B級映画単語

ビーキュウエイガ
ベンベン・・・♪ ベンベン・・・♪

John Carpenter’s
B pictures

 

B級映画(びーきゅうえいが)とは、英単の「B movie」の和訳である。
短期間・低予算で作成された映画

概要

日本では、なんだか、安っぽい映画・短期間撮影&低予算で撮られた映画の事などをす。
転じて、単に質の悪い映画、脚本や演出が薄っぺらい映画す場合もあるが、その定義は曖昧である。

B級映画の歴史

1920年代後半、音映像同期させたトーキー映画現在映画の形である)の商業化が始まり、映画会社が撮影所の拡築を行う中、20世紀フォックス社(当時のウイリアムフォックス社)も撮影所を新築する。それまで使われていた旧撮影所は『B撮影所』と呼ばれ、前座用の低予算映画が撮影される場所となった。
当時のアメリカでは映画は2本立てで開されるのが常で、その1本映画がこの『B撮影所』で作られた映画という事から、前座用低予算映画を「B映画」と呼ぶようになった。この呼称が他会社でも浸透し、後の「B級映画」になったと言われる。ちなみに映像カラーになった50年代以降から、アメリカの2本立て行は徐々にれ、今では行われていない。

なお、『スターウォーズ エピソード4 新たなる希望』や『未知との遭遇』も「製作当時」という背景を考えれば、当時はB級扱いで、現在のような大ブーム、不朽の名作という扱いではなかった。これらの作品が正当な評価を得るに至ったのは、「B級でありながらも決していい加減な造りではなかった」という点が大きい。

現代のB級映画

論、現在でも短期間・低予算の映画は続々と作られ続けている。Wikipediaexitによれば撮影期間は約2週間程(通常の映画撮影期間の約2/3)、予算は作品によって異なるが、相場はA級と呼ばれる大作映画の約1/10程度とされているようだ。
低予算であるが故に名・新人の俳優監督を起用する事が多く、そこから新たな才が見出されていく。流石に超大作映画ばりの収入は見込めないものの、行的に大ヒットとなった作品や、好評を博し、続編が超大作へと化けるケースもある。
言うなればB級映画は、映画界の人材を育てる環境であり登竜門でもあるのだ。

とはいえ、やはりそこは低予算。チープな演出やしょーもないシナリオの作品にブチ当たる確率も高い。日曜洋画劇場でかつて放映された『宇宙から来たツタンカーメン』、アメリカテレビ会社がクソ過ぎて安く買いいた『プラン9・フロム・アウタースペース』などはその最たる例であろう。

有限会社フォワードがWHDジャパン製作依頼して発売しているDVDは、そのどがしょーもない演出かつも見ないであろうカルト映画であり、ジャケットすらショボイ。もし、過去B級作品に興味があれば、この会社のDVDを買えばきっと満足(?)いただけるだろう。
ちなみに、この会社はこの試みが逆にしいと評価されて、関西テレビ「よ~いドン!」の名物コーナー隣の人間国宝さんに取り上げられて人間国宝さん認定を受けたりしている。

また、多くの予算を費やした大作映画をS級、A級映画と呼んだり、B級映画の更に下、C級、D級…更にはZ級映画というランクまである、時もある。ただし、こういったランク付けはB級映画という言葉を前提にしたもので、単にネタとして使われる場合が多く、使われる場面も少ないようだ。

B級映画の視聴は一種のギャンブルでもあるのだ。そういった面が時として強調され「B級映画とは質の悪い映画のことである」とも思われがちである。しかし、肩肘らずに気楽に見られる娯楽作品や、監督趣味が強く現れたマニアックな作品も多い為、この手の映画するファンは多い。
の片鱗を探すもよし、チープさに呆れ爆笑するもよし。玉石混淆であるが故に、その楽しみ方も様々である。

B級グルメ

日本ではB級映画にちなんで、一流ではないが庶民的でそこそこ凄いものを『B級〇〇』と称することがある。
その最たるものが「B級グルメ」であり、1980年代日本ではグルメ雑誌などで既に使われていた。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/b%E7%B4%9A%E6%98%A0%E7%94%BB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

B級映画

93 ななしのよっしん
2016/07/15(金) 20:19:13 ID: OqG/tCx213
>>92
それは日本人キリスト教に疎いからだね
エクソシスト日本ではグロや奇抜さしか話題にならない
本当に怖いのは子供にさえにとり憑く悪魔という部分だと思うのだが…
94 ななしのよっしん
2016/10/09(日) 00:58:25 ID: YxENgzjuLs
ゼイリブネットの評価だけ見てると映画みたいな扱い多いけど個人的にはそこまでではかったなー
95 ななしのよっしん
2016/10/10(月) 16:49:10 ID: FrZTvxv7nL
クィーン・コングはギャグしすぎた日本語吹き替えで折B級シリアスさが消えてしまった悪例だと思う。

悪役の女社長が序盤で主人公に一惚れしたシーンが、字幕で見ると無音主人公るっていうシュールな表現だったのに、日本語吹き替えにすると声優で「キラーン♪」とか入れてたからなあ……

字幕版を視ると女性の権利や人権っていうのをトンデモ展開ながらもしっかりとテーマで織り込んでるようにみえるのに、吹替版で視ると、それすらも取ってつけたギャグのような見え方がするから惜しいと思う。

あれこそ、シュールな笑いと作家性が両立しうるといういい意味でB級映画だと思うんだけどねえ。
96 ななしのよっしん
2016/10/26(水) 22:24:17 ID: lDB0uwsNwr
レーザー・ポープ」
半分法王、半分機械、全身レーザー
暗殺によって命を落とした若きローマ法王が、底知れぬ戦闘を秘めた史上最強バイオレンス・法王(ポープ)として復活する
希望が失われた暗の時代に、レーザーあれ! レーザー・ポープ!」
http://www.gizmodo.jp/2016/10/laser-pope.htmlexit

普通にかっこよすぎて入信しそう
今の所ショートフィルムだけみたいだけど映画化して欲しい…
97 ななしのよっしん
2018/04/06(金) 21:01:43 ID: K8MoclHRGu
>>89
A級ホラーはそれこそ
13日の金曜日エル悪夢じゃね?
名前を聞けば知らない方が難しいホラー作品は総じてA級だと言える。
名前忘れたけど13幽霊なんたらて映画が割と良かった。
13人の幽霊がどう言う経緯で死んで悪霊化したかのバックストーリーも凝っててまるでゲームのようだった。
98 ななしのよっしん
2018/05/13(日) 03:37:04 ID: h57oyzgos9
ぶっちゃけサイコ羊たちの沈黙だってホラーだし、ジョーズホラーっていう闇鍋のような定義されてるからな
一応、スリラーだのサスペンスだの別の言い方もあるし、サメ映画なんて独立したジャンルなってたりもするが、幽霊や怪物が出る映画だけがホラーじゃない
99 ななしのよっしん
2018/09/18(火) 03:36:13 ID: siSaNi6Ufg
低予算である分、演出や俳優の演技カバーする。
が、迫真すぎると却ってシリアスな笑いにもなる
100 ななしのよっしん
2019/06/21(金) 20:16:11 ID: xCb0beZNiR
ターミネーター1も低予算のB級映画なんだっけ
B級映画の割にヒットしたから、色んな権利とかを解決させて、前作よりも大きな予算でターミネーター2を作ったとか
101 ななしのよっしん
2019/09/05(木) 21:13:18 ID: J5BWE9TdXc
>>89
一応原作がしっかりしてるものはA級レベルの扱いだな
スティーブン・キング作品
ITシャイニングキャリー
(まあ失敗してB級以下も多いんだがw セルなど)

あと結構今でもB級映画(脚本)から次に繋がるのも多いよな
ジェームズ・ガン JJエイブラムス ギレルモ・デル・トロ
予算とプロデューサーの出会いで本当映画は変質する
映画監督や脚本にどこまで責任あるのかは
本当見てる人にはわからんよなあ
102 ななしのよっしん
2019/09/05(木) 21:23:31 ID: UsJ/JI39OS
何年も前に深夜にやってたワイルドゼロが忘れられない
ギターウルフ意味不明存在感とか全編使った末のくっだらねーオチ(全の賛辞)とか
チープ感あふるるくせに何を撮りたいのか一発でわかる画のつくりとか実によきB級

急上昇ワード