16式機動戦闘車単語

ヒトロクシキキドウセントウシャ
7.3千文字の記事
  • 11
  • 0pt
掲示板へ

16式機動戦闘車(英:Maneuver Combat Vehicle;MCV)とは、陸上自衛隊が装備している戦闘車両である。

概要

輸性及び路上機動性に優れ、中距離域で軽戦車等を撃破する装輪産装甲戦闘」と位置づけられている。諸元、性は 乗員4名 全長8.45m 全幅2.98m 全高2.87m 最高速度約100km/h 105mm 12.7mm機関銃[1]

2007年より開発が開始され、2013年に試作報道開、2016年量産型の配備が開始された。装輪戦車コンセプトは昔からあり、フランスがいちAMX-10RCを1978年より配備を開始、他にイタリアチェンタウロ1991年)、南アフリカロイカット2000年)、チャイナの11式(2011年)などがある。機動戦闘車が最もを受けたのはアメリカが採用したM1128ストライカーMGSMobile Gun System)である。[2]

機動戦闘車は戦車?

中期防衛整備計画(平成31年度~平成35年度)では、機動戦闘車は戦車とは別で調達されており、予算上では戦車に含めていない。[3]

ただし、平成31年度以降に係る防衛計画の大綱では、戦車の将来の規模は約300両とすると記載されており、戦車定数そのものは減少する。[4]残された数少ない戦車は北部方面隊(北海道)、西部方面隊(九州)へ集中配備。戦車教導隊など教育部隊を除けば、本州74式戦車代替は実質、延べ300両が調達される機動戦闘車が担うこととなる。

戦車不要論で危惧されていた、装輪装甲車による戦車の補ではない代替現実のものとなってしまったのだ…

今後、日本の本州から戦車が消える

上のイラスト2014年度防衛書のもので、今後本州74式戦車が消え、機動戦闘車が配備されることを示している。なお機動戦闘車が戦車定数に入ることを直接示しているわけではないので注意が必要。

火力

火砲・弾薬

74式戦車が搭載していたL7から生した105ミリ52口径ライフルを装備。サーマルスリーブペパーポット式マズルブレーキ、噴気装置を備える。弾については93式装弾筒付翼安定徹甲弾APFSDS)や91式多対戦車榴弾など各種弾を発射できる。[5]

自動装填装置は採用されていない。開発当初は導入も視野に入れていたが、コスト低減のために見送ったと説明されている。[6]

また105mm弾程度なら小柄な日本人でも扱えること、主任務が正面切っての機甲戦闘ではなく威偵察や軽歩兵制圧・陸両用戦車撃破などであり、手動装填のスピードでも火力としては十分であろうことを考えると妥当といえる。

は、契約者が10式戦車を開発した三菱重工日本製鋼所であることもあり、10式戦車を彷彿とさせる楔の装甲を備えたスマートな格である。また、部品もある程度10式と共通化されているらしく、気センサーなど一部部品が共通化している。

陸上自衛隊公式チャンネル開された試作PV映像の最後では、なんと「行進間射撃を実施している。

さて、ここで他の類似車両の発シーンと見べててみよう。発時の体の揺れっぷりに注

お分かり頂けただろうか?

普通、この手のAFVタイヤを備える装輪式であり戦車べると重が軽い為、ただでさえの精度が低く、 70mm~90mmクラスや、通常のべて反動が少ない代わりに威が低い「低圧」ならまだしもガチ105mm戦車なんて積んだ日には実用レベルの行進間射撃なんて不可能である。

……と言う認識が一般的だったのだが、何をトチ狂ったのか機動戦闘車は「行進間射撃をしてしまった。
しかも、反動制御が難しい体からほぼ横の向きさすがは三菱TRDI変態技術者たちである。

尚、動画の発シーン10式戦車のような「スラローム射撃」とするもあるが、よく見ると発時には旋回中とはいえ、ほぼ直進状態にあるため急旋回中に発する技術である「スラローム射撃」と決め付けるのは計である。もっとも、類似車両べると相当なGが掛かってるはずなのは確かだが…。

また、一部では「これはじゃない?」とのが上がっているが、身がエバキュレーター付近まで後座していること、衝撃波ソレとはべ物にならない事などから実弾であるのは間違いない。

なお試作の展示状態などを見るとは相当大きな仰を取ることが可な模様である。一節では10式譲りの優れたFCS・データリンクと連携して簡素な曲射としても使えるのではという説もある。

FCS(射撃統制装置)

FCS面においては、身先端部に取り付けられた身の歪みを測定するための口照合用ミラーなどを見るに、10式90式戦車の開発で得られた技術を応用・発展させたものを搭載していると考えられ、PV開式典の映像でも10式90式戦車のように身が全くぶれず、一点に向けられている様子がえる。

学系サイトは、手用サイト赤外線と可視センサーが備えられているのが確認されている。長用サイトは、10式戦車長用サイトを一回り小さくしたようなサイトが旋回式で設置されている。10式戦車長用サイトは、赤外線と可視を切り替えが可でありそのどちらでも高倍率なズームが可だと言う。機動戦闘車に搭載されているものに関しては不明だが、単に10式サイトを小化したものなのでは、あるいは、逆に広寄りなのではないか、などなど様々な推測がなされている。しかし、開発の経緯から10式と同じか、またはそこから発展したサイトが搭載されているのはまず間違いない為、現有陸自車両の中ではトップクラスの索敵のを有していると考えていいだろう。

防護力

直接防御力

具体的な装甲構成は機密だが、側面では12.7ミリ機関銃に対する防御、前面では最高20ミリ弾に対する防御が可だと考えられている。脅威レベルの高い環境では必要に応じて付加装甲爆発反応装甲を設置できる。[7]

増加装甲

また、体及びにはある種の「増加装甲」が搭載されているのではないかと考えられてる。では、右の画像をご覧いただきたい。

オレンジの部分が取り外されていることが確認できる。 オレンジの線で囲われた部分が取り外されているのが分かる


上の画像が開された試作、下の画像が動画射撃シーンからキャプチャしたものである。両者を較してみると、開された試作体の前面と側面にボルトめされていたものが見受けられず、側面の楔増加装甲も取り外されている。

この増加装甲についての詳細は不明であるが、耐弾試験において「84mm無反動砲 対戦車榴弾(HEAT弾)」の使用が確認されている。この際に使用された対戦車榴弾RHA換算400mm程度を貫通する551HEAT弾なのか。あるいはタンデム弾頭の751か不明であるが、RPG-7程度には十分な耐久性を持つと思われる。

あくまで推測だが、この増加装甲は中身が洞、またはウレタン等が充填されており、HEAT弾に対して効果を発揮する間装甲」として機するのではないかと考えられる。加えて、の増加装甲に関しては、10式戦車と同様に敵脅威のレベルによって装甲を取り換えられる「モジュラー装甲」である可性もある。

ただし、要には「歩兵の携行火器からの防護」のみあったのであり、どの部分が耐えられるのかまでは開されていなことに注意。体前面からの攻撃に耐えるだけでも、一応要は満たすことになる。
というか、素の側面装甲でRPGの攻撃に耐えれたら、もう装輪装甲車なんてモノじゃないんじゃ…。

昨今の不正規戦で問題となっている「即席爆弾(IED)」等への対策としてなのか、体底部が従来よりも高めに取られており、爆圧を逃がす事によって被害を最小限に抑えるものだとも考えられる。しかし、体底部のバーが剥き出しになっていること、高く取ってはいるものの底部自体はらなままなことなどから積極的なIED対策ではない可性もあり、逆に不整地での機動性を考慮したものではないかとも考えられる。
(装輪高が低いと、ちょっとした盛り上がりに底部がつかえて動けなくなる事がある。)ただし、体下にドレンキャップがあるため、どーも体自体はNATOの定めた規格であるSTANAG基準の地雷防御性が備わっているようである。

間接防御としては、前面左右に10式戦車の物と同の「レーザー検知装置」が取り付けられている。10式90式戦車は、レーザー検知装置と発煙弾発射機を連動させてレーザーを検知すると自動で発射させる事が出来るため、機動戦闘車にも同様の機が備わっていると推測される。ただし、10式戦車が前後に計4基のレーザー検知装置があるのに対し、機動戦闘車は前部に2基だけである。

車体・機動力

車体

体は8輪のタイヤを備え、フロント部にエンジンを配置するという類似車両と同様のスタイルを取っている。しかし、前項で述べたとおりIED対策の為か体底部を高く取り、かつ高を抑えなければならない為、同規模の車両であるチェンタウロルーイカットべると非常に体薄っぺらく、全長が1m以上長くなっている。恐らく、高を抑制して減った内容積を前後に伸ばして確保したのだろう。

体後部にはハッチが取り付けられているが、ハッチの大きさ(推定40cm?)や高から判断するに、膝を抱えでもしなければ普通科の隊員を搭載することは難しいと考えられる。むしろそこまでして乗りたくない。

おそらく、これはメンテナンス眼としたハッチであり、ここから弾の搭載などの補給・整備、あるいはその弾ラックを利用して傷病者の搬送等も行えるのではないかと推測される。

また、動画の最後で披露された行進間射撃の様子から、非常に高度なサスペンションを有していると考えられており、一部では「10式戦車譲りのアクティブサスペンションを搭載しているのでは?」とも推測されている。

駆動系

4気筒液冷ターボチャージャーパワーパックを搭載。最高時速は100キロに達し、ドライブトレインは地形に応じて8輪全駆動か、4輪駆動を選択できる。セントラル・インフレーションシステムも搭載。ステアリングは前輪4輪による。[8]

時速100km以上での路上走行は、装軌式の戦車較すると、74式戦車速度が50km、10式戦車が70kmと、その差は一瞭然である。ちなみに、普通科の足である「96式装輪装甲車」や、偵察隊の「87式偵察警戒車」とは同速であり、この辺りから機動戦闘車がどのように運用されるのかが見えてくるような…。

足回りに関しては、「油気圧(ハイドロニューマチック)」かつ独立懸架ダブルウィッシュボーン式」という装輪装甲車としてはあまりになサスペンションを備えている。

重量が26t、幅2.98m、高2.87mと、類似車両べるとトップクラスサイズ・重量であるが、航空自衛隊に配備予定のC-2輸送機に搭載可な範囲に収められており、戦略機動性が高くなっている。

ただし、幅に関しては道路交通法の定める制限:2.5mをえてしまった為、時における走行に際しては警察からの特別な許可が必要となる。これは射撃時の安定性を優先した為であり、同様に105mm搭載のチェンタウロルーイカットもほぼ同じ全幅である。にしても普通あそこまで安定しないだろ。

試作についているタイヤ企業のものではなくミシュランのものである。これは試作開発時に要を満たしたタイヤがこれしかなかったからだそうで、今後は産化も検討されるという。

将来装輪戦闘車両研究とは

先述にある将来装輪戦闘車両研究においては、ベースとなる体の機動良と上部火の多様化により部品の共通化によるライフサイクルコストの低減が研究された。

機動戦闘車の要素技術を全て用いるかは不明だが、同スケール体を用いて新の40mm機関を備えた偵察車両、兵員輸送車両揮通信車両などの開発をすものとされている。

機動戦闘車はこれらの研究の反映と、装備化によるさらなる効率化の研究資料として用いられると予測される。そして2014年近日、武器輸出三原則の定を見越して三菱重工業ユーロサトリへの製品展示を申請。その中には小松製作所ではなく三菱製の8輪装甲車の精密な模型が存在し、体形状は機動戦闘車に酷似している。

形状は原からを撤去、体をやや縦長にストレッチした形の装輪装甲車であり、武装には自動架が搭載されている。実際に輸出されるのか、陸上自衛隊にどの程度配備されるか不明だが、機動戦闘車に続く三菱重工業製装輪装甲車であり注を浴びている。

それで結局戦車の代わりになるの?

機動戦闘車の戦闘力に関しては「配備されたらもう戦車など要らない」という積極的なものから「敵MBTに対抗できないから不要」という消極的なものまで様々な意見があり、結局どういうことなのと考えてしまうだろう。 もが抱くこの質問には複数の意味があり、分解しながら考える必要がある。

まず、陸上自衛隊の要仕様は『戦闘部隊に装備し、多様な事態への対処において、輸性、路上機動性等に優れた機動をもって速に展開するとともに、中距離域での直接照準射撃により軽戦車等を含む敵装甲戦闘車両及び人員を撃破するために使用する機動戦闘車を開発する』(平成24年行政事業レビューシート(防衛省) - 事業の的)となっている。

ここで言う軽戦車というのは、重量数トンヘリ輸される戦車クラスから105mmを搭載した装輪装甲車クラスまでを想定していると考えられる。MBT、つまり第三世代戦車への対抗ははじめから想定されていない。その点で言えば「戦車MBT)の代わりにならない」と言えるだろう。

ところで配備する側の陸上自衛隊の立場になって考えてみたい。従来の戦車である74式戦車は制式化から40年を迎え、機動戦闘車の趨勢とは関係に今後どう頑っても退役で数が減っていく。かと言って現在10式戦車の配備ペースでは追いつかないし、90式戦車含め300両では数が決定的に不足する。ならば74式戦車が抜けたを機動戦闘車で置き換えるというのは、現状では最善策といえるのではないだろうか。

そこで機動戦闘車と74式戦車との戦闘力較して考えてみたい。よくある意見が機動戦闘車は装甲車74式戦車戦車だから一方的に負けてしまうというものだが、スペック較していくと必ずしもそうはいえない。

74式戦車は第二世戦車で装甲は均質圧延の防弾鋼であり、RPG-7を始めとする成形炸薬弾は貫通してしまう。またAPFSDS技術の発展により、93式105mm装弾筒付翼安定徹甲弾74式戦車の正面装甲を貫通してしまう威である。つまり、もはや戦車として十分な防護があるとは言えない。移動手段である履帯は高い不整地走破を持つが、一方で概ね200kmをえる長距離の移動ではトランスポーターによる輸送が必要になる。

機動戦闘車は間装甲も含めた複合的なものと見られ、成形炸薬弾に対する防護が謳われている。105mm自体のスペックはほぼ同等と考えられるが、10式戦車に準じたセンサー類やアンテナ装備を考慮に入れると、少なくとも90式戦車レベルの行進間射撃や初弾命中が発揮されると推定できる。輪による移動は道路を前提とする限りスムーズなもので、行動範囲は他の同等機種と較すれば500km程度はあるとみられている。74式戦車べ局地的な事案発生地への投入数を維持しながら、全体的な配備数を数分の一にできるものと期待される。

以上を総合すると機動戦闘車は74式戦車べ幾らかの向上を図りつつ、全体の配備数を削減することができるため、置き換え先としてはかなり優秀と考えてよい。つまり「74式戦車の代わりになる」のである。

90式以降の戦後第3世代戦車代替として考えれば論外だが、いよいよ老朽化著しい74式の代替。北部方面隊や西部方面隊、富士学校戦車教導隊などからの増援到着までの機動防御には十分有用と思われる。それでも本州にいくばくかでも10式戦車装備部隊を残して欲しかったが、これは今後の動向次第である…

関連動画

陸上自衛隊広報チャンネルより               10月9日報道開より
 
↓やっぱりお前の撃ち方はおかしい。
 

関連静画

関連コミュニティ

関連リンク

関連項目

脚注

  1. *http://www.mod.go.jp/j/publication/wp/wp2016/pdf/28knmt04.pdf
  2. *https://trafficnews.jp/post/79945exit
  3. *https://www.mod.go.jp/j/approach/agenda/guideline/2019/pdf/chuki_seibi31-35.pdfexit
  4. *https://www.mod.go.jp/j/approach/agenda/guideline/2019/pdf/20181218.pdfexit
  5. *「【ジェーンズ・ディフェンス・ウオッチ】 「ライジング・サン」65年目の陸上自衛隊(1)」exit2019.3.14
  6. *「最先端未来兵器ファイル竹内笠倉出版社 2015 p.167
  7. *「【ジェーンズ・ディフェンス・ウオッチ】 「ライジング・サン」65年目の陸上自衛隊(1)」exit
  8. *「【ジェーンズ・ディフェンス・ウオッチ】 「ライジング・サン」65年目の陸上自衛隊(1)」exit

【スポンサーリンク】

  • 11
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/16%E5%BC%8F%E6%A9%9F%E5%8B%95%E6%88%A6%E9%97%98%E8%BB%8A
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

16式機動戦闘車

1078 ななしのよっしん
2022/06/19(日) 06:17:38 ID: Y6LcFPcFLO
日本兵站はとっくに崩れてるんだよ
自衛隊に人はいないし、メーカーにも人はいない
なんとか誤魔化せるラインまで撤退を続けた結果が定数300両だ

利益は少なくても生産が安定してるのが防衛産業のうまみなのに
急に倍にしろだのやっぱ延期しろだの言われたら逃げるぞ
コマツはとっくに逃げたからもう新LAVは作れんぞ
1079 ななしのよっしん
2022/06/24(金) 11:08:31 ID: h5w0fOTKEm
もはや民間経済が大きくなりすぎて軍事なんて経済的にはいらんものになってしもうた
1080 ななしのよっしん
2022/07/03(日) 09:31:33 ID: dxRLB3hnom
ゲームと違ってヒト、物、ユニットがすぐには増産できないから
装備ごとに5年分のカネ、資だけ用意して先払いできないものかねぇ?
後払い(長期契約法)は雪だるま⛄️式に増えるから気が引けるのはわかる
1081 ななしのよっしん
2022/07/06(水) 21:44:47 ID: AfEnT79PYB
は割と長期計画で定検含めてそこそこしっかりやってるぞ。でも陸自は予算が~になる。
防衛費倍増でこの辺しっかりやり直して欲しいね。財省の無能は締め出して。
というか、専門外の分野に権に大きな面して口出せるとか、まるで昭和企業みたいな体質してんな
1082 ななしのよっしん
2022/07/19(火) 22:54:57 ID: dxRLB3hnom
航空機海自空自も予備機があるのに、
額も10分の1になる陸自車両になると、
急に予備0を要する財務省

稼働率100%を要する民間だとクビだぞ?
1083 ななしのよっしん
2022/07/20(水) 07:05:57 ID: dxRLB3hnom
的を外して削る額が少ない。
財務省が削る装備を陸問わず間違えるから、
全体から見れば装備を削った後も、
財政健全化に寄与しない。

予備がいから、
当たり前だが訓練はメンテスケジュールが組めない。=
スケジュールに全車両殺到=
全部は当然捌けず=
訓練も小規模にするしかない=
小分けにするしかない=
維持にかかる訓練の数が、指数関数的に増える
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
1084 ななしのよっしん
2022/07/20(水) 09:25:45 ID: Y6LcFPcFLO
大量生産して単価を削るのは作って購買意欲煽って売る業界の理屈であって
的が先にあって手段として装備を買う防衛産業とは正反対
安売りしてたから買ってタンスの肥やしにするダメ主婦みたいになるぞ

ダメ主婦の如く企業の保護のために買うだけ買ってモスボールするのもいいが
別事業をけさせて防衛事業の赤字補填させる今のやり方のほうが賢いよね
1085 ななしのよっしん
2022/07/20(水) 12:27:58 ID: dxRLB3hnom
また妄想書いてる…
なんだコイツ
1086 ななしのよっしん
2022/07/28(木) 11:28:35 ID: 6pa+zbFvbn
>>別事業をけさせて防衛事業の赤字補填させる今のやり方のほうが賢いよね

その結果「じゃあ防衛事業から手を引くわ」になってるのが現実なんだよね・・・・・
1087 ななしのよっしん
2022/07/29(金) 23:19:17 ID: Y6LcFPcFLO
AH-64D以来防衛事業はローリスクローリターンどころか
ハイリスクローリターンであることがバレてしまったからね

財務省関係なく自分の都合で調達中止決めといて
駄になった経費払えと言われたら逆ギレしたのが防衛省だからね