E・HERO シャドー・ミスト単語

エレメンタルヒーローシャドーミスト
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

E・HERO シャドー・ミストとは、漫画遊☆戯☆王GX」に登場するカードである。

概要

遊城十代が使用するE・HEROレベル4で攻撃1000、守備1500、テキストには何も書かれていないため、効果は持っていないようである(テキスト欄なのに効果を持っているモンスターもいるため、断言はできないが)。

最終決戦VSトラゴエディア戦で登場。
ヒーローシグナル」の効果で特殊召喚され、「E・HERO オーシャン」とともに、「E・HERO エスクリダオ」へと「融合」された。


E・HEROは登場したモンスターをほぼ全て(例外はアニメGXの「E・HEROレイガードマン」のみ)OCG化させてきたため、登場直後にはこのカードOCG化されると見る人もいたのだが、融合体の「E・HERO エスクリダオ」だけがOCG化し、このカードは忘れ去られたまま漫画GXは連載終了してしまった。

しかし、みんなが忘れたころ、「ストラクチャデッキHERO's STRIKE-」の発売が決定、さらっとOCG化の情報開された。

OCG版

前述の通り、「ストラクチャデッキHERO's STRIKE-」(2014年6月21日発売)で登場。

効果モンスター
4/闇属性/戦士族/ATK 1000/DEF 1500
「E・HERO シャドー・ミスト」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「チェンジ」速攻魔法カード1枚を手札に加える。
(2):このカード墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「E・HERO シャドー・ミスト」以外の「HEROモンスター1体を手札に加える。

漫画では特に効果がなかったが、OCGオリジナルの効果が追加された。どちらも場合の任意効果でタイミングを逃さないのもうれしい。1ターンにはどちらかしか使えないが、どちらも任意効果なので使いたくないほうは使わなければよい。

(1)の効果は「チェンジ」速攻魔法のサーチ。対応する速攻魔法はほぼM・HERO関連であるため、実質M・HEROサポートとなる。「ヒーローシグナル」、「ヒーローアライブ」など、特殊召喚の手段はいろいろある。
マスクチェンジ」をサーチすればそのままこのカードから「M・HERO ダークロウ」につなぐこともできる。

(2)の効果は、墓地へ送られた場合にデッキから同名カード以外のHEROをサーチする。
どこからでも墓地へ送られさえすれば発動できるので、手札から融合素材にしたり、シンクロ素材にしてもよい。「E・HERO エアーマン」と異なり、3枚投入可なのも利点だった。さらに、こちらは仮に召喚を効にされようがどうしようが、とにかく墓地へ送られさえすれば使える。「おろかな埋葬」などで墓地へ送るという手もある。

(1)(2)の両方を使いたいならば、相手ターンの内に「ヒーローシグナル」、「リビングデッドの呼び声」などで特殊召喚し、次の自分のターン墓地へ送るとよい。

(1)の効果は単体で使いにくいが、(2)の効果はHEROデッキ全般で使えるため、HEROデッキならば十分に活用できるだろう。その活躍っぷりに過労死同盟補に挙げられるとか…

属性体のシャドールにこのカードと「マスクチェンジセカンド」と「M・HERO ダークロウ」が出張していることもある。ミラーデッキではダークロウが刺さり、他でもサーチ潰し+除外は刺さるデッキが大半なのでメタ起用である。

自身のサーチ効果自体が優秀で、さらに闇属性なので「M・HERO ダークロウ」につなげられ、「マスクチェンジセカンド」によってHERO以外のデッキでの採用も可と、いいことづくめのカードであり、出張も問題視されたのか、2015年10月1日訂で制限カードとなった。

その後2019年10月1日訂により、出張の問題点よりもほぼ全カテゴリの「HERO」を合わせた「HEROデッキにおいて、「V・HERO ファリス」、「V・HERO インクリース」の登場により、前からあった「V・HERO ヴァイオン」と合わせてこのカードが即座に墓地へ行きやすくなり、両方の効果が活かしにくくなっていた点が大きくなったためか、準制限カードに緩和され、2020年1月1日訂により、制限解除された。


数少ない闇属性E・HERO。下級モンスターとしては一である(上級も含めれば「E・HERO ネクロダークマン」、その他融合モンスターが数体いる)。「E・HERO エスクリダオ」の融合素材にもできる。「終末騎士」で墓地へ送れるという利点もあり、後半の効果をこれで発動することも可D-HEROデッキのサーチ手段にもできる。

事実上のM・HEROサポートとなる効果を持っているが、十代はE・HEROM・HEROを一緒に使用したことはない。ただ、現実OCGでは、登場しているカードの関係でM・HERO単体でのデッキ構築は実質不可能となっている。
E・HEROは幼少期に紅葉から受け継いだデッキM・HERO紅葉とは異なる自分だけのオリジナルを作りたいとして、作品の中盤に新たに構築したデッキ

チェンジ

チェンジ」なるいかにも関係なものを巻き込みそうなカードカテゴリが出てはいるが、意外にも想定外であろう「チェンジ」速攻魔法は「スターチェンジャー」のみ。
遊戯王OCGではいわゆるぎなた読みでも、成立すれば原則カテゴリに含まれるとされる(「『ネオスモンスター」と「ダークネス・ネオスフィア」など)ため、「スターチェンジャー」も対になる。後に「ギアギアチェンジ」も登場している。
もっとも、サーチできたとしても実際にサーチすることはあまりないだろうが……。

アニメオリジナルまで含めるならば、アニメGXで十代が使用した速攻魔法コードチェンジ」も存在する。


速攻魔法以外ならば「チェンジカードは相当数が存在する。
実際に挙げれば、「ウェポンチェンジ」、「エクシーズチェンジタクティクス」、「エクスチェンジ」など。
アニメ漫画オリジナルにも「チェンジジェットアイアン号」、「パートナーチェンジ」など、いろいろとある。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/e%E3%83%BBhero%20%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%83%88

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

E・HERO シャドー・ミスト

25 ななしのよっしん
2015/09/20(日) 21:04:21 ID: 7cjW6lclRI
シャドミ制限よりはダークロウ禁止で済ませといてほしかった
26 ななしのよっしん
2015/11/14(土) 03:17:14 ID: oeoZmaelSM
やっと制限になったがとしては禁止でも良かった位だ
どこから墓地に送られてもタイミング逃さずにサーチできるのはおかしい
正直言ってエアーマン以上にぶっ壊れてる
27 ななしのよっしん
2016/03/28(月) 21:40:49 ID: oeoZmaelSM
これからセカンドが制限になるわけだがそれならいっそダークロウを禁止にして欲しかった感
28 ななしのよっしん
2016/05/09(月) 03:44:38 ID: b2xkp5bYM2
>>19
当時を振り返るというか昔見た時はその発言にはべつになんとも思わなかったな
それほどBF強かったせいだろうが
29 ななしのよっしん
2017/10/26(木) 07:38:23 ID: gOt7rnsx53
名称ターン1でどちらかしか効果使えないとキッチリ制限されてるのになぜ忌み嫌われてるのか
サーチはエマージェンシーコールアライエアーマンがあるしチェンジは特殊召喚にしか反応しないしM・HEROダークロウが強なくらいだが耐性なし安定して複数並べる手段なし

もう制限でよいのでは?
30 ななしのよっしん
2017/10/29(日) 10:55:41 ID: 9RaHRVKw83
E・HEROは繁体字版見りゃ一発で性別分かるじゃん!
と思ったけどシャドミの繁体字版ないのね、非公式訳だと影雾女郎らしいけど
31 ななしのよっしん
2019/06/14(金) 23:51:35 ID: QTQyfeLAKx
>>29
とうとう来からエアーマン制限になるけど、正直緩和するならこっちじゃないかと思う。類似効果で2つある効果両方使えるアブソル―タードラゴン較すると余計そう思う。
32 ななしのよっしん
2019/11/25(月) 04:48:21 ID: sZ1V6wm1hD
シャドミが悪いんだよ
33 ななしのよっしん
2019/12/05(木) 15:19:09 ID: RmSTqLJtjX
こいつがエアーマンよりやべー訳がやっとわかった(ヴァイオン1枚でリンク4)
かこいつもだけど次の訂、リナルドのとばっちりで相当数のカード規制されそう。イゾルデ以外だと特にスカルデッド・ヴァイオンが危うい。
34 ななしのよっしん
2019/12/28(土) 22:13:14 ID: gM2vlMozWZ
とか言ってたら来から逆に制限に
HERO自体がそこまで環境で活躍してないとはいえ大丈夫かいな……