731部隊単語

ナナサンイチブタイ

731部隊とは、大日本帝国陸軍の部隊のひとつ。
満州関東軍に所属し、後世様々な悪名を背負った部隊である。 

概要

正式部隊名称は「関東軍防疫給部本部」で、731部隊とは秘匿名称。初代部隊長石井四郎陸軍軍医中将。彼の影から石井部隊と呼ばれることもある。他にも異名があるが石井中将にまつわる異名がどで、彼の影の高さが伺える。

陸軍軍医学校防疫部防疫研究室・満州出先機関として作られた関東軍防疫班が発展して出来た部隊であり、関東軍所属ながら、陸軍軍医学校防疫部に近しいという特殊な性質を持つ部隊となっている。

な任務は防疫・給任務であり1939年のノモンハン事件では出動部隊の給を行い、新ペストが流行した際には防疫に協すべく出動し成果を挙げている。他にも防疫給で結果を出し、第六軍に派遣された防疫給部は衛生部隊として史上初となる感状授与の栄誉を受け石井中将鵄勲章と陸軍技術有功賞を受けた。日本軍といえば劣悪環境でバタバタ死んだイメージが強いが、少なくとも彼らのが届く位置では不衛生さはあまりなかったということであろう。

生物・化学兵器部隊として

その一方、防疫を逆手に取った細菌兵器に代表される生物兵器ガスなどの化学兵器の研究も行っていた、と言われる。

そもそも、陸軍に防疫部が出来たのも欧視察・研究を行って帰した石井中将が、「などに乏しいにはこういった(生物化学兵器)安上がりで威のあるものは重要である」などと提言し、軍上層部のを惹いたからとする説もある。その説に則れば陸軍防疫部の末裔であり、ソ連中華民国といった仮想敵が多い満州所属の731部隊がこの研究をするのはある意味必然とも言えるのかもしれない。

こういった研究は行われたのであれば極秘裏に進められただろうし、終戦時に731はソ連への資料流出を恐れ少なくない資料を破棄したことなどの様々な理由から、今でもこの辺りの実情はわからないことが多いが、ハバロフスク裁判では性病やコレラなどを媒介する生物兵器や、びらん性のガスなどの研究を行った特殊部隊であると認定された。ただ、ハバロフスク裁判も東京裁判やニュルンベルク裁判同様、戦勝一方的に裁く性質があったため100%信頼は出来ないということは付記しておく。 

人体実験

その細菌兵器の開発の途上で、捕虜や民間人をマルタ丸太)などと呼び同意を得ない非人的な人体実験を行ったといわれる。

3000人をえる犠牲者が出たとも言われるが、言によって人数がばらついたりするので断定出来るほど材料いのが現状である。ある意味では南京事件と似たような様相を示す事例となっている。文書が少ないことや言者に撫順戦犯管理所帰りが混ざるのもそっくりである。

肯定「資料は部隊ぐるみで隠滅したから存在しない、言に頼らざるを得ないし彼らがウソを付くはずがない」 といい、それに対して否定日本軍は巨大な官僚組織であって、文書が発行されていないのに大掛かりな行動は出来ない、あり得ない」と返す、という論争が何十年も続いている。正直、何が正しいのかは戦後まれの々には資料が少なく断定は難しいところである。

実戦での生物兵器使用やその計画(当時もジュネーブ議定書で使用は禁止、ただし日本が批准したのは戦後)もあったとされるがこちらも拠に乏しい。

ちなみに、アメリカと取引して生物化学兵器人体実験データを渡したなどとも言われる。GHQ統治下で起こった事件の不自然末や、石井中将を含む731部隊の上層部が戦犯訴追を逃れたことなどがそれを補強しているとされる。実際にアメリカでは、機密定期限を過ぎて開示された731関連の公文書が何種類か発見されている。ただしその中に「人体実験を行った」と明記された記述はない。

例えば陸軍の生物化学兵器研究所「Dugway Proving Ground」で発見された、元は「TOP SECRET定だった文書「The Report of "G"」など。「皮膚から鼻疽菌に感染した者16名と鼻から鼻疽菌に感染した者5名の合計21名が死亡するまでの日数を記録・較し、解剖して各種臓器の変化を見た」という内容で、戦後GHQに「要請」された731部隊の細菌学者が、部隊での研究資料を基に作成したものと見られている。アメリカ議会図書館のウェブサイトで、一部の画像データが公開されているexit

もちろん感染「させた」のではなく、「不幸にも自然感染した者や、研究中の事故で感染した者に対して十分な治療を行い、それでも残念ながら亡くなってしまった後に解剖した」という可性もあるかもしれず、その場合は倫理的にも問題がい。ただし、報告中の全患者において『いつ感染した者なのか』『経皮感染と経鼻感染のどちらで感染した者なのか」が判明した上での記録となっている。これは自然感染者を集めたにしては説明が付けづらい点である。

また、ソ連側も731部隊データを欲していたとされており、アメリカに対して石井中将などに対する尋問を盛んに要していたという。アメリカソ連のこういった「綱引き」が、731部隊上層部が戦犯訴追から免れた遠因にもなったと言われている。731部隊に所属していて終戦の際に逃げ遅れ、侵攻してきたソ連軍に捕まった者たちも居るが、「その内30名ほどの細菌学者が、モスクワ付近で細菌学研究をさせられている」とするアメリカ陸軍防諜部隊の報告書も存在している。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/731%E9%83%A8%E9%9A%8A

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

731部隊

143 ななしのよっしん
2019/03/08(金) 03:53:07 ID: ByHKpnusI+
>>128
宣撫工作との関連を訴えるならまず731部隊実験が任意であったことを明する必要があると思うが、そこの根拠はあるのでしょうか?
それに、人間の場合は集落を地に構えている場合があるけど、サル山中にしかいないのだからコストが圧倒的に違うと思うのだが。

>>133
だとすると当時の日本サルを使った実験論文の多くには「サル」だけしか載っていないということが考えられるわけだが、ほかにそういった書き方をしている論文はあるのか?
144 ななしのよっしん
2019/03/18(月) 11:47:49 ID: ceW/l6JsDD
結局拠もないのに一部の言のみで事実にされてるのか
ここで肯定してる人たちもバイアスかかった見方しているし(サルの記述がおかしい=人だった等)
慰安婦問題といいなんかやるせないなぁ
145 ななしのよっしん
2019/04/02(火) 18:35:29 ID: zXY2EZEHe4
15年戦争日本医学医療研究会会誌 総次 第10巻~第15巻
http://war-medicine-ethics.com/Seniken/Journal_contents.htmexit
NPO法人731部隊・細菌戦資料センター 金子順一論文集
http://www.anti731saikinsen.net/img/nicchu/bunken/kaneko/kaneko.pdfexit
戦争と医の倫理」の検証を進める会 旧日本軍による細菌兵器攻撃の事実
http://avic.doc-net.or.jp/siryou/20128matumura.pdfexit
同志社大学文学部倫理学特論」講義ノート 10~13.日本医学犯罪
https://www.lit.osaka-cu.ac.jp/user/tsuchiya/class/doshisha/index.htmlexit
15年戦争期の日本医学犯罪拠 土屋志(大阪市立大学大学院文学研究科)
https://www.lit.osaka-cu.ac.jp/user/tsuchiya/resources/EvidencesJapMedAtrcts.pdfexit
義塾経済学会 731部隊による細菌戦と戦時・戦後医学
http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/detail.php?koara_id=AN00234610-20130401-0031exit
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
146 ななしのよっしん
2019/04/02(火) 19:40:53 ID: zXY2EZEHe4
>>100
フェルレポート
>原典が存在していない。存在しているとしても内容は荒唐稽。存在しない資料に言及していたり、
中川八洋さんが見落としているだけで実際は「問記録」が存在して、そこに人体実験記述有り
>専門でもない部外者の伝聞を人体実験の根拠にしたり。
>史実と一致しない荒唐稽な内容が並んでいるし、執筆者は軍医ですらない。
部外者は19人の内の2人だけで残り17人は731関係の軍医ばかり
>しかも、伝聞の発信元である部外者さんは「そんな事は言っていない」という状態。
1度で偽して2度に認めてるし、言した増田知貞は満州731部隊第3部南1644部隊長で軍医大佐
金子順一と内藤良一は軍医学校防疫研究室と第731部隊の中心人物だからモロに関係者
>更に部外者さんはマルキストだったと……ハバロフスク裁判資料と一致するそうだが、
>このフィルという人物も含めて、アカがでっち上げと考えるほうが、話としてまだマシ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
147 ななしのよっしん
2019/04/02(火) 19:51:28 ID: zXY2EZEHe4
自分で調べ始めたけど余りに膨大で手に負えないので
取り敢えず>>145読み切れなかった資料のアドレスをまとめた

>>128
専門的な問題について門外や個人が検証困難な事柄を取り上げて'疑惑'を高に強調してる、とあるが
むしろ専門というか歴史学者や戦史研究や医者やそれに近い人の方が人体実験を肯定してる気がする

人体実験を否定する文章は「正論」とかの政治誌とか新聞記事とかブログネットで見かけるんだけど
大学や学術誌の論文で人体実験を否定するものが中々見つからなかった
148 ななしのよっしん
2019/04/03(水) 10:50:03 ID: zXY2EZEHe4
>>101>>102
1943年に尋問された田中雄は「ネズミを大量確保出来ず、ペスト細菌を作れなかった」と言したが
内地への爆撃による物資不足と輸送網が破壊された43年時点で大量生産が困難という話であって、
試験的な少量散布は1940年の時点で言も記録もあるし、それ以前から731部隊ペスト細菌の研究を続けてる
6月5日井本日誌でも浙かん沿線都市への「下、ノミ(ペスト)」の散布計画が記述されてる
ちなみに1940年時点ではネズミを大量確保出来たので少量でも大量でもペスト細菌は製造可だった
昭和15年の満工事事務所ペスト防疫作業報告書」によれば新防疫隊だけで9万匹のネズミを確保して
内地も合わせれば10万匹をえるネズミと、それに応じたペスト細菌を製造可だった

井本日誌の件は、まず使う細菌はチフスと決定されてない
9月10の日誌で輸送される弾薬の第1回「C」コレラ)から「T](チフス)にめられただけで
弾薬は合計6回も輸送されてるし、輸送以外にも現地でCコレラ、Tチフス、Pペストを製造出来る
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
149 ななしのよっしん
2019/04/03(水) 10:52:48 ID: zXY2EZEHe4
>>101
ポートン研究所の報告については①に小さな物体が落下する間の撃者は居ない方が自然
②落下物は屋根の破壊された住宅街路で収集され、屋内にゴミの山があったというだけで
報告書原文には「ゴミの山から拾った」という憶測や疑惑が一切書かれてない
③穀物と一緒に投下したノミに細菌が仕込まれていたので穀物の方を調しても発見され難い
④しかも検したのが投下の1か後だったのでノミはとっくに別な場所に移動した後
⑤当初の英は日本が技術的に未熟だと侮っていたので細菌攻撃が日本の仕業じゃないと先入観を持った
しかし実際は
https://core.ac.uk/download/pdf/145726334.pdf#page=14exit
A:投下直後の調だと穀物からもしっかりペスト細菌が検出されており投下地点と感染拡大が一致
B:中国で1921年からペスト専門官として防疫研究を続けていたポリッツアーは報告書の中で
ペスト流行が11月4日飛行機の攻撃と関連があるというこ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
150 ななしのよっしん
2019/04/03(水) 11:00:35 ID: zXY2EZEHe4
>>121>>136くらいの
実験に使ったのがサルヒトか」はヒトを使ったていう元731部隊軍医の言が沢山あるし
これは中帰連とかと関係いから買収も洗脳もされてない普通言としか思えない

あと1940年頃は大陸華人労務者やら中国兵士の捕虜が数から数千人単位で余ってたから
それらが内地や外地に移送されて日本企業が炭鉱や森林で労役や徴用工として働かせてた訳で
動物より人間の方が確実なデータが取れる上に、サルより簡単に多数を確保出来るんだから
生身の人間を使わない理由が逆にいというか、サルを使うメリット
151 ななしのよっしん
2019/04/03(水) 11:32:24 ID: zXY2EZEHe4
賭けてもいいけど
この疑惑は多分2030年とか2040年とか、それくらい後になってじわじわ明るみになって来る
中国経済が拡大すればするほどロビー活動はやりやすくなる訳だし

中国は自覇権拡大と合わせて欧アジアにロビー活動をこっそり進めて
東南アジアがすっかり中国依存しきって中国の味方が十分増えたと判断したら
大日本帝国戦争犯罪追求の為の一大キャンペーンを一気にやると思うね
日本アジアナチスに仕立て上げれば色々優位に立てる訳だし

今はまだ拠不十分というか欧の関心が薄いからプロパガンダを打つには時期尚ってだけで
タイミングが整えば何時でもやって来ると思う

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
152 ななしのよっしん
2019/04/14(日) 06:02:44 ID: SeE1VtuadZ
アメリカ開した約100,000P(下記は最終報告書のため数少)にも及ぶ公文書の内容の結論(抜)

The stuff found no evidence that the records(7p~8p Japanese War crime Records)