ADHD単語

チュウイケッカンタドウセイショウガイ

医学記事 ニコニコ大百科 : 医学記事
※ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談してください。

ADHDとは、発達障害の一種である。AD/HDとも表記される。

概要

ADHDはAttention Deficit / Hyperactivity Disorderの略であり、日本語訳すると注意欠陥・多動性障となる。

多動性(落ち着きがない、しゃべりすぎる等)衝動性(順番を待つのが難しいなど)不注意(ケアレスミスが多い、忘れ物が多い)などの症状が生まれつき存在していることが特徴で、それによって著しく生活が困難な場合、ADHDの可性が高い。

確定させるには医師の診断が必要……なのだが、日本には診断の下せる医師は少数である。心当たりのある方はインターネットで探したり、支援団体を頼るのも手。探す場合は、児童精や発達医療を得意とする小児科医や精科医を探しましょう。

7才程から症状が表面化され始め、ADHDの子供は健常児が難なくできることができないために自尊心が通常よりかなり低いことが多い。忘れ物や授業中の私も多いため教師からの評価は低くなりがちとなる。

7才よりも前の場合、広汎性発達障害(昔でいう自閉症)との区別がつかないケースが多く見られる。そのため、ADHDだと思っていたら自閉傾向が出てきて診断名が変わる、ということもある。

また、昔よりかはマシになったとは言え未だに理解が進んでいるとは言えず、「しつけの問題」と親の責任にされてしまうことが多い。それによって親はより厳しくしつけようとして子供に強く当たるがそれが負担となり、また失敗を繰り返して……の負の無限ループに陥りがちで、庭崩壊に繋がることもある。

それだけでなく、トンデモ医師や反精医療活動家が「ADHDは製会社に捏造された病気」などとADHDを否定するなど、悪意に満ちた人達による理解もみられる。(→陰謀論

ADHDの原因はであり親のしつけとは一切の関係はないし、親の情不足が原因でもないし、伝統的育児法で回避できるものでもない(→親学)。まずはそこを覚えてもらいたい。

原因

が原因であるとされているが、具体的にどこが悪いかなどは詳しく分かっていない。が、親のしつけとは一切の関係はないし、親の情不足が原因でもないし、伝統的育児法で回避できるものでもない大事なことなので二度言いました)。

対処法

基本的な対処法としては「出来ないことを叱りすぎずに、出来たことをなるべく褒めること」が重要であるとされている。先述のとおりADHDの子供普通ならできることができないために自尊心が低く、「自分は何をやってもダメなんだ」という思い込みがある。そこに先生や親の「できないことへの説教」が来るとさらに自尊心が低くなってしまう。

だが出来たことを褒め続けるとまたできるように努しようとし、また自分がダメなやつという認識をめる方向に動く。そして自分が得意なことを見つけたときに「他のことはできないけどこれだけはできる」という自信につながる。

親の心構えとしては「おむつが取れるのがいくら遅くても、死ぬまでには取れるだろう」ぐらいの気持ちで耐強くいてほしいです。基本的な信頼関係が結べていればかなり楽になるはずです。ですから「コイツはダメな子だ、自分の子供じゃない」などと思わずにありのままを見て子供と向き合ってください。褒める際のコツとしては「才ではなく努を褒める」ことが良いとされています(才を褒めると自分が傷つかないようにするが努を褒めるとより努をするため)。

症例

  • 集中先が移動しやすい・・・勘違いされやすいがADHDは集中がないのではなく集中先が移動しやすいだけである。具体例を上げると『宿題をやる前にコーヒーを飲もうと砂糖コーヒーの素をカップに入れた……が、その時が擦り寄ってきたので遊んでいるとの餌がくなっていたのでそれを補充し、ふとTVをやりそういえば自分の好きな番組がやる時間だったなと思いさっきとは別にコップを出してジュースを入れて座って見た」といったである(8割真実の筆者実体験)。先述のとおり集中そのものは低くなく、もし自分の好きなことの場合は逆に何時間でも集中が続いてしまう。

解決策・・・メモ帳を持たせる、「これをやったらこれをして良い」「これをしたらご褒美を上げる」と条件を付ける。そしてその条件は絶対に守る(信頼関係構築のため)。

  • 癇癪を起こしやすい・・・ADHD患者は感情のコントロールが下手(さっきまで上機嫌でニコニコしてたのに数分後には不機嫌になる)で、ちょっとしたことですぐに癇癪を起こす。傍から見ればなんでそんなことで癇癪を起こすのかが理解できず、わざとやっているとさえ思われてしまう。が、ADHD患者自身「なぜ自分がこんなことで怒るのか」がわかっていない。けどその時はが立ったので癇癪を起こした、ただそれだけである。そしてADHDを知らない人々から「親のしつけ不足」と勘違いされ(ADHDだということを教えても言われることも多いが)親はより厳しくしつけようとするが、ADHD患者が一一夕で感情コントロールが身に付くはずもなく負の無限ループにハマることになる。

解決策・・・癇癪を起こしそうかな、と思ったら外に出して思いっきり遊ばせる。いざ起こした場合は放っておき(叱ったりすると逆に癇癪がひどくなることが多く、さらに自尊心が傷つく可性もある)癇癪が収まりきった時に冷静に対応する(何で怒ったか、次からどうして欲しいかを聞く)。

解決策・・・専用の掛布団exitを使用する。

大人のADHD

以前は最も外見から分かりやすい多動性が年齢とともに落ち着いていくので「ADHDは成長とともに消えていく」と考えられていたが、衝動性や不注意は残ることが近年わかってきた。さらに、子供の頃はしつけや努不足のせいにされていたために発見が遅れ「大人になって初めて発達障碍だとわかった」という人も多い。

発達障害の中ではしく症状を抑えるためのが存在する。メチルフェニデートという成分を含む「リタリン」と「コンサータ」、トモキセチンを成分とする「ストラテラ」がある。

元々リタリンはADHDそのものではなくそれにともなううつ病治療の名で使われていた。そんな中リタリンの不用意な処方やオーバードーズ等が問題となり(リタリンは健常者が用すると麻薬と同じような依存性と幸福感が得られるらしい)ナルコレプシー以外には使用不可能になったとされているが、リタリンを処方されていた患者には引き続き処方されているという話もある。

コンサータはまず2007年に小児向けに認可され、2013年に成人向けにも認可された。リタリンより効きを穏やかにした徐放剤であり、リタリン較して副作用依存性は少ない傾向にある。

トラテラはリタリンやコンサータと異なり、ノルアドレナリン再取り込み阻(NRI)にカテゴライズされる。中枢神経ではなく前頭前野に作用するため、依存性は極めて低い。2009年に小児向け認可2012年に成人向け認可

アメリカではアデラルというアンフェタミン系のが承認されているが、日本国内では覚醒剤定されているため、所持や輸入は違法となる。

その他にも、日本で未承認のとしてビバンセ、ダソトラリンインチュニブなど、意外と多種のがある。

アンファシン2016年1月に小児向けの認可申請が行われている。

トラテラ及びそのジェネリックや、新の一部はネットを利用して個人輸入で入手できるが、元々の価がただでさえ高いのに医師の診断や自立支援医療を通さないため更に割高で、なにより自己処方はリスクが高いのであくまで自己責任で。

そして大事なのははあくまで症状を抑えるだけであり、「を使ったらADHDの問題万事解決」というわけではない。本人や親の努の補助をするだけである。

関連動画

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/adhd

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ADHD

330 ななしのよっしん
2019/07/09(火) 13:27:16 ID: Tjo9s5SnsP
>>301
あんまりこういう事は言いたくいが結局親が発達障害に理解があるかどうかで当事者のその後の人生がほぼ決まってしまうからなぁ
まぁ親以外の理解者に恵まれたりよっぽど軽度ならどうにかなるかも知れんが
今芸人でこの障表してる人は周りの人間に恵まれたかよほど軽度だったかのどちらかだろうから苦しんでる当事者(自分も含めて)からしたらあんまり良い顔はしないだろうな(自分がひねくれてるだけかもしれんが)
331 ななしのよっしん
2019/07/09(火) 16:21:30 ID: zFuTRZOiB0
>>322
IQが高い人だって迷惑扱いには変わらないんだよ
貧乏人が底辺持ちが上級国民と呼ばれて蔑まれる
仕事のないニートホームレスはいいご身分、仕事する必要のない持ちはニートホームレスと同じ寄生虫
なんてのと同じで

馬鹿と天才は紙一重
出るは打たれる
過ぎたるは及ばざるが如し
均値が上がれば死にものぐるいで上げて合わせなければならない
逆に下がれば嫌でも下げて合わせなければならない

均的に、極めて均的に生きるよう努して勤めて均的な結果を出せない人は生まれる資格かった…
332 ななしのよっしん
2019/07/18(木) 21:32:29 ID: xVsVpS7bbk
とりあえずADHDこんなところで傷のめ合いしてないで
悲観的にならないほうがいいぜ
333 ななしのよっしん
2019/07/21(日) 08:51:05 ID: R3nAth5q3s
病気じゃなくイデオロギーだよ
生物学的に画期的な大発見もないのに定義だけが学者の論争だけで毎年変わっていく
日常生活に支障があるという定義も、何メートルの大きさの本棚で何冊を何以内で整理できるかみたいな
普通医学なら必ず設定する定量的基準を設定せず、いつまでも文学的な個人の感覚だより
科学イデオロギーを人格や個性に適用した思想の一種だよ
334 ななしのよっしん
2019/07/22(月) 12:33:14 ID: vt2am0+tQj
>>333
科学ってそういうもんだと思うけどな
1メートルの定義だってつい最近変わったばかりなんだが
335 ななしのよっしん
2019/08/06(火) 21:59:24 ID: kmeHEewPoo
>>333
人間が複雑すぎるから全ての構造が分かっていないだけで、症状や原因は体系的に整理されてるよ
症状は名前の通り注意欠陥・多動性に集約されるし、全ての原因はドーパミンノルアドレナリンが不足するの構造
336 ななしのよっしん
2019/08/12(月) 11:32:20 ID: q6x/XtEhDk
あの貞本大先生ADHD告白したぞ

貞本義行@痛 (@Y_Sadamoto)
発達障害ADHD)丸出しで、考えもない発言
まあ全て言い訳になるので
黙って批判レッテル貼も
受け入れて行こうと思ってます
337 ななしのよっしん
2019/08/12(月) 11:54:18 ID: PGLK1hEuDE
>>331
があっても突き抜けていく覚悟は持てなかったということだね?突き抜けられなかったのは自分を縛る社会のせいってことで。
個人よりも集団を基準に生きた挙げ句、個人として生きられなかったのを集団のせいにするわけか。だったら知能指数がどうとか引き合いに出す必要もないはずだけど。
338 ななしのよっしん
2019/08/16(金) 10:41:06 ID: g6Z5i+E4W+
>>336
ADHD患者の偏見を広めた大戦犯なんだよなぁ…
339 ななしのよっしん
2019/08/18(日) 00:20:39 ID: gODoXxxqZ+
たかがネットの書き込み一つで「ADHD患者への偏見を広めた~」とか大にも程があるわ
と言うかADHD患者への偏見なんて昔から酷かったでしょ

急上昇ワード