783系単語

ナナハチサンケイ
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

783系とは、JR九州の交流特急車両である。

概要

1988年3月13日デビューした車両で、国鉄民営化後初の新設計車両でもある(開発自体は国鉄末期から)。
称は「ハイパーサルーン」。

車両中央に乗降ドアを設けることで、1両を2区画に分けた構造が特徴。2区画に分けることで、グリーン席や普通席、定席、自由席喫煙席、禁煙席など、座席を細かく設定することが可になった。しかし、この特殊構造のため、客室から乗降デッキに出たつもりが、端部のトイレに出てしまい混乱する初心者は多い(実は、赤色の自動ドアデッキに繋がっている・・・のだが内でそうした案内は行われない)。

民営化後初の新設計車両であったが、エクステリアはそれまでの国鉄車両イメージからかけ離れたものとなった。(流線の先頭形状、車両中央の乗降ドア、大ステンレス体の組み合わせ等)
また接客面でも、大きな前面展望、全面カーペット敷き仕様LED式の客室案内、オーディオサービス(現在止)、客室乗務員の乗務(現在止)など意欲的な面が多い。デビュー当時は、新生JR徴に近い存在となっていた。

なお787系登場後の大規模リニューアルに加え、佐世保線特急みどり」「ハウステンボス」転用時には塗色変更等の小規模リニューアルも行われた。都合、短期間で2度のリニューアルが行われる希有な例ともなっている。
この転用に際しては先頭が不足。そのため、後付け感ただよう貫通の運転台を取り付けて先頭改造。「みどり」「ハウステンボス」は併結して運転される事が多いため、両列車の間に貫通の運転席が入るようにしている。ただ予備が少ない為、乗ってみるとあんまり通り抜けが出来ない。

また、暖房容量の不足が問題視され、2002年頃から一部普通車座席を485系発生品のシートに交換している。783系オリジナル座席と異なり、座席下がいていないなど、長時間乗には辛め。

さらに最近では、ハウステンボス編成のみ大規模リニューアルが行われている。内装、外装のデザインいつもの水戸先生が設計。外装はすべてオレンジ一色塗装。内装は木調で、座席はカラフルな柄付きのモケットに変更されている。登場から約30年。JR九州はまだまだ使い倒すようである。

歴史

運用開始時はまず鹿児島本線特急有明」から投入され、その中でも西鹿児島発着便には「スーパー」を冠した速達便を設定。「スーパー」を冠する特急名の先駆けともなった。
また、当時非電化だった豊肥本線には、ディーゼル機関車牽引の上で前寺まで乗り入れていた。

その後、長崎本線特急かもめ」にも投入され、こちらも好評を博す。

・・・が、1992年には鹿児島本線特急の一部に特急787系が投入される(あわせて西鹿児島発着便は「つばめ」へ称)。
登場時は新鮮だった783系であったが、同区間を走る787系べると見劣りするため、デビューから6年で大規模なリニューアル工事が行われることに。

その後は787系の増備により鹿児島本線からは全撤退。
リニューアルを受けた783系は長崎本線特急かもめ」のに抜される・・・も、2000年ダイヤ正では振り子電車885系が「かもめ」に投入され、またもや見劣りする車両に。
その後は老朽化していた485系を置き換える為、九州各地に転用。々しい登場とは裏に、流浪の車両不運車両と言われる所以である。

885系登場以降、2011年3月11日までは、長崎・佐世保方面の「かもめみどりハウステンボス」、大分宮崎方面の「にちりん」「ひゅうが」等が運用の中心となる。

かもめみどりハウステンボス」は博多肥前山口間を13両編成で運転。ただし、運行時間帯、シーズンや曜日によって両数は頻繁に変わる。編成によって停位置は異なるため、「ホームの何処に何号が来るか」は常にであった。

2011年ダイヤ正をもって、「かもめ」運用から783系「かもめ」編成は全撤退(短距離便のみ「みどり」編成での運行は残る)。「かもめ」編成の後継には、九州新幹線開業により不要となった元鹿児島本線787系が転用される。またか。

783系の旧「かもめ」編成は、2011年ダイヤ正からは日豊本線に転用され、今度は宮崎を経由して鹿児島中央まで乗り入れる事に。流浪のは続く。

また日豊本線では2011年3月ダイヤ正まで「にちりん」「にちりんシーガイア」のほか、短距離特急ひゅうが夜行特急ドリームにちりん」でも運行されていた。これらの旧「にちりん」編成は、なぜか「かもめ」編成よりもKAMOMEロゴが多く使用されていたのが特徴。また、今時しい、夜行を織り交ぜたハードな運用も特徴だった。

2011年3月12日ダイヤ正に伴い、夜行特急ドリームにちりん」が止される一方で「きりしま」 でも運行を始めた。ただし、現在の「にちりん」「きりしま」等には、2011年3月まで「かもめ」を勤めた編成が転用されている。

この他、2011年3月ダイヤ正では、783系が初投入された「有明」運用に2往復が復帰・・・したものの、2018年3月の大減便で有明の運用から撤退した。
他にも通勤時間帯のみだが「きらめきかいおう」にも充当されている。
問わず使用された旧「にちりん」編成だが、現在はこれらの短距離特急や予備として細々と走っている。

スペック

運用

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/783%E7%B3%BB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

783系

9 ななしのよっしん
2011/03/13(日) 16:47:16 ID: jKF6jmIEvD
>>8
ありがとう。

自分としては、有明と言えば、ハイパーサルーンの世代だから、嬉しい。
正直783が一番好きだから、とりあえず現時点でが出ないのはいいことだ。
10 ななしのよっしん
2011/07/02(土) 15:31:22 ID: 4FSl0Ts0Vv
>>5
485系の時は特急なのに3両編成とかあったよな・・・まぁそれでもギリギリ事足りるほどだったけど。
いや、わざわざ783系の時間に合わせてこれを避けてた人の数を含めると・・・orz

まぁ今は787系が来て、全特急が4両以上になったけどね。6両編成の車両も結構追加されたし
11 ななしのよっしん
2011/10/12(水) 18:31:40 ID: agJefEIbLl
デビュー当時はハイパーレディっていう客室乗務員の人が乗っていて
始発・終着の時は「浪漫鉄道」が流されてたね。
12 ななしのよっしん
2013/06/12(水) 15:51:18 ID: ZW3l1R1FoD
>>sm21090606exit_nicovideo

編成と向きが逆転したヤツがあったそうで。
せめて基地で繋ぎかえられなかったのか?
13 ななしのよっしん
2013/09/29(日) 04:46:31 ID: G51Xdo4AKs
>>12
みどりみどりが併結してる編成も出てきたり、特急車両の融通が効かないとかの側面が大きいんだろうな・・・

そういやみどりハウステンボス立ち往生した貨物列車の推進運転した、なんてことも・・・(当然ながら営業運転中の車両
14 ななしのよっしん
2013/10/08(火) 18:03:43 ID: 4T0rETKaN9
>>sm21894598exit_nicovideo

衝撃の「デキ783系」!
 ↓
>>sm21906233exit_nicovideo
?
詳細
15 ななしのよっしん
2015/02/20(金) 01:24:07 ID: X3bsIfH7yh
CM35編成をたまにはのんびり休ませたげてください
ハウステンボス編成+CM35編成のみどりハウステンボスを何度見たことか・・・
遠出した帰りに8連みどりに乗って後ろの編成見たらそいつだったり
予備少ないのはわかるけどさ・・・
16 削除しました
削除しました ID: lDSDDPu26t
削除しました
17 ななしのよっしん
2017/07/09(日) 14:11:03 ID: 1gLmSQ5M3R
ハウステンボスリニューアルに付けられた前面グリル蛇足感よ。
ななつ星と同じイメージにしたかったんだろうが、恐ろしく流線形と相性が悪いんだよなあ・・・
いっそ両ライト間一杯に広げて最近のレクサスみたいにしてくれれば、まだ見られた顔になるんだけど。

しかし、なんにせよこれが延命されたとなると、少なくとも併結相手のみどりは近い将来の改造が内定していると見ていいんだろうね。余剰が潰された時はもうダメかと思ったが、結構しぶとく生き続けるのか?
18 ななしのよっしん
2019/02/28(木) 22:50:29 ID: jh1a5FaTEF
民営化後、初の特急電車として々しくデビューするも、役でいられた期間は短く、後輩である787系のせいで、デビューから10年経たないうちに陳腐化した所から不遇なイメージがこの車両にはある。