99式自走155mmりゅう弾砲単語

キュウキュウシキジソウヒャクゴジュウゴミリリュウダンホウ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

99式自走155mmりゅう弾砲とは、日本陸上自衛隊の自走榴弾である。
防衛省略称は「15HSP」、称は「ロングノーズ」。

概要

75式自走155mmりゅう弾砲の後継として開発された最新の自走榴弾
89式装甲戦闘車体を延長したものに、最大射程が約30kmの52口径155mm榴弾を搭載。発射速度は1分当たり6発以上である。更には専用の99式弾薬給弾連結することで、この高い発射速度を長時間発揮し続けることも可である。また75式と異なり装填は固定度式でなく任意の自由度で可となった。

射撃システム75式から大幅に進歩しており、三菱電機の開発した155ミリりゅうからMLRSまで統制できる野戦特科射撃揮装置とデータリンクが可揮装置から標定・照準・装填・発射を中隊・特科隊単位で全自動で行うことも可で、これまで職人芸も含まれていた精密射撃をシステマチックに可としている。

近年の長射程装備の通例として99式も最大射程射撃演習は、米国のヤキマ演習場まで船舶輸送で運び込んだ上で実施している。実のところ装に至るまで全な自動装填を達成した自走砲は非常に少なく、99式はその一つであり装填システムは諸外から注され、現在英国が共同開発・技術供与をめている。

このように野戦特科装備としては概ね高性であり1999年から調達が開始されたが、1両当たり9億6000万円と高価なことから、全に75式を置き換えるには至らず、現在北海道を中心とした部隊に配備されている。本州以南の特科部隊は重装輪回収車ベースに本を搭載した装輪自走砲(旧称火力戦闘)で、FH70更新を行うとされている。

なお本そのものではないがクラスター弾に関する条約に調印するまでは、産の03式155ミリ的弾が使用可であった。対人だけでなく対軽装甲を持つ子弾を広域散布することで、通常のりゅう弾よりも高い破壊を達成したが、上記の条約の調印に基づき全て爆破処分された(何とも勿体無い話である)。

性能

  99式155mmりゅう
全長 11.3 m
全幅 3.2 m
全高 4.3 m(積載状態)
重量 40 t
最高速 49.6km/h

エンジン
三菱6SY31WA
4ストローク直立6気筒ディーゼルエンジン
600
武装

52口径 155mmりゅう ×1
ブローニングM2重機関銃 ×1

乗員 4名

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/99%E5%BC%8F%E8%87%AA%E8%B5%B0155mm%E3%82%8A%E3%82%85%E3%81%86%E5%BC%BE%E7%A0%B2

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

99式自走155mmりゅう弾砲

1 ななしのよっしん
2015/05/23(土) 17:59:32 ID: wPKczyKEG/
なんか発射の自動調節までしてくれるらしいけど度調整だけで着弾点選べるんじゃないの?
2 ななしのよっしん
2015/06/03(水) 20:26:54 ID: JX96CVYwkQ
>>1発射を調整することで、例えば山一つ越えたところにある場所を攻撃したいときは山なりに撃つことができる。
量そのままだとほぼ上に撃たないといけないからの仰が足りなくなって撃てないぞ
3 ななしのよっしん
2015/06/09(火) 02:08:59 ID: S8j710hX+f
>>1
http://nico.ms/sm10359896exit
を下げつつ装を減らしつつ上から下に連射して固標に同時に着弾させる
多数弾同時着弾を簡単に出来るようにするため
4 ななしのよっしん
2015/11/05(木) 13:21:31 ID: 5YTveKEG1C
発射速度毎分6発って言うけど対レーダーで居場所バレバレ愉快だからそんなに意味ないんじゃないか?
5 ななしのよっしん
2015/12/03(木) 07:17:43 ID: S8j710hX+f
>>4
まず対レーダーが万ではなく探知可方向に制限があるしその方向くらいしか分からないし
弾はレーザーじゃないから弾到達までは当然時間がかかって
距離30キロでも30以上時間がかかるし反撃だって即できるわけじゃなく
敵のその位置確認~情報伝達~情報確認~発射準備~反撃と時間かかるから
敵火が射程内にいる想定でも1分以上撃ち続ける猶予はある

6 ななしのよっしん
2016/02/19(金) 21:42:11 ID: F/OK70sUAJ
ちなみに乗員間違ってます。
99式自走榴弾長、操縦手、ガーナー、1番手の他に2,3番手が乗り込みます。
実際には人員不足で余裕があれば2番手が、なければ弾薬班が随行として作業を行います。
なので規定人数は6名です。

自衛隊演習では敵射撃はこちらが射撃してから30で捕捉。1分で射撃するという想定でやってます。
現実には>>5のような手順が必要ですので3分以内に地離脱できればいいので1分は余裕で連続射撃できます。
ちなみに6発は最低値です。それ以上撃てます
7 ななしのよっしん
2016/10/16(日) 14:31:32 ID: 056VEppDzK
とはいえ実戦ってのは何があるかわからんから、何かしら根拠がない限り、敵は想定される限り最大の働きを、こちらは最低の働きをすると見積もって、その上で勝てるようにするのが一番いい。
8 ななしのよっしん
2016/11/03(木) 12:58:30 ID: S8j710hX+f
でも根拠のない過大評価はな成長を促進させるから、過小評価と同じくらい悪だぞい。
9 ななしのよっしん
2017/05/31(水) 22:25:09 ID: 5REgAcFIaz
よくわからないけど揮装置とやらがあれば最悪運転手一人乗せとけば撃はできるの?
10 ななしのよっしん
2017/11/20(月) 12:54:38 ID: /Tsb/lTq3S
自走砲の自動装填装置ってどんな構造なんだろうか
戦車と違ってその辺の情報全然出てこないよね