龐徳単語

ホウトク

龐徳とは、三国志に登場する人物である。

文字コードの都合上、「ホウ徳」と表記される事が多い。

概要

字は明(れいめい)。生年不明、没年219年。

後漢末期馬騰馬超親子と曹操に仕えた知勇兼備の名将。
西の勇士として名を馳せ、演義では陳武り、魏延を退け、許褚関羽とは互に渡り合った。
最期は関羽との戦いで捕縛され処断された。

西涼の勇士

馬超馬騰が一置いた猛将で、曹操軍の援軍として袁尚軍と戦った際には、馬超揮の下で敵大将郭援を討ち取る功績を挙げる。
馬騰死後は馬超に仕え曹操と戦う。敗北後は馬超に付き従って張魯へと身を寄せる。

馬超との離別については史料により様々(DQN馬超についていけなくなった等)だが
『病のため馬超の遠征には参加せず、張魯が降伏したための臣となる』が一般的である。

演義では、曹操軍侵攻に対し張魯の恩に報いるために奮闘。
しかしワイーロ好きの楊松によって孤立し、曹操軍に捕縛され降伏。

忠義の将として関羽に臨む

の将として、曹仁らと侯音による宛の反乱を鎮圧し、樊に駐留した。
演義では関羽との戦いの前で、馬超がすでににいる事から、于禁や同僚に内通を疑われてしまう。しかし、人と誓った曹操の恩に報いるために「必殺関羽」の旗頭を立てて自らのを用意し、龐徳は決死の覚悟で挑む。


関羽との一騎討ちでは、矢で関羽を負傷させるのに成功。
攻めを受けて絶望的な状況になっても抗戦し、捕縛されても命乞いも降伏もせず、
関羽によって首を討たれた。

白馬将軍

関羽軍と戦った際、ホウ徳に乗り関羽軍を苦しめ、
将軍と恐れられたことに由来する。
義従」と呼ばれるのみで構成された精鋭部隊の公孫瓚とは由来が違う。

各メディアでの龐徳

横山光輝三国志

デザインモジャの武将として描かれている。馬超を若大将と呼び、後に曹操に仕え、樊関羽との決戦に臨む。
曹操に仕えた後、中攻防戦で馬超と対決する寸前のところまでいったが、(曹操、斜を出る→斜馬超が攻める→魏延軍に出くわし、龐徳魏延一騎打ちをする→曹操軍総攻撃→魏延撤退、次に馬超を総攻撃するつもりも、馬超は既に斜から撤退していた。)運命の悪戯か両者の突はかった。

無双シリーズにおける龐徳

2では「の中では進めても、矢のではどうかな?」

3「おのれ関羽!この先一歩も進ませんぞ!」とモブ時代から樊では固有台詞があり、3Empiresではモブながら基本は優秀であった。

4で晴れプレイヤー武将に昇格する。武器は双戟で典的なパワータイプキャラであった。しかし・・・

5でリストラの憂きにあう。事典に名前がある程度であった(モブですらない)。Special馬超ストーリーモードが追加されても彼の姿はかった。

6ではかつてリストラされた仲間が多数復活した。・・・しかしここにも彼の姿はモブですらかった(三國無双クイズと事典に名前がある程度)。

どうしてこうなった

さらに言うと樊ステージでの彼は強化されていることが多いのだが、関羽計で
ダメージを全く与える必要がないまま撃破できたことはリストラ以上の黒歴史である。

どうしてこうなった

…そんな長きに渡る不遇の時代を乗り越え、6猛将伝でようやくプレイヤー武将復帰が決定した。

そして無双OROCHI2でも登場。
どうやら今までくつろぎ方を知らなかったらしく、曹仁と鼻歌でくつろぐことを覚えた。
「ふふんふーん

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%BE%90%E5%BE%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

龐徳

35 ななしのよっしん
2015/11/21(土) 11:32:59 ID: hjQIE7nYIS
>>27
といっても親父はきっちり刑死してるのに何十年もたってから
「ひゃっはー慢できねえ!本人はとっくにちゃんと処刑されたけど一族も全員殺してやる!」
とか儒教的にもどうなのそれ

関羽寿命で死んでたとかなら代わりに子孫に責任取らせるのもわかるんだけども
36 ななしのよっしん
2015/12/19(土) 11:07:11 ID: CmvuqICcSU
初期の三国志ゲームでは、義理が低く裏切りやすい武将だった
最後のシーンで忠義者という印が強いけど、確かにコロコロ君を変えているんだよな
さらに昔は、なぜか文官タイプの武将だった
37 ななしのよっしん
2016/01/25(月) 19:51:28 ID: zCTC/c8EAI
>>35
中国では死刑の上に「族」すなわち一族皆殺しという刑がある。
これは本人を殺すだけで気が済まないから関係者も殺すという意図ではなく、一族に連帯責任を取らせるという意図でもなく、「本人の死後の祭を絶つために、一族を皆殺しにする」という意図のもとにある刑。
民族にとって先祖の祭というのはそれほど重要なもの。
つまりホウ会はいせに関羽の関係者を殺したわけではなくて、「子孫を絶やして祭を絶つ」という復讐関羽に対して直接行い、を取ったわけ。

これ自体は「親のは不の敵である」という当時の倫理からすれば特に問題のある行為ではないが、人としてはやや問題のある行為ではある。上許可取って殺したわけはないから、降伏した敵の人士を私的に殺戮したんだからね。
38  
2016/02/16(火) 00:34:38 ID: r0WMS82ydP
無双4コマではどういうわけかギャグキャラ扱いが多かった
39 ななしのよっしん
2016/02/17(水) 13:13:02 ID: hjQIE7nYIS
>>37
なるほどありがとう、勉強になった
ただやっぱりホウ会が関羽の子孫を皆殺しにしたってのは史実とは見なし難いらしいね
40 ななしのよっしん
2016/02/24(水) 01:17:25 ID: zCTC/c8EAI
>>39
「尽滅関氏家」が史実でなかったという可性としては

1.そもそもホウ会の「尽滅」自体が
2.殺したが関全員は殺しつくせず、普通に子孫が残った。
3.他いでいた関子供が新たに関を継いだ。

の3つの可性が考えられるが、多分あなたが言ってるのは1のことだと思う。
この話は注によるものだし、しかも出典が王陰の記。さらにこれに付随する部分(ホウ徳の死体の話)がさらにうさんくさいときてる。
そういう意味で信憑性には疑問が残るのだが、しかし同時に「これはだ」と断言することもできない。相反する記述が別の史書にあるわけではないし、考古学的な物もない。

ただし1~3の条件をすべてクリアしてに族滅するというのは、中国通史の傾向から考えても、当時の状況から考えてもほぼなかったと思われる。の族滅ってめったなことじゃ難しい。ただしこれも「可性が高い」としか言えないわけだけども。
41 ななしのよっしん
2016/03/21(月) 16:41:01 ID: kteVdkwoI8
>>37
なるほど
演義で呂蒙を呪い殺したとか
関羽が死後にとして崇められていることも
何かしらそういう見えない理由があって族滅につながったのかもしれない
42 ななしのよっしん
2017/03/03(金) 11:13:19 ID: UKDyDyf25N
>>2
そうだったのか!
てっきり武将の龐徳と区別するために敬称を足して龐徳-だと思ってたのに、
-徳だったとは
43 ななしのよっしん
2018/06/08(金) 19:18:14 ID: y/0p4wzNXf
そもそも諱に敬称付けることはまずない
や関と言っても曹操関羽とは言わないだろう
44 ななしのよっしん
2018/06/08(金) 19:38:42 ID: UKDyDyf25N
なるほど、確かに言われてみればその通りだ