Godzilla: King of the Monsters単語

ゴジラキングオブモンスターズ

世界の終焉がはじまる

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ (原題:Godzilla: King of the Monsters)とは、2019年5月31日世界同時開されたアメリカ映画である。

概要

ゴジラシリーズ65周年記念作品。
東宝ワーナー・ブラザーズレジェンダリー・ピクチャーズの共同制作

監督は当初は前作を手がけたギャレス・エドワーズが続投する予定であったが、後に『X-MENシリーズなどで脚本実績のあるマイケル・ドハティバトンタッチした。

前作『GODZILLA(2014)』から5年を経ての全な続編。
アメリカゴジラとしては初のシリーズものとなる。GODZILLAシリーズ第2作であると同時に、レジェンダリーのシェアードワールドであるモンスターバースシリーズの第3作となる。

2014年の前作開直後にはくも続編の構想について触れられており、さらにその中では東宝から新たに使用権を得た「モスララドンキングギドラの3大怪獣を登場させる」という情報も伝えられていた。

キャストには前作から日本人俳優渡辺謙が続投する他、演には天才子役ミリー・ボビー・ブラウン、『死霊館』シリーズなどのヴェラ・ファーミガ、中国人気女優チャン・ツィイー、『マンチスターバイ・ザ・シー』のカイルチャンドラー、『シェイプ・オブウォーター』のサリー・ホーキンスらが出演する。

2018年7月22日にはトレーラー第一弾が開、ゴジラ以外の怪獣の姿もこの時点では僅かにであるが映されていた。それから同年12月9日に開催された東京コミコンにて本作の登場怪獣関連商品の展示や作品紹介などが行われ、間もなくしてトレーラー第二弾も開となり、その中で本作における彼らの鮮明なビジュアル明らかにされた。11月1日には日本公式サイトの開設および翻訳予告編開示も為され、同時に全世界での開日と上記の日本キャッチコピーも発表されている。
ちなみに、アメリカ版のキャッチコピーは「彼らの支配が始まる(THEIR REIGN BEGINS)」。

日本語吹替版においては演のミリーに芦田愛菜カイル田中、ヴェラに木村がそれぞれの吹き替えを務める他、日本ロックバンド[Alexandros]題歌が使用される。

既に次回作の制作も決定しており、同じモンスターバース作品である2017年開の『キングコング:髑髏島の巨神』と話をリンクさせたかつ1962年に実現した日怪獣対決『キングコング対ゴジラ』の時のようなゴジラとコングの戦いを今度はアメリカ側で描くという『Godzilla vs. Kong』が翌2020年開予定となっている。
ちなみに同作の監督であるアダムウィンガードく今回こそ両者の決着を付けさせるとの事。

なお、この『Godzilla vs. Kong』には日本人俳優小栗旬が出演する予定であると報じられている。小栗はこの作品でハリウッド映画初出演となる。

あらすじ

2014年ハワイからサンフランシスコにかけて繰り広げられたゴジラムートーの戦いから4年、地球各地に眠る怪獣の存在が世界中に知れ渡り、その対処を巡って怪獣保護を訴えるMONARCH怪獣殲滅を推し進める政府の対立が深刻化していた。

その頃、中国雲南MONARCH基地のある古代遺跡では組織職員のエマラッセルが自身が開発した特殊音響機械オルカ」で誕生したばかりのモスラの制御に成功した。しかし、その直後に正体不明の武装組織が施設に乱入してエマとそのマディソンを拉致、そして「オルカ」も持ち去るという事件が発生する。

オルカ」を悪用すれば怪獣を操ることも可であり、これを受けてMONARCH沢達はかつて妻と共に「オルカ」を開発したマークラッセルを呼び寄せて捜を依頼。それと同時にマークが連れて来られた基地で監視されていたゴジラが動き出し、南極へと移動を開始する。沢達もゴジラ南極覚めようとしている怪獣のもとへと向かっていると判断し、大船「アルゴ」で南極に向かった。

その南極ではラッセル拉致した武装組織が氷の中に眠る怪獣モンスターゼロ」をらせ、それを「オルカ」で制御しようと論んでいた。すぐさまマークMONARCHの部隊が現場に駆けつけるが、エマの裏切りによって「モンスターゼロ」ことキングギドラは復活を遂げてしまう。

そこにゴジラが出現、ゴジラキングギドラとの世界の覇をかけた地球最大の決戦が始まった。

登場怪獣/TITAN

ゴジラ/GODZILLA

1954年に発見され、そして2014年から本格的に活動を開始した漆黒の大怪獣
4年前のと同じ個体だが、身長がさらに10m近く伸び、背ビレの形状も大きく変化している。

口から吐く放射火炎も前回にべて勢いが大幅に増しており、さらに連続での発射も可となっている。

いまだにその明確な行動原理は不明で、人類をどう思っているのか定かではないが、その存在は古代人間にとっても特別視されていたようで、海底の地下洞の中にはゴジラを崇め奉る都市遺跡が残されていた。

ラドン/RODAN

  • 体長:46.9m
  • 長:265.5m

メキシコイスラ・デ・マーラ火山の火口に眠っていた巨大な翼竜
火山の溶岩に適応した頑強な体を持ち、燃え盛るを含めたその全身は常に高温の熱に包まれている。

飛翔時には発生する猛ソニックブームは下にある全てのものを吹き飛ばし、時に灼熱の身体そのものも大きな武器となる。

現地では「炎の悪魔」と恐れられるほど性格は極めて獰猛かつ攻撃的だが、自分より強い存在に対しては従順に振る舞う。
監督

モスラ/MOTHRA

  • 体長:15.8m
  • 長:244.8m

中国雲南にある古代遺跡にての状態で見つかった昆虫怪獣
の幼のような幼体からを経て、をかけ合わせたような胴体と美しく巨大な翅が特徴の成体へと変態する。

幼体、成体ともに口から強い粘着性の糸を吐き、さらに成体では部の鋭い毒針が武器となる。

本質的にはそれほど暴ではないとされていた事から当時の古代文明においても人間達からは崇拝の対になっていた。
さらにゴジラとは古来から共生関係にあったと言われ、常にゴジラ支援するような行動を取る。

キングギドラ/KING GHIDORHA

  • 全長:158.8m

南極の氷の中に封じ込められていた正体不明の怪獣
色の身体に蝙蝠のようなを生やし、そして三本の長い首を持つ異形の飛龍の如き姿を持つ。

その3つの口からは高威線を放ち、さらに全身から放出する場は地球の大気にも強い影を与え、このギドラの周囲には常にしい暴風雨が巻き起こる。

MONARCH人間からは「モンスターゼロ」のコードネームで呼ばれており、後の調ゴジラとは太古の昔より地球覇権を巡って争っていた事、古代の伝承における邪伝説ルーツではないかという事、そしてその特異な生態とから地球生物ではなく宇宙由来の生命体ではないかと推測されている。

その他の怪獣

コング/KONG
髑髏を守護する巨大類人猿。
直接の登場はないが、MONARCHの記録映像にてその存在が言及される。
ギドラ覚醒による全世界での怪獣一斉出現の折に何らかのアクションを起こしたと言われるも、詳細は不明。
このコング種もまたゴジラ種と何らかの因縁がある事が示唆されている。
ムートー/M.U.T.O
4年前にゴジラに倒されたものの同族の別個体。
形態からしてメスと思われる。
メトシェラMETHUSELAH
ドイツの山の中に眠っていた巨大な四足歩行の怪獣
キュラSCYLLA
ギリシャの地底から現れたクモに似た怪獣
甲殻類に見えるが、実は頭足類に近い生物だと言われる。
ベヒモス/BEHEMOTH
鼻のないマンモスに似た怪獣

他にも劇中ではバフォメットティアマトモケーレ・ムベンベサルゴンアバドンといった怪獣達が出現していたとされる。

キャラクター/キャスト

スタッフ

関連動画

関連商品

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/godzilla%3A%20king%20of%20the%20monsters

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

Godzilla: King of the Monsters

2075 ななしのよっしん
2019/07/20(土) 00:48:33 ID: 18ME9id+FE
マーク「ここにコングの遺伝子とマディの遺伝子がある(白目
2076 ななしのよっしん
2019/07/20(土) 03:13:52 ID: eGI3BrobW5
>>2075
むっさくなったマディを想像して草生えた、訴訟。
2077 ななしのよっしん
2019/07/20(土) 10:54:59 ID: peZhs2GzdA
いやいや丁度いい具合にメスケモっぽくなって
も盛られるべき箇所(腹筋とか)に盛られて戦闘力高くなるかも知れんよ
2078 ななしのよっしん
2019/07/20(土) 12:25:18 ID: 2SeX/YLYXY
原点のバッドエンドといえばコングは「戦闘機に撃たれる」自体は前作でしてるんだよな
2079 ななしのよっしん
2019/07/20(土) 17:11:18 ID: 7xyGbMZ/o5
>>2074
ある意味、「大アマゾン半魚人」の二次創作といえる「シェイプオブウォーター」で半魚人ヒロイン(演じてるのがグレア博士役のサリー・ホーキンスさん)と結ばれたようにコングにもそういうイベントがあってもおかしくないって感じ。
まぁ、「結ばれる」とまではいかなくても「事、髑髏に生還し、ヒロンも時々、会いに来てくれる」が難な落とし所かな。

>>2078
それは確かに。
ただ、あの時はあくまで自分のテリトリーである髑髏においてだから文明社会に来てからが本番かな。
2080 ななしのよっしん
2019/07/20(土) 17:12:44 ID: 7xyGbMZ/o5
>>2079脱字訂正
×ヒロン→〇ヒロイン
2081 ななしのよっしん
2019/07/20(土) 18:11:40 ID: hDCtX43WWD
果たして来年のコングの体重に耐えられるビルは存在するのか
モンスターバースのコングが前作からどれくらい成長するのかわからんけど、おそらく『キングコングvsゴジラ』をえて歴代最大になるのは間違いないだろうし

ビルといえば、ギドラゴジラも砂山を潰すかのようにビルを破壊してて麻痺した
2082 ななしのよっしん
2019/07/20(土) 19:47:36 ID: U0Aey2LNeL
南極ギドラサリー・ホーキンスを潰そうとする間氷を割って半魚人が飛び出し見事救い出すシーンでは涙が出た
2083 ななしのよっしん
2019/07/20(土) 22:07:29 ID: BrzPcFxsFv
>>2078
というか原作コングで最後でやる高層ビル屋上戦闘機ヘリの攻撃にコングが絶命するという死の運命とオキシジェンデストロイヤーと体内原子炉の余剰エネルギー暴走によるメルトダウンという2つの死の運命からゴジラは難なく乗り越えたし、コングも撃されて絶命するような運命から逃れてるから

vsコング何が面いのかというと原作では両者2体が絶命するような運命を両者が乗り越えて、両者突するというのが面
2084 ななしのよっしん
2019/07/20(土) 22:13:28 ID: peZhs2GzdA
>>2082
そうかなぁ…
その後で半魚人サリー・ホーキンスが一緒に巨大ロボに乗り込んでギドラエルボーロケットで袋叩きとか
いくら何でもやりすぎじゃね?って思ったんだけど

急上昇ワード