CH-47単語

102件
シーエイチフォーティセブンチヌーク
1.7千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

CH-47とは、アメリカ合衆国開発された輸送用ヘリコプターである。

概要

1960年代に開発・運用が開始されアメリカを中心とする西側諸国で幅広く運用されているヘリコプターである。なお、運用と行して修が続けられた結果、100年を越す運用が続けられる見通しである。

構造

本機の特徴は操縦席上後方と機尾上部に備えられたプロペラを備えた『タンデム・ローター』方式を採用した機体である。

この外観を採用したのは『v-107(CH-46)』と本機だが元々はv-107の原YCH-01』を大幅に改造したのが本機である。このような構造にしたのは発注元のアメリカ軍から『牽引式155㎜榴弾1門+弾薬+運用砲兵』を1セットで輸送できるに応えた結果である。
この結果、機体自体の重量と同等の10tの積載量を確保し、人員なら最大55人(+乗員3名)、軽車両(ジープハンヴィーetc)2両を機内に搭載するを備えた。また、胴体の両側面にバルジを設けて燃料タンクとし航続距離も積載時700km、未積載時には2000kmを飛行できる。

一方で胴体15m、幅4mと任務上大柄な機体のため被弾し易く、較的安全が確保された地域で運用するのが常石だが2000年代から始まった対テロ戦争では待ちせ攻撃で撃墜被害が出ている。
また、前方ローターがその構造上、斜め前方に下げた状態で配置されているため着陸時に地面から130cm程度に達するためローターの旋回範囲に入ってはならない。

派生型

運用例

デビュー後はベトナム戦争を皮切りにアメリカ軍が係わった戦争平和維持活動、災害支援には必ずと言ってよいほど参加している。

フォークランド紛争ではイギリスアルゼンチン双方がCH-47を運用した。しかしイギリス側は輸送していた徴用貨物アルゼンチン軍の爆で撃沈され、一時的に使えるCH-47が1機のみととなってしまった。しかしアルゼンチン側の1機が鹵獲されたことで部品を確保でき、本から補充分が届いた後も停戦まで活躍し続けた戦功により、戦時中のコールサインである『ブラボー・ノーベンバー』の名を使いながら2020年現在でも運用中である。

日本では1984年から航空自衛隊1986年から陸上自衛隊での運用が開始されたがその運用史(2020年時点)で最大の山場は2011年福島第一原子力発電所事故であろう。
この事故では東日本大震災で誘発された大津波により原子炉の冷却機が喪失し核燃料を冷却に浸さなければならなかったが津波による瓦礫と原子炉の損傷で生じた放射線による被曝の危険から地上からの対処が極めて困難と見られたため本来は火災用の散バスケットを用いた冷却散布が3月17日に実施された。この際、乗員、機体とも放射線を抑制する防護装備を備えたうえ、原子炉上を通過しながら実施されたが横に煽られて効果が薄いと判断されたため地上からの放に切り替えられた。
これとは別に防衛省では核燃料の反応を抑制するホウをホバリング状態で原子炉に散布する作戦も計画されたが乗員のリスクが高すぎると判断され見送られている。
当然のことながら東日本大震災を含む通常の地震災害火災対応にも従事しているが2004年スマトラ島沖地震2010年パキスタンにおける災害支援活動にも参加しているが何れもおおすみ型輸送艦で輸送された際はローターを外した上でブルーシートで梱包して現地へ向かっている。

作品

動画

静画

関連コミュニティ・チャンネル

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

CH-47

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • CH-47についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!


ニコニコニューストピックス