gun=kata単語

ガンカタ

gun=kataとは、に二挺拳銃を用いて行う架の近接格闘術である。 ガン=カタ、ガンカタとも言われる。サイ=タマキン=タマの表記は誤りである。

概要

この格闘技を極めることにより…
     ( ゚д゚) ;y=‐ ;y=‐
     (\/\/

攻撃効果は120上昇
     ( ゚д゚) ;y=‐
     (\/\
          \ ;y=‐


防御面では63上昇
     ー=y;―
         |
      (゚д゚ )
 ー=y;_/| y |


ガン=カタを極めたものは無敵になる!
  ー=y;  ( ゚д゚)   ;y=‐
    \/| y |\/

…という上のAAが有名だが、「防御面では63上昇」という台詞は「一撃必殺の技量は63%向上する」(The difference of a 63% increase to lethal proficiency)の誤訳。differenceをdefenseと聞き間違えた元々の吹替え版がまちがっていたようだ。
ちなみに、攻撃という表現もある意味間違いで、上記のとおり攻撃効果()、つまり攻めのための効率(速射、命中率、連射、回避からの攻撃、ダメージによる攻撃封じ他)が上がる。

ガン=カタ解説

戦闘データに基づき、弾丸の軌を解析。一定の定理に基づいて軌を予測、退避と共に相手死内に回り込み攻撃を行うという攻防一体の戦闘術である。
特徴的なのは体術+銃火器の組み合わせにより、本来銃火器を用いた戦闘距離が中距離であるにもかかわらず、ガン=カタではこれを近接距離まで縮めることを可にしており、卓越した体術によって相手の口を逸らしつつ攻撃するなどといった技法が見られる。

これは口の向きから弾道を察知し死から攻撃するというガン=カタの性質上、相手との距離が短ければ短いほど弾道予測が容易になるほか、相手が向ける口の移動量が大きくなることで動きを把握しやすく、相手の"点"(関節など)を押さえて動きを制するなどという技も可になるためといえるだろう。

「ガン=カタ」使いは特に銃火器を手にした集団相手に有効的で、この技を習得するとまるで演舞するかのように舞いつつ(これは同士討ちを誘うなどといった効果も期待できる)、集団を蹴散らすことが可になる。

ガン=カタを習得した達人同士が戦う場合はさらに戦闘距離は極々至近距離に接近したまま、東洋武術の組手のごとく相手との間の「地」(この場合は撃を放てる度と距離を保つ間)を奪い合う美しい死の舞を見ることが出来るだろう。

基本的な武具はクラリックガンと呼ばれる格闘にも使用できる拳銃であり、これを二挺構える。ただし二挺である理由は火力増加及び多数の敵を一気に制圧するためであって必須ではなく、敵次第といえるものでありアサルトライフルなども使用する場合もある。
また日本刀(を模したサーベルともいわれる)における剣術も確認されているほか場合により素手による打撃なども技法のひとつとしてあげられている。

事情通的説明

映画リベリオン」(原題はEquilibrium「均衡」「静」)が初出。カート・ウィマー監督と殺導担当したジム・ヴィッカースが考案した。
映画シーンとして銃火器を使った戦闘アクションシーンの場合、相互の距離が遠く映像フレームに収まらない、あるいは迫のあるシーンがとれないという難点がある。
これをクリアするのに特殊効果(例えば映画マトリックス」の"バレットタイム"など)を使う方法もあるが、元々低予算の「リベリオン」にそれは難しかった。
銃火器を用いてかつ見栄えのよいアクションシーンをとるためには接近した状態で戦闘するほうが良く、このアクションシーン映像に説得を持たせ、かつ主人公らの強さの理由を(物語としても設定としても)確立する方法として、東洋武術の"捌き"、"残心"などのモーションを取り入れた拳銃アクションシーンを思いつく。
これが「ガン()=カタ()」の誕生である。
監督が撮影した「ウルトラヴァイレット」でもガン=カタは引き継がれた。新体操などの動きも取り入れ進化した形となっているが、「リベリオン」のような「ガン=カタ」であることを物語では強調されていない。

映画リベリオン」はあまりセールに恵まれなかったが、遠く離れた日本では二挺拳銃+近接格闘+ハッタリの効いた構え、格闘技(武術)ネタが好きということもあってか、カルト人気を誇るアクション設定である。また、この映画ではじめてアクション俳優に挑戦したクリスチャン・ベールは、のちにダークナイトバットマン役として大ヒットすることになる。

ガン=カタ習得者および同種の戦闘技能を有する者

ここに代表的なガン=カタ使いおよびガン=カタと類似する戦闘を有する者を列挙する。
が確定している者については備考として流も記載する。

オリジナルのガン=カタ使い

他作品で類似技術を持つ者

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/gun%3Dkata

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

gun=kata

231 ななしのよっしん
2018/06/27(水) 22:58:40 ID: dII6+KJc1j
久しぶりにリベリオン見ると案外殺ガバガバでちと笑う
232 ななしのよっしん
2018/06/29(金) 22:13:59 ID: JM93a4prSb
>>230
そいつを言っちゃあおしめえよw
233 ななしのよっしん
2018/06/29(金) 23:32:52 ID: JM93a4prSb
ガンカタに限らずある程度までのアクションヒーロー全般に言えると思うが、例え現実離れしたでも基本は対面戦闘が凄く強いだけの一個人でその影や拳の届く範囲に限定される

1.ボスは隔離、回してそもそも戦わない(囮をぶつけてる隙に要人暗殺して濡れ衣を着せるとか、隠れてる仲間を人質にするとか)
2.監視網を敷いて物量で削るか重兵器持ち込むか爆発物をぶつける(下手なでもまぐれ当たりで崖から転落して記憶喪失で数週間活動停止に追い込むとか十分あり得る)
3.等質の戦を用意してぶつける(元コマンドー仲間とかより新サイボーグとかボス自身が鍛えるとか)。弱い側ならを仕掛けたり複数人で協したり物量で削ったりバクチ的手段で優位な状況をし、強い側ならそれらを警しつつ被害拡大しないうちに直接対決に持ち込む
4.寝込みを襲ったり政治的なにかけたり戦闘力を直接発揮させない(訳ありの女スパイとかがいいんじゃないすか?)
5.降参して人情に訴える(ズドン)

いくつかは狙撃手対策と似てるかも
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
234 ななしのよっしん
2018/07/24(火) 00:58:59 ID: 4IW+QpC3t6
>>230
二挺拳銃の発反動に耐えつつ近接格闘の攻撃防御を実現するのはそりゃ人間には理だなぁ……
ゴリラならできそう(小並
235 ななしのよっしん
2018/11/17(土) 00:48:02 ID: 4w6qCw2zgz
>>234を読んだ間、なぜか浜田雅功氏が二丁拳銃を構えてるシュール過ぎる絵面が頭に浮かんだ
236 ななしのよっしん
2018/11/24(土) 20:06:10 ID: JM93a4prSb
1.乱戦の隙によって生じる弾の来ない位置を予測し的確に移動する(理…そもそもそんな位置あるのか?)
2.口の旋回と弾の散布速度を越える麗なアクロバットで先読み回避(むーりー。人体遅すぎでかすぎ重たすぎ)
3.拳銃を的確に当てていく(できるならSMGアサルトライフルも作らんわ)

ただ、3に関しては訓練した"カタ"を作って弾が飛ぶ方向を固定できる(事にする)ため、自分の向きと相手の位置を"当たる場所"に持ってくれば良くなるので、
2丁拳銃に付き物の「照準できない」問題を解決しつつ格好つけたポーズを取る口実もできて、現実あり得るかはともかくフィクションとしてはナイスな設定だと思う
237 ななしのよっしん
2019/01/26(土) 18:51:07 ID: Jz44HgLcRs
実際カタがしっかりしてれば狙うまでもなく敵を倒せるのは事実

しかしながら、ちゃんとの重さや反動を抑えて敵に弾を当てられるカタを考えると、結局現実で体系化されてる射撃姿勢になっちゃうよね
238 ななしのよっしん
2019/02/25(月) 22:53:13 ID: FdsUdwRnw2
>流ヤンマーニ
『流』なのかw
239 ななしのよっしん
2019/02/28(木) 15:00:42 ID: FdsUdwRnw2
・銭CUFFS 〜傷だらけの地図〜)
コイントスと武術融合させた技「ゼニ=ガタ」を自ら編み出す。
主人公との対決では周りのギャラリーを巻き込みつつも善戦するが、
コインが切れたところ主人公に「両替してくれ」と頼むも、「コンビニへ行け!」と蹴り倒される。
240 ななしのよっしん
2019/03/12(火) 17:21:13 ID: VEOag9hExs
武道の達人なら気も読めると推測