%9D

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

黒鉄一輝

405 ななしのよっしん
2017/10/15(日) 00:04:13 ID: zRqIVWUX8Q
つまり今回の一輝さんはクロノス戦のようなクレイトスさんだったと(違う)
ステラ友達があまりの技量に軽く引いていたなw
406 ななしのよっしん
2018/08/29(水) 14:05:12 ID: dvun8e6udS
>>384
微妙んじゃうと風の聖痕主人公みたいになっちゃうんだけどなw
407 ななしのよっしん
2018/10/19(金) 17:08:17 ID: 8sjY0hiG95
高速撃のが一修羅必須だったのに残像残しの蜃気楼が一修羅しで使えたのはどういう理屈だろうか
408 ななしのよっしん
2018/10/29(月) 22:01:35 ID: yLAdTFLci8
死にかける→何とか生還する→身体が縮んでしまっていた!

…うん、主人公だから言ってみただけ。



…と言ったところで気づいたが、そういえば「1つ年下の彼女と付き合っている」・「がいる」・「付き合っている彼女にはがいるがそのが他のいでしまうので彼女婿入り予定」ってあの作品の中で最強戦闘力を誇る蹴撃の子と一緒だなw
向こうも「魔剣やら超能力やらしなら日本列島が丸ごと変化したモンスターとガチバトルする連中にも勝てる」と作者も認めるAPTX4869以外オカルト要素はいはずの殺人ラブコメにあるまじき戦闘力だしw
409 ななしのよっくん
2018/11/30(金) 21:52:13 ID: Rg1EUsud2E
>>407
物理的に速が
蜃気楼=ステップや緩急などの技術で敵に現在地を誤認させる=別にく動かなくてもいい
残像が残っているというのも周り線で、実際にはそのように誤認していると言う事もできる(だんだんマジで分身しているとしか思えなくなってきてるけど)
410 ななしのよっしん
2018/12/07(金) 18:10:31 ID: 8sjY0hiG95
>>409
なるほど
疑問が解決した
411 ななしのよっしん
2019/02/08(金) 13:05:02 ID: aVFE6EngrN
いつの間にか第五秘出てたんだな!
かっこいいね
412 ななしのよっしん
2019/03/08(金) 03:21:44 ID: DR5ySacVrz
TRPGダブルクロスだとピュアノイマンという感じかな。
413 ななしのよっしん
2019/03/15(金) 22:27:55 ID: EoeYgY1OGd
七星剣舞祭決着以降から読んでないんだけど面い?
414 ななしのよっしん
2019/04/20(土) 21:45:54 ID: xh4sG77cwv
さり気に三人も子供がいるにもかかわらず督を継いでくれそうにないの今後が気になって仕方ない
一輝はこのままいけばヴァーミリオン婿養子に収まるだろうし、王兄さん長男なのに常時所在不明な上に督そのものに興味なさそうだし、珠に至ってはそのものを嫌悪している有様だし

急上昇ワード