龐統単語

ホウトウ

龐統(ホウトウ)とは、三時代の英雄劉備に仕えた軍師である。

概要

襄陽県の人。姓である『』の字の構成は广=まだれに。字は士元。号は。謚は靖侯。

息子が居る。またの名付け親である龐徳叔父で、その息子である山民とは従兄弟同士。因みに山民の妻は諸葛亮である為、諸葛亮とは血は繋がらないながら、親戚同士である。

身なりが冴えなかった為、過少評価を受けて育つ。人物評で有名な先生司馬徽に才を認められ、ようやく評判が上がった。また、叔父龐徳に『(=鳳凰)』という二つ名を与えられ、『伏』の諸葛亮と並び称された。周瑜が亡くなった際は、遺骸を送り届ける役を務めた。

劉備に仕官した際、やはりビジュアルで判断され、ド田舎に飛ばされる。グレて碌に仕事をしなかった為、キレた劉備は彼をリストラしてしまう。それを聞いた魯粛劉備へ「彼ほどの人物は、それに見合う役職を与えてこそ」と手紙を送った。更に学友の諸葛亮がとりなした為、劉備は彼を呼び出して一晩り合い、ようやく彼のを認めた。その後、諸葛亮と同役職の軍師中朗将に抜された。

同族の劉璋を攻める事を渋った劉備を諌め、入を決心させる。この際、軍師として同行し、戦争を始めてからも優柔不断劉備を助け、大いに活躍する。しかし劉循張任が守る雒を包囲した際、流れ矢に当たって死亡享年36歳。

逝した為、逸話や実績はどないものの、軍師としての才諸葛亮以上だったとも評される。陳寿も「龐統は常に人物批評を好み、経学と策謀にすぐれ、当時、荊・楚の地域の人士から才に 秀でた人物と謳われていた」「臣にあてはめると荀彧兄弟」と、彼の才を認めている。

法正べられる事も多い。高祖の蕭何・韓信張良のように、諸葛亮と龐統、法正がしっかり分業をしていれば、劉備天下統一も夢ではなかったのではないか、というもある。

演義での活躍

ゲジ・鷲鼻の醜男として描かれている。

赤壁の戦い営側に就き、周瑜に『連環の計』を授ける。その後、自ら営に軍師として赴き、兵士の船酔い対策として、曹操に船と船を鎖で繋げるべきと進言。の火攻めを成功に導いた。この時に再登場した徐庶に策を授け、から彼を事に逃がしている。

周瑜の葬儀に参列した際、諸葛亮魯粛に軍師となるよう誘われる。まず孫権と会うも、顔が不細工の上に暴言を吐い為、気持ち悪がられる。次に劉備の所に向かうも、やはりキモがられる。何とか仕官を認められるも、地方に飛ばされる。グレた龐統は毎日浸りで、碌に仕事をしなかった。しかし劉備の命で派遣された張飛が脅した所、溜まった仕事を一日で片付けてしまう。張飛の報告で、劉備はようやく龐統の才に気付き、自らの近くに置くようにした。

の際、劉備は彼を気遣い、的らしきを貸し与えた。中、部下にその土地の名前が落坡という場所である事を聞いた龐統は「自分の号は鳳凰が落ちるとは縁起が悪い」と考える。嫌な予感は的中。劉備と間違えられて張任配下の伏兵に射殺された。

坡は実在の地名だが、龐統が亡くなった後、演義のエピソードに因んで付けられた名前と考えられる。

その他のフィクションにおける龐統

関連動画

ニコニコでは三国志を扱ったゲーム実況動画対戦動画で登場することがある。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%BE%90%E7%B5%B1

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

龐統

95 ななしのよっしん
2017/10/19(木) 11:23:42 ID: yazlwQ89sU
戦死しなかった場合は未知数な才の部分より(表現として正しいか分からんが)諸葛亮の義理の従弟っていう立場の方が重要な気がする

劉備に仕官する前の諸葛亮って隠者なイメージがあるけど蔡瑁劉表龐徳と縁があるというかなりの名士ネットワークの持ちだしな
が蒯越や蒯良どちらかあるいは両方の縁者だとしたら更に顔が広がる
96 ななしのよっしん
2017/11/19(日) 05:54:22 ID: pFTbffoaAa
系統的には曹沖周不疑のような人物をどう評価するかに似てるな龐統
まあ彼らにべりゃ実績はあるんだが
97 ななしのよっしん
2018/02/07(水) 10:47:34 ID: glXoWkLLwz
ジャージ部だったんじゃね?
98 ななしのよっしん
2018/03/27(火) 13:56:44 ID: yazlwQ89sU
>>96
龐統の毀誉褒貶がしいのは戦死したからってのもあるな
まぁ関⇒涪⇒綿と快進撃を続けた劉備軍が雒で思わぬ反撃を受けたのは龐統の過失と言うより劉璋軍に対する油断があったんじゃないかと思うが
99 ななしのよっしん
2018/05/18(金) 14:43:11 ID: eY21biu8Oj
孫呉に残って働いてた方が本人にとっては幸せだったかもな
100 ななしのよっしん
2018/12/05(水) 00:04:46 ID: fAMZekva+k
生きてれば内は諸葛亮外は龐統、または龐統荊州は諸葛亮で長安陽までは取れただろうなあ・・・
後は二人死んではいつもどおり
101 ななしのよっしん
2018/12/17(月) 00:03:59 ID: rLvvF5XFn/
劉備営のピークは219年だが、その崩壊は孫権の裏切りのせいであって、人材の問題じゃない(「関羽孫権を怒らせたせい」って言うのはほぼ唾で、孫権は最初から荊州南部狙ってたっぽいし)
龐統の後はある意味法正が継いでるわけで、実績的見れば法正の方が頭は回るように見えるし、その法正孔明が居ても孫権の裏切りのタイミングは予測出来なかった時点で、龐統が生きていても結果は変わらなかったんじゃないかな
102 ななしのよっしん
2018/12/19(水) 12:07:59 ID: dZnm5bMnFN
どうだろうな
予測できなかったというか最適な機を関羽自身が作り出してしまったわけで、
が打倒より荊州奪還を優先しかねないのを現地で見抜け(て関羽に言う事聞かせられ)るブレーンがいればまた違った形になった可性はあると思うぞ
荊州の守りを固めるだけじゃ北伐の攻撃が落ちるだけだけど、きちんと外交根回しして北伐に孫呉丸ごとガッチリ抱き込むとか
あるいは多少機は逃しても本の長安攻めと合わせるとか、荊州にブレーン置いとくことで変えられた可性は少なくないとは思うよ
103 ななしのよっしん
2018/12/19(水) 13:07:23 ID: KrHWg1lVdV
>>102
王甫「……」
104 ななしのよっしん
2018/12/27(木) 00:34:17 ID: dZnm5bMnFN
>>103
やあ、言う事聞かせられなかった人
まあ役者が足りなかったってことなんだろうけど、じゃあならって考えると龐統どころか下手すると孔明ですら…って所あるからな関羽
というか王甫潘濬への毀損のせいでメタ事情から言わされた感すらある気がする