B.O.W.単語

バイオオーガニックウェポン
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

B.O.W.(バイオオーガニック・ウェポン)とは、バイオハザードシリーズに登場する生物兵器の総称であり、シリーズ共通の敵キャラクターでもある。

概要

巨大製企業アンブレラ社が極秘裏に開発している生物兵器群。これらを商品として売りさばく事で、大な利益を得ている。様々な状況やクライアントの要に応えるため、多種多様な生物兵器が試作された。また自社でも運用し、私設部隊U.B.C.S.の訓練相手や不利益を与える敵の排除に投入されている。

動物昆虫Tウイルスを投入する事でB.O.W.が作られる。従って、どのB.O.W.にもTウィルスが用いられているが、どのように生物が変化するのかアンブレラ自身にも分からないため、実験試行錯誤を繰り返している。中には失敗作の烙印を押されて棄されたB.O.W.も存在する。Tウイルスには異なる生物間の遺伝子交配を容易にする特性があるため、爬虫類両生類といった組み合わせも見受けられる。

Tウイルスに感染した生物は大皮質を破壊されてしまうため、知の低下を招く問題がつきまとう。アンブレラもこの問題には頭を悩ませており、商品として売る以上、最低限の任務を理解し遂行できるだけの知をB.O.W.にめた。四苦八苦の末、誕生したのが「ハンター」であった。ハンターは命を理解できる知を持ち、他の個体と連携するまで持っていた事から複数の亜種製作された。また成人の人間ベースにしたタイラントも成功作に分類される。寄生生物「NE-α」を埋め込んだタイラント(通称追跡者、ネメシスT)は飛躍的に知が向上し、命を理解するのは論、これまでのB.O.W.には不可能だった武器の使用までやってのけた。

B.O.W.はアンブレラ社が誇る「裏」の製品だが、万が一暴走した時は子飼いの私設部隊U.S.S.を出動させ、隠密裏に処分する。

ゲーム中では

バイオハザードシリーズを盛り上げる強敵として、初代から登場。

アークレイ山脈にこしらえられた地下研究所にて保管されていたもの(ハンターケルベロス等)が、バイオハザード発生に伴って脱走。洋館や寄宿舎、周辺のし、S.T.A.R.S.や一般市民を襲っている。研究所の自爆によって屋内にいたB.O.W.は消滅し、にいた個体はアンブレラ社の特殊部隊に掃討されたため明るみには出なかった。

ラクーンシティ事件では、生存殺のためハンターが陸路で搬入されている。またU.B.C.S.と戦わせて戦闘データを採ったり、S.T.A.R.S.殺の的で追跡者を投入したり、Gウイルス奪取のためタイラントを投下したりと様々なB.O.W.が投下された。

アンブレラ社が倒産した後、保有していたB.O.W.は各所に流失。世界各地の紛争地帯に投入された。一部はテロリストの手に渡り、テラグリジアに投入されて「テラグリジアバニック」を引き起こしている。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/b.o.w.

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

B.O.W.

1 ななしのよっしん
2019/06/03(月) 06:31:38 ID: fBoTR4yI90
B(バカな)O(は)W(わからずや)
2 ななしのよっしん
2020/07/21(火) 08:53:36 ID: LbLLuiGgq2
Wはウェポンならダブリューと呼んでも対して略称にならんよなw