HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル単語

ヒトシマツモトプレゼンツドキュメンタル

これは 松本人志実験

HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタルとは、Amazonプライム・ビデオにおいて配信中のバラエティ番組である。

概要

松本人志が考案し、MCを務める「密室笑わせ合いサバイバル」番組。

10人のお笑い芸人がとある密室に閉じ込められ、制限時間6時間の中、優勝賞1000万円をして他の参加者と競い合う。

システムの類似性や、松本人志が出演していることなどから、しばしば「ダウンタウンガキの使いやあらへんで」の「笑ってはいけないシリーズ」と較されることが多いが、ガキ使エンターテイメント性を重視しており、家族でも楽しめるものになっている中、こちらは密室の中に長時間閉じ込められ、テレビ局規制もない場で(文字通り)全てをさらけ出す芸人達のガチンコ勝負が見られるのが特徴である。

テレビで放映されないのをいいことに、出演者が披露するネタは過なものもかなり多く、地上波だったらクレームどころじゃ済まない下ネタ松本く、あれは下ネタだと思っていないらしいが)が多数含まれる。そのため、本編の前には必ずテロップで注意書きが表示される。

ちなみに、レーティングはPG12に定されている。意外と低い。

ルール

  • 開催前に、芸人達には松本人志から「参加する場合は100万円を持参してくること」「優勝者は賞1000万円を獲得できる」といったことが書かれた招待状が送られる。招待状を受け取った芸人は参加してもいいし、辞退してもいい。
  • 用意された部屋には、参加者全員が座れるテーブルに加え、好きに調理ができるキッチンがあり、隣の部屋にはロッカー、シャワー、トイレ、(使いこなす芸人は強いと言われる)小窓がある。部屋のいたるところに様々な小具が置かれている他、参加者も笑わせるための衣装や小具を持ち込むことができる。
  • 参加者から100万円を回収し、ゲームスタートするとその後は笑うことができない。部屋中のいたるところに置かれたカメラが参加者を監視し、参加者が笑ったと思ったら松本ボタンを押してサイレンを鳴らす。天井付近のパトライトっている間は笑ってもOK。
  • サイレンが鳴ったら松本が部屋へ赴き、部屋のテレビで確認した後、笑った参加者に以下の裁定を下す。
  • 制限時間6時間が経過する前に1人になれば優勝し、賞1000万円を獲得。1人にならなかった場合はポイント(笑わせた数)の一番高い参加者が優勝となる。

略歴

シーズン0

幻のシーズン0。あまりにも実験的過ぎたため開が見送りにされていたが、2017年11月15日に初開された

  • 制限時間がない
  • 具などの持ち込み禁止

など、現在とは異なるルールが存在する。

出演者

シーズン1

記念すべき初回。

出演者

シーズン2

新たにポイント制が導入。より積極的に攻めていくよう促された他、制限時間内に終わらなくても決着がつくようになった。

出演者

シーズン3

新たに「ゾンビルール」が登場。レッドカードを受けて退場した参加者が「ゾンビ」となり、「ゾンビタイム」が始まると部屋に戻って参加者を笑わせることができるようになった。たとえ最後の1人になったとしても、6時間以内はゾンビに耐え続けなければならない。ゲーム終了までに全員を笑わせることができればノーコンテストとなり、参加費100万円は全員に返還される。

出演者

シーズン4

新たにコンビでの参戦(千鳥)が行われる。

出演者

シーズン5

新たに1人につき一度だけ参加者以外の人を呼び出せる助っ人ルールが追加された。

出演者

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/hitoshi%20matsumoto%20presents%20%E3%83%89%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル

1 ななしのよっしん
2018/05/13(日) 23:47:14 ID: XXVEqtUHig
シーズン5のザコショウほんとすき
2 ななしのよっしん
2018/09/07(金) 14:38:43 ID: dBiPLjEDdY
ちんこカレー
3 ななしのよっしん
2019/04/05(金) 12:42:57 ID: dBiPLjEDdY
シーン
タイトル:
Twitterで紹介する