AJスタイルズ単語

エイジェイスタイルズ

AJスタイルズとは、アメリカ合衆国プロレスラーである。本名はアレンジョーンズ。TNA,新日本プロレス(NJPW)を経て、現在アメリカプロレス団体・WWEに所属する。"Phenomenal One"の異名を持つ。

トレードマークは、手を合わせることで一つの絵柄になるリンググローブ。

概要

~新日本プロレス時代

1977年6月2日ジョージアケインズビルに生まれる。NCWやWCWなどでの活動を経て、2002年からTNAに参戦。10年以上にわたって同団体の顔として君臨し続けた後、2013年に退団する。

2014年4月6日新日本プロレスの大会"INVASION ATTACK 2014"に突如乱入し、当時のIWGPヘビー級王者であるオカダ・カズチカに必殺のスタイルクラッシュを敢行。新日本への参戦と、BULLET CLUBへの加入(この日初代リーダープリンス・デヴィッドが離脱したことにより2代目リーダーとなる)を表明すると、翌5月の"レスリング2014"での王座戦勝利し、ブロックレスナー以来9年ぶりに外国人レスラーとしてIWGPヘビー級王座を戴冠した。

その後もオカダら新日本の猛者たちとG1などの舞台で数々の名勝負を繰り広げる一方、HOGやFWEなど様々な海外インディー団体にスポット参戦し、世界に広くその名をアピールしていた。

2016年の1.4ドーム大会では中邑真輔の持つIWGPインターコンチネンタル王座に挑戦。
お互いの限界える死闘の末惜しくも敗れた。
しかしながら1月5日、試合後にケニー・オメガを含むBULLET CLUBから襲撃を受け、グループからの追放を告げられた。

WWE時代

バレクラ追放から僅か20日後の1月24日AJはフロリダ・オーランドにいた。そしてWWEの重要な大会の一つ"ロイヤルランブル"のメインイベントに突如出現。全世界奮を呼び起こすデビューを飾ると、WWEにもすぐに対応し、数々の名勝負を展開。
新日本時代に同じくバレットクラブで活躍していたカールアンダーソンルーク・ギャローズと共に「The Club」というユニットを結成するなど注を集めた。
9月の"バックラッシュ"でWWE世界王座を奪取し、契約から1年と経たずして既に団体の中心選手として君臨することとなる。

その後もシェイン・マクマホンジンダー・マハルバレットクラブの前リーダーであったフィン・ベイラーと死闘を繰り広げる中、NXTから昇格してきた中邑真輔とマネーインバンクの乱戦の中、再び相まみえることとなる。

これを機に、AJと中の再戦「ドリームマッチ」を望むが高まり、ついに2018年レッスルマニアAJWWE王座をかけたシングルマッチが組まれることとなった。
試合は一進一退の攻防の末、キンシャサを切り返したAJスタイルクラッシュ勝利
試合後、AJに向かってベルトを差し出す中であったが、突如としてAJ的攻撃を行いヒールターン

その後も中は自身が関係ない試合にも乱入し、執拗にAJ的攻撃を繰り返し挑発。
遂にはAJも中に対してブチ切れて的返しを行うなど抗争が化していった。
その後も幾度かの対戦を経て、2018年6月の"マネーインバンク"で中とのラストマン・スタンディンマッチでの王座戦が行われることとなった。
机や椅子攻撃を交えたしい攻防の中、階段からのスタイルクラッシュ、場外へのフェノメナール・フォアアームを決めたAJスタイルズが10カウントで勝利
AJと中の抗争は一旦の決着を迎えた。

必殺技

スタイルズクラッシュ

パイルドラバーのような態勢から、相手の両腕を跨ぎそのまま前方に倒れ込む技。
自身の名前を関した最大のフィニッシュホールドである。

ただ受け身が難しいためか、WWE移籍後は大一番以外ではあまり使用しない。
YOSHI-TATSUこと山本尚史はこの技の受け身に失敗し、首の折。長期欠場することになった。

フェノメナール・フォアアーム

エプロンからトップロープの反動を利用して放つ、スワンダイブ式のエルボー
WWEでのメインのフィニッシュホールド。

カーフキラー(カーフクラッシャー)

アキレス腱固めと変形裏足4の字の複合技。様々な態勢から決めることのできる、応用の効く技。

その他、様々な打撃、飛び技などを高い完成度で決めることが出来る、

関連動画

~新日本プロレス

AJスタイルズに関する動画を紹介してください。

WWE

AJスタイルズに関する動画を紹介してください。

関連商品

関連コミュニティ

AJスタイルズに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/aj%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%BA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

AJスタイルズ

1 ななしのよっしん
2017/04/05(水) 14:52:42 ID: Y1oK06IKWH
遅くなったが記事乙中邑真輔AJと同じSmackDownに昇格したけど、2人の絡みはあるのかな。
2 ななしのよっしん
2017/05/07(日) 04:10:51 ID: Kiyh8usAoE
カートアングル含め、ここ最近の新日に来る外人にいまいちハマれなかったけど、AJはヤバかった
同じ試合が一つとしてなかった
岡田はここら辺を見習ってほしい
3 ななしのよっしん
2017/08/26(土) 16:03:41 ID: o3sHOK4wX4
イケメンだからゲイ人気らしい。
4 ななしのよっしん
2018/01/31(水) 23:43:47 ID: nytwkfOhD3
>>1
レッスルマニアメインで実現とかもうね

一方新日ではDDTが行われていた(一応ほめてる)
5 ななしのよっしん
2018/02/05(月) 08:25:39 ID: T/Qo6kd90E
スタイルクラッシュが危険技として使用頻度が下がってるのがなぁ
そして今のフィニッシャーが昔繋ぎで使ってたスワンダイブフライングフォーアーム

こうじゃ中ランドスライドもダメでリバースパワーラムグレーゾーンなんだっけ?
6 ななしのよっしん
2018/07/12(木) 23:51:42 ID: Y1oK06IKWH
スタイルクラッシュWWEで初披露した後に、AJツイッター
スタイルクラッシュが禁止技になったといつから錯覚していた?」と
書いてたな。
いずれにしろ、AJスタイルクラッシュ、中リバースパワーラム
そしてランドスライドも、2人のマッチアップだとお互い普通に使ってるから、
「大ケガしないで受け切れる技術を持った、色々と信頼できる相手にしか
使わない(使えない)」という技なのかもしれぬ。