DLC単語

ディーエルシー
  • 13
  • 0pt
掲示板へ
  1. Downloadable Content略称 (本記事にて記述)
  2. 炭素水素の硬質膜であるダイアモンドライクカーボンDiamond-Like Carbon)の略称
  3. 出たなレタスクラブDetana Lettuce Club)の略。ニコニコ動画10周年記念「リアルダービースタリオン生放送内にてよくコメントされる。詳しくは→リアルダビスタ用語集

概要

DLCとは「Downloadable Content」の略称であり、デジタル配信プラットフォームを通じで配信・販売されるビデオゲーム用の追加コンテンツの総称である。日本国内ではメディアも含めて一般的に「ダウンロードコンテンツ」と呼ばれ表記されている。


DLCの解説にあたって、その前身であり前提でもあるビデオゲームにおける拡パックとダウンロード販売についておおまかに解説する。

ゲームの追加拡データの販売はDLCないしダウンロード販売が登場する以前から長く行われてきた。これはに「Expansion pack(拡パック)」と呼ばれていたもので、PCゲームタイトルヒット作では拡パックが販売されることは通例でもあった。また、バグ修正や最新環境への最適化を行うアップデート公式サイトゲーム雑誌の付録CD-ROMを通じて配布されていた。インターネットの普及とともに「FilePlanet」や「GameSpy」などといったアップデートファイルミラーサーバー専用サービスが登場する。

一方で、現在のようなオンライン環境い頃の据え置きゲーム機向けタイトルにおける拡パックは、導入方法が特殊かつ限定的であったため対応したタイトルはごく僅かであった。カセットと磁気ディスクを使用する64DD専用タイトルの「F-ZERO X EXPANSION KIT」等が該当する。同様の理由でアップデートの配信という概念く、ゲームソフト本体の製造時期によってゲームバージョンが異なってもいた。

ただし、過去ゲーム機にはオンライン環境かったというわけではなく、通信によるゲームデータの配信販売サービスは各種ゲーム機で実施されていた。例を挙げると、専用の通信回線を使用する「サテラビュー」「64DD」、電話回線やインターネット回線を使用する「セガサターンネットワークス」「ドリームライブラリ」、携帯電話を使用する「モバイルシステムGB」等といったものが数多くあった。しかし、規格はゲーム機ごとにバラバラで個別に専用回線の契約が必要であり、インターネット回線を利用するものでも当時の普及率がまだ少なく、サービス内容も限定的で新しい販売形態を定着させるまでには至らなかった。

ロードバンド回線が普及した2000年代前半には、PCタイトル向けのサービスとして「Steam」や「Games for Windows Live(GfWL)」をはじめとするデジタル配信プラットフォームやダウンロード販売専門のオンラインストアが登場する。

そして、2000年代中半頃までにはインターネット回線を使用するゲーム機向けの「Xbox Live」、「PlayStation Store」、「Wiiショッピングチャンネル(現ニンテンドーeショップ)」といった、各プラットフォーム専用の配信販売サービスが開始された。ゲーム機の場合はHDDや大容量メモリーカードなどの記憶領域が備えられた機種が登場したことでダウンロード配信販売が定着したとも言えるだろう。現在では過去名作タイトルインディータイトルの販売なども活発である。

ゲームダウンロード配信が定着してからはゲームソフトの販売だけではなく、拡パックも配信されるようになり、そして、ゲーム機向けタイトルでもゲームソフトの内容を拡する追加コンテンツの配信販売も多く登場し、現在でいうDLCという概念が定着したのである。

DLCの種類

一概にDLCといってもその内容、形式はゲームタイトルによって様々である。

ストーリーモードの拡や追加をはじめ、プレイヤーキャラクターアイテム、スキン衣装)、ステージマップ…などのゲームアイテム類を拡するものから、サウンドトラック映像特典、オーディオコメンタリーコンセプトアートといった特典的な内容の物も配信されている。これらは製品としてだけではなく、予約購入の特典、償の追加オプション、追加コンテンツを含む大アップデートの一部として配信されることもある。

DLCの展開や全てのアップデート了した(開発終了宣言された)タイトルや、後年に販売される廉価版ではDLCが統合され、ひとつのパッケージとして販売されることが通例になってもいる。

こうしたDLCタイトルが広く楽しまれている一方で、"馬の鎧exit"のようなコミュニティ間で物議を醸してミーム化してしまったDLCタイトル過去には登場したこともあった。DLCタイトルの内容や配信形態はゲームの開発元や販売元によって大きく異なることもあり、評価はプレイヤーコミュニティによって様々でもある。

また、据え置きゲーム機においてDLCが登場した直後(2010年以前の頃)は評価…というよりも、DLCないし拡パックとダウンロード販売自体への認識に混乱があった様子も伺える。例えば、""のようなゲームアイテムを数点追加する内容のDLCタイトル今日では一般的でもある。また、本記事の過去の版では、DLCそのものがゲーム機専用のサービスであると誤解したような記述(その上で考察評価したような文章)もあったりした。

シーズンパス

これはDLCの販売形態の一種で、将来配信される(もしくは現時点で配信されている)DLCタイトルの一括予約や購入を行うサービス、製品の通称である。

消費者側には割引が適用されたお買い得価格で複数のDLCタイトルをまとめて購入できる利点、開発販売側には開発費を事前に回収できる、言うなれば消費者から開発中コンテンツに投資がされるという利点があり、ダウンロード販売やDLCが広く定着した近年ならではの新しい販売形態のひとつである。この呼び方が使用されはじめたのは2011年頃からで同時期に様々なタイトルで導入されていった。

関連商品

DLCは基本的にプラットフォームごとの配信サービス提供される製品であるものの、一部ではパッケージ品も用意されている。店頭や通販サイトではシリアルキーコードが印字されたカードを販売する形式が用いられている。

個別記事のあるDLCタイトル一覧

配信プラットフォームの一例

関連記事

【スポンサーリンク】

  • 13
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/dlc

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

DLC

1878 ななしのよっしん
2020/03/01(日) 12:58:42 ID: GCYAXdK2K5
長期的な観点とか、顧客の興味とか市場の衰退とかユーザーが気にすることなんすかね?
DLC自体世界的に実装されてる事項だから、日本に限った話でってないといいけど

ま、ゲームに限ったことじゃないとはいえアタリショックめいたものはすでに起きてる気がするけどね、コロナ
1879 ななしのよっしん
2020/03/01(日) 13:02:51 ID: MZGPvQF5pE
ポケモンは単純に前作まで携帯機だったから出来なかったって部分が大きそうだけど
1880 ななしのよっしん
2020/03/01(日) 13:34:17 ID: NG3/CwiwYt
>>1875
この記事が何年前からあると思ってるんだ…
もう十分長期的な観点で見た結果が出てる時期だろうに
1881 ななしのよっしん
2020/03/03(火) 02:33:47 ID: 4aSq7wK5F3
DLC日本でも受け入れられてるでしょ
だけ大きい否定を払いたくないだけだもの
DLC を楽しんでる側を許せないからいて暴れてる
1882 ななしのよっしん
2020/03/03(火) 07:08:34 ID: GCYAXdK2K5
そもそも一ユーザーが顧客って単使うことに違和感がある
1883 ななしのよっしん
2020/03/03(火) 07:13:01 ID: cEWtRYI/FC
ゲハ民視点なら使いそうな気がする
1884 ななしのよっしん
2020/03/03(火) 11:40:56 ID: Xz/qU+lQNs
カネを払いたくないんじゃなくて
とにかく新しいものが嫌いで、それに理由つけてるだけってのが一番しっくり来る
1885 ななしのよっしん
2020/03/03(火) 11:45:20 ID: UB91r8Cops
今どきDLCに文句つけてるとか、が10年以上前から停滞してるようなくらいだしな
1886 ななしのよっしん
2020/03/03(火) 11:48:56 ID: Ggu0tyEV7t
全てをタダで手に入れたい!と宣言するヤツのほうがまだ清々しい
1887 ななしのよっしん
2020/03/03(火) 22:00:33 ID: rfiC1E4TX2
>>1881 本当に受け入れられてないなら、DLCはとっくにくなってるだろ。 そりゃ大嫌いな人も実在するとは思うんだけど、それ以上に買う人がいるから続いている。
とか言うとまるでDLC買う方が悪いみたいなこと言い出すから厄介。以前も言ったがファンですらないかれて気にするのは愚の