DR-Z単語

ディーアールゼット

DR-Zとは、スズキが開発・製造していたオフロード/スーパーモタードタイプオートバイ(普通自動二輪車)である。
総排気量398cc4ストロークDOHC4バル単気筒エンジンを搭載。
日本仕様の発売は終了しているが、海外仕様の生産は2013年時点で継続中とのこと。

ここでは、レースモデルである "無印" と "E" に関しては触れないものとする。

S

DR-Z400Sは2000年4月1日発売のオフロードバイクフレームは前後分割セミダブルクレードル方式を採用。リア部分はアルミニウム、一部にクロームモリブデン鋼を使用することにより、強度と軽さを高次元で両立することに成功した。
エンジンは新開発のものを採用し、シリンダーヘッドカバークラッチカバーにはマグネシウム製、バルブスプリングリテーナーや鍛造ピストンにはアルミニウム製を採用し性と軽さを両立。オイルタンクをフレーム内蔵にすることにより、スリム化も実現した。
2008年11月、排ガス規制強化の影SM共々日本仕様の生産を終了。 

SM/SMZ

DR-Z400SMは2003年に開催された東京モーターショーに出品された「DR-Z400Sスーパーモタード」の販版である。2004年12月1日発売。
その名の通りSをモタード化したものであり、オンロード向けのホイールを装備。
サスペンションに関しては、フロントフォークは倒立タイプを採用。同社のモトクロスレースバイクである「RM」シリーズの流れをむものをオンロード向けに良し装備している。
2006年からはレンサル製テーパータイプハンドルバーと前後アクススライダーが標準装備化された。
SMZはSMの限定モデル

スペック

S SM
形式名 BC-SK43A BC-SK44A
全長 2310mm 2225mm
全高 1225mm 1195mm
全幅 875mm 850mm
ホイールベース 1475mm 1460mm
地上最低 300mm 260mm
シート 895mm 870mm
装備重量 141kg 145kg
最小回転半径 2.2m 2.6m
エンジン形式名 K419
総排気量 398cc
冷却方法
気筒数 単気筒
ストローク数 4ストローク
吸排気弁構造 DOHC4バル
内径×行程 90mm×62.6mm
圧縮 11.3
最高出 40PS/7500rpm
最大トルク 4kgfm/6500rpm
燃料供給装置 キャブレター(BSR36形)
燃料タンク容量 10L
燃費
(60km/h定地走行テスト値)
40km/L
エンジン始動方式 セルスターターのみ
点火装置 CDI式
エンジン潤滑方式 ドライサンプ式
クラッチ形式 湿式多コイルプリング式
トランスミッション 常時噛合式5速MT
タイヤ 前:80/100-21
後:120/90-18
前:120/70R17
後:140/70R17
ブレーキ 前後とも油圧式シングルディスク
ABS なし
サスペンション 前:正立テレスピック
後:スイングアーム式・モノサスペンション
前:倒立テレスピック
後:スイングアーム式・モノサスペンション
フレーム形式 セミダブルクレードル方式
価格 69万900円(最終モデル) 735000円(最終モデル)

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/dr-z

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

DR-Z

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • DR-Zについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!