dカード単語

ディーカード

dカードとは、NTTドコモが展開するクレジットカードである。

概要

NTTドコモ2006年5月26日からサービス提供しているクレジットカードで、「iDサービスの一つである。審など一部の事業は、三井住友カードに委託されている。

元々はDCMXというサービス名であり、「ドコモdocomo)のクレジットサービスがこれから大きく羽ばたいていく(X=未知数・希少価値)」との期待を込めて付けられていたものである。2015年ドコモカードという特色を強調すべく、「dカード」に名称を変更した。

タイプとしては、大別するとクレジットのないポイントカードと通常のクレジットカードがある。

クレジット機能なし

dポイントカード

dポイントがたまるだけのカード。特に審とかは必要なく、普通ドコモショップやdカード加盟店(ローソンなど)で無料配布されている。ただし効率よく利用するにはdポイントクラブと紐付しないといけない。

dカード プリペイド

上記のdポイントカードにチャージ式のプリペイドカードの機iD及びMasterCardによる決済が可)が追加されたもので、三井住友カードと提携している。

登場当初はApple Payに非対応であったが、現在は対応している。

dカード mini

いわゆるおさいふケータイiD決済に対応。使った料ドコモ携帯に上乗せされる。

クレジットカードなしに最大1万円まで(利用状況に応じて3万円へ引き上げられることもある)の利用が可

クレジットカード

ドコモ三井住友カードサイトには書かれていないが、カード発行の審三井住友カードが担当している。こちらは三井住友カードが発行しているというより審だけドコモからの外部委託となっている模様。

dカード(旧DCMXカード)

通常のクレジットカードブランドVisaMasterCardを選べるほか、標準でiDが付帯している。
年に一度でも決済に利用すれば年会費が無料になるため、割と気軽に持てるクレジットカードとなっている。

基本的にはドコモユーザーのためにあるカードだが、ドコモにどっぷり浸かったユーザーの場合だとdカード Goldの方が有利な面も多いため、むしろドコモ回線を持たないユーザーdポイントを貯めるケースの方が活用しやすい。

かつてはdポイントクラブのブロンステージに優遇されていたが、2018年5月dポイントクラブ訂され、それと同時に止。ブロンステージはあまり活用できる特典ではなかったものの、そもそも長期ユーザーの場合はそもそもランクが上のシルバーステージに優遇されていたというヲチがつくので、悪といえば悪とも言える。

なおAppleユーザー限定の話だが、Apple Payを使うつもりならMasterCardで申し込むこと。Visaブランドは非対応だからである。

DCMXカード時代は不可能だったが、dカードになってからはドコモユーザー以外でも持つことが出来るようになった。dポイントを効率よく貯めたい場合は、通常のdポイントカードよりも優位のため、クレジットカードに抵抗のない人ならばデメリットはほとんどない。特にローソンではメリットが大きいカードなので、ローソンを多く使う人なら持っていて損はない。

でもぶっちゃけドコモユーザーでない場合、他にお得なクレジットカードはたくさんあるのでこれを持つのはよっぽどの変わり者かポイントクレカマニアぐらいだろう。dポイント自体は共通ポイントとして使える店舗も増えてきているものの、そもそもdポイントカードが店舗で大量に配布されているので、なおさらクレジットカードとして発行する人も少ないと思われる。

dカード GOLD(旧DCMX GOLDカード)

dカードのゴールドカードにあたるクレジットカードクレジット決済の還元率や基本機はdカードと同様。

ドコモの一般~ヘビユーザー向けのカード。dカード Goldドコモの端末を一括払いで購入した場合のみだが、端末が修理不可能になるなどのケースに当てはまった場合だと、最大で10万までの端末交換費用を3年間に渡って保障してくれため、極端な話になるが端末によっては高額になるドコモの端末保障プログラムに加入しないという手段をとることもできる。他にも標準的なゴールドカードとしての機は網羅している。

ちなみに年会費を軽減する方法こそないが、年間100万(200万)以上使うことでdポイント10000(20000)に相当するギフトと条件で交換可のため、メインカードとして使うなら実質無料にすることも可だが、この条件は一般人だとメインカードに据えない限り厳しい条件である。

dカード同様にドコモユーザーでなくても申し込めるが、ドコモユーザーでないと単なるゴールドカードの一般的な機しか持たず、年会費(10,800円)を直接軽減する手段もないことから単なる割高なクレジットカードとなってしまう。また以前はdポイントクラブゴールドステージに優遇されていたが、2018年5月ステージシステム訂され、同時にdポイントクラブにおける優遇も止された。そのためドコモ回線を持たないユーザーにとっては所有によるメリットがさらに減少。そのため非ドコモユーザーなら基本無料のdカードにするのが難。

余談

姉妹カードに近いクレジットカードとしてNTTグループカードがあり、こちらにもゴールドカードがある。ただしドコモユーザーの場合はよほどヘビーなNTTユーザーで、かつ積極的にクレジット決済をしない限りは還元率が低く、基本的にはdカードの方が還元率ではお得となっている。

ちなみにNTTグループカードゴールドは年会費は5400円と安いが、標準的なゴールドカードの機は網羅しており、中でも保険・保障制度が充実しているため、万が一のことが起きた時に便利なカードとなっている。年間100万円以上の利用で年会費が無料になるが、これは一般人ではメインカードに据えないと厳しい条件なので、ややオマケに近い。

またスタンダードゴールドの両カードともに何故か出光系のガソリンスタンドで値引き特典があるので、出光系のガソリンスタンドを使うならお得なカードとなっている。

こちらの審Visaブランド三井住友カードMasterCardブランドはUCカードが外部委託されているのだが、審基準がdカードよりも緩めなので、dカードの審が落ちるケースでも通ることがある。

関連サイト

dカードexit

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/d%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

dカード

1 ななしのよっしん
2017/09/07(木) 09:50:42 ID: Cp9BoHHRV2
dポイントに関することは別記事があるんだし記述するんだったらそっちに書いた方がいいのではなかろうか