Fall Guys: Ultimate Knockout単語

フォールガイズアルティメットノックアウト
1.9万文字の記事
  • 22
  • 0pt
掲示板へ

Fall Guys: Ultimate Knockoutとは、Mediatonicが開発したオンラインパーティーゲームである。

動画タグには複数ある。

概要

Fall Guys: Ultimate Knockout
https://nicovideo.cdn.nimg.jp/thumbnails/37304263/37304263.70022407.M
ジャンル パーティー/スポーツ
バトルロイヤル
開発元 Mediatonic
販売元 Devolver Digital(~21年2月)
Mediatonic(21年3月~)
機種 Epic Games
Steam(新規購入不可)
PlayStation 4
PlayStation 5
Nintendo Switch
Xbox Series X/S
Xbox One
発売日 SteamPlayStation 4:
2020年8月4日
その他の機種:
2022年6月21日
価格 基本プレイ無料

2022年6月20日以前)
Steam:

2,050円(税込)
PlayStation 4:
2,090円(税込)
CERO A(全年齢)
備考 オンライン専用

2020年8月4日より販売開始。イギリスゲームメーカーMediatonic(メディアニック)」が開発した新規パーティーゲームで、カジュアルな雰囲気とシンプルな操作性、最大60人のプレイヤーと同時にマッチングできる規模の大きさが特徴。

プレイヤーたちは各ラウンドに待ち受けるミニゲームクリアし最後の一人になるまでバトルロイヤルを行うことになる。ミニゲームの選出とプレイヤースタート位置は毎回ランダムであり、ミニゲームの内容も運に左右するものが多い。ゲームの腕があっても常勝敗は厳しく、ゲームが上手くない人にもチャンスが転がってくる可性がある。

操作は「移動・ジャンプダイブ・つかみ・カメラ操作」のみと非常にシンプルで直感的にキャラクターを動かせる設計となっている。反面、キャラクターの挙動には独特の慣性があり大勢のプレイヤーが所狭しと動き回るゲーム性と重なってカオスな状況を生み出してしまう。そういったノリを楽しむのも本作の醍醐味の一つと言える。

競技結果に応じてプレイヤーには通貨(KUDOS)が与えられ、最終ラウンドで1位を取ると王冠(CROWN)が手に入る。それらはショップで自分のキャラクターカスタマイズするために使用可。なお、キャラクターカスタマイズは見たの変化を楽しむだけのものであり、ゲーム展開を有利にする要素はない。ゲームに勝つためには己の腕と運のみが頼りとなる。

現在のところパッケージでの販売予定はなく、ダウンロード専用タイトルとなっている。
配信当初はSteamPS4のみ約2,000円で発売されていたが、約2年後の2022年6月21日Epic GamesPS5SwitchXboxで配信が開始され同時に無料化も実施された。これに伴い、当初は出来なかったクロスプレイに対応しプラットフォーム間でプレイ記録を共有できるようになった。無料化前に本作を購入していたプレイヤーには救済措置として、シーズン1用のシーズンパス等が入った「レガシーパック」が配布される。
また、Epic Gamesで配信が開始されることを受け、Steamでの発売は同日をもって終了した。(既にSteam版を購入していたプレイヤー無料化以降も引き続きプレイ

世代や言の壁を越えて気軽にプレイな大規模オンラインパーティーゲームという今までありそうでなかったゲーム性を評価するは多い。売れ行きも好調で、販売開始から1日経たない内にSteamの全世界売り上げランキングではトップを記録。同時接続者は少なくとも12万人に達していることがMediatonicより報告されている。exit

ただ、想定以上の人気でサーバーへの負荷が重い故か、エラーの報告もちらほら挙がっており、最終ラウンドまで残ったのにエラー落ちで報酬を得られなかった残念プレイヤーも見受けられる。そういったもあってか現在Mediatonicではサーバーの増強工事が行われている。また、新たなミニゲーム開発中とのことであり続報に期待したい。

2021年3月に本ゲームの開発がEpic Gamesに買収された。その関係でDevolver Digitalが販売元から外れて名上はMediatonicが販売担当になった[1]他、シーズン6からSteamでのプレイにはEpic Gamesアカウントが必要になるなど、着々とEpic Gamesの稼ぎ頭の一員となりつつあるようだ。

動作環境

下記環境Epic Games版のものである。

最低環境推奨環境
OS Windows10 (64bitのみ) -
プロセッサー -
メモリー 8GB RAM -
ストレージ 2GB 利用可 -
グラフィック -
DirectX   -
その他

ミニゲーム

本作のミニゲームはいくつかにジャンル分けされている。多人数がひしめき合うことで予期せぬ物理演算の挙動が生じ運で勝敗が決まってしまうことも多いが、障物の動きにはある程度の法則性も見受けられる。あきらめずに試行回数を重ねれば勝率を上げることは可なため、各々頑って優勝そう。

ジャンルゲームゲーム説明
レース ぐるぐるファイト 回転バープロペラが設置されたコースを駆け抜けていく。終盤の3つの分岐路は正面はリスキーな近、両側は遠回りだが較的楽なルートとなっている。
ゲートクラッシュ 時間差で開閉するゲートコースに設置されている。ラスト滑り台ジャンプタイミングゲートの開閉を見計らう必要がある。
シーソーゲーム 多数のシーソーを乗り継いでゴールしていく。シーソーが傾いていない状態で先行逃げ切りが手っ取りい必勝法。だが、スタート位置はランダムのため成功するかは運。シーソーの傾斜度が大きいと乗った途端に落下してしまうため、どの程度なら落とされないか見極めが肝心。
スピンレース コース内では回転盤や大玉が行く手を阻む。後半の坂を登った直後の回転盤にはジャンプで飛び移る必要があるのだが、カメラワークの都合で溝が分かりにくく初見殺しポイントとなっている。
スライムクライ 下から迫ってくるスライムに触れると即リタイアとなる。レースゲームの中では特に難易度が高く障物の配置も嫌らしい。円柱渡りは人一人が通れるスペースしかないため躓きやすく、熟練者にとっては妨を狙えるポイントとなっている。
ドアダッシュ 立ち並ぶドアは直接ぶつからなければ本物か偽物なのか判別がつかない。あえて先に他プレイヤーが飛び込むのを待ち、正解ルートを見極めてから動くことも戦略の一つ。
シーズン5.5以降は同中に回転床やベルトコンベアーが追加されるパターンや、ゴール前に場+カエル風船が追加されるパターンも登場。
ヒットパレード 回転や振り子をかいくぐってゴールす。回転は一人のでは押し切れないため、必然と他プレイヤーと密集しながら通過することになる。
シーズン1.5以降は各ギミックパターンの追加により様々なものに変わり、中盤の回転は小さい回転バーになったり、
後半のドーナツ棒は小さいハンマーに置き換わったりもする。
ヒヤヒヤロー 正解のルートプレイヤー自身が本物のタイルに乗って消去法で割り出していく。ゲーム終盤は先頭集団が修羅場となるため事故が起きやすい。ゴール手前には溝があり、ここで落下すればリタイアはほぼ確定。最後まで気を抜かないように。
フルーツパニック 巨大なフルーツが降ってくる逆走コンベアーの坂を走破していく。ジャンプタイムロスのためダッシュあるのみ。正面は横長のシナモンの通りジャンプで避けるしかなく、両端から登っていくのが較的安全。
シーズン1.5以降はハンマーが追加されたため、後ろから打ち飛ばされたフルーツが飛んでくることもあったりするが、
逆に利用することで々に先頭集団に躍り出ることも可
また、射出されるフルーツがほぼ1種類に固定化されたり、何故かサッカーボールなどが射出されるパターンも存在する。
ナイト・フィーバー シーズン2.0から登場。ぐるぐる回転するや巨大なローラー、など新たなギミックが満載のコースローラーは一度巻き込まれると抜け出しにくく、床の隙間に落っこちやすいので注意。最後のタイミングを見計らって渡るだけだが、繋ぎに回転が設置されているパターンでは難易度が上がる。
ウォールガイ シーズン2.0から登場。動かせる足場を使い、高いを乗り越えていく。
足場は大・中・小の3種類。まずは中サイズの足場に乗り、そこから大サイズの足場に飛び移るのがポイントとなる。足場の移動に気を取られるといつまで経っても前に進めないので気をつけよう。
シーズン4.5からは最後の壁ファンが追加されて吹き飛ばされたり、ファン付きの足場でに乗って高く飛ぶパターンも存在する。
ファン シーズン2.5から登場。回転する床をジャンプで渡っていき、3分以内のゴールす。
足場が重なったタイミングでのジャンプを心がけよう。難易度が高めのコースなので、焦らずミスしないことが肝心。
シーズン3.5からは各地から扇風機が登場しているパターンも存在。をうまく使うことでショートカットが出来る。
ツンドラダッシュ シーズン3.0から登場。飛び出すボクシンググローブや乗ると跳ね返されるフリッパー、転がってくる玉を避けながらゴールす。中盤にある下からのパンチゾーンは、まっすぐ進むより横から回した方が簡単かつ安全。終盤には巨大なファンも登場する。
スキーフォー シーズン3.0から登場。傾斜がついたステージを滑りつつフープに入り、合計で15点獲得すると勝ち抜ける。フープの色により点数が異なり、ブロンズが1点、シルバーが2点、ゴールドが5点となる。最後のフープで中央に入り、5点を手に入れるのが重要。内容的にはどうみてもレースではなくハンティングな気がするのだが…。
シーズン4.5からは最後のリングがパキパキアイスタイルで覆われたり、2個リングが低重力ゾーンになるパターンが追加された。
ブルブル登山 シーズン3.0から登場。ボクシンググローブやフリッパー、吹き上げるファンをくぐり抜けて頂上にあるゴールす。玉と横からのパンチが襲いかかる中盤のエリアミスをしないことがクリアとなる。
シーズン4.5からは中盤が低重力ゾーンに置き換わったり、ボクシンググローブのパターンが変わったりする。
スカイライン・スタンブ シーズン4.0から登場。低重力ゾーンレーザーバースイッチギミック、出たり消えたりするレーザー状のなどの未来ギミックを避けながらか高所にあるゴールす。ギミックごとに対処法も違ってくるため、特性把握して臨機応変に対応するのがステージ攻略へのだ。
ショート・サーキット シーズン4.0から登場。コースを2周すればクリアだが、もちろん中には動かせるブロック地帯や、上下移動するレーザーバー+回転床地帯、ゲートスイッチ重力を切り替えられる重力変化ゾーン、バネ床+前後にブランコ状に振れるレーザーバー地帯などのギミック満載。コース自体短いなため、細なミスでも脱落につながる。
ロールオン シーズン4.0から登場。後述の「ロールアウト」のレースアレンジ。回転する巨大な円柱の上でバランスを取りながら駆け抜けて、ゴールすればクリア。序盤で選ばれることが多いため、ステージ自体のギミックだけでなく他のプレイヤーも手怖い物となる。
スライムスクレイパー シーズン4.5から登場。「スライムクライ」の上位互換バージョンで、シーズン2~4のギミックをたくさん追加される。全体的に難易度が高いため妨する余裕はないが、たまに終盤のコンベア床地帯でプレイヤー狩りを行う熟練者がいるため最後まで気を抜けないこと。
ツリートップタンブ シーズン5.0から登場。風船ドラム床、プレイヤーにぶつかってくるサイを避けつつゴールす。ステージは上と下二つのルートに分かれるが、難易度が近いので安定のほうを選んで進むと良い。
ただし基本的にはどのパターンでも下ルートを中心的にいけば速くなる。
リリー・リーパー シーズン5.0から登場。コース内に多数設置されたドラム床を利用して進むステージ。密集状態になると、ドラムの上で他のプレイヤーに押されたり、中でぶつかって落ちたりしやすいので、できるだけ密集状態を避けたい。
ハードモードでは中盤のドラム地帯の難易度が極端に跳ね上がるため、練習は必須。
パーティプロムナード シーズン6.0から登場。パイプや水風船キャノン空中ブランコなどのパーティ要素をふんだんに用いたステージ
ブランコジャンプしながら掴みを行い、掴みボタンを離すとそのままジャンプできる。
フルティルト シーズン6.0から登場。新しく登場した円シーソーが軸のステージシーソーゲームなどで登場するシーソーと異なり、
方位に傾くためバランスの状況を見るのが大事。ドラムも幾つか点在してるため、それを利用するのも手。
パイプドリーム シーズン6.0から登場。複数あるパイプから1つを選び、それぞれに対応した障物を潜り抜けてまた次のパイプを選び、
最終的にはゴール地点前にある空中ブランコパイプを使ってゴールジャンプすることになる。
ギミックドーナツ棒+回転バー部屋ファン4つ+バネ床の部屋など多種多様なためそれぞれ対応出来るようにしておきたい。
トラックアタック シーズン1.0FREEFORALLから登場。テーマに沿ってオリンピック会場かのような造形になっており、本シーズンステージどに観客が多数集まっている。
ハンマードーナツ棒といったいつも通りのお邪魔ギミックに加えて、新しくくぐるとスピードが一時的に跳ね上がるゲートが登場。
ゲートをくぐって加速し続けながら、上のルートを通ると非常に爽快な気分を味わえる。
一方で下に落ちてしまうと障物だらけなのでグダグダになりやすい競技でもある。
スピードサーキット シーズン1.0FREEFORALLから登場。「ショート・サーキット」と同様にコースを2周する競技である。
スピードアップゲートをくぐりながらの障物競走となるが、2周途中からゲートドーナツ棒などが動き出したり、
シャッターが邪魔してくるため後続はどうしても不利になりがち。出来る限り最初からつまずかずに上位層をして走りたい。
サバイバル ジャンプクラブ 上段と下段にある2つの階層の回転バーに弾き飛ばされずにラウンドオーバーまで耐えきればクリア
バースピードは徐々に上がっていく。2つのバーが重なるタイミングはほぼ回避不能なため同じ位置での連続ジャンプ事故が起きやすい。
シーズン1.5以降は下段バーの数が1本・2本・3本のランダムになる他、ステージ周囲に2門のフルーツキャノン
設置されるパターンも存在する。フルーツと直接ぶつかればそのままバーに直撃して脱落することも多い。
ブロックパーティ 迫り来るブロックを避けてラウンドオーバーまで耐えきればクリア。終盤は両サイド全にブロックで塞がれてしまい、プレイヤーの密集から思わぬ事故が起きることも。転倒してもリカバーできるように前の位置を確保しておくと吉。
シーズン5.5からついに新パターンが追加。ジャンプで登れる床が追加され、上部からブロックを乗り継ぐパターンが登場した。
ラスト20のラッシュにもこれが追加され、ブロックの上を乗り継ぐことが出来なければ脱落する危険性が高い。
ロールアウト 回転する巨大な円柱から落下せずにラウンドオーバーまで耐えきればクリア円柱の回転速度は徐々に上がっていくが、位置によって回転速度には違いがある。回転が緩やかで人や障物が少ない場所でり続けるのがポイント
シーズン1.5からは5門のフルーツキャノンが存在するパターンや、円柱が5本ではなく3本しかないパターンも登場。
サバイバル シーズン3.5から登場。転がり続ける2つの玉と割れる氷の足場に気をつけつつ、1分間の生存す。玉に当たると大きくふっとぶので、とにかく当たらないように気をつけよう。
シーズン5.5からはん中の氷足場が消えて難易度がやさしくなったパターンと、1マスずつまばらに氷床が追加されて
難易度が爆上がりしたパターンが登場。後者は特に押し合いには要注意。
バーボードヒーローズ シーズン4.0から登場。プレイヤー全員が最初はボードに乗り、レーザーバーや、宇宙物が飛び出るキャノン等の
物を乗り越えながら移動するボードと共にゴールへ向かうステージ
ボードから降りるタイミングもあれば再度ボードに乗り込むタイミングも存在し、
乗り遅れたりすればスライムに落ちて脱落となる。
ゴール前はフリッパーで弾かれて飛ばされるパターンか、3つのファンから吹くジャンプで乗ってゴールへ飛び込む2つのパターンが存在。
ビッグショット シーズン4.0から登場。巨大な一つのシーソーの上が舞台。前方にあるキャノンから飛んでくるオブジェに当たらないよう
移動を行い、一定人数が脱落するか一定時間が経つまでに生き残れればクリアとなる。
パターンとしてはキャノンの数が3門or5門、発射されるオブジェは近未来系(土星磁石)orフルーツ
シーソー中央にギロチンが有りorしから組み合わさって選ばれる。
もちろんシーソーなので傾けば片方はスライムに浸かるため、傾きにも要注意。
トンピング・グラウンド シーズン5.0から登場。円状のステージに解き放たれた3体のサイから90逃げ続けるステージ
サイの突進に巻き込まれると大きく吹き飛び、場外に吹っ飛ぶと失格となる。
周囲にはドラムが点在しており、たまに吹き飛ばされてもドラムに当たればステージ内に復帰できる。
シーズン5.5から追加されたパターンの中に、中央に回転盤が存在するものがあるが、これに限っては回転盤の上にいるとサイの突進速度リセットされるのでほぼ全な安置になる。
リングスピナー シーズン1.0FREEFORALLから登場。円形のフィールドをひたすら走るだけだが、縄跳びハンマー、回転バーが行く手を遮る。
これらに当たって吹っ飛ばされるのはもちろん、後方からは扇風機が常に迫ってきており、
少しでも障物に当たって減速したり、速度が足りていないと扇風機に追いつかれて強で吹き飛ばされる。
これらの要因により場外に吹き飛ばされたら失格となる。
ハンティング しっぽオニ プレイヤーの半数にランダムしっぽが与えられ、タイムアップの時点でしっぽを持っていればクリア文字通りのおにごっこであり、しっぽを奪う場合は相手をつかむ必要がある。ID表示をオンにしていると死に隠れているプレイヤーを見つけやすい。
フープ・ループレジェンド シーズン2.0から登場。ステージのあちこちに点在するフープをくぐり、合計で6点獲得すると勝ち抜ける。
ぐると5点手に入るフープがクリア。足場を動かして上手くくぐろう。
ボタンバッシャーズ シーズン4.5から登場。初の1on1ステージとなり、ソロショーで残り人数が偶数の場合のみ選出される。
ステージには合計7つのボタンスイッチが存在し、この内1個だけが黄色る。黄色ったボタンを先に押すと1点獲得となり、制限時間までに稼いだ得点が多いプレイヤーが勝ち抜ける。
扇風機回りの4つのボタンは押すたびに近くの扇風機オン/オフされ、近くの2つのボタンは押すたびに中央へのオン/オフされ、
中央のボタンは押すたびに重力ゾーンが低重力/高重力で切り替わる。同点でタイムアップした場合は先に1点を取ったほうが勝利するサドンデスに突入する。
ペンギンプールパーテイ シーズン5.0から登場。ステージに数体のペンギンが存在しており、25点稼ぐまでペンギンを掴み続けることになる。
論相手に掴まれてペンギンを奪われることもあったりする為、難易度ハンティングの中ではかなり高い。
較的上側はペンギン自身が昇りにくいこともあって戦区になりにくく、ファンスライダーを使ってうまく逃げ続けたい。
エアータイム シーズン6.0から登場。中に得点エリアが存在し、この中に留まり続けて累計100点を取得できれば勝ち抜け。
しかしエリア内には円柱シーソー+回転バー+大ファンドラム+大ファン、時間付きシーソー+空中ブランコなど
難しいギミックも存在するため、これらを潜り抜けてエリアから落ちないようにする必要がある。
万一エリアの外へ落ちてしまったら中央のパイプからスタート地点にリスポーンするか、バネ床で直接復帰を狙うことになる。
動くスポットライト シーズン6.0から登場。非常に簡素な名前だがステージの内容は名の通りそのまんまで、ステージ中央からスポットライトが常に動き続ける。
このスポットライトの中に入り続けて、累計100点を取得すれば勝ち抜け。
時間付きシーソーや中央のファンを使って高台に上ったりして、スポットライトを常に追えるようにするとクリアが楽になる。
バウスパティ シーズン1.0FREEFORALLから登場。マット床は跳ね続けるごとに高くなっていき、5回連続で跳ねれば最高高度になる。
から流れてくるリングをうまくくぐり、15点取得すれば勝ち抜けになる。
リングは1点、黄色リングは2点だが、リングが3つ重なってたりもするのでその時その時で立ち回りを変えたい。
落ちても復帰はできるがタイムロスになるほか、途中でマットから降りたり他プレイヤーと衝突して体幹を崩すと高度がリセットされてしまう。
バレーフォー シーズン1.0FREEFORALLから登場。「ボタンバッシャーズ」に続いて2つの1on1競技になるが、こちらは「デュオショー」でも出現し、その場合は2on2となる。
バレーボールがコート内に落下、これをジャンプダイブなどで相手側のコートへ落下させれば1点獲得出来る。
タイムアップ時に得点が高かったプレイヤー、およびチーム勝利となり、同点の場合は1点を先にとったほうが勝つサドンデスに突入する。
実際のバレーと異なり、何回でもボールは触っていいので最悪1点取ったら永遠に自分のコートでボールを回し続けても問題はない。
ロジカル パーフェクトマッチ 時間差でスクリーンに表示される果物の絵と同じタイルに乗っていないとリタイアとなる。
一つのタイルに密集し過ぎると弾き飛ばされる危険もあり油断は禁物。
シーズン2.5以降は背面にフルーツキャノンが追加されたパターンもあるほか、
ステージ中央に2本の回転バーが存在するパターンが登場。後者は特に危険で、バージャンプで避けながら
フルーツの位置を把握・移動しなければならない。一応にある4つのパネルの隅にはバーが届かない他、
バーの中央は登ることも可ではあるが跳ねるために中央を維持するにはかなりの腕が必要。
下手をすれば30人以上が一気に消し飛ぶ可性もあり、パターンによっては難易度の落差が非常にしくなった。
カウントフルーツ シーズン5.5で登場した、2つロジカル競技。2~3種類のフルーツステージに落下し、15間でどのフルーツが何個あったかを
正確に覚えて、その後出現する6つのタイルに移動。ウィンドウに表示された数のフルーツタイルへ移動することになる。
この時タイルへの移動が遅れたり、間違えたフルーツタイルにいるとせり上がってくるスライムに落ちて脱落。
これを3回繰り返して残れれば勝ち抜けになるが、3回は「0」個のフルーツタイルへ移動するパターンも存在し、
正確に覚えていなければ他プレイヤーにつられる、あるいは騙される危険性も高い。
またフルーツではなくナットやなどが落下してくることもあるが、ただのフェイクなので数えなくて良い。
チーム エッグスクランブル 3チームに分かれ自のポケットにどれだけを持ち込めるか争奪戦を行う。普通は1点、は5点。性質上、序盤の競合で最下位になったチームは狙われやすく、前半で勝負の流れが決まってしまうこともよくある。
シーズン1.5以降はが3個だけではなく複数個存在したり、フォーボールで登場する巨大なが1個だけ置かれることも。
ためこみ合戦 3チームに分かれ自にどれだけ大玉を確保できるか競い合う。大玉の挙動はコントロールが難しく自での確保がなかなか厳しい。終盤で思わぬ逆転劇や延長戦が起きることもしばしば。
チームしっぽオニ 4チームに分かれしっぽオニを行い、しっぽを持つ人が多い上位3チームクリアとなる。要領はしっぽオニと変わらない。自分がしっぽを持たずともクリアできる可性はあるが他力本願は禁物。最下位のチームが決まるまで延長戦が行われることもよくある。
バッドラック 2チームに分かれピンクのモヤモヤ(不幸)を相手に押し付け合い、先に相手チーム全員不幸状態にすればクリア不幸状態は解消することができず、相手に押し付ける他ない。終盤の局面はゾンビが数少ない人間を襲おうとするバイオハザードさながらの絵面となる。
フープ・ループゴール 3チームに分かれフィールドランダムで現れるリングをくぐり得点を競い合う。普通リングは1点、たまに出現するリングは5点。高台のリングは的確にジャンプダイブを行わないと失敗しタイムロスとなる。
フォーボール 2チームに分かれボールを相手のゴールにシュゥゥゥーッ!!し得点を競い合う。前半はサッカーボールだけだが、たまにアメフトボールが混じることもある。5点以上差がついてる時は、一気に5点得られるが降ってくることもあるが、現在ではほぼ出ないので堅実に点数を稼ぎたい。
また、ボールではなくバナナゴールに入れあうことになるパターンや、サッカーボールが4つ存在するパターン、1点先に入れたら即勝利サドンデスといった変則パターンも登場している。
ロックンロール 3チームに分かれ大玉転がしを行い、先にゴールへ大玉を入れた2チームクリアとなる。チームメイトと連携し方向を定めて玉を転がせばスピードも上がる。終盤の下り坂は3チームが合流するため、相手チームへの妨も可。転がす人員が間に合っていれば狙うのも一考の余地。
エッグ・キャッスル シーズン2.0から登場。基本的なルールエッグスクランブルと同様だが、ステージ中世になっている。ステージの構造上、エッグスクランブルよりが奪いにくくなり、より重要度が増している。
ノースクラップ シーズン3.0から登場。3チームに分かれ、玉を大きくしてく点数を100にして上位2チームが勝ち抜けとなる。ロックンロールと同様、敵チームの妨が可となっているため、状況に応じて立ち回りを変えていこう。
ペンギンチェイス シーズン3.0から登場。3チームに分かれ、ペンギンを掴んでいる時間を競う。ペンギンを掴んでいる間はそのチームポイントが加算されていき、終了時にポイントの高い2チームが勝ち抜けとなる。自分がペンギンを掴んだ場合は、ジャンプを繰り返して他のプレイヤーから掴まれないようにしよう。
シーズン3.5以降は中央にペンギンが登場することがあり、これを掴んでいると1あたり2点が得られる。
バスケットフォー シーズン4.0から登場。2チームに分かれ、6つ存在するバスケットボールを相手のゴール3か所のうち何れかに入れてポイントを敵チームより稼ぐ。
基本的にはゴール地帯は低重力ゾーンになっているため、自分の体ごとボールに入るダンクシュートになる。
この場合ゴールに自分ごと入ればステージ中央にリスポーンし、新しいボールも降ってくるため1石2
ボールが落ちてくることもあり3点となっている。うまく味方にパスをしてゴールボールを入れ続けたい。
パワートリップ シーズン4.0から登場。2チームに分かれ、バッテリーを掴み持ってパネルを踏むことで自分のチームの色にできる。
相手のチームより自分のチームの色のパネルが多ければ勝ち。い話がスプラトゥーンナワバリバトルである。
バッテリーを持っている相手を掴めばバッテリーを落とさせることも出来るため、自身がバッテリーを持っていない場合は
相手チームからバッテリーを奪い去っておきたい。
かくれんビーンズ キャンディーロボ シーズン6.5から登場。なお「ソロショー」などでは現在登場せず、全に独立した特別ショーでのみの登場となる。
キャンディーを守るガーディアンチームと、キャンディーを奪うドロボチームに分かれての対戦となる。
ガーディアンはドロボーを掴むことで逮捕することが可キャンディーは掴めないが体当たりで動かすことは可
ロボーは忍び足ボタンを押すことで姿を消しながらゆっくり移動することができ、キャンディーを掴んで自まで盗むことになる。
ガーディアン側はキャンディーを12個奪われる前にタイムアップまで耐えるか、ドロボチーム全員逮捕すれば勝利
ロボー側はタイムアップまでにキャンディーを12個奪えば勝利となる。
ステージ中央にはスイッチが存在し、これが押されると逮捕されたドロボーが全員解放されてしまうのでガーディアン側はキャンディーだけでなくこちらも警しなければならない。
ファイナル クラウンマウンテン パチンコ台のようなコースを登り切りてっぺんの王冠をつかめ優勝。上から転がってくる大玉の軌を見極める判断が問われる。王冠は触れただけでは意味がなく、つかむ必要があることを覚えておかないと最後の最後で泣きをみることになる。
パターン追加に伴ってベルトコンベアーやハンマーなどの短縮要素も追加された。利用できれば優勝に大きく近づく。
ジャンプショーダウン アップデートによる追加ゲームジャンプクラブ高難易度版で、2つの回転バーに加えて時間経過で足場も崩れるようになっている。崩れる足場はランダムで前兆に震えがあったら避難するべし。
残り1人になれば単独優勝だが、5分間最後まで生き残ればその場合は生き残っていた者たち全員優勝となる。
シーズン4.5以降は外周を回転するファンが追加されるパターンが存在。ファンから吹かれるに押し流されることもあり、
ジャンプの際にはバーだけでなくファンにも注意しなければならない。
止まるなキケン 乗るとすぐに崩れる足場を乗り継いで最後まで最下層のスライムに落ちなかったプレイヤー優勝。ただし5分経っても決着がつかなければ残っているプレイヤー全員優勝になる。
ジャンプで時間稼ぎして可な限り上層でり続けるか、あえて下層に先に落ちて他プレイヤーの足場を消しておくか、どういう戦略で生き残るかは自分次第。
シーズン4.5以降はステージ全域が低重力になったり、タイルの総面積が少ないパターンも存在する。
ロイヤルファンブル しっぽオニの最終戦仕様しっぽが与えられるのは一人のみでタイムアップ時にしっぽを持っていたプレイヤー優勝しっぽを持つ人は他プレイヤー全員に狙われるため、ゲーム開始から保持し続けることは困難。性質上、終盤に逆転劇が起きることもしくない。
パキパキアイス シーズン3.0から登場。乗ると割れていく3層の氷のタイルの上で生き残りをかけて戦う。1枚のタイルは3回乗ると割れるため、1つの足場に合計で9回まで乗ることができる。止まるなキケンと同様、最後までスライムに落ちなかったプレイヤー勝利する他、5分経っても決着がつかなければ残っている全員優勝となる。
シーズン4.5以降は止まるなキケン同様に、ステージ全域が低重力になったり、タイルの総面積が少ないパターンも存在する。
ロールオフ シーズン3.0から登場。ロールアウトを発展させたゲームで、2つのロールの上で最後まで生き残ったプレイヤー勝利となる他、5分経っても決着がつかなければ残っている全員優勝となる。
時間経過でロールのスピードが上がっていくのはもちろん、スライムも徐々にせり上がってくる。
ロストテンプル シーズン5.0から登場。ドアダッシュの決勝版であり、2~3個あるドアの中から正解のルートを選び最の王冠を掴んだものが優勝
その性質上逆転も起きやすく、最短ルートで速攻で試合にケリがつくこともあれば、正解のルートが偉く遠回りなこともある。
なお最後の部屋に繋がるは左右2つのみであり、ん中のパターンは現状存在しない。
呪いリング シーズン1.0FREEFORALLから登場。一本のロールの上に立って滑り落ちないようにする競技だが、ロールは全て「止まるなキケン」と同じ床で構成されている。
の順番の3層のタイルとなっており、タイルを踏み抜くと床が全になくなりスライム一直線となる。
常にロールが回転し続ける上に、3層の消えるタイルが段差になりやすくつまづきやすいため、一度でもつまづいて後ろにいくと敗北不可避。
ジャンプし続けたり、不用意に斜め移動をするとロールの回転速度に間に合わず後ろに滑り落されるため、極前のめりに行くと良い。
最後までスライムに落ちなかったプレイヤー勝利する他、5分経っても決着がつかなければ残っている全員優勝となる。
ブラストボール シーズン1.0FREEFORALLから登場。各地に「ブラストボール」が点在しており、これを持つと一定時間後に爆発
プレイヤーにこれを投げつけて爆発に巻き込んで吹き飛ばし、ステージ場外へ吹き飛ばしていく。
ステージドンドン落下して狭くなっていき、最終的には爆発に巻き込まれればほぼ助からなくなる。
一度投げたブラストボール爆発後に再度拾えるようになる他、場外に落下した場合はもともとあった足場がまだ落下してなければリスポーンする。
最後まで残っていたプレイヤー勝利となる他、5分経っても決着がつかなければ残っている全員優勝となる。

ショー

シーズン2.0以降、テーマに沿った特定の競技のみが出現する、あるいはチーム戦を行える多種多様なモードが追加されるようになった。
これらのうち「ソロショー」と「スクワッドショー」、「デュオショー」以外は不定期に開催・追加されるが、カスタムマッチにおいては知り合いと好きな時に遊ぶことも可
「たまにはこんな競技したいな」「個人戦は勝ちにくいからチーム戦で勝ちに行きたい」といったことがあれば覗いてみるといいだろう。
複数のショーを選択してマッチングを行った場合、その中から適当ショーに参加することになる。

ショーショー説明
ソロショー 最も一般的なショーで、40人~60人でスタートし、ファイナルにて最後の1人を決定する。
シーズン5以前は「メインショー」と呼ばれておりチームジャンルも出現していたが、
シーズン6以降は出現しなくなったため、シーズン1FREEFORALLからは「ソロショー」に名称が変更された。
スクワッドショー 4人でスクワッドを組むショーフレンドと4人で集まった場合はこれが一番良いが、
人数が不足してても同じく野良で潜って人数が不足しているプレイヤー同士で勝手に組ませてくれる。
スクワッド系全てに共通されるが、基本的にファイナル以外は「ポイント」を稼いでスクワッドごとに順位がつけられ、
そのラウンドにおける足切りラインよりも順位が上であれば全員勝ち残り、逆に下回ればスクワッド全員が脱落になる。
そのためもしも自分だけゴール出来ずにタイムアップしても、最悪勝ち残ることも出来る一方で、
自分は1位ゴールしても味方が全員悲惨な順位でゴールしてしまった場合は自分も含めて脱落する可性もある。
レースジャンルゴールした順位で「参加人数-2位以降は1ずつ」で得点が貰える。
(58人参加で2位だった場合は57ポイントということになる)
サバイバルジャンルと「ロジック」ジャンルは、生き残っているスクワッド人数×一定数で得点が貰える。
また「レースジャンルにおいてスクワッド内でゴール出来なかった場合は順位に関わらず脱落となる。
なお、優勝した場合はまるまるクラウン1個ではなく、クラウン欠片20個がスクワッド全員に配布される形となる。
クラウン欠片は60個でクラウン1個分なので、スクワッドショーは3回優勝してソロショーの1回優勝と同じクラウン数になる)
恒常のショーでは一「チームジャンルの競技が出現する他、「ボタンバッシャーズ」は出現しない。(「バレーフォール」は4vs4の特別バージョンで出現する)
ファイナルラウンドに「ファイナルジャンルだけではなく、「チームジャンルの競技が選ばれる可性もある。
スクワッド・トリオ 3人でスクワッドを組むショー。必然的にフレンドパーティメイクをしている時に4人いる場合は選択不可能
概要はスクワッドショーとほぼ同じだが、「チームジャンルゲームは出現しない他、「ボタンバッシャーズ」は出てこない。
デュオショー 2人でスクワッドを組むショー。必然的にフレンドパーティメイクをしている時に3人以上いる場合は選択不可能
こちらも概要はスクワッドショーと同じだが、たった2人なので責任重大。
チームジャンルと「ボタンバッシャーズ」は出ないが、「バレーフォール」は出現する。
優勝時に貰えるクラウン欠片は35個。
麗なるレースソロ 出現するゲームが「レースジャンルに限られるのが特徴。以前は「ガントレットショーダウン」と呼ばれていた。
ただし現在ファイナルは「クラウンマウンテン」に固定されず、全てのファイナルからランダムで選択される。
スライムサバイバー 出現するゲームは全ての「サバイバル」と「ロジック」、そして「スライムクライム」「スライムスクレイパー」に限定される。
全てがスライムで構成される落ちたら即脱落のシビアなショー
ファイナルレースの「クラウンマウンテン」と「ロストテンプル」、ハンティングの「ロイヤルファンブル」は出現しない。
エクストリームソロショー 出現するゲームは落下する危険性のある「レース」、「サバイバル」、「ロジック」に限定されるが、
スライムクライム」と「スライムスクレイパー」を除く全てのレース競技も落下したら即脱落となる。
なお「大ファンχ」、「ロールオンχ」といったようにルールが変更されたレースゲーム名前に「χカイ)」がつくようになっており、
ゲーム説明文も「エクストリームモード起動!」というように注意書きがされている。
エクストリーム・スクワッドショー 上記のエクストリームソロショーの4人スクワッド版。落下すればそのプレイヤーが脱落するのは同じだが、一人が落下しても同じスクワッドのプレイヤーゴールできれば勝ち残る可性がある。
ジャンプアラウンド まず3回「ジャンプクラブ」を行い、最終的に残ったプレイヤーで「ジャンプショーダウン」というひたすらジャンプだけのショー
ジャンプクラブ」のパターンについては、1回バーが1本、2回バーが2本、3回バーが3本で固定されているが、
ジャンプクラブ」にフルーツキャノン2台が設置される、あるいは「ジャンプショーダウン」でファンが設置されるかは毎回ランダムになる。
ジャンプショーダウン」は5分耐久出来れば全員優勝出来るので、5連勝実績を取るには持ってこいのショー
スライムクライム・タイム 難関競技の「スライムクライム」を2回行い、残った人数でランダムファイナルを行う。
ただし通常の「ファイナルジャンルに加えて、「スライムファイナル」という名前1位が即優勝となる
スライムクライム」が専用のファイナル競技として選択される可性がある。
スライムクライム」の各パターンショートカット全てを網羅しなければならない可性も高い。
スライムスクレイパー ショー名とゲーム名がまったく同じなので紛らわしいことこの上ないが、「スライムスクレイパー」を2回行い、
残った人数でランダムファイナルを行うショーとなる。
こちらも上記「スライムクライム・タイム」同様に「スライムスクレイパー」がそのままファイナル競技になる可性がある。
ヒヤヒヤトーナメント 「ヒヤヒヤレース」を3連続で行う。3回ファイナル競技となるため、1位がそのまま優勝する。
3回に限っては様子見などしてる暇はないのでよりもく正解のルートを見抜くか、運に任せて突っ走れ。
スラムダンク チーム戦競技である「バスケットフォール」を2連続で行う。
残った人数で最後は個人でランダムファイナルを行う。
止まるなキケン重力サバイバル ファイナルラウンドである「止まるなキケン」が絶対に低重力パターンとなって3回連続で行う。
3回ファイナルなので残り1人になったら優勝
重力はひたすら階層に差がつかないので最後の1枚のラストジャンプが明暗を分ける。
ロールコール 「ロールアウト」を2回連続で行い、残った人数でファイナルの「ロールオフ」で優勝を決める。
なお名前のわりに「ロールオン」は出ないし、論「呪いリング」がファイナルになることはない。
アニバーサリーパーティ 記念すべき原初のシーズン1~1.5までの競技のみで構成される。
ファイナルも「クラウンマウンテン」、「止まるなキケン」、「ロイヤルファンブル」、「ジャンプショーダウン」で固定となる。
中世ミックス 中世」をテーマにしたシーズン2~2.5までの競技のみで構成される。
シーズン2固有のファイナルは存在しないため、全てのファイナルからランダムに選択される。
日和スタンブ 」をテーマにしたシーズン3~3.5までの競技のみで構成される。
ファイナルも「パキパキアイス」と「ロールオフ」のどちらかに限られる。
未来ファンブル 「近未来」をテーマにしたシーズン4~4.5の競技のみで構成される。
シーズン4固有のファイナルは存在しないため、全てのファイナルからランダムに選択される。
ジャングルミックス ジャングル」をテーマにしたシーズン5~5.5の競技のみで構成される。
ファイナルも「ロストテンプル」で固定となる。
パーティタイムタンブ パーティ」をテーマにしたシーズン6の競技のみで構成される。ただし「キャンディーロボー」は除外される。
シーズン6固有のファイナルは存在しないため、全てのファイナルからランダムに選択される。
スタジアムスターショー 「スタジアム」をテーマにしたシーズン1FREEFORALLの競技のみで構成される。
ファイナルも「呪いリング」と「ブラストボール」のどちらかに限られる。
キャンディーロボ 「かくれんビーンズ」の競技の一つである「キャンディーロボー」を1戦だけ行う。
12人の中から8人のドロボチームと4人のガーディアンチームで割り当てられ、
勝利チームは即座にクラウン欠片10個を貰える。
たった1戦で優勝が決まる特例のショーで短時間でガンガン回せるため、5連勝実績は最もやりやすい。

余談

関連動画

PV

プレイ動画

関連静画

関連商品

外部リンク

関連項目

Steamアワード このゲームSteamアワード2020に選ばれました。
受賞:「フレンドプレイしたい」

脚注

  1. *同じ理由でMediatonic開発・Devolver Digital販売であったはーとふる彼氏CS版・スマホ版の配信が終了している。

【スポンサーリンク】

  • 22
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/fall%20guys%3A%20ultimate%20knockout
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

Fall Guys: Ultimate Knockout

748 ななしのよっしん
2022/06/25(土) 10:56:57 ID: EHmxOUPSQu
勝っても負けても普通に楽しいから良い
いまのところ負けてストレスになることが自分の中でいから癒しゲーだわ
フォーフォー言ってるビーンズかわいくてみてるだけで癒される
749 ななしのよっしん
2022/06/25(土) 21:49:19 ID: HQoSJZTGIs
なんだかやけに新ステージばかりが選ばれるんだけど、
シーズンごとにこんな感じなの?
750 ななしのよっしん
2022/06/25(土) 21:51:27 ID: BwwcHQ5P5+
せやで、新ステージは選出され易い
日によっては特定の旧シーズンステージオンリーマッチもあったりするから、古いステージやりたい時はこまめに覗いて見ると良い
751 ななしのよっしん
2022/06/26(日) 09:13:47 ID: /qRm2/yCjI
アプデ入ってから障すり抜けるのどうにかならんのか
752 ななしのよっしん
2022/06/27(月) 09:24:37 ID: 5NaVdGWSUg
たまに試合の後、リザルト画面に移る前にエラー落ちして萎える

ちなスイッチ
753 ななしのよっしん
2022/06/28(火) 21:36:56 ID: HQoSJZTGIs
キンのマイセット、あったらいいのになぁ
754 ななしのよっしん
2022/06/29(水) 18:50:07 ID: EHmxOUPSQu
日替わりのスキンショップなくなっちゃった?
あれ見るの好きだったのに
755 ななしのよっしん
2022/06/29(水) 21:19:40 ID: BwwcHQ5P5+
日替わりショップ復活したね
何だったんだろ
756 ななしのよっしん
2022/06/30(木) 13:02:44 ID: 6ls1OYAquM
>>752
昔っからある人が多いとなりやすいバグ鯖落ちみたいなもんだと思う)
報酬はきちんと入るから安心していい
757 ななしのよっしん
2022/06/30(木) 20:03:30 ID: HQoSJZTGIs
サーバー落ちたのかエラー出まくって、全然プレイできない

おすすめトレンド