AWAKE単語

アウェイク

AWAKEとは、

  1. が覚める、起きる、を意味する英単
  2. 巨瀬一が作成したとされるコンピュータ将棋ソフト

ここでは2について説明する。

概要

新進棋士奨励会で1級まで昇級した元奨励会員の巨瀬一(こせ りょういち)氏が開発したコンピュータ将棋ソフト
探索部はチェスプログラムStockfishを参考に、評価部はボナンザメソッドを元に学習している、ボナンザチルドレン、またはBona-fishと呼ばれるソフト群のひとつ。
2014年に、NineDayFeverが導入した「次元下げ」と呼ばれる手法を独自に発展させ、対戦サーバーレーティングが上がった事で話題になった。コンピュータ将棋の中では較的受けに強いソフトと言われていた。

AWAKEが導入した次元下げの独自の工夫は、学習時に駒の利きを考慮したことによる。この工夫がコンピュータ将棋の開発者にもたらした衝撃は大きく、第2回電王トーナメントに出場したやねうら王開発者の磯崎元洋氏は、予選の会場で巨瀬氏からこの工夫を聞いた間「今回はAWAKE(かApery)が優勝候補exit」とブログに書き(この磯崎氏の見立て通りAWAKEは決勝でponanzaを破って優勝し、Aperyは2回戦でAWAKEとの直接対決に敗れて5位となった)、またSeleneの開発者の西海枝元氏は2016年に「今(の将棋ソフト)はみんなでAWAKEを作っているような状態exit」と、その後のコンピュータ将棋にAWAKEが与えた大きな影をこれもブログに書いている。

巨瀬氏いわく、コンピュータ将棋を開発することについて
コンピュータを使っていかにプロ棋士が強くなって、プロ将棋レベルが上がっていく事に貢献できるかということに、コンピュータ将棋をやっている者としてはモチベーションがある」とっている。

名前の由来に関しては「特に意味はい」、「現在は『覚醒』という意味で解釈していただくと幸い」、
将棋の内容自体の”覚醒”および、棋士の”覚醒”のきっかけになればいい」とのこと。

大会結果

世界コンピュータ将棋選手権

2223
23回 15位
第24回 10位
25回 3位
第26回 14位

2014年に急成長したことで、対ソフト勝率は高くなったが、GPS将棋にはなぜか相性が悪く、世界コンピュータ将棋選手権で3局対戦し全て負けている。第26回では調整に失敗したのか、周囲のレベルアップについていけず4勝5敗で予選落ちした。

将棋電王トーナメント 

第1回 8位
第2回 優勝

第1回将棋電王トーナメントでは動作安定性が非常に悪く、動作停止による時間切れや棄権が多く、決勝トーナメントでも復調せず、敗退することとなった。
第2回将棋電王トーナメントでは非常に好調に勝ち進み優勝。二代電王称号を得た。 

電王戦FINAL

2015年4月11日開催の電王戦FINAL第5局にて阿久津主税八段と対局。対局前に元アマチュア王将山口直哉氏によって発見されていた、「を丸得できる手順」に誘導され必敗の形勢となったため、わずか21手で巨瀬氏のソフト開発者権限により投了させられたため、電王トーナメント100万円チャレンジなどを見ていない視聴者にはその実がわからないまま対局が打ち切られてしまった。

なお、AWAKEは一般に対して開されているソフトではなく、山口氏は将棋ウォーズで対局botとして開されているponanzaを相手にしてこの手順を発見し、対AWAKEの100万円チャレンジにおいて、通用する確なしに試して成功し勝利した。なお、この手順は山口氏が開した後にアマチュアレベルの挑戦者が次々と試したが、結局成功したのは山口氏1人であり、この手順を選択しても勝つまでには運と実の双方が必要となるものであった。また、将棋ウォーズponanzaを相手に腕試しをしたりその棋譜を研究している一部のプレイヤー以外には知られている手順でもなかった。

この手順と同じ手順を取ったことについては、阿久津は手順は山口氏の発見によらず自で発見したとっている。また、AWAKEを貸与されたことによる事前研究において、サポート役となった西尾明の計測によれば、この手順に誘導できる確率は約70、残りの30はAWAKEが飛を振って相振り飛車の戦となり、この場合はそこからがっぷり四つの状態で全く別の将棋が展開されるという。阿久津西尾は十分な事前研究の結果、必勝手順と相振り飛車双方のその後の対策を用意していた。なお、一般論として、コンピュータ将棋は相振り飛車に恐ろしく強く、複数の電王戦出場棋士が、事前研究において相振り飛車の強さを言している。

事前アマチュアによって明かされていた必勝手順を阿久津がそのまま採用したこと、それに対して巨瀬氏が対局開始1時間に満たない時点での投了を選んだことについては、しい議論が巻き起こった。この対局の観戦記を担当した野月浩貴は、双方のいずれに肩入れすることもなく、双方の主張を公平に記載し、「二人の想いは噛み合わなかった」と結んでいる。exit_niconews

電王戦FINALの関連イベントの評価値表示ソフトとしては、リアル将棋で採用された。

関連動画

関連生放送

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/awake

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

AWAKE

159 ななしのよっしん
2016/05/17(火) 06:25:31 ID: bxcobt+FkW
いくら羽生さんでも今のソフトに研究しで相手の得意戦法に付き合えば負けるよ。
160 ななし
2016/06/11(土) 17:34:31 ID: ukhzfq1Usi
根本的にプログラミング技術ないんじゃないの?
やたらすごいソフトだってもてはやされた割にはハメ手くらうとかハメ手食らって逆ギレとかしょぼすぎだろ
やねうら王のほうが万倍強いんじゃね?
161 ななしのよっしん
2016/06/15(水) 22:30:48 ID: HfYM22KMlf
Bonanza Stockfish NDF からのパクり技術の集合体で、
オリジナリティに欠けたソフトではあるなあ。

コピペだけで出来るわけじゃないから、2013年後半から1年間ぐらい、このソフトプログラム書いてた人の実装は高いよ。それがなのかは分からんけど
162 ななしのよっしん
2016/09/01(木) 15:23:41 ID: 2yHYFliXS8
人間コンピューターから読み忘れやミスや弱点を突かれるのに人間側はコンピューターの弱点をついちゃいけないなんて酷くね?
163 ななしのよっしん
2016/09/21(水) 15:21:29 ID: dxZBL/AHz/
>>160
コンピュータ将棋選手権電王トーナメントは開発者の情報交換や議論の場所でもあるんだけど、巨瀬さんと意見交換した開発者の中で巨瀬さんのを疑ってる人は、やねうらお山本一成さんも含めて1人もいないし、西海枝さんみたいに「今のソフトは全部AWAKEチルドレン」と言ってる人すらいる。

あと、少なくとも2014年段階のやねうら王は、実はそこまで強くない。対戦相手によって序盤を変えたり、いろいろ工夫して勝ち上がったけどね(なおやねうらおが本気を出した2016年やねうら王は、初めての強と言えるレベルに)。

>>161
次元下げに利きを入れたその一事だけで、コンピュータ将棋の開発の歴史に残る独創性ではあるんだけどね。
164 ななしのよっしん
2016/10/08(土) 22:19:14 ID: dJbZdQ2mUm
↑なんか気色悪い擁護が湧いてんな。
ここは将棋ソフトの記事だよ。身勝手な投了者を擁護するための記事じゃないんだよ。
記事も長ったらしくなってるし、もしや自演か?
165 ななしのよっしん
2016/11/09(水) 00:32:06 ID: EgfHZ4SMET
このTAWAKEが!
166 ななしのよっしん
2016/11/24(木) 18:33:31 ID: dxZBL/AHz/
棚瀬 寧 TANASE Yasushi ?@tanaseY
開発者の判断の投了はいかがかというような意見を見たので一言書くと全く問題はないです。
例えば勝率45投了というコードが発動してAI投了するのも、開発者が数値を見て投了するのも、
どちらも開発者の判断であることに変わりはないので。
https://twitter.com/tanaseY/status/801391101319839748exit
167 ななしのよっしん
2017/08/22(火) 18:56:54 ID: ZQuHE/L3R8
ホネイサン!!
168 ななしのよっしん
2018/08/02(木) 17:33:02 ID: zoNgXXpL6d
藤井システム封じしかり、交換戦法しかり、嵌め手なんか
将棋世界でも当たり前なのに何故に批判する人が出るのか
今回の嵌め手は以前からコンピューター将棋世界では有名
だったから半年の修正制限なんか言い訳にならんし、100万大会で知ったとかニワカレベルテストを一度もしてないのかと
聞きたい、機械の嵌め手を批判なんてするなら初めから人と勝負なんかするな。