11位に定評のある城西大学単語

ジュウイチイニテイヒョウノアルジョウサイダイガク

11位に定評のある城西大学とは伝統ジンクスである。

概要

箱根駅伝で10位以内に与えられるシード権をぎりぎりで逃すことが多いことからこの不名誉な評定を受けた。

ちなみに

2004年 監督平塚潤、コーチ・櫛部静二というエリートランナーを導者に迎え、創期を除くと史上最短となる創部3年での初出場(予選8位)となったこの年は復路、9区、10区と3度の繰り上げスタートとなり、最下位で終わる。
2005年 予選8位で2年連続2回の出場。往路は9位と健闘するものの、復路18位がき、総合15位で終わる。
2006年 予選6位で3年連続3回の出場。最終10区で高岡寛典が大学初の箱根区間賞を獲得する猛追を見せ、日本体育大学東洋大学との9位争いに加わるも、最後は競り落とされ、10位と10差の僅差で惜しくも11位
この年から「11位に定評のある城西大学」の歴史が始まる。
2007年 予選7位で4年連続4回の出場。往路12位シード権を狙える位置に付け、初シードが期待されたが、10位の亜細亜大学に1分以上の差をつけられ、またもや11位
2008年 予選3位で5年連続5回の出場。ゴール残り1kmで東海大学の途中棄権により、繰り上げで11位になる。
これで3年連続11位
2009年 予選1位で6年連続6回の出場。1区は上位に食い込むが、2区以降が続かず往路は首位から14分差の最下位23位に沈み、繰り上げスタートとなった復路は8区で途中棄権する。
オープン参加となった9区・伊藤一行の記録は区間賞より38く、「幻の区間賞」となったほか、復路では8区以外の全ての区間で10位以内(棄権後はそれに相当)のタイムを記録し、棄権した8区の選手も13kmまでは区間5位と好調だったが、仮に完走でも総合14位までだったとみられている。
2010年 この年から櫛部が監督に就任。予選6位で7年連続7回の出場。チーム最高となる6位でフィニッシュ。初のシード権を獲得する。
2011年 初のシード校として8年連続8回の出場。往路7位、復路も9区終了まで8位と2年連続のシード権獲得に前まで迫る。しかし10区で後続に追いつかれ、4校からなる8位争いに破れて11位に終わる。
10位國學院大學との差はわずか3。これは箱根駅伝におけるシード権争いの歴史で最も僅差である。ゴール直前で8位院がミスコースにより11位に下がりながら、直後に西を抜いて10位に滑りこむ、スリリングな争いであった。

 と、初出場から8回の出場のうち4回で11位となっている。これは驚異の11位率である。とはいえ、近年の競争率が化した予選会を勝ち上がり、初出場から本大会出場を継続したからこそ、この「不名誉な」称号を得たことは、裏返せば名誉でもある。

2012年以後

言うだけ野暮ではあるが、も11位になりたくてなっているわけではない。城西大学シード権の常連、優勝争いの常連になれば、昔はそんなこともあったと笑い話としてり継がれるようになるだろう。

2012年 予選7位で9年連続9回の出場。1区から5位につけ一度は10位まで後退するが巻き返して往路は5位でフィニッシュ。復路で一つ順位は落としたものの、過去高順タイとなる6位でゴールし、2年ぶり2度シード権を獲得する。
2013年 シード校として10年連続10回の出場。1区6位と好スタートし、2区で13位にまで順位を落とすが、3~4区で11位に浮上してシード権をうかがう位置につけたものの、5区の選手が低温と強に苦しみ4年ぶりの途中棄権となってしまう。復路は参考記録ながら9位相当のタイムで走破する。
2014年 予選10位と苦しみながらも通過し、11年連続11回の出場。しかし1区の高速レースに対応できず18位に沈み、以後も負の連鎖で往路は20位に沈んでしまう。復路は6区で6位と健闘するも後続の走者が区間下位と続かず、復路・総合とも19位に終わる。
2015年 予選会で将でエース村山紘太選手が日本人個人歴代最高記録で個人1位マークし、12年連続12回の出場を決めるが、予選順位は9位と大苦戦。先に行われた全日大学駅伝の結果からも選手層の薄さが懸念されて前評判は高くなかったが、2区の村山選手が区間2位の快走を見せて勢いに乗り、往路は8位と健闘。復路もり、アンカー寺田選手が区間賞の走を見せたこともあって、総合7位でフィニッシュ。2区以降は終始シード圏内と安定した戦いぶりを見せて、3年ぶり3度シード権を獲得した。
2016年 シード校として13年連続13回の出場。1区の蒲田の時点で14位とつまずくが、2区で10位へと盛り返し、3区で8位へと順位をあげる。4区では一時6位と健闘するものの、その後はズルズルと順位を落としていく。日体大、拓殖大、帝京大などと死闘を繰り広げるも往路は10位と差なしの11位に終わる。復路は大平台からほぼずっと13位に甘んじていたが、最後の最後で神奈川大と同着の12位で終わり、2年連続のシード権獲得とはならなかった。
2017年 箱根予選会はメンバーを数人欠いたこともあり、戦前から不安視されていたが、通過ラインに2分53届かない12位に終わり、初出場から続けてきた連続出場は13でストップしてしまった。予選会でチーム2番での26位と好走した金子選手が学連合としてメンバー入りする。
2018年 箱根予選会を8位で通過し2年ぶり14回の出場を決めた。全日大学駅伝は13位ながら、4区のが他校のエースを抑えて区間賞を取っている。箱根本戦も前評判は高くなかったが1区は18位ながらトップと1分差にとどめると、徐々に順位を上げ往路は6位でフィニッシュ。復路も堅実につないで総合7位に入り3年ぶり4度シードを獲得した。
2019年 三大駅伝全てに出場。出雲全日本とも8位と健闘し全日本ではシード権も獲得。その勢いのまま2年連続15回箱根に挑むも、両駅伝で好走したエースの萩久保選手を欠いたことが影したのか、2~3区が大ブレーキとなり往路は19位、復路も10区こそ区間4位と気を吐いたものの、6~8区が大ブレーキとなったこともあり、最後まで浮上のきっかけを掴むことはできず総合20位に終わる。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/11%E4%BD%8D%E3%81%AB%E5%AE%9A%E8%A9%95%E3%81%AE%E3%81%82%E3%82%8B%E5%9F%8E%E8%A5%BF%E5%A4%A7%E5%AD%A6

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

11位に定評のある城西大学

83 ななしのよっしん
2015/01/03(土) 13:59:28 ID: +ctG5Hgppx
総合7位でシード返り咲き!
今年は数年前の時と違ってレース前の評価でシード入りは難しいと言われてたから価値ある一歩だね。

しかし今年西の10区を走ったのは寺田か。しかも区間賞!
これもまた運命やねw
84 ななしのよっしん
2015/10/15(木) 21:27:40 ID: BshtHuj4uo
第27回出雲駅伝で6区間中5区間で区間11位という記録を達成。
85 ななしのよっしん
2015/10/31(土) 23:41:04 ID: YZSx4eF47h
>>84

ワロタ
流石に呪われてるんじゃないですかね...
86 ななしのよっしん
2016/01/02(土) 13:19:09 ID: v8m48GZHxN
広島の5位みたいなものか
87 ななしのよっしん
2016/01/02(土) 13:39:22 ID: 6wG8DBC5CW
あけましておめでとうございます
今年も往路最後の最後で11位でした
おめでとうございます
88 ななしのよっしん
2016/01/02(土) 14:19:04 ID: P/RtbiCoVX
安定の11位、調整が素晴らしいと思った(小並感)
89 ななしのよっしん
2016/01/02(土) 14:27:11 ID: 5asxWHleo0
まーた収束してしまったのか
90 ななしのよっしん
2016/01/02(土) 14:33:28 ID: +ctG5Hgppx
しかし今回の11位(10位とタイム差なし)は価値のある順位だな
戦前予想では多くの専門西をシード圏外の15位ぐらいに予想していた
明日の復路で果たしてどうなるか?
91 ななしのよっしん
2016/10/16(日) 14:49:22 ID: dH8GL9OpyS
2017年は初出場以降では初の予選敗退を喫する
予選で11位という落ちかと思ったらもう一つ下の12位だった
92 ななしのよっしん
2017/12/30(土) 12:44:39 ID: hysjzgdu+o
その分、女子富士山で11位フィニッシュ

急上昇ワード