8トラック単語

エイトトラック

8トラックとは、かつて存在していた音楽テープ規格である。日本では「8トラハチトラ)」と呼ばれていた。

概要

1965年アメリカで開発され、ステレオを容易に再生できるテープとして販売された。
テープ幅は6.35mmと長く、8本のトラックが設けられて、アナログ8チャンネルステレオ4チャンネルとして利用でき、チャンネルを切り替えることで別の音楽を再生することができた。
テープはエンドレス構造になっていて、接続部分にあるセンシングテープを検出することで頭出しが容易に行えた。

元々はカーオーディオ用として開発されたが、日本ではカラオケバスの案内テープとして利用されていた。

しかし、1980年代になってCDLDが登場するとカラオケでは使われなくなり、2000年代案内放送もデジタル化されるとバスなどでも使われなくなっていった。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/8%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

8トラック

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 8トラックについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!