120mm迫撃砲 rt単語

ヒャクニジュウジュウハク
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

 120mm迫撃砲 rtとはフランストムソンブラートン社の開発した、牽引式の重迫撃である。従来の105mm級榴弾に匹敵する射程、威四輪駆動で牽引可な軽便さ、身に刻まれたライフリングによる迫撃としては高い命中精度から、このクラスの重迫としてはベストセラーとなっている。以下においては陸上自衛隊での概要を記述する。

概要

 第二次世界大戦世代のM2107mm迫撃の後継として、平成4年度より豊和工業ライセンス製造する形で配備が開始された。な配備先は普通科連隊所属の重迫撃中隊/小隊で、第1空挺団では従来の105mmりゅうに代わる装備として挺特科大隊が装備している。

 通常弾で8100m、ロケット推進補助弾で13000mと長大な射程。上に述べたとおり105mmりゅう弾並みの威を持ち、高機動車1台で牽引できる簡便さもあいまって、普通科部隊が有する最も大きな支援火力として用されている。同の射程、精度、発射速度を機甲師団でも有効活用すべく、日立製作所により本体後部に搭載した96式自走120ミリ迫撃も開発され、第7師団第11普通科連隊などに配備された。

 現在も一部普通科連隊の重迫小隊から中隊への拡大に伴い、製造と調達は継続されている。そしてTRDIなどが中心となって現在弾道修正弾」という、一種の誘導弾が155ミリりゅう120ミリ迫撃用に開発されており、将来的には本迫撃は前線部隊の要請に応じ、ピンポイントの精密射撃も可となる見込みである。

 このように今後も活躍が期待されるRT迫撃だが、弾道修正弾を用いずとも一部の変態部隊。例えば師団重迫撃射撃競技会で優勝するような重迫中隊は、従来通りの射法と弾を用いつつも、職人技に近い高い技量で誤差メートルに収めることも多いといわれる。本来そういう運用をする兵器じゃないんですが、それは…

関連動画

関連商品

RT重迫を直接扱ってはいないが、旧軍も陸自も迫撃用しており、その開発と運用を知る良書である。

関連コミュニティ

120mm迫撃砲 rtに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/120mm%E8%BF%AB%E6%92%83%E7%A0%B2%20rt

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

120mm迫撃砲 rt

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 120mm迫撃砲 rtについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!