30 MINUTES MISSIONS単語

サーティーミニッツミッションズ

30 MINUTES MISSIONSとは、バンダイスピリッツから展開されている量産機(量産型ロボット)プラモデルである。略称は30MM。作中ではエグザマクス(EXAMACS)と呼称されている。

概要

所謂ロボットプラモデルのひとつ。サイズは1/144フレームアームズダンボール戦機のように「ロボットカスタマイズパーツを組み合わせて自分だけのロボットを作ろう!」というコンセプトプラモデルである。

特筆すべきは

コンセプトに据えていることであり、長年プラモデル提供してきたバンダイの高い技術によってこれらがバランスよく両立されている。

量産機ファンのジレンマ(楽しみ方と壁)

これまで様々なロボット作品をってきた量産機役のようなヒロイックな機体より、地味でも堅実な量産機ロマンを感じるファンも多く、商品化の機会も多い。
さて、そんな量産機商品の楽しみ方には、大きく二つのタイプがある。

  1. 量産型らしく複数並べたい
  2. 改造やディティルアップでエース機やカスタム機(狙撃/近接など)を作りたい

1については、単に複数買えばよいだけの話で、商品によってはセットで販売されていたりもする。
2もロボットプラモデル王道ともいえる楽しみ方。そのまま組み立てるのではなく、工夫やアレンジを施して自分だけの作品を作ること。これはモデラしもが抱く夢であり、模型誌の作例やコンテストなどで頻繁に見られる題材である。

とはいえ、これらの楽しみ方には大きながある。
1のは、当たり前だが複数分のお金がかかること単純に複数作るのが面倒ということである。近年、クオリティアップ原材料費の向上に伴い、プラモデルの値段は上昇傾向にある。1体買うだけでそれなりにお金がかかり、とてもじゃないが複数買いできないという状況になってきた。また、人によっては両腕作るのでさえ面倒だと感じるのに、2体3体作るのは億劫。買ったはいいが1体作るだけ満足して残りは積んでしまう...なんてことも。クオリティギミック例して構造が複雑化、作るのが面倒になってしまう。
2は個人のセンスと技術の問題。なかなかカッコいい改造ができない、頭に浮かんでもいざ形すると微妙...ということはよくある。画一的なはずの量産機に個性をめるという、一見矛盾したことをモデラーは向する。

つまり、「たくさん作りたいけどお金と時間がかかるし面倒」、「量産機だけどユーザーオリジナリティも欲しい」というニーズが存在する。

30 MINUTES MISSIONSはこれらのニーズに着し、量産機を気軽に遊びつくせるような商品として企画されている。

デザイン

簡潔に言えば「ゴーグル顔のばったロボット」や「モノアイロボット」のようないかにもどこかでみた量産型チックデザインをしている。さらに複数のカラーバリエーションラインナップするなど量産型のお手本といえる展開をしている。好きな色を買うのもよし、複数カラーを混ぜるのもよし。色プラとモールドにより、スミ入れだけでも十分かっこよくなる。また、合わせモールド化され立ちにくい。

デザイナーガンダムシリーズを始めとしたロボットデザインで有名な海老川兼武デザインシンプルなこともあり、可動範囲も広い。

簡単な組み立て

ランナーのパーツ配置に工夫が施されており、上から頭、胸、腕、、脚の順に一か所にまとまっている。これによりいちいちパーツを探すという手間が削減された(ダンボール戦機HGACリーオーなどで培われた技術)。腕や足は左右で同じパーツを用いているため、片方作ればもう片方はよりスムーズに作ることができる。肘や膝は後ハメできる(HGACリーオーと同様の構造)。

カスタマイズ性

前述したとおり、複数のカラーバリエーションをうまく混ぜるだけで簡単なカスタムができる。また、オプションアーマー(装甲)やオプションウェポン(武器)なども展開されており、これらを組み合わせることで近接機/狙撃機/指揮官機などを作ることができる。関節パーツは共通であり、異なる機体のミキシングも可。また、各所にハードポイント(3mm)が設けられており、そこに装甲や武器を接続することもできる。3mm/軸はメーカーを問わず多くのプラモデルの基準と言えるサイズなので、シリーズを越えた改造も容易である。

なお、ガンプラHG1/144と構造が近く、顔やバックパックなどの親和性が高い。他キット改造パーツにするのもアリ

低価格

日本を代表するホビーメーカーバンダイ製ということもあり、1382円という非常に低価格。オプションアーマーは324円、オプションウェポン540円と気軽に買える値段でコレクションもしやすい。

発売日には複数買いするユーザーが多かったようで、数日で店頭から姿を消した。新規IPのため入荷を絞った店もあるようで、本体よりもオプションのほうが入手難易度が高くなってしまった。

背景ストーリー

地球上に間転移門(ゲート)が突如出現した“スカイフォール”から数十年が経過していた。

未だ世界紛争は至る所で起きているが、ある兵器の誕生が近代戦闘の戦術を一変させる。
武装及びモジュール結合システム通称“エグザマクス”の登場が
く間に世界軍事バランスを塗り替えた。

2XXX年末。
再び、地球上に間転移門(ゲート)が出現する。

ゲートから現れたのは、地球人と似た容姿の惑星バイロン人だった。
バイロン軍はエグザマクスとよく似た機体“ポルタノヴァ”で各に攻撃を開始。

紛争をしていた各地球連合軍を結成。
地球連合軍とバイロン軍の戦いの火蓋が切って落とされる。

エグザマクス(EXAMACS)

公式ストーリーにおける、機体の正式名称。

Extended Armament & Module Assemble & Combine System(拡武装及びモジュール組立結合システム)

環境に合わせて機体各部のモジュールを交換し、様々な戦況に対応できるシステムを搭載した機体。パーツの換装によるの変更と拡充がエグザマクスの特徴である。

企画の経緯

ガンプラで有名なバンダイだが、独自のプラモデルIPを作ろうと考えていた(余談だが、玩具/ホビー業界で原作のないオリジナルIPの展開は難しい。バンダイですら、新シリーズを展開しては消えていったということも少なくない)。

そんな折、組みやすい新構造「Fine Build」を採用した「HGACリーオー」の反が予想以上に大きいことに驚く。SNSには完成からものの数時間で塗装をするユーザーも現れ、「組み立ての時間が短くなれば、その分遊ぶ時間が増える」ということに気が付いた。さらに、量産機のようなしすぎないデザインであれば改造という楽しみ方や着を持ってもらえると考え、「組み立てとカスタマイズが簡単な量産機」というコンセプトIPとして企画される(偶然にも、バンダイはここ数年ガンダムBFなどと並行してガンプラ改造を推奨し、ハイモックやGM/GMなどの「改造しやすいキット」や武器セットカスタマイズパーツを展開しており、公式によるプラモデルカスタマイズ下地はできていた)。

デザインには海老川兼武氏を起用。海老氏は「立体化したときの可動を重視したデザイン」に秀でていたため、自然と可動域の広いデザイン/構造のキットとして固まっていく。作りやすさ重視のため、「Fine Build」と同様の構造が採用された。

ユーザーの好みに合わせ、ばったデザインと丸いデザインの2タイプを採用。塗装できなくても色を組み合わせられるようにカラーバリエーションは豊富に、上記2タイプの組み合わせができるように共通の関節が採用された。サイズは「コレクションのしやすさ」や「カスタマイズしたときにゴチゴチャしすぎないこと」を考慮し、1/144が採用された。商品名の30 MINUTES MISSIONSには「30分で作ってみよう/30分楽しんでもらえる」という意味合いが込められている。

イベントでは実際にユーザーに手に取っていただき、確かな手ごたえを感じることができたという。

ラインナップ

現時点では2種類の機体を中心展開されており、今後もカラーバリエーションオプションパーツが展開予定。

eEXM-17 アルト

ゴーグフェイスばったデザインの機体。所謂ジム系統。ホワイトイエローブルーレッドダークグレーが展開。サポートメカマシンガンナックガードが付属。

機動性と操縦性に優れ、現行兵器との互換性が高いという設定。

bEXM-15 ポルタノヴァ

モノアイデザインの機体。所謂ザク系統。グリーンダークグレーレッドブルーイエローが展開。

ビーム兵器を搭載可なほどの出と耐弾性を兼ねそろえた機体という設定。

オプションパーツ

アルト用、ポルタノヴァ用、共通のものが展開。もちろん、アルトポルタノヴァ用のオプションを付けるのも個人の自由である。逆もまたしかり。

アルト用

ポルタノヴァ用

共通装着可能パーツ

関連動画

関連商品

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/30%20minutes%20missions

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

30 MINUTES MISSIONS

28 ななしのよっしん
2019/08/10(土) 22:32:18 ID: FyZGCgYCdM
脚部ブースター脛部分で連結できるから、ワームっぽくできそうね
あるいは先端になんかつけてキャノンにするとか
29 ななしのよっしん
2019/08/10(土) 23:48:59 ID: CxNseECem7
そろそろバズーカパイルバンカーが欲しい…欲しくない?
30 ななしのよっしん
2019/08/14(水) 13:04:22 ID: j5LKmrgl9k
オプションパーツ殺状態でなかなか手に入らない状態だから
ガンプラ改造パーツ使ってる人多いよね
パックパックがそのままついたりするし
31 ななしのよっしん
2019/08/15(木) 21:50:48 ID: hM/bw/p4Zy
 でも実際アムアムやパワーダー、ボールデンと本編と直接関わらないオプション+ジョイントのセットは本来のターゲットであるガンプラより30MMのほうが合うんだよなぁ…
個人的にはバインダーガンが特にモールドの密度とか含めて相性抜群でお気に入り。
32 ななしのよっしん
2019/08/17(土) 16:25:04 ID: CxNseECem7
>>31
モックアーミーなんかポルタのためにあるようなもんよな
33 ななしのよっしん
2019/08/17(土) 18:49:00 ID: okdkI74q5v
>>29
ポルタノヴァ特殊部隊オプションアーマーのデザインのせいか、火炎放射器も欲しいところ。
34 ななしのよっしん
2019/08/20(火) 21:23:15 ID: okdkI74q5v
ヤマダ、コジマで見つからず、最寄りのホビーゾーンでようやくポルタノヴァがあったので前者をゲット
アルトが残り二個だけと、地方でもかなりの好セールスなのが分かる。
35 ななしのよっしん
2019/08/23(金) 21:54:31 ID: qaWoL/n3Ha
オプションセットの入手難易度悪すぎる…

増産もなしとか最近のバンダイプラモ業界はどうかしとるわ…
36 ななしのよっしん
2019/08/25(日) 23:02:11 ID: t3sC7GEWaL
梅田ヨドバシで聞いてみたんだけど
eEXM-17 アルトイエローブルーレッド
店頭に置いてある分以外はもう全部売れちゃったらしい
オプションパーツも、次いつ入るか全然見当もつかないって
増産されてそれを発注しても、それがきちんと店舗に入るかも分からないレベルだそうな
どんだけ売れてんのよ…
最近のプラモデルとしては久々ヒット作でない?
みんなカスタマイズって好きなのね
37 ななしのよっしん
2019/08/28(水) 01:54:25 ID: 2ZMvY3CIpo
アニマギアがついに発売されて>>1令和バンダイ三銃士ったな。
ポルタアニマギアザリガニ(アームズギロテッカー)を合体させてこれぞ海老海老ってやってる人いてセンスあるなぁと思ったw

急上昇ワード