DQNの川流れ単語

ドキュンノカワナガレ

DQNの川流れとは、大自然を甘く見たDQN事故に遭う事である。

ことわざの「河童の川流れ」のもじりである為「」流れとなっているがに限定せずダム等も含む。

概要

  • 立ち入り禁止の場所に入って遊ぶのはやめましょう。わざわざお金をかけてフェンスや看を設置しているのはちゃんと理由があります。
  • の近くにテントをる時はが生えていない場所は避けましょう。生えていないのは過去に頻繁にに浸かった場所だからです。が降ってが増すると流される危険があります。
  • そもそも、氾濫の恐れが非常に少ないと認められた場所でい限り、河原にテントをるのは基本的に危険です。
  • の中州にテントをるのは絶対にやめましょう。
  • 地元住民や警察避難勧告には素直に従いましょう。
  • 台風の時にに行くのはやめましょう。
  • レスキュー隊員に命を救われたら、ちゃんと感謝しましょう。間違っても悪態を吐いたり暴力ふるってはいけせん。 
  • はみんなのものです。汚物・ゴミを流すのはやめましょう。

玄倉川水難事故

毎年、行楽シーズンになると無知謀が招いた事故もまた尽きない。そんな中でも、この言葉が誕生するきっかけになった事故1999年「玄倉川水難事故」である。詳細はWikipediaの同事故の項exitも参照していただきたい。

玄倉(くろくらがわ)は神奈川県山北町の丹沢(三保ダム)の更に地にある渓流。首都圏からも近い自然の宝庫・丹沢山地の中を流れている。しかし他の渓流の例に漏れず、多くの沢からのが集まる場所であり、ひとたび大が降ればその流れは暴化する。(三保ダムはそうした洪水調整の役割も兼ねる多ダムである)

ここに1999年8月13日神奈川スクラップ処理会社「富士繁」のトラックドライバーとその家族人ら25人が、キャンプをするため玄倉の中州(もちろん現場はキャンプ場ではない)にテントをったことから惨事は始まる。

度重なる警告の無視

当時、熱帯低気圧関東へと接近中であり、翌日までには洪水が発生する恐れがあった。が、当人たちがそれを知っていたのかは定かではない。

13日午後には大洪水警報が発され、地元のダム職員や警察官は川辺から退避するように何度も警告したが、一行はそれを全く相手にしなかった。他にも同地でキャンプをしていた人々は全員退避に従い、一行のうち4人は元々日帰りだったため帰宅、3人は退避に従ったが、最終的に18人だけが大の降る中洲のテントに残り続けた。

孤立

8月14日になってもは勢いを止めず、位は増し、退避していた3人は消防の助けを呼ぶ事に。

午前8時半ごろまでにはようやくテントの一行も起床し、周辺の様子が一変している事に気付いた。時既に遅し、中州は全に没、大人の膝以上の高さにまで位は上がっていた。テントもあっさりと流されてしまう。

消防警察報道などが駆けつけた現場にいたのは、濁流のどん中に固まって身動きの取れない18人(うち子供6人)の姿だった。救助を試みるも悪と増に阻まれ苦戦を強いられる(悪谷間という状況の為ヘリも出せない)。そうした隊員たちに対して一行は「く助けろ!」と罵を浴びせたとされる。

終幕

午前11時半ごろ(増は続いてこの頃にはもう胸までに浸かっている状態だった)、遂に流に耐えきれず、18人は全員一斉に濁流へと投げ出されていった。その衝撃的なテレビカメラにしっかりと記録され、全へと中継された。

5人(うち子供2人)は運よくへと辿り着いて生還した。が、残る13人は全員死した。

まとめ

数ある事故の中でもこの件が何かと話題になるのは、犠牲者の人数の多さ以外にも様々な点があるだろう。

  • 再三の警告を視した結果、最悪の事態になった
    • まずはこれに尽きる。退避した人々は全員助かっている。退避のチャンスは一度や二度ではなかったにも拘わらず、それら全てをの泡にした結果、自分たちがの泡となってしまった
    • 遭難事件では自己責任を巡って世論が割れる事はよく見られるが、本件に関しては自業自得の要素が強いというのが大方の見解であろう(だが救出費用は全て費)
  • 映像が残っている
  • DQNな言動の数々
    • 偽が全に確認されたわけではない話も混ざっているので注意は必要だが、特に話題になる
    • 退避を促す地元職員に対する冷淡な態度から、救助活動中にはくしろと騒ぐ一転した自己中っぷりは、この事件をる上でも非難の的に挙がりやすい
    • 他にも挙げるとキリがないのだが(荒れる原因にもなるので)ここでは略す
  • 台風予報の表現が変わった
    • それまでは「弱い台風」「弱い熱帯低気圧」とか「小台風」といった表現が用いられていたのだが、それでも台風台風であって普通の低気圧よりも強なのに誤解を招きかねないという摘もあり、この事故が契機になって表現がめられた
    • 強さは「台風」「強い台風」「非常に強い~」「猛な~」の4種類に、大きさは「台風」「大台風」「の~」の3種類に。この表現は2016年現在でも適用され続けている

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/dqn%E3%81%AE%E5%B7%9D%E6%B5%81%E3%82%8C

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

DQNの川流れ

926 ななしのよっしん
2019/08/17(土) 20:34:25 ID: 1Vap5WHBuZ
いてるやつも底辺、か…
じゃあ日本人は結構な割合が底辺ってことなのかな
この掲示板だけじゃなく、YouTubeコメ欄やtwitter等も、流されたDQNを中々酷く嘲ってる人が多いし
ネットじゃなく、自分のリアルの身内、知人もボロクソに言ってるけどな。馬鹿じゃねーのって。税駄とも言ってたが。
底辺だって言うなら方の中ではそうなのかもね、個人的にはく気持ちはごく当然の感情だと思うけど。
927 ななしのよっしん
2019/08/17(土) 20:43:12 ID: xg6IotBPmN
>>921
それ結局君も入ってますよね
なぜか私は違いますけど的なスタンスなのが笑えるけど
928 ななしのよっしん
2019/08/17(土) 20:54:21 ID: jjAMpkLKnn
馬鹿でも底辺でも構わんけど、重な税拭いしてもらってる身の上で悪態を吐くのはアウト
う理由が見つからない
929 ななしのよっしん
2019/08/17(土) 21:35:16 ID: UiYwvQeLF/
DQNとそれくやつが同類?
いいえ決定的に違うことが一つあります
身元がされているかどうかが決定的に違う
身元がされてるだけの事をしてるかしてないか
その差はと地の差がある
されれば人生壊れるレベル
そうならないで悪口言ってる低辺はまだマシな低辺だよ
ガス抜きして日々の仕事に備える小市民さ かわいいもんさ

あと不特定多数をクズだっていって
見えない敵と戦うのはドンキホーテであって世間では狂人扱いなのは理解しといたほうがいい
930 ななしのよっしん
2019/08/17(土) 21:42:40 ID: 3vcfK4Z9Is
反面教師で気を付けよう・教訓にしましょうってだけなのにこの荒れよう

陰口いて終わりと直接人様に迷惑かけて行き この違い

かれることするが悪い 馬鹿馬鹿と言って何が悪い
931 ななしのよっしん
2019/08/17(土) 21:47:25 ID: ugJEZDVUCJ
これって要するに馬鹿は死んでも治らないってのと同じだもんな
932 ななしのよっしん
2019/08/18(日) 01:18:01 ID: mBWH1HddU5
>玄倉川水難事故
こう言うのもあれだが、この手の連中って、アレのと同じ餡子脳な連中だな。
こう、自分の子供が要るにもかかわらず、警告を視した挙句に取り残されて、救助に来た仲間に「○○ざまをだずげろー!」って言ってる感じでさ。
933 ななしのよっしん
2019/08/18(日) 01:33:59 ID: 2+RNjfvF1p
かれるべきは生き残りのDQNなのに
勤務先までいてるは流石に理解できんな
あくまでこの件を引き起こしたのはDQNグループであって、勤務先全く関係ないのにな
934 ななしのよっしん
2019/08/18(日) 21:51:50 ID: v+RUoXAnW/
本人に攻撃するより回り攻撃するほうが効くから仕方ない
935 ななしのよっしん
2019/08/18(日) 22:17:13 ID: jjAMpkLKnn
これもそうだけど、紛争地帯へ旅行して身代を請されるアホも要らん
政府も世間体があるし重な税をドブに捨てることしかできんから、みんな泣き寝入りするしかない

急上昇ワード

2019/08/21(水)03時更新