20mシャトルラン単語

ニジュウメートルシャトルラン
  • 16
  • 0pt
掲示板へ

20mシャトルランとは、学生時代のトラウマである。

概要

の小中高校で毎年行われている新体テスト。あまりにも足が遅いと周囲の視線がどんどん哀れみに変わってくる50m走・持久走や、「これなんて筋肉番付?」と思わせておいて実はルール的に結構違ってたりする上体起こし、うっかりしりもちをついて折の好記録を自ら短くしてしまう悲劇が続出した立ち幅跳びなど、かなりカオストラウマを想起させる種が多い中で、一番過酷と言われているのが20mシャトルランである。

この種中学高校では同じく全身持久を測る持久走(男子1500m、女子1000m)との選択科となっているので、もしかしたら小学校時代にやって以来その記憶が薄れている人がいるかもしれないので、簡単にこの種ルールを説明すると、

20m間隔に引かれた線の間を電子音に合わせてひたすら往復していく


という正直でも理解できる程シンプルな種である。なお、具体的に補足しておくと、電子音(奇数は「ドレミファソラシド」、偶数は「ドシラソファレド」と鳴る)が鳴り終わるまでに20m先の線まで行き線を踏んで(跨いでも可)1回、折り返して次の電子音が鳴り終わるまでに20m走って線を踏んで2回、さらに折り返して次の電子音までに20m先の線を踏んで3回、また折り返して・・・・・・をひたすら繰り返していくものである。ただし、2回連続で電子音が鳴り終わるまでに向こう側の線を踏めなかった場合はそこで終了となる。(1度間に合わなかったがその次はなんとか追いついて鳴り終わるまでに線を踏めたときはそのまま続行できる。)

20mシャトルラン用BGM
8195
20mシャトルランについて語るスレ#108
16046
20mシャトルランについて語るスレ#275

こんな単純明快で面そうな種がなぜトラウマなのか。その原因を説明する前にまずは右のピコカキコをお聞きいただきたい。これは20mシャトルランで使用されるBGM再現してくれたものである。(作った方ありがとうございますm(_ _)m)これを聞くと、電子音の速度が少しずつ上がっているのがお分かりいただけるであろう。そう、実はこの種1という鬼畜ルールが課されているのである。

最初こそちょっと速く歩くくらいの速さで向こうまで余裕満々に行けていたのが、気がつくと猛ダッシュで向こうまで行かなければアウトになっていたりするくらいの速さになっているのである。しかもその時には既に積み重なった回数分足に疲労が溜まって思うように足が動かなくなっているというおまけ付きである。この電子音がゆったりした速度で少しずつ体を削っていき、高速で一気にとどめを刺すという的で作られたと身にしみて分かるという鬼畜仕様となっているのだ。

時間が経つにつれて一人また一人と脱落して行くさまはまさにサバイバルレース。最後の一人が音を上げて2回連続で線を踏めなくなり、監督の教員がプレーヤースイッチを押すまで、電子音は容赦なく鳴り続ける。これこそが20mシャトルランがみんなのトラウマとなっている所以である。中にはトラウマを植えつけられたせいで、「ドレミファソラシド」の音を聞いただけで過去の嫌な記憶がる者もいたりするのだとか。
(なお、この電子音は247回までしかカウントしておらず、また、記録用247回までしか記録できなくなっているため、仮に247回耐えきれた場合、そこで強制終了されると思われる。(247回達成した方、合ってますでしょうか?))

なお、レベルごとに要される速度は以下の通りである。

レベルごとの時間は1分をえて一番近い時間である。これを使えば限に高いレベルまで定義は可である(が需要はないだろう)。現実問題、レベル17ですらトップアスリートにとっても理らしい(参考リンクexit)。

記録用紙

そ1分毎にレベルアップを告げるコールがあり、それに従って電子音の速度が上がる。

レベル
1
1 2 3 4 5 6 7
レベル
2
8 9 10 11 12 13 14 15
レベル
3
16 17 18 19 20 21 22 23
レベル
4
24 25 26 27 28 29 30 31 32
レベル
5
33 34 35 36 37 38 39 40 41
レベル
6
42 43 44 45 46 47 48 49 50 51
レベル
7
52 53 54 55 56 57 58 59 60 61
レベル
8
62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72
レベル
9
73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83
レベル
10
84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94
レベル
11
95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106
レベル
12
107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118
レベル
13
119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131
レベル
14
132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144
レベル
15
145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157
レベル
16
158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171
レベル
17
172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185
レベル
18
186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200
レベル
19
201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215
レベル
20
216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231
レベル
21
232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

20mシャトルランに関するニコニコミュニティ紹介してください。

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

  • 16
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/20m%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%A9%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

20mシャトルラン

299 ななしのよっしん
2020/06/20(土) 01:47:20 ID: CxmBQfgC5j
延々やらされるよりもペース強制されるのが嫌で仕方なかったわ
1500m得意でもこっちの記録がイマイチだった人もいるはず
300 ななしのよっしん
2020/06/27(土) 23:58:55 ID: 0jTaLVP32+
編集者さん、記事の「記録用」について
183」が「183」になっています(1だけ全角になっています)。
そのため、その列だけセルの幅が広くなっているので、すべて半角に修正お願いします。

まぁ、セルの幅が広くなっていてバランスや見栄えが良くないというだけで、閲覧等に支障はないのですが……。
301 ななしのよっしん
2020/06/28(日) 12:13:12 ID: r4+pqy74be
>>300
修正しました
302 ななしのよっしん
2020/08/04(火) 18:51:11 ID: g9S8eDXt8c
運動音痴にとってはただ走るだけなので気が楽だった
303 ななしのよっしん
2020/08/04(火) 19:56:04 ID: j35WDnkcPa
持久が取り柄のにとっては体テストで点数の稼ぎ所になる種
ここで110何回だかいけば満点もらえるのはデカい
もう二度とやりたくないって気持ちにもなるが
304 ななしのよっしん
2020/08/04(火) 21:05:17 ID: EI8lRCATnX
>>285
自分もそっち
持久走のほうが圧倒的に達成感があった
シャトルランは何かに負けて終わった気分になるんだよなあ
305 ななしのよっしん
2020/08/05(水) 01:26:14 ID: XtJW7HhOTW
シャトルランはいつでも止めれるから、不にはもってこいだった
306 ななしのよっしん
2020/08/05(水) 11:10:36 ID: VRpaE1FkBP
スタミナを如何に駄にしないかがめられる競技
ターンや加速・減速の時にどうしても駄な動きが生じてしまうので、「もっと行けたのではないか?」という考えが抜けず、不完全燃焼になりやすい。
ただ、加速・減速のタイミング思考停止で周りの多数(極端に速かったり遅かったりする人を除く)に合わせるようにすれば結構楽。(さすがに終盤にもなるとそうは言ってられないが...)
307 ななしのよっしん
2020/08/05(水) 15:22:57 ID: rjj1ks7ml0
3年連続カンスト叩き出したやついたなあ、一人だけ
308 ななしのよっしん
2020/08/05(水) 16:32:03 ID: bYPy30GI9T
100回以上いけるようになってから、何回いけるかじゃなくて100+何回いけるかに思考が切り替わってしまってキツかった。前回の記録がプレッシャーになって嫌だった記憶がある。
でももう何年もやってないし、もう1度測定してみたいかも。

おすすめトレンド

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

樫野(アズールレーン) ボトルマン MMDまほやく ヒックス