721系単語

ナナニイイチケイ
加筆依頼 この項は、編集者が書きかけのために内容が少ないです。
絶対的に内容が不足しています。加筆、訂正などをして下さる協者をめています。

721系とは、JR北海道北海道旅客鉄道)が所有、運用している近郊形電車である。

概要

国鉄分割民営化以後、それまでの都市間輸送だけではなく札幌圏の中・短距離輸送にもを入れだしたJR北海道ではあったが、列車の増発に伴い増え続ける乗客、さらには、民営化直前やJR化後に設置されたの増加により、頻繁に列車の加減速を行うこととなり、それまで普通列車の運用に就いていた711系やED75牽引の50系客では乗客を全に捌き切れなくり、遅延が常態化していた。

そこで、新たな接客サービス首都圏を走る電車並みの加減速性、乗客の乗降をスムーズにするための設備を持った車輌を開発する事となった。
これが721系である。
実に、711系以来20年ぶりの北海道向け近郊電車の開発となった。

国鉄211系近郊形電車を参考に設計され、1988年に一次(0番台)が落成したのち2003年落成の八次4000・5000番台)の増備まで15年の長きに渡り、増備が続けられる事となった。
のべ135輌が生産され、全健在で札幌運転所に配置されている。

運用範囲は小樽苫小牧岩見沢方面から札幌までの区間快速普通列車と、新千歳空港から札幌圏を連絡する快速列車快速エアポート」の車輌として運転されている。なお、快速エアポート」は最高速130km/h対応の3000番台で運転されるため、最高速120km/h仕様の初期(第14編成まで)は区間快速普通列車のみの運用となっている。
 
製造年代や車両番台で動方式や最高速度性車両の内装に差異がある。
特に一次内のデッキの仕切り黄色、座席の色がと、に優しくない奇抜な内装で話題となった。
経年劣化により座席は色の落ち着いた色の物に交換されたが、肘掛けは元の色ののままである。もう少しなんとかならなかったのだろうか。

731系などの後継形式とともに札幌圏の客輸送のとして現在も活躍している。

番台別解説

製造年次ごとにグループ分けされ、基本的に1年ごとに「n次」と呼ばれる。

0番台

1988年から1992年にかけて1~5次として登場した。最高速度は120km/hで、制御装置はサイリスタ位相制御である。1~4次は全て3両編成として合計22本66両が製造された。これらは2M1Tの組成であり、編成は以下のようになっている。

小樽北海道医療大学
クモハ721-0 切室(客室部)、発電ブレーキ用の屋根上抵抗器搭載
モハ721-0
クハ721-0 小樽方にトイレあり・一部車両は一時期半室uシート
旭川新千歳空港苫小牧

5次快速エアポート用の車両として6両編成が3本18両と、4次の3両編成に増結して6両化するための中間3両の合計21本が製造された。これによって登場した6両編成は4M2Tの組成であり、編成は以下のようになっている。ただし、在来3両に新造3両を組み込んで6両化したF-22編成のみ付番法則が異なり、在来番は行われず、新造はサハ721-22、モハ720-23、モハ721-23として付番されている。また、6両編成の編成番号は前後3両ずつ別の番号となっており、これは後に製造される733系にも引き継がれている。

小樽北海道医療大学
クモハ721-200 切室(客室部)、発電ブレーキ用の屋根上抵抗器搭載
モハ721-200
サハ721-200 小樽方にトイレ旭川方に室あり・後にuシート
モハ720-100 発電ブレーキ用の屋根上抵抗器搭載
モハ721-100
クハ721-100 小樽方にトイレあり
旭川新千歳空港苫小牧

0番台は最終的に3両編成21本と6両編成4本(3両編成からの編入含む)の合計87両が製造された。

3両の一部編成(F-15F-17、F-19編成)のクハ721形と6両の全編成のサハ721形は2000年頃に旭川方の客室が定席用にuシート仕様改造され、サハ721形は2003年小樽方の客室もuシート仕様として全室uシート化された。その一方、3両編成のクハ721形は全て元の座席に復元された。

3両の一部編成(F-15編成以降)と6両の全編成は快速エアポートで開始する130km/h運転に対応するため、2002年に対応するための改造が行われ、3000番台番(原番に3000を加算)された。また、F-7編成は2010年クモハ721形の電装解除とモハ721形のVVVFインバータ制御化改造などが行なわれ、2000番台番された。これらの番により、現存する0番台は3両13編成の計39両である。

1000番台

1993年から1994年にかけて6~7次として登場した。最高速度は130km/hで、制御装置はGTO素子を用いたVVVFインバータ制御である。全て3両編成として合計9本27両が製造された。電動率が下げられ、1M2Tの構成となったことによりクハ721形2000番台が登場した。編成は以下のようになっている。

小樽北海道医療大学
クハ721-2000
モハ721-1000 発電ブレーキ用の屋根上抵抗器搭載
クハ721-1000 小樽方にトイレあり・一部車両は一時期半室uシート
旭川新千歳空港苫小牧

2000年頃に一部編成(F-1001F-1003、F-1005、F-1007F-1009編成)のクハ721形1000番台旭川方の客室がuシート仕様改造された。

F-1009編成は731系開発のためのシステム試験に使用されるため、1995年頃にVVVFインバータの使用素子をIGBTに変更され、また発電ブレーキ回生ブレーキに交換されたため、屋根上の抵抗器も撤去された。

2003年に8次との編成組み替えにより、F-1009編成を除く全編成に4000番台または5000番台への番とuシートの元の座席への復元が行われ、これにより、1000番台として存続するのはF-1009編成の3両のみとなった。この編成のクハ721-1009は全室uシート化され、後述するF-5001編成と共に快速エアポート用6両編成の予備となっている。

2100番台

2010年に0番台のF-7編成から番されたことにより登場した。2018年現在F-2107編成3両のみが存在する。制御装置は0番台サイリスタ位相制御からIGBT素子のVVVFインバータ制御に更新された。これに伴いクモハ721形が電装解除され、クハ721形に編入されたことにより1M2Tの構成に変更されているが、元クモハ721形の客室部にある切室は残された。なくていいから客室化して欲しかった。回生ブレーキが搭載されたことから発電ブレーキと屋根上の抵抗器は撤去された。編成は以下のようになっている。

小樽北海道医療大学
クハ721-2200 クモハ721・客室部の切室スペース残存
モハ721-2100
クハ721-2100 小樽方にトイレあり
旭川新千歳空港苫小牧


3000番台

2002年に、0番台のうち、3両の7本21両と6両の4本24両が番されたことにより登場した。番は原番に+3000したものとされた。番に合わせて130km/h運転への対応のためのブレーキの強化や、自動放送装置の搭載などの改造が行われている。

2011年以降に6両の全編成が2100番台と同様の改造を受け、制御装置の更新回生ブレーキの搭載が行われた。これにより、クモハ721形とモハ720形は電装解除され、4M2Tから2M4Tの組成に変更され、編成は以下のようになった。F-3022+F-3023編成は同時に番も行われ、F-3222+F-3123編成となった。

小樽北海道医療大学
クハ721-3200 クモハ721・客室部の切室スペース残存
モハ721-3200
サハ721-3200 小樽方にトイレ旭川方に室あり・uシート
サハ721-3100 元モハ720
モハ721-3100
クハ721-3100 小樽方にトイレあり
旭川新千歳空港苫小牧


4000番台

2003年に、1000番台の3両編成2本で6両を組成し、中間にくる先頭を新たに製造した8次の中間に置き換えたうえ、編成中の車両を全て4000番台番することで4本24両が登場した。新造された8次は内装が一新されている。自由席用の車両731系に似たものになっていて、混雑対策のためにデッキ仕切り止と一部の座席のロングシートが行われ、乗降に半自動用ドアボタンエアカーテンが設置されている他、配置も変更されている。uシートデッキ仕切りは片開きの自動ドアとされた。編成は以下のようになっている。

小樽北海道医療大学
クハ721-4200 1000番台
モハ721-4200 1000番台
サハ721-4200 新造旭川方に室あり・uシート
サハ721-4100 新造小樽方に車いす対応トイレあり
モハ721-4100 1000番台
クハ721-4100 1000番台小樽方にトイレあり
旭川新千歳空港苫小牧

5000番台

2003年に、1000番台4000番台化で余った先頭2両1組と新造した8次の中間4両または1両を組み合わせて編成中の車両を全て5000番台番することで6両の3本18両と3両の1本3両(F-5001編成)が登場した。6両編成用の新造の内外装は4000番台とほぼ同様であるが、制御システムには731系のものが採用され、電動の制御装置はIGBT素子のVVVFインバータ制御となった他、回生ブレーキも搭載されている。F-5001編成用の新造には8次自由席車両デッキ仕切りが設置されている。F-5001編成は前述のF1009編成と共に快速エアポート用6両編成の予備とされており、6両編成が不足した際にこの2編成で6両を組成して快速エアポート運用に入ることがあるとされているが、2018年現在733系6両編成が増備されたことにより快速エアポート用の編成は余り気味であり、そのような代走が今後見られる可性は極めて低いと思われる

6両の編成は以下のようになっている。

小樽北海道医療大学
クハ721-5200 1000番台
モハ721-5200 新造
サハ721-5200 新造旭川方に室あり・uシート
サハ721-5100 新造小樽方に車いす対応トイレあり
モハ721-5100 新造
クハ721-5100 1000番台小樽方にトイレあり
旭川新千歳空港苫小牧

F-5001は以下のような編成である。

小樽北海道医療大学
クハ721-5002 1000番台
モハ721-5001 新造デッキ付き
クハ721-5001 1000番台小樽方にトイレあり
旭川新千歳空港苫小牧

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/721%E7%B3%BB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

721系

1 ななしのよっしん
2010/05/24(月) 20:23:27 ID: dqjlNoUrNa
今週のWORKING!!次回予告背景721系出てたな
2 ななしのよっしん
2011/04/23(土) 04:51:44 ID: Vmq6qmKZA2
いてる時間の721系天国
ラッシュの721系地獄
3 ななしのよっしん
2011/09/01(木) 10:45:44 ID: ip4F7E7DIj
721系の加速はすばらしい。
高速域まで加速がおちない。
4 ななしのよっしん
2011/09/05(月) 03:02:46 ID: Cd8i1v2O6t
>>3
設計性は文句なしなんだけどね…。
>>2さんも言ってる通り、ラッシュ対応最低と言っても良い。
八次のようにデッキを取っ払う改造でもしないと乗客の乗り降りだけで遅延が常態化しちゃうよ。

まあ、これは民の習性でもあるんだが…。
頼むからデッキに10人も20人も溜まるな、客室通路に詰めて立ってくれorz
5 ななしのよっしん
2011/12/05(月) 21:08:38 ID: U7udA6Qoe4
そのうち735系が取って代わるだろうし、乗り降りの混雑は解消されるんじゃないか。
ただ、東京に出てきてこっちの通勤電車に慣れてしまった身としては
デッキ付きの721も残っていてほしいとは思う。
6 ななしのよっしん
2012/05/17(木) 20:40:17 ID: LXpwwzMM6R
>5
いずれは「快速エアポート721系8次仕様」(ドアロングシートデッキなし転換セミクロスシート)、「区間快速普通731・733系仕様」(ロングシート)に二分化されるんでしょうけどね。でも721系自体がまだまだそんなに古くないので、10~20年先の話だろうか。
7 土人
2015/09/08(火) 12:29:59 ID: QtUghOIrSw
>>4

マナー悪い挙げ句に他人様にしつこく粘着してつけ回す近畿田舎よりはましかと(--;)(根本的なマナー)

ま、デッキにたまる現については、他の人がおっしゃってるように今後735系(みたいな、731系ベースとした通勤タイプ車両)がもっと増えていく事で、ある程度は解消されると思う。
まあ、それまでが長いだろうけど(これまた他の人がおっしゃってるように721系自体がまだそんなに古いわけではないからだ)(^^;