87式偵察警戒車単語

ハチナナシキテイサツケイカイシャ
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

87式偵察警戒車(はちななしきていさつけいかいしゃ)とは、陸上自衛隊の保有する偵察戦闘車両である。広報用の称として「ブラックアイ」、隊内では英略称のRCVと呼ばれている。

道路を走っていて子供達に「せんしゃー!」と言われるのはだいたいコイツである。

偵察って何?

87式RCVについて説明する前にまずは偵察について少し説明しよう。

偵察には隠密偵察偵察の二種類がある。

隠密偵察は文字通り敵に見つからないようにバイクジープヘリコプターなどを用いて侵入し、必要な情報を収集する偵察のこと。一般的に偵察と聞いて思いつくのはこっちの偵察だろう。

対して威偵察とは、戦車や専用の偵察戦闘などを用いて敵勢下に侵入し、小規模な戦闘を行いその反撃から部隊の規模や装備、錬度などの情報を身をもって収集する偵察のことである。

開発

古くから陸上自衛隊の偵察部隊には、74式戦車が配備されている第7師団を除いてオートバイジープと言った非装甲の車両(所謂ソフトキン)しか配備されておらず、満足な威偵察が出来なかった。その為、敵の脅威が有る地域での活動は常に危険がつきまとい、行動に制限が大きかった。

そういった事から味方の前進部隊にり付き偵察、警を行い、さらに有る程度の威偵察も行える装甲車両として、1978年小松製作所で研究が始められ、1983年に3億4,200万円をかけて2両の試作完成した。そして1985年に技術試験に入り、1986年に実用試験に入り、1987年に「87式偵察警戒車」として正式採用された。

試作ではブロックパターンのラジアルタイヤを使い、安定装置も付いていたが、(恐らく予算オーバーで)量産型ではバイアスタイヤスペックダウン(そのため悪路ではチェーンが必要)、安定装置も外された。[1]

87式RCVの特徴

車体構造

87式RCVは偵察警と言う性格上、騒音を押さえさらに軽快な機動めたため、エンジン・サスペンション・トランスミッションは同じく小松製作所が開発し陸上自衛隊に配備されている82揮通信と同じ物が搭載されており、3軸6輪駆動(通常時は後4輪駆動)で前4輪でステアリングを行うと言うのも同じである。6輪のタイヤには、ある程度被弾しても走行を継続できるコンバットタイヤが採用されている。(但し、スタッドレスタイヤいので積時や路面凍結時にはタイヤチェーンを巻く必要がある。)

搭載するディーゼルエンジンは、82揮通信体中央部左側に対し、87式警偵察ではを搭載するために体後部右側に移設されており、消音器体右側面後部にある。いたエンジン左側には後部偵察員席と体後面乗降を繋ぐ人が1人通れる程の狭い通路があるが。

体は均質圧延鋼の全溶接構造で、装甲防御小銃弾や弾の破片を防ぐ程度である。しかし、NBC防護装備や浮航は有していない。

乗員は5名で、内訳は、操縦手、前部偵察員、手、長、後部偵察員となっている。体の前部には、右側に操縦手席、左側に前部偵察員席が置かれている。体中央部には全周旋回式の2名用が搭載されており、のすぐ後ろの体後部左側に、後ろ向きの後部偵察員席がある。 後部偵察員席には潜望(ペリスコープ)や外部偵察用TVカメラ映像を映すモニタも設置されており、下せずとも周囲警が可となっている。

搭載武装

87式RCVは威偵察任務に使用されるため、日本製鋼所でライセンス生産したスイスのエリコン社製KBA-02B 25mm機関を搭載しており、機関同軸には74式車載7.62mm機関銃を装備している。
25mm機関は射距離2,000mで傾斜30度の25mm厚装甲を貫するがあり、対地・対のどちらにも使用できる(ただ後方に向けると俯が取れない)。

上面には手、長用の微暗視装置の付いたペリスコープが搭載されており、これにより照準・射撃を行う。また、オプションとして上面左側には対地レーダーを装着することも可である。その他自衛装備として、側面に4連装の発煙弾が搭載されている。

87式RCVの運用と配備

87式RCVは1987~2013年までに111両が調達され、全の各師団・団の第1~第13偵察隊、第7師団隷下の戦車連隊と普通科連隊の本部管理中央小隊富士学校隷下の富士教導団偵察教導隊等に配備されている。

87式RCVの評価と後継

は性的にはごく一般的で、また威偵察任務で25mm機関はやや貧弱な武装だという摘もある。

また、搭載する暗視装置は探知距離1.5kmほどの第2世代の微増幅であるため、3km程度の探知距離を誇る熱線映像装置を装備した90式戦車や今後配備される10式戦車と共に運用する場合、湾岸戦争中の米軍で発生した「斥に出た偵察は見えないのに後続の戦車には見える」と言った状況が発生する可性がある。(まあ、今となっては使い物にならない74式戦車アクティブ暗視装置よりはマシではあるが・・・) しかし、従来裸同然であった陸上自衛隊の偵察部隊を装甲化出来たことは大きな進歩と言える。

余談だが、どうも重心近くにん中のタイヤがあるためシーソーのようにギッコンバッタンしてしまうらしい。おいK社。

87式RCVの後継として現在防衛省技術研究本部では将来装輪戦闘車両ファミリーの1つに87式偵察警戒車と89式装甲戦闘車の後継として「偵察」と「人員輸送」の2種類の近接戦闘を開発している。近接戦闘には産開発の40mmテレスコープ弾をかなり高いレートで撃ち出す機関を搭載するようである。また、偵察には対地センサーが標準装備されるらしい。

関連動画

関連静画

 

関連商品

関連コミュニティ

関連リンク

関連項目

脚注

  1. *陸上自衛隊車両装備史;1950~1991 戦車マガジン

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/87%E5%BC%8F%E5%81%B5%E5%AF%9F%E8%AD%A6%E6%88%92%E8%BB%8A

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

87式偵察警戒車

7 ななしのよっしん
2014/08/30(土) 05:32:41 ID: v+m/Ul6AtL
あれー
87RCVは初期コンセプトとしては7D以外の所の偵察隊に装甲火力を附与する事で威偵察を可にする的で開発じゃなかったっけ
結局出来上がったモノが中途半端だったから威偵察に使うには残念で潜入偵察・他の斥援護や警作業なんかに利用するって運用になってしまったんだったような
8 ななしのよっしん
2016/04/05(火) 19:07:01 ID: nTgGe+5vFp
武装が貧弱、装甲もまあないよりはマシ程度で歩兵でも撃破可、機動もコンバットタイヤはいてるからマシと言う程度、で3億円…

でも意外と今まで調達されてるんだよねえ
9 ななしのよっしん
2016/11/17(木) 20:23:50 ID: Cp6qsl2jk6
こんな車両で威偵察なんぞしたら的にしかならん。
今時の威偵察は戦車仕事ですぜ。シリア機戦術とかまさに。
配置のはっきりしない敵に仕掛ける(そもそもそれをはっきりさせるために仕掛ける)以上、下手すると「後ろ以外全周囲敵」なんて状況すらあり得るんだから打たれ強くなきゃならん。半端者に務まる仕事じゃない。
10 ななしのよっしん
2016/12/23(金) 15:21:28 ID: eY2RjIzU18
そりゃ色々な装輪装甲車を持ってる陸自からしたら中途半端な装備になってしまってるかもしれないけどさ。
何しろ初めてまともな装輪装甲車輌作ったのがこれなんだから。
これがなければ96式装輪装甲車軽装甲機動車機動戦闘車も生まれなかったかもしれん。いわばご先祖様みたいなものだ。
11 ななしのよっしん
2017/09/04(月) 09:53:51 ID: ERdKioUTg6
後続の戦闘部隊がLAVくらいしかないかもしれないのに限定的な攻撃を行うのにRCVで不足とは

不足なのは性ではなく配備数なのでは?
12 ななしのよっしん
2017/09/04(月) 17:13:03 ID: 9ZDcGWfXVa
LAVべりゃマシだってだけで、不足なのは事実だろう2010年代戦場じゃ
13 ななしのよっしん
2017/11/29(水) 21:02:40 ID: /Pp8y45auK
それはしゃーないわ
そもそも開発された時と今じゃ想定されてた戦闘状況自体が変わってるし
14 ななしのよっしん
2019/05/14(火) 21:34:49 ID: hYknVrZmaP
こいつで走れるレースゲームが有るとかいとか
15 ななしのよっしん
2019/08/25(日) 02:25:46 ID: k0YQUB+08Z
この車両レース車両として収録されたゲームなんて後にも先にもMAX2だけだよなぁ…
あのゲーム87式以外にもぶっ飛んだ種が多くてネタには困らなかったな。
16 ななしのよっしん
2019/09/25(水) 20:48:41 ID: nTgGe+5vFp
嶼防衛で戦車なんて運んでる余裕はないけどね。
機動戦闘車ですら論見通りに運べるのは相当都合がいい状態
まあ、総合的な不足はたしかにそうだが

急上昇ワード