HST(イギリス国鉄)単語

エイチエスティー

 HSTとは、旧イギリス国鉄が開発した高速列車である。

概要

 イギリス内の鉄道の高速化、近代化の為、APT計画とほぼ同時期に計画されたのがHSTである。

 新技術で全く新しい車両を作ろうとしたAPTに対し、こちらは既存の技術を組み合わせて安定、かつコストパフォーマンスの面でも優れた車両として作られた。列車はMk-6~9両(民営化された現在はそれぞれの運行会社が編成を所有しており、会社によって客の両数や組み合わせが違う)をクラス43電気ディーゼル機関車を両端に配し挟む形の、動集中方式となっている。

 最高速度は時速125イル200km/h)で、この数字からこの列車InterCity125と呼ばれている。気動車である為、地方の非電化区間でも運行できる事から、イギリス内の様々な路線で現在も運行されている。立ったトラブルく、気動車の為、電化等にお金をかけずに列車速度向上が可な事から、オーストラリアにも輸出されている(オーストラリアではXPTという兄弟列車が活躍している)。

 上記の通り、非電化区間でも走行可な為、イギリス内で現在でも活躍しているが、老朽化が進んできているため、近年では新への更新が検討されている一方、リニューアル・延命工事を施した車両も存在する事から、もう暫く使うようである。また、開発当時に製造された試作編成先頭の機関車が、イギリス国立鉄道博物館(本館・ヨーク)に静態保存されてたが、近年動態保存機として復活している。このほか、Barrow Hillで試作編成の中間客1両が保存されている。

クラス43電気式ディーゼル機関車について

HSTに使用される機関車は、編成の両端に1両ずつ付いている。APTのような新技術はあまりく、ごく一般的な電気ディーゼル機関車である。

ディーゼル機関車としては世界最高速の時速148イル238km/h)を記録している。

機関は2,240hp(後期に作られた車両は2,400hp)、駆動方式はカルダン駆動と、至って普通である。その一方で高い出を出す為か騒音しく、排気もすさまじい事で有名である(但し、エンジン換装が済んでいる車両はそれほどでもない)。但し、中間の客内は客らしく静かである。

創作での登場

 映像作品「きかんしゃトーマス」の原作汽車のえほん」ではHSTモデルとしたの「ピップとエマ(Pip&Emma)」というキャラクターが登場している。

 TVシリーズでは未登場。31巻「Gordon the High-Speed Engine」にて初登場した。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/hst%28%E3%82%A4%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B9%E5%9B%BD%E9%89%84%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

HST(イギリス国鉄)

1 ななしのよっしん
2011/11/06(日) 19:47:50 ID: rhzB0Dk7dl
変態紳士レイン
2 ななしのよっしん
2013/07/29(月) 11:29:58 ID: i3H/YGOlw4
後継機は日立class800に決まりましたね。
3 ななしのよっしん
2015/12/08(火) 20:41:59 ID: PaJLpbbOtF
イギリス行ったときにこれに乗ったけど客トイレがまさかの垂れ流しという…
4 ななしのよっしん
2018/12/05(水) 17:20:06 ID: XJ2LjykrBO
>>sm34086282exit_nicovideo