81式短距離地対空誘導弾単語

ハチイチシキタンキョリチタイクウユウドウダン
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

81式短距離地対空誘導弾(略称SAM-1)とは、自衛隊が装備する地対空ミサイルシステムである。「短SAM」とも呼ばれる。
毎度のことにも呼ばれない募の称はショートアロー

概要[1]

SAM-1は戦後初の対空ミサイルとなる。要撃戦闘機や長・中距離地対誘導弾等の防システムカバーし切れなかった敵の攻撃を阻止するために短射程対火器と連携して防を行う。

昭和43年から技本が開発したSAMに「撃ち放し」を与えるための研究が始まり、昭和46年から本格的な開発を開始、昭和56年1981年)に制式化された。開発費は実用試験を含め約100億円。

システムはフェイズドアレイアンテナを使用したパルスドップラーレーダーを搭載した射撃統制装置と発射装置2基で構成される。2基の発射装置にはそれぞれ視照準装置が付属し、不意に標が現れた場合や射撃統制装置の故障、被弾時に使用する。

ミサイルは発射された後は予想命中点へオートパイロット飛翔、予想ロックオン点に到達するとホーミング装置が作動し標の赤外線ロックオンする(予想ロックオン点までの飛翔では赤外線の影を受けない。)。標に直撃した場合は着発信管が、近傍を通過した場合は近接信管が作動し、標を撃破する。近接信管は電波を避けるため標に接近してからアーミングされる。

「撃ち放し」があるSAM-1は第1弾を発射した後直ぐに標変換が出来るようになっており、複数のミサイルを異なる標に同時に発射したり(斉射)、同一標に連続で発射(連射)することも可になっている。

SAM-1で使用されるミサイルには有人機の3~4倍の旋回性を持たせているので、ロックされた標が(機動で)回避することは出来ない。

バリエーション

短SAMにはA型B型、Cの3種類がある。A型が初期の陸上自衛隊及び航空自衛隊配備モデルB型海上自衛隊配備モデル、C陸上自衛隊配備モデルとなっている。
ただしこの中で海自モデルB型のみは退役している。

A型B型は基本的には同じで、誘導方式は赤外線誘導。
Cは通称短SAMと呼ばれ、赤外線/可視画像誘導の波弾とアクティブレーダーホーミングの電波弾の2種類が用意されており、敵からの妨などに合わせて使い分けることができる。
ちなみに先の丸いほうが波弾、先がっており少しだけ長いのが電波弾である。

このほかCは推進剤の変更による射程延長とエンジンからの煙を減らすことによる被発見率の低下を行っている。また発射機や射撃統制装置にも良が入っており、師団対情報処理システムに接続できるようになり対処が強化されている。

現在短SAM陸自の全師団へのA型の配備が了している他、後継である11式短距離地対空誘導弾の配備が始まっている。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ


関連項目

脚注

  1. *「81式短距離地対空誘導弾」飯山武三郎 鵬友 1986年11月

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/81%E5%BC%8F%E7%9F%AD%E8%B7%9D%E9%9B%A2%E5%9C%B0%E5%AF%BE%E7%A9%BA%E8%AA%98%E5%B0%8E%E5%BC%BE

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

81式短距離地対空誘導弾

2 ななしのよっしん
2013/11/03(日) 03:33:58 ID: PcQGTQhe93
記事立て!これで陸自SAMが全部そろったな!

>>1
ここまで複雑じゃないけど、ローランドさんもだいたいこんな感じっぽい。

フランス軍のAPCAMX-30に搭載したver
http://www.youtube.com/watch?v=5iRJtCZ3ERoexit(2:20あたりから再装填のシーン)

こっちはトラックに載せるver
http://www.youtube.com/watch?v=tb3qli0LCrcexit
再装填装置と発射機が一体化したユニットになってるんだね。知らなかった…

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
3 ななしのよっしん
2013/12/26(木) 20:44:22 ID: neIYCFUKPu
こいつ(短SAM)あんま好きくないねん(´・ω・`)
整備機材多すぎやねん(´・ω・`)
1・2・34号シェルetc...
4 ななしのよっしん
2014/01/14(火) 02:23:44 ID: +AAgS40PJo
03式もそうだけど、あんまり機動性を考えてないよね
一旦どこかに展開したら、そこから動かない想定で作られてる
5 ななしのよっしん
2014/02/24(月) 20:03:32 ID: F1p5Zddhe9
まあ開発したとき戦術機動しながら防するなんて陸自は考えてなかっただろうしな今でも基本考えてないだろうけど

6 ななしのよっしん
2014/03/28(金) 18:08:49 ID: 6180XS8Rni
上陸軍をその場でく戦術だから、半径十数キロの範囲をカバー出来れば、それで予定戦場は大方守れるって寸法か

例えば、札幌市から石狩くらいまでは1セットカバーできる
03式なら道南全域カバーできる

日本の防衛環境だと、何キロも進めや進めそれ進め、、、みたいにはならんということかな

しょっちゅう移動して防地を構築しなおしては、また長距離移動、、、なんてことにはならんと
7 ななしのよっしん
2014/03/30(日) 03:10:05 ID: F1p5Zddhe9
というか11式全然お披露されないなあ調達数は多くはないのしってるけど
8 ななしのよっしん
2014/07/08(火) 01:27:05 ID: gQzhSfb9Mm
11式が希少種並に少ないのは恐ろしく高くて調達数が少ないからっぽい。
1セット45億円とか・・・
9 ななしのよっしん
2014/08/23(土) 00:51:26 ID: neIYCFUKPu
射撃統制装置×1、発射装置×2、野整備機材1号2号3号4号・整備シェルタが各1

大仰だと思うんだ。
10 ななしのよっしん
2014/09/17(水) 17:01:31 ID: gQzhSfb9Mm
>9
に乗せて動けるだけまだマシじゃね?
短SAMは前線拠点の防的だからそこまで車両数を絞る必要はいでしょ
野整備機材はもう少し数が減らせないものかとは思うけど・・・
11 ななしのよっしん
2014/09/29(月) 22:56:15 ID: F9g0hERMZj
後継の基地SAMについて浜松の高教隊の人から色々聞けたんで、少し

陸の11式には視照準器あったけど、こっちでは省略したのはなんでなん?ハンドアローのおかげ?
→あっちは師団防で柔軟性のある運用?が必要だから
今の戦場では戦闘機くそいし(HARMだったらもっと悲惨)でもやお金の関係もあります

再装填について面倒ですよね?
→面倒といえば面倒です。ユニック使うし、時間もそこそこかかる

同時誘導とか陸の師団対何とかの互換性、諸々は来年聞きたいと思いますです