龍賀時貞単語

リュウガトキサダ
5.6千文字の記事
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

龍賀時貞とは、アニメ映画作品『鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎』に登場するキャラクターである。

概要

担当した声優白鳥哲

鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎』は有名な漫画アニメゲゲゲの鬼太郎シリーズ過去を描いた作品であるが、それまでの『ゲゲゲの鬼太郎』には登場しないオリジナルキャラクターである。作中では「時貞翁(ときさだおう)」と呼称されることも多い。

左右にを残した禿頭の老人で、や口が伸びている。公式キャラクター紹介イラストではで隠れて元はとなっているが、瞳が描かれるシーンではその瞳は黄色く、眼も鋭い。

日本の政財界を経済を有する「賀一族」の当。かつて社長会長を務めた製会社「賀製」は日清日露戦争で名を知らしめ、太平洋戦争で大きく業績を伸ばした。時貞翁は「その立役者であり、立志伝中の人」であるとのこと。中央政界と太いパイプをもち、戦後日本に進駐してきたGHQとも関係を築いていたようだ。

作中の時代設定である昭和31年西暦1956年)の時点で既に、賀製社長は既にである「」の夫「典」に譲って自らは会長職に退いている。だがその後も経営に関する実権は彼が握っているのではないかとも囁かれていた。

単なる経営者・実業というだけではなく薬学者でもある。開発に尽して日本国民の生活を長年支えたこと、および経営者として日本経済発展に多大なを与えたことの双方の功績を持って、勲章も授与されている。そのことを伝える新聞記事(以下に引用)では「日本薬学の祖」とまで讃えられている。

住まいは、山にある」にある大きな屋敷だが、ここが住まいであることは表されておらず少数の者しか知りえていない。本作の物語は、屋敷の中で龍賀時貞の亡骸が発見されたことにより、賀一族の跡争いが始まったことについて主人公水木」が動き出したことで始まった。

子供として長男の「賀時麿(「時」と表記されるシーンも)」、次男の「賀孝三」、長女の「」、次女の「江」、三女の「長田賀)子」がいる。ちなみに時麿に「兄さん」と呼ばれるシーンがあるので時麿が最も上であるようだが、孝三と三姉妹年齢関係は明言されていない。また、彼ら兄弟姉妹については作中で全く触れられておらず不明。

孫として、典の間のとされる「賀沙代」、および子と長「長田治」の間の息子とされる「賀時弥」がいる。時弥は体が弱い少年だが、彼が熱でうなされているときに「たすけて……おじいさま……」とつぶやいていることから、孫に頼られる祖であったことが伺える。

また時麿は彼の遺影にすがって「さみしゅうございます……!」と嘆き「とと様ー!」と号泣するシーンがある。さらに、は「賀が日本未来を担う」という、彼がったと思しき「大義」を受け継いでいる。亡くなったのちも、子や孫など後の世代に大きなを残す人物だったと言えるだろう。

鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎』自体が横溝正史による推理小説犬神家の一族』、特に原作小説版よりも1976年映画版のオマージュが多い作品である。時貞のキャラクター設定にも同映画の登場人物「犬神兵衛」のがみられるようだ。

新聞記事

映画中、主人公の「水木」が電車内で思いにふけるシーンで映し出される[1]、龍賀時貞翁に関する新聞記事をスクラップした冊子からの写し書き。

新聞記事1

日本薬学の巨頭

  龍賀時貞翁叙勲!!!

 十五日午後十時四十分の叙勲受賞者が発表された。受賞者の中にはあの日本薬学の祖である龍賀時貞翁もおり、長年民の生活を支える開発に尽してきた事と、それに伴う日本経済発展への深い貢献が評価されたものと思われる。祝賀会は十八日が予定されており、時貞翁の功績を讃える為に五人以上が出席する盛大な祝いの席になるとみられている。

 会場近くには多くの生が運び込まれ盛大な会に向けての明るいムードに包まれていたが、会場の視察に訪れた時貞翁は「身に余る光栄である。日本の復にさらにを尽くしたい」と気を引き締めた言葉を残した。言葉の通り時貞翁が会長を務める賀製は本社の修を発表しており、本社体制をよりいっそう強固にすると共に、これからは人材の育成にもを注ぎたいとして全に先駆けて実務研修を導入するなど日本薬学界を発展させる為の計画を多数打ち出している。「生涯現役」を掲げる時貞翁は先頃から厚生省との会議を欠席する等体調不良立っていたが、記者に向けて変わらぬ笑顔と眼で「元気な限りまだまだ続けて行きたい」と社会貢献への衰えぬ意欲を見せた。

新聞記事2

画面外にあったり、潰れているなどで判読不能文字は「■」で表示した。この記事はこの後にも画面外で続いているようである。

 ■■■■■■■■
長を■■■■■■■■
した■■■■■■■■
の新社長■■■■■■
表された。■■■■
た時貞氏は■■■■
職となり社■■■■
典氏に譲られ■■■■
る。しかし、■■■■
の関係者によると■■
氏には決定権はなく■
あくまで時貞氏の■■
方針を実行するお飾り
社長になるのではな
いかと噂されている。
社長就任式も時貞氏の
会長就任式の色合いが

新聞記事3

この記事は特に文字のぼやけが強く、前後の文脈から文字を推定した箇所もある。

賀製
工場設立

雇用四千人見込まれる

 日本薬学会の重鎮龍賀時貞翁は、賀製にて行われている品の大量生産の為に新工場を設立することを発表した。この決定には賀製の製品使用を推進している厚生省も、多くの民が健康生活を送る為に必要不可欠であると支援を惜しまない事を表明した。この工場が稼働したには四千人の雇用が生まれると見られ、経済発展の一助になる事を政府関係者も大きな期待を寄せており、時貞翁の日本経済における存在感は今後もより強固なものになると考えられる。稼働予定は来年を予定しており、責任者として時貞翁のさんの婿である典氏に一任されるのではと憶測を呼んでいる。

新聞記事4

画面外にあって判読不能文字は「■」で表示した。この記事はこの後にも画面外で続いているようである。

元帥連日歓■
龍賀時貞翁
戦後

 八日午後一時連合軍総部(GHQマッカーサー元帥が厚生省との会議の為、東京ヶ関に宿泊している賀製会長の龍賀時貞翁の元に3回の訪問を行った。1回は時貞翁の体調が思わしくなくマ元帥は時貞翁を前に撤退を余儀なくされ、2回で会合の約束を取り付け、昨日八日にとうとう念願の二人での会合が実現する事となった。

新聞記事5

中央政財界の裏に
   製王の

 八月経済金融庁次長と会談していた事が明らかになっていた賀製会長の龍賀時貞翁だが、今日大事務次官の私邸に出入りしていたことが発覚した事から時貞翁が中央政財界に何等かの働き賭けを行っているという疑惑がに信憑性を持ち始めた。時貞翁は戦時下の品供給を担うことで厚生省と深い関わりがあり、戦後時もその経済で政界に強いをもたらしていた。

ネタバレ

以下、ネタバレ要素を含むため要スクロール

ネタバレ注意 以下の記述には、ネタバレが含まれます。

吐き気を催す邪悪

これは喩表現ではなく、実際に作中で彼の所業について知ったキャラクターが嫌悪感のあまりに吐いている。

近親相姦

が「沙代がちゃんとお様の子をんでいれば……」と独り言で嘆くシーンがあり、それを聞き咎めて動揺する水木ったことによれば「賀の女には、霊の高い子を産むために当に身をげる義務がある」とのこと。つまり時貞は自分の孫と性行為を行っていたということになる。水木はこれを知って嘔吐し、「最悪だ……こんなに醜悪な一族に憧れていたなんて、自分に立たしい!」と嘆いた。

「沙代は」ではなく「賀の女は」という表現であるため、作中に登場した他の女性もその「義務」を負わせられていた可性もある。本作を鑑賞した者たちの中からは「沙代の父親が本当に典なのか、時弥の父親が本当に長田治なのかすら怪しい」という嫌な感想も出ている。

本作のパンレットに掲載されている監督コメントによれば、「賀一族は子どもを搾取しています。時麿物語の最初から精的にこわれてしまっていますが、ほかの人たちも物語が進むにつれて、からの虐待や搾取のせいで生じたさが少しずつ見えてくる」とのこと。

孫の体を奪う

さらに、作中後半で孫の時弥の体を乗っ取った姿で既に死亡したはずの本人が登場する。「移し(まぶいうつし)」の外法を用いて時弥のを彼の体から追い出し、そしてその体を奪ったのであった。ショタジジイの最悪な形である。

その理由については、彼の台詞によれば「齢八十をえて余は嘆いておった。時麿を始め余の子供たち、いや最近の若い者は皆なっとらん。これはまだまだ余が導いてやらねばならぬ」というもの。「時弥はそのための器として作った子」であるともっている。

時貞の死から時弥の体が奪われれるまでタイムラグがあったことについて、彼は「時弥が抵抗していた」とっている。時弥がうなされていたシーンでは時貞の悪霊が横に座っているが、時弥が彼の術に意識のうちに抵抗して苦しんでいたものか。ここで「たすけて……おじいさま……」と時弥がつぶやいた際に悪霊が黄色を開いて時弥をねめつけているが、この時に時弥が「祖に頼る言葉を出した」ことが付け入る隙となり、体が奪われる最後の一押しになったのかもしれない。

幽霊族からの搾取

にある大きな縦「窖」(あなぐら)の下にある地下大空洞には人間より歴史の古い妖怪のような種族「幽霊族」を大量にその根に絡めとった「妖」が生えており、この血幽霊族の血を吸い上げて抽出する。これをさらに人間にそのまま注射すると生きながら「屍人」と呼ばれる化物の姿に変化する。そしてその「屍人」から抽出した液体を剤として精製したものが、賀製が特別な顧客にのみ密かに供給する「血液製剤M」である。

この血液製剤Mを注射すると「すさまじいを持ち、何日も飲まず食わず眠らずで活動できる品」となり、これを使っていた部隊日清日露戦争での日本勝利の裏にあった、と作中で噂されている。つまり、このシステムった時貞はかつての日本の栄を後押しした存在であるともいえなくもない。戦後企業戦士がこれを打って働き、経済戦争に打ち勝って日本を豊かなにするという構想も作中でられていた。

「妖」は根に絡めとられた犠牲者の命をできるだけ永らえさせるとされ、幽霊族の苦しみは長く続き、みは増幅される。そして窖を井戸に見立てて「井戸の中のみの妖怪」である狂が発生する。時貞は髑髏を用いた外法の術によって狂をこの使役する。さらにこの大空洞には幽霊族の念を呪詛返しする結界られているために、幽霊族のみが深ければ深いほどに時貞の術は強になっていく。外道であるが効率的なシステムとなっている。

さらに、このシステムが維持できなくなれば結界が壊れ、強になった狂は窖の外に飛び出て、念は念を呼んで増幅し続けてを滅ぼす。そのためかがこのシステムを問題視したとしても、おいそれとは破壊できないものになっている。

台詞集

(※ディスク化や配信がなされていない時期に記事編集者劇場で観覧した際の記憶に基づくものであるため、実際の台詞とは細部が異なる場合があります)

  • だよ、時弥だよ」 (時弥の体を乗っ取った姿で)
  • いかにも、余が昭和下人にして薬学天才、稀代の大術者、龍賀時貞である!」 (中身が時貞だという事を見抜かれた後に)
  • ん~、芳醇な香りじゃわい」 (口にしていたの香りを嗅ぎつつ)
  • 底辺を這いずり回る人生か……みじめじゃのう。人間、ああはなりたくないわ!」 (血の根から妻を必死で探す鬼太郎とそれを手伝う水木を眺めて、頭を横にふりつつ)
  • 元はたいそうな美形であったが、血を取りすぎてしもうたわい!」 (やつれ、の腫れた姿となった妻を見て動揺する鬼太郎に。嘲るように舌を出しながら)
  • これでMも大増産! 日本未来は明るいわ!」 (鬼太郎赤ん坊妊娠していることを悟って、まだ幽霊族の血を搾り取れるという喜びに小躍りする)
  • 会社を二つ三つ持たせてやろう。余の配下となれ!」「もっといいを着ろ! 御殿に住んで、運転手付きの高級に乗れ! 美に美食、美女をたっぷり味わえ! これぞ人生ぞ!」 (自分を倒すためにを引きずって近寄ってきた水木に対して)
  • ゴホッゴホッ! か弱い年寄りを……」 (狂に追い詰められ、逃げられなくなった際の命乞い

その他

  • 上記の「~余の配下となれ!」「~これぞ人生ぞ!」という台詞で誘惑された水木は「時貞翁……あんた、つまんねえなぁ!」といなして、りかかる。そので狂を支配していた外法の髑髏を断ち割られた時貞は、動揺して失禁。狂に追いつめられると(幼子の体を奪ったのに)老人であることをにして命乞いする。
  • 命乞いは狂には通じず、嚙み砕かれて嚥下され、ボールのような球体の姿となってウンコのような感じで狂から排された。この姿ではもはや死ぬこともできないらしく、今後ずっと苦しんでいくことになった。少なくとも70年後にも苦しんでいることが確認できる。

関連項目

脚注

  1. *公式動画映画『鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎』本編映像(鬼太郎の父たちの運命の出会い) - YouTubeexit」の再生時間0:17~0:21で確認できる。
関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

  • なし

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

龍賀時貞

11 名無し
2024/03/03(日) 17:50:55 ID: v7hT/JFhM1
6期鬼太郎自体、幽霊電車社長鬼太郎を射殺した首相とか、それはそれは凄まじい悪人が頻出してたけど

最後の最後で、これまでの6期の悪人を足し合わせてもお釣りが来る劇物が来た感じ

他作品で言えば、一人で言峰綺礼間桐臓硯を兼ね備えているような、まさしく恐るべき怪物
👍
高評価
0
👎
低評価
0
12 ななしのよっしん
2024/04/01(月) 20:06:44 ID: jRUckCikGe
ハーメルバイオリン弾きの下衆トラーことケストラーに並ぶ吐き気を催す邪悪なのは確定だな。

両方とも封印なんて生ぬるい事しないで、GER永遠に死の直前で永遠にループしたり、蔵馬戸愚呂)に植え付けた邪念で一生と戦い続ける地獄を味合わせてほしかったわ……。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
13 ななしのよっしん
2024/04/03(水) 15:46:25 ID: XVi/Wez6y9
元はっ当な人格だったのがを手にして徐々に堕落したというよりは、生まれつきヤバめの思想の持ちだったのがを得て一気に邪悪化したタイプだと思う。パルパティーンとかヴォルデモート辺りのタイプ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
14 ななしのよっしん
2024/05/07(火) 00:29:37 ID: C5rzRJURyq
この爺さんに関してはマジでこの世の全ての言の罵詈雑言をかき集めても足りないくらいの下衆野郎だと思うのだが
悔しいけどそれだけ悪に突き抜けちゃうと逆にヴィランとして魅的にも感じてしまうんだよな……
いやマジ悪役としてのレベルが高過ぎる
個人的には烈火の炎に似た吐き気を催す邪悪を感じたよ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
15 ななしのよっしん
2024/05/10(金) 18:25:08 ID: XVi/Wez6y9
某奇妙な冒険の主人公とその幼なじみの関係のように、若い頃の時貞にも非の打ち所のい高潔な人格のライバルがいて、あの手この手を尽くして殺した過去があったかもしれない。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
16 ななしのよっしん
2024/05/11(土) 20:44:58 ID: D/TAt3vaHZ
6期ぬらりひょんと似てる部分がかなり多い

小柄で狡猾な老人

政界との繋がり

選民思想

大義名分を掲げ、他者をいなく犠牲にする(時貞は幽霊族、ぬらりひょん妖怪)

自身の戦闘力は低い
(時貞は狂頼り、ぬらりひょんは仕込みを所持してるが未使用)
👍
高評価
0
👎
低評価
0
17 ななしのよっしん
2024/05/13(月) 00:11:09 ID: Bwd5IQBNgy
いやほんと内では承太郎オラオララッシュかけてたわ
ここまでのドクズ野郎をよくまあこの堅苦しい時代に出せたもんだ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
18 ななしのよっしん
2024/05/15(水) 15:48:05 ID: CzPJp8oPUq
結末は因果応報だし、その後も含めて一番の罰なのも確かなんだけど
それでも視聴者にまだまだ足りないとすら思わせるド外道だったなあ。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
19 ななしのよっしん
2024/05/17(金) 22:27:52 ID: EtiHqbkOwe
最初「時貞翁」ではなく「時貞王」だと勘違いしてたわ
やんごとなき方々にも喧嘩を売っていくのか(困惑)とか思ってたけど流石にそれはまずいよな
👍
高評価
0
👎
低評価
0
20 ななしのよっしん
2024/05/19(日) 02:29:07 ID: C5rzRJURyq
>>19
残念ながら終盤で時貞が座ってたあの舞台がまんま高御座っぽいのでバッチバチに喧嘩売ってるんですわ
👍
高評価
0
👎
低評価
0

ニコニコニューストピックス