1984年(小説)単語

センキュウヒャクハチジュウヨネン
  • 13
  • 0pt
掲示板へ

1984年Nineteen Eighty-Four)とは、イギリス小説である。

概要

著者はジョージ・オーウェル、刊行は1949年ディストピア社会舞台としている。

作品背景

オーウェルは晩年の闘病中にこの作品を執筆し1948年12月4日に最終稿を出版社に投稿1949年に出版された。

あらすじ

時に1984年。「党」によって自由人権、性の全てが抑圧された全体主義国家オセアニアに住む党外局員ウィントンスミスは、ふとしたことで買いめた白紙の本に「日記」をつけ始める。過去竄を是としているオセアニアにおいて、「記録すること」は重罪であった。政府の強固な支配に反感を抱くウィントンには、それを打開する微かな希望があった。ウィントンに共感したらしい党内局員のオブライエンと噂の反党組織「兄弟同盟」である。やがて彼と彼女ジュリアは、オブライエンの導きで兄弟同盟に入ることとなるが……。

登場人物

ウィントンスミスWinston Smith
本編主人公39歳。真理記録局で新聞などの竄作業に従事。ひざを悪くしている。部屋のテレスクリーンから隠れて「日記」 を書き始めるが……。
ジュリアJulia
26歳、本編ヒロイン真理創作局でプロレ向け小説の作成機械の操作作業に従事している他、人工授精を推進する「反セックス連盟」に所属している。しかし実際は党員たちと性交渉を繰り返していて、党内局の事情にも詳しい。第2部でウィントンと接触し、彼に告白。その後はたびたび瀬を重ね、セックスが抑圧されたオセアニアの中での喜びを感じあう。体以外のことには全くと言っていいほど興味く、ウィントンの体制に対する反発とは対照的に、政治のことにも頓着である。
キャサリンKatharine)
ウィントンの妻。「性本の圧殺」いう党の方針に忠実な女性で、「党のために子供を産む」ためだけにウィントンと義務的なセックスをする。結局ウィントンとの間に子供は産まれず、現在は別居中。
オブライエン(O'Brien
真理勤務の党内局員。ウィントンは彼を「党に対して懐疑的な人間」としていたが実際は……。
トムパーソンズTom Parsons)
ウィントンの友人。子供がそのまま大きくなったような人物で党に献身的だが学はく、とうてい逮捕されて蒸発するようなタイプには見えなかったのだが……。真理に勤務。
パーソンズ夫人(Mrs. Parsons)
トムの妻。年齢は30歳くらいだが外見は実年齢よりも老けている。「哀れ」 を絵に描いたような人物。トムとの間に2人の子供がいるが、いずれも父親と同じく党を狂信的に支持しており、いつも「反逆者」を探している。
サイム(Syme)
ウィントンの友人。真理調局で「新法辞典」第11版の「形容詞」の編纂を担当する。頭がよく回り、ニュースピークの今後の展望を見通し作業に打ち込んでいたが、ある日突然蒸発して非実在者となる。サイムは最初から存在していなかった。
ロットソン(Tillotson)
真理記録局に勤務。ウィントンとは面識がない。
ウィザーズ(Withers
慰問品を届ける組織FFCCに所属する党内局員。ビッグ・ブラザーにも新聞で賞されていた。しかしある日突然FFCC止され、ウィザーズ同志は非実在者となった。ウィザーズ同志は最初から存在していなかった。
オーグルヴィ(Ogilvy)
党に熱な忠を誓う党員の鑑。自分の為に楽しむことを知らず、24時間365日の全てを党にげてきた。ヘリコプター公文書を運ぶ任務の途上、敵機の追跡を受け、重要書類もろともに身を投じる。享年23。その正体はウィントンが新聞記事の変造作業で作り上げた架の人物。オーグルヴィ同志歴史上の偉人と同様に最初から存在していた。
チャリトンCharrington)
古物屋の店の老人。「オレンジレモン」の歌を知っていたりと、旧時代を知る数少ない生き残りであると思われたが、その正体は……。
ジョーンズ(Jones)、エアロンソン(Aaronson)、ラザーフォード(Rutherford
革命初期の導者の最後の生き残り組。1960年代半ばに捕まり反党行為を「自」する。
ビッグ・ブラザーBig Brother
オセアニアの最高導者とされている人物。立党時代からの導者であると党はしているが、ウィントンおぼろげな記憶ではジョーンズエアロンソン、ラザーフォードの3人の名前よりも前に聞いたことはい。 本編中では一度も姿を表わさず、実在の人物であるかどうかも定かではい。オセアニア中にはビッグ・ブラザーの顔が映ったポスターが至るところに貼られており、ポスターには「ビッグ・ブラザーがあなたを見ている (Big Brother is watching you)」と書かれている。
エマニュエルゴールドスタイン(Emmanuel Goldstein
革命時代初期の「同志」であり党の裏切り者、反党組織「兄弟同盟」の盟とされている男。ビッグ・ブラザーと同様に実在する人物であるかは定かではない。「二分間憎悪」などのあらゆる催し、ありとあらゆる印刷物 ・放送にてオセアニア中の憎悪を集めている。

3つの超大国

1984年」の世界は「オセアニア」「ユーラシア」「イースシア」の3つのに分けられていて、互いに敵対や同盟を繰り返しつつも恒久的な戦争状態にある。戦争の実の的は「産業の回転によって生み出される富を民に分配させずに消耗させ、支配構造を維持すること」である。3つのの領土外にあるタンジール、ブラヴィル、ポート・ダーウィン香港を頂点とした周辺の四辺形の地域は恒久戦争戦闘地域で、領有が三間でコロコロ変わるが住民や産業は残っているようだ。

オセアニアOceania
南北アメリカイギリスオーストラリアアフリカ南部などから成る。支配的イデオロギーは「イングソック(INGSOC)」。領土の大部分がに囲まれているため侵攻しづらく、滅ぼすことが出来ない。本編主人公であるウィントンスミスは、このの旧イギリス部分(エアトリップワン)に住んでいる。
ユーラシアEurasia
ヨーロッパからロシア極東にかけて広がる。支配的イデオロギーは「ネオ・ボルシェヴィズム(Neo-Bolshevism)」。広大な領土ゆえに滅ぼすことができない。オセアニアと長きに渡り戦争を続けているが……。
イースシアEastasia
3つのの中で最も遅く成立したとされる中国日本を中心とした東アジアを支配している。支配的イデオロギーは中国名で、一般的には「死の崇拝(Death-Worship)」と訳され、あるいは「自己滅却(Obliteration of the Self)」と言い換えるべきものである。多数の勤勉な民によって支えられているため、滅ぼすことができない。オセアニアとは同盟関係にあったが……。

用語集

平和(The Ministry of Peace、新法ではMinipax
オセアニアの統治機構の1つ。「平和」という名前とは反対に戦争を担当している。
(The Ministry of Love、新法ではMiniluv)
オセアニアの統治機構の1つ。「情」という名前とは反対に反逆者に対する拷問、尋問を担当する。ただ最終的に反逆者は最終的に党を「する」ようになるので皮にも名前通りであるとも言える。エアトリップワンの庁舎にはが一切なく、収容者は自分がどこにいるのか見当もつかない。
豊富(The Ministry of Plenty、新法ではMiniplenty
オセアニアの統治機構の1つ。物資の配給を担当する。「豊富」という名前とは反対に配給される食料や生活用品は絶えず不足しているが、生産量は伸び続けている「ことになっている」。作中ではウィントン達党外局員が剃の不足に悩まされたり、チョコレートの配給量が減ったり(「増えた」ことにされたが)と深刻な状況がられている。
真理(The Ministry of Truth、新法ではMinitrue
オセアニアの統治機構の1つ。「真理」という名前とは反対に、ビッグブラザーと党が常に「正しくある」ように、タイムスを始めとする新聞や雑誌の記録を竄し続けている。他にも、オセアニアに各種の印刷物や音楽映像などを供給する役割も担っている。もっとも創作物は党にとって「都合のよい」ものしか作られず、設計の大部分も万華鏡などの機械を用いるため、ワンパターン芸術的価値や面みには欠けるようである。ポルノ映画制作も手掛けているが、ストーリーは6つのパターンしかないらしい。作品名は「おしりペンペン物語」「女学校の一日」など。意外と今時のAVと変わらないかもしれない。
レスクリーン(Telescreen)
オセアニアで用いられているテレビのような監視装置。プロパガンダを24時間流し続けるスクリーンであると同時に、テレスクリーンの前の映像や音を拾う監視カメラの役割も持っている。基本的にテレスクリーンオフにすることは出来ない。放映する内容は、物資の生産高や戦況の報告、二分間憎悪などの政治宣伝の他に、党員向けの体操番組もある(動きが悪いとインストクターから注意される)。下層階級であるプロレは監視対とは見なされていないため、大半のプロレのにはテレスクリーン装置は設置されていない。
党内局(Inner Party
党の上層部。作中ではオブライエンが該当する。党内局員は広い住居が与えられるほか配給される物資も豊富で、紅茶コーヒーワインなどの嗜好品も行き届いている。テレスクリーンを消して監視のを逃れてしまうことも許されているが、あまり長時間消し続けることは彼らと言えど危険なようである。
党外局(Outer Party
党の一般党員。ウィントン、ジューリアサイム、パーソンズが該当する。オセアニアの中層階級であり、上層階級(党内局)を脅かす恐れがあるとして厳重な監視対下に置かれている。通常の党の職務の他、終業後は地域住民とのレクリエーションへ参加しなくてはならないなど、あらゆる義務が課せられている。そのくせ生活環境は一応の保障がされている程度で、老朽化した宿舎や物資やエネルギーの欠乏などに常に悩まされている。恐らくは民の中で一番体制の割を食っている層である。
プロレ(the proles)
党員ではない下層階級。オセアニアの人口の八割以上を占める。プロレ(プロタリア略称)の名が示す通り、貧困が蔓延していて教育や福も行き届いておらず、党員からは人間扱いされないことも多々ある。彼ら単独では上層階級への脅威とはならないと見なされており、特に監視対とはなっておらずテレスクリーンも普及していない(論脅威となりそうな人物は消去される)。それでもウィントンは、オセアニア民の大多数である彼らに期待を感じており、「もし希望あるなら、それはプロレの中にある」と評している。
2009年の新訳版では「プロール」と表記されている。
思想犯罪Thoughtcrime、新法ではCrimethink)
1984年」の世界では自由民主主義人権などの思想は「思想犯罪」の一言で集約される。思想犯罪は「死に値する犯罪」ではなく、「死」そのものである。
二重思考(Doublethink)
矛盾した2つの意見を同時に持ち、その矛盾を認識しつつ同時に2つともに信じること。そして二重思考の原理により「矛盾を信じたこと」を認識しつつ「矛盾を信じたこと」を忘却し、さらにそれ自体も忘却し……と忘却行為を限に繰り返す。これにより虚構は真実に常に一歩先行することとなる。この二重思考の原理によって「歴史竄している」と認識しつつ「書き換えられた歴史は正しい」と認識することが出来、竄作業を滞りなく行うことが可となる。
犯罪中止(Crimestop)
異端の思想を思い浮かべる前に、それを自然阻止する。簡単な誤謬を見抜けない異端の思想に関係する言葉に退屈してしまうなどもこれに含まれる。
法(Newspeak)
オセアニア公用語となるべく考案された言彙の削減、略語の多用が特徴で、人間の思考の範囲を縮小させ党による支配を恒久的なものにせしめることを的とする。日常に用いられるA彙群、政治的意味を以て用いられるB彙群、技術的用に用いられるC彙群(ただし「科学」という言葉は最存在しない)の3つに分けられる。2050年までにはすべての古い文献が新法に「翻訳」され、旧法とそれに関する知識は全に棄される予定となっている。ちなみに党の教義である「イングソック(INGSOC)」は「イギリス社会主義English Socialism)」を新法化したものである。
文法は動詞・名詞の区別がなくなり両用することができる(例えばspeakで話す・話すこと/言葉、など,よってlanguageは止)。また他の品詞は形容詞を示す-fulや副詞を示す-wiseなど接尾語を名詞/動詞に付属することで表す一種の日本語のように「てにおは」を用いて品詞を示す言) のような表現が用いられる。例えばspeed,速さ,の形容詞形はspeedful,速い,で従来の形容詞rapid止。同様にspeedwiseで速く、したがって副詞quicklyも止。また前置詞的な接頭語否定/意味反転接頭語un-や強調のplus-,doubleplusなど)を用いることで意味を大きく変化させることが可になっている。

関連動画

関連マイリスト

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 13
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/1984%E5%B9%B4%28%E5%B0%8F%E8%AA%AC%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

1984年(小説)

194 ななしのよっしん
2018/12/27(木) 18:24:29 ID: gBZjp4IhjI
ネット社会はどの思想であれ、これに出てくる民衆に極めて近いの大きいが多いね…
アルファツイッタラーの発言を受け売りして他人を攻撃してくるとか特に…
195 ななしのよっしん
2019/02/13(水) 21:16:31 ID: NRN5v3QRsw
 ですがディストピアなどの管理社会は効率面において自由義を勝るのは中国の例で実済みだからな
 左右拘らず人権とか自由とか言いながら利益面でCCPとズブズブな欧日本政治家、商売人を見てると人類はもう着実にこういう方向に向かってるなって実感する
196 ななしのよっしん
2019/02/16(土) 15:16:54 ID: Q2jhJiFN+T
>>195
個人商業以外の一般的な「企業」は、経営層の財産権・経済自由権などの人権によって成立する「法人」。人権法の適用されない場所では、企業も存在しないよ

「実感」においては人類が管理社会に向かうかもしれんが
法人の経営においては、財産権・経済自由権や法を守ることが前提になる
人類全員企業や自分の経済的権利(としての人権)を捨てないなら、管理社会すのは理がある

>中国IT企業が「GAFA」になれないワケ "デジタル覇権戦略"は必ず失敗する
https://president.jp/articles/-/27470exit
>実は中国のBATは、米国GAFAビジネスモデル真似た「コピーモデル」だ。中国政府はこれまで米国GAFAに対して、さまざまな規制を設けて、中国市場での自由ビジネス展開を許してこなかった。これは「デジタル保護義」だと摘されている。
中国政府によって作られた「」に守られて、BATGAFAとの競争を回避できて、14億人の巨大市場の中で急成長していった。

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
197 ななしのよっしん
2019/05/12(日) 12:39:30 ID: utjiHFuGvB
サンモニの張本勲発言に怒る人々のツイッター見るに
なんか攻撃したくてわざわざ見てる人もいるみたいだね
嫌なら見ないかチャンネル変えればいいのに
見る。そして憎悪をぶつける

憎悪週間てすごいね。
人を引き付けるがあるよ
198 ななしのよっしん
2019/05/12(日) 15:01:36 ID: 1DWlkLP8Iu
こいつが言いたい事は権に立ち向かうには結局数の暴力を使えという事。
マジリティ様にひざまずけという事
199 ななしのよっしん
2019/08/20(火) 01:11:23 ID: tlxCK0/j0w
>>197
しかもそれがグループになると団結が増して
その中のリーダーの言うこと聞きやすくなるてすごいよなあ
敵作るだけでバラバラの集団が一方向にまとまる
某Kヘイト香港デモとか思い当たるのは多い

もう架の存在してない宇宙人でも作ってさ 適当な所爆撃してさ
宇宙人は10年後侵略しますてテレビでも流して毎週宇宙人の悪行流して
が率先してそんな悪行許さない 団結しようて呼びかければ
10年後人類宇宙いって宇宙で戦う術手に入れるぜ きっと
200 ななしのよっしん
2019/09/01(日) 17:59:32 ID: OYKxIVVsn/
ネトウヨが「某Kガー」とか言ってて
反日煽ったムン・ジェイ政権は団結増すどころか支持率下がりまくりじゃん
一方、日本嫌韓煽って支持率アップしてますけど?
ネトウヨのような反知性義者もジョージ・オーウェルを読んでることには驚きだが、残念ながら内容を理解するだけのはないらしい
201 ななしのよっしん
2019/09/02(月) 00:21:34 ID: 5NmTZ05xti
>>199>>200あーんまり適切な現状認識とは言えないんじゃないかなぁ?特にK周り。
オーウェルが示した憎悪による団結は確かに存在するのだけれど、ち〜っと今回の状況には当てはまらんよ、専門の意見を見る限りさ。
K政治上には反日(的なもの)も確かに存在しているのだけれど、現代では優先順位がどうにもかなり低めらしいとK政治についての研究者がよく言ってる。逆にその関心が今回の事態を招いてるとの見識。
一方で日本による外交政策が嫌韓煽り民を団結させるポピュリズム政策か?と言われると微妙ね。単純に安全保障上の政策としては筋通ってるモノではある。言われてるほど強規制じゃないっぽいし。
それを置いとくとしても何よりGSOMIA破棄したのは流石に強すぎるし、それこそ憎悪に乗っかろうとしたとしか思えん。今回の場合乗れてすらいないんだけど。
反日とか除いても民情緒法があると言われるなのでポピュリズム的であることは割と正しい気がするけどね。

長々と書いたけど、めっちゃスレチ...
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
202 ななしのよっしん
2019/09/02(月) 00:29:55 ID: s4p7y5R6T5
この作品はかつて米国でもんだ形で受け止められた事がある
そして数十年の時を経てネットの片隅でそれが再現された
そういう意味ではこのやり取りは興味深いと思うの
個人的にはスレチだけど、この作品に関連する徴的な事だからスレチじゃないというか…
まあなんかそんな感じ
入ったプロレなんでこの辺が限界
203 ななしのよっしん
2019/10/09(水) 23:50:57 ID: Fbt0tP5YiV
今の世界情勢に当てると、物資=金銀財宝、と読み替えるとイメージしやすいのかな
党外局員は(現実では)ポピュリズムに乗っかったような中流階級じゃないのかなと思うんだけどね、プロレは移民とかワープアフリーターとかそこら辺のような気がする

そう考えると、附録の世界が実現しているのなら、それは党外局員の待遇が(配給含め)よりプロレに近づいた時なんじゃないかな、現実トランプ大統領ブレグジットがそうであるように

だとすると、これほど現代社会を捉えてる読み物もい気がするんだよな、世界はいつのまにか資本主義を通して全体主義に向かっているとすれば、これ以上強な皮って有るのだろうか