2015年度新人選手選択会議単語

ニセンジュウゴネンシンジンセンシュセンタクカイギ

2015年度新人選手選択会議ドラフト会議)とは、2015年10月22日グランドプリンスホテル高輪で行われた第51プロ野球ドラフト会議である。名称は「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」。

3年連続で協賛者は大正株式会社が務める。一般ファン募は7年連続。
開催日時は2015年10月22日(木)の17:00から。場所はグランドプリンスホテル高輪際館パミール。その模様は地上波TBS系列1位名のみ)、CSスカイ・A sports+(全放送)で生中継された。

指名順

1巡名は入札抽選で行われ、全球団が確定するまで繰り返し行う。
2巡以降は球団順位の逆順で行われる。2015年優先権パシフィック・リーグが獲得。

名順 楽天 DeNA オリックス 中日 西武 広島 ロッテ 阪神 日本ハム 巨人 ソフトバンク ヤクルト
1巡 12球団同時入札・抽選
2巡 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24
3巡 35 34 33 終了 32 31 30 29 28 27 26 25
4巡 36 37 38 39 40 41 42 43 44 終了 45
5巡 ・・・・・ 48 47 46
  • 各球団は10名まで名が可。ただし、全体で120名に達していない場合は、11人以降の名をしてもよい。
  • 名選手が合計120名に達していない場合、引き続き希望球団参加により「育成選手選択会議」を行われる。

1巡目指名

名順 選手名 投打 ポジション 名球団
重複1回 平沢大河 右左 内野手 楽天ロッテ
高橋純平 右右 投手 中日日本ハムソフトバンク
高山俊 右左 外野手 阪神ヤクルト
重複2回 小笠原慎之介 左左 投手 中日日本ハム

飛び抜けた大本命が不在だったため、名を言し一本釣りを狙いにいく球団が多くなった。

最大の玉であった高橋純平(県岐阜商高)は地元の中日のほか日本ハムソフトバンクが競合し、ソフトバンクが引き当てる。一方、それぞれ単独名を狙い、楽天平沢大河仙台育英高)を、ヤクルト高山俊明治大)の名を言していたが、それぞれ平沢にはロッテ高山には阪神が入札し抽選となり、平沢ロッテ高山阪神が交渉権を獲得した。話題性では一番だったオコエ瑠偉関東第一高)は楽天ハズレ1位名。

なお、高山の抽選時にクジを引いたヤクルト真中満監督が、はずれクジを当たりと勘違いしてガッツポーズ、一時ヤクルトに交渉権確定と発表されるアクシデントがあった。同様のアクシデント2005年辻内崇伸陽仲壽の抽選以来10年ぶり。

指名選手一覧

パシフィック・リーグ

福岡ソフトバンクホークス

順位 選手名 投打 ポジション 所属
1位 高橋純平 右右 投手 県立岐阜商業高等学校
2位 小澤 右左 投手 日本大学三島高等学校
3位 谷川健太 右左 捕手 豊橋中央高等学校
4位 茶谷健太 右右 投手 帝京第三高等学校
5位 健太 右右 内野手 初芝橋本高等学校
6位 川瀬晃 右左 内野手 大分商業高等学校
育成ドラフト
1位 野澤 右左 投手 つくば秀英高等学校
2位 児玉 左左 投手 神奈川大学
3位 樋越優一 右左 捕手 東京農業大学北海道オホーツク
4位 中村 右右 投手 ルーテル学院高等学校
5位 渡辺健史 左左 投手 飯塚高等学校

北海道日本ハムファイターズ

順位 選手名 投打 ポジション 所属
1位 上原健太 左左 投手 明治大学
2位 加藤貴之 左左 投手 新日鐵住金かずさマジック
3位 井口和朋 右右 投手 東京農業大学北海道オホーツク
4位 平沼翔太 右左 内野手 賀気高等学校
5位 田中 右右 投手 日本文理大学
6位 横尾俊建 右右 内野手 慶應義塾大学
7位 吉田 右右 投手 東海大学
8位 野優也 右両 外野手 大阪学園高等学校

千葉ロッテマリーンズ

順位 選手名 投打 ポジション 所属
1位 平沢大河 右左 内野手 仙台育英高等学校
2位 関谷亮太 右右 投手 JR東日本
3位 成田翔 左左 投手 秋田商業高等学校
4位 東條大樹 右右 投手 JR東日本
5位 原嵩 右右 投手 専修大学松戸高等学校
6位 信楽 右右 投手 宮崎梅田学園
7位 高野 右右 投手 JR西日本
育成ドラフト
1位 大木 右左 内野手 香川オリーブガイナーズ
2位 柿沼友哉 右右 捕手 日本大学際関係学部

埼玉西武ライオンズ

順位 選手名 投打 ポジション 所属
1位 多和田真三郎 右右 投手 富士大学
2位 川越誠司 左左 投手 北海学園大学
3位 野田昇吾 左左 投手 西濃運輸
4位 大滝愛斗 右右 外野手 花咲徳栄高等学校
5位 南川忠亮 右右 投手 JR四国
6位 本田圭佑 右右 投手 東北学院大学
7位 呉念庭 右左 内野手 第一工業大学
8位 國場翼 右左 投手 第一工業大学
9位 藤田航生 左左 投手 弘前工業高等学校
10位 松本直晃 右右 投手 香川オリーブガイナーズ

オリックス・バファローズ

順位 選手名 投打 ポジション 所属
1位 吉田正尚 右左 外野手 青山学院大学
2位 近藤大亮 右右 投手 パナソニック
3位 大城滉二 右右 内野手 立教大学
4位 青山大紀 右左 投手 トヨタ自動車
5位 吉田 右右 投手 東海大学付属相模高等学校
6位 佐藤世那 右右 投手 仙台育英高等学校
7位 鈴木 右右 内野手 三菱重工名古屋
8位 右右 投手 ジェイプロジェクト
9位 赤間 右右 投手 製作
10位 杉本裕太郎 右右 外野手 JR西日本
育成ドラフト
1位 塚田 左左 投手 大学
2位 赤松 捕手 香川オリーブガイナーズ

東北楽天ゴールデンイーグルス

順位 選手名 投打 ポジション 所属
1位 オコエ瑠偉 右右 外野手 関東第一高等学校
2位 吉持亮汰 右右 内野手 大阪商業大学
3位 茂木栄五郎 右左 内野手 早稲田大学
4位 堀内 右左 捕手 静岡高等学校
5位 石橋良太 右左 投手 ホンダ
6位 足立祐一 右右 捕手 パナソニック
7位 一輝 右右 内野手 大塚高等学校
育成ドラフト
1位 出口 右右 内野手 津田学園高等学校
2位 山田大樹 右左 内野手 菰野高等学校

セントラル・リーグ

東京ヤクルトスワローズ

順位 選手名 投打 ポジション 所属
1位 原樹理 右右 投手 東洋大学
2位 廣岡大志 右右 内野手 智弁学園高等学校
3位 高橋奎二 左左 投手 龍谷大学付属高等学校
4位 日隈ジュリアス 左左 投手 高知中央高等学校
5位 山崎晃大朗 左左 外野手 日本大学
6位 渡邉大樹 右右 内野手 専修大学松戸高等学校

読売ジャイアンツ

順位 選手名 投打 ポジション 所属
1位 桜井俊貴 右右 投手 立命館大学
2位 重信慎之介 右左 外野手 早稲田大学
3位 那原大剛 右右 投手 普天間高等学校
4位 宇佐見真吾 右左 捕手 西大学
5位 山本泰寛 右右 内野手 慶應義塾大学
6位 大介 左左 投手 岩倉高等学校
7位 中川皓太 左左 投手 東海大学
8位 松崎啄也 右右 内野手 日本石巻
育成ドラフト
1位 増田 右右 内野手 徳島インディゴソックス
2位 小林 右左 捕手 武蔵ヒートベアーズ
3位 松澤裕介 左左 外野手 香川オリーブガイナーズ
※怪のため入団辞退
4位 田島 内野手 武蔵ヒートベアーズ
5位 大竹秀義 右右 投手 武蔵ヒートベアーズ
6位 山下篤郎 左左 投手 鎮西高等学校
7位 矢島 右右 投手 武蔵ヒートベアーズ
8位 長谷川 右右 投手 石川ミリオンスターズ

阪神タイガース

順位 選手名 投打 ポジション 所属
1位 高山俊 右左 外野手 明治大学
2位 坂本志郎 右右 捕手 明治大学
3位 竹安大知 右右 投手 熊本ゴールデンラーク
4位 望月 右右 投手 横浜創学館高等学校
5位 青柳晃洋 右右 投手 帝京大学
6位 太郎 右左 外野手 亜細亜大学

広島東洋カープ

順位 選手名 投打 ポジション 所属
1位 岡田明丈 右左 投手 大阪商業大学
2位 横山 右左 投手 NTT日本
3位 高橋 左左 投手 花巻東高等学校
4位 船越 右右 捕手 王子
5位 西川龍馬 左左 内野手 王子
6位 仲尾次オスカ 左左 投手 ホンダ
7位 青木 右右 内野手 山形中央高等学校

中日ドラゴンズ

順位 選手名 投打 ポジション 所属
1位 小笠原慎之介 左左 投手 東海大学付属相模高等学校
2位 佐藤優 右左 投手 東北福祉大学
3位 木下拓哉 右右 捕手 トヨタ自動車
4位 福敬登 左左 投手 JR九州
5位 阿部寿樹 右右 内野手 ホンダ
6位 諒太 左左 内野手 JR東日本
育成ドラフト
1位 中川 左左 投手 愛知大学
2位 吉田 右右 投手 徳島インディゴソックス
3位 三ツ間卓也 右右 投手 武蔵ヒートベアーズ
4位 西幹紘 右右 投手 大学
5位 呉屋開斗 左左 投手 八戸学院光星高等学校
6位 渡辺 右左 外野手 東海大学

横浜DeNAベイスターズ

順位 選手名 投打 ポジション 所属
1位 今永昇太 左左 投手 駒澤大学
2位 熊原健人 右左 投手 仙台大学
3位 柴田竜拓 右左 内野手 國學院大學
4位 戸柱恭孝 右左 捕手 NTT西日本
5位 右右 投手 霞ヶ浦高等学校
6位 青柳 右右 外野手 大阪桐蔭高等学校
7位 野川拓斗 左左 投手 製作
育成ドラフト
1位 右右 捕手 千葉英和高等学校
2位 山本武 右右 内野手 九州大学付属高等学校
3位 田村 右右 投手 関西学院大学

関連項目

外部リンク

野球ボール プロ野球ドラフト会議前後表
2000年代 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年
2010年代 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/2015%E5%B9%B4%E5%BA%A6%E6%96%B0%E4%BA%BA%E9%81%B8%E6%89%8B%E9%81%B8%E6%8A%9E%E4%BC%9A%E8%AD%B0

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

2015年度新人選手選択会議

9
◆rSBzQMOICI 2015/10/24(土) 00:45:22 ID: ds88UaWO4g
本田圭佑(野球)
言わずもがな

山田大樹(1997年まれの投手)
これも。ただし1988年まれの方は「ひろき」らしいけどこっちはどうなんだ?

長谷川潤(野球)
まさかの“女性と同姓同名”とは…。

>>4
栃木県出身なんだし、「ごめんねごめんね~」って謝らないとね。
10 ななしのよっしん
2015/10/24(土) 07:25:09 ID: glM2j4/fCB
競合以外は小粒なドラフトだったかもしれないけど、えてしてこういう年が大当たりだったりするんだよなぁ
11 ななしのよっしん
2015/10/26(月) 10:17:54 ID: rjYJZJSyOU
ちなロのワイ
7位以外全部期待できて今年のドラフト98大成功ですわwww
のこりの2%ムサシくんを育成でいいから名して欲しかったなあと。
12 ななしのよっしん
2015/10/27(火) 21:50:06 ID: oL86kwbrlT
はじめてドラフト見たけど楽しかったわ。地味に感じなかった。ここからどんな選手が伸びるんだろうって見届けたくなるねー。
こいつ?、○位△△!?ケンなよ!って選手が後にちな○に欠かせないいい選手になったり、なおっていう評価になったり名選手になったり。
・・・クジみたいなハプニングはそうそう起きないだろうけどww
13 ななしのよっしん
2016/05/21(土) 22:41:19 ID: VNhHNZqDj8
>>10存外今のところ当たっててwww
さて、10月くらいにはどういう結末になっているかな。
14 ななしのよっしん
2016/10/18(火) 12:59:47 ID: qiD7quRiQS
おおむね一球団につき一人ずつぐらいは当たりがいる感じかな。
ソフバンは例によってルーキーを一年からは使わないけど。
ドラフト玉選手があそこに行くと、じっくり育てられるのは良いんだろうけど、くその選手を見たいファン視点からするともどかしい。
15 ななしのよっしん
2016/10/21(金) 04:09:58 ID: fV+EZ3taW3
そのソフバンに田中かあ、もどかしい
16 ななしのよっしん
2016/10/21(金) 04:14:32 ID: 3xZNQH6Dhc
即戦級だし々から一軍はいにしても顔見せで登板とかあるかもしれんと思うが
結果実次第では初年度から何度か見れたりはいことではないんじゃないか
まぁそれ以前にペナントの流れとかも関わってくるが
17 ななしのよっしん
2017/09/19(火) 01:06:32 ID: vrAPjBpKJe
バンクはちゃんとデビューの機会を作ってくれるし、そうなるまでの施設も整ってる。最初はダメダメだった東も良くなったし
悲惨なのは巨人だと思う
18 ななしのよっしん
2017/09/19(火) 01:08:17 ID: y0HvgbwR5i
宇佐見がモノになればそれだけでお釣り来るんじゃねえの

急上昇ワード

2019/08/25(日)21時更新