HTML Living Standard単語

エイチティーエムエルリビングスタンダード
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

HTML Living Standardとは、HTMLの最新の仕様である。管理団体はWHATWG

概要

HTML Living Standardは2019年から統一されたHTML標準となった。それまでは老舗的存在であったW3Cが管理するHTML5と分裂した状態が続いていた。

HTML「管理者」の歴史

初期のHTML規格は1990年CERNから開された。その後1993年IETFからHTMLバージョン1.0の仕様書開される。

1995年からHTML標準の管理はW3Cに移った。HTML3.0の策定が行われたが破棄され、1997年1月14日HTML3.2がW3C勧告として発表された。1997年12月18日にはHTML4.0が、1999年12月24日にはHTML4.1がW3C勧告となった。

その後、(2000年から2009年までW3CXHTML推しだったためか)W3CHTML標準の訂に消極的になりHTML標準の訂は停滞。不満を持ったWeb開発者たちが2004年WHATWGを結成し、HTML5の策定を開始した。WHATWGが策定を始めたこのHTML標準がHTML Living Standardである。

W3C側も2007年HTML5の策定を開始し、WHATWGと共同で作業をしていたが2012年からは別々に作業するところとなった。しかし、実際にW3Cが勧告として発表したHTML5(2014年10月28日), HTML5.1(2016年11月1日), HTML5.2(2017年12月14日)は、いずれもHTML Living StandardにW3Cで変更を加えたものに過ぎなかった。

WHATWG側のが強まっていき、最終的に2019年5月28日W3CWHATWG標準をHTML Living Standardに統一することに合意した。この合意に従ってW3C側はHTML5.3の策定を中止したので今後HTML5訂版が出ることはない。

上記合意でHTMLだけでなくDOMの標準化もWHATWG側が行うことになったが、CSSW3Cの管轄のままである。

ローリングリリース

HTML Living Standardはバージョン概念を持たない。日々訂され、訂された時点からその内容が標準となる。

HTML5に限らないが標準規格の策定はは参加企業の綱引きで話が進まないことが多く、リリース延期が続いたあげく時代遅れになってお蔵入りしたものも少なくないので、そういった過去に対する反省もあるのかもしれない。

HTML 4.01 や XHTML 1.1 との違い

HTML 4.01などの旧来のHTML仕様は、SGMLという言の一種 (SGMLと互換性がある) として作られたが、SGMLとして構文解析を行うブラウザはなかった。HTML Living StandardはXML (XMLSGML生) などと同じく、SGMLの生 (SGMLと互換性がない) としてHTML構文を定義した。このHTML構文では、<img src="url" alt="" /> のようなXMLと互換性のある書き方も可となっている。

HTML Living Standardでは、XHTML 1.1などのように、XMLと互換性のある構文としてXML構文も定義している。いずれもHTML文書であり、XHTMLという句は使われない。

HTML Living Standardの定義されている要素 (タグ) や属性は、HTML 4.01、およびXHTML 1.1を引き継いでおり、策定が中止されたXHTML 2.0の構想も一部含む。

またHTML Living Standardは、要素や属性の意味を定義するだけでなく、従来別の仕様だった「HTMLにおけるDOM」も定義している。さらにWeb Workersというバックグラウンド処理を行うAPIなども含まれており、全体としてかなり大きな仕様書となった。

コラム: どうして7年間も分裂していたのか

HTML標準化に関わるメンバーW3C側とWHATWG側に共通する人員は多く、W3CリリースしたHTML5(およびそのマイナーアップデート)も実質的にはHTML Living Standardに準拠したものであった。つまり両者にそれほど差はなかったことになる。

両者にどうしようもない非互換性があったというならともかく、内容に大した違いがないのにどうして2012年から2019年の7年もの間分裂状態を続けなければならなかったのか。そもそも訂に消極的であったW3C2007年に3年遅れで規格策定を始めなければならなかったのか。そのままWHATWGに任せてしまえば良かったのではないか。

W3C側は2000年以降XMLベースXHTMLに移行させたかったという思惑があったのでHTML5の策定に色極的であったことは理解できるとしても、XHTML2.0の策定は2009年に打ち切られており2012年に分裂することの理由にはならない。

文献などに明確に書かれているわけではないが、おそらくはお金の問題だったのだろうと思われる。

W3CにせよWHATWGにせよHTML標準の策定に関わるにはそれぞれの会員にならなければならないが、WHATWGの会費は無料であるのに対し、W3Cは高額な会費が必要である。

*会費額の決定につきましては、年間の売上額 (年商) を基準に:

営利企業で年商575000万円以上 (税込) であれば,会費額は年間 740 万円(税込)

(= Full Member)

営利企業で年商575000万円未満 (税込) であれば,会費額は年間  85 万円(税込)

(= Affiliate Member)

非営利組織や教育機関行政組織等,その他の場合も,会費額は年間  85 万円(税込)

(= Affiliate Member)

といった取り扱いになります。

W3C_Apply_Procedureexit

HTML5仕様書公式の和訳がないのに、会費の説明はばっちり公式日本語ページがあるとかどういうことなの?

インターネット明期である1995年から一貫してHTML標準を管理してきたW3Cには相当数の企業exitから会費が集まっていたと思われる。XHTMLが思ったように普及しない中、人気WHATWGHTML標準に移っていき、HTML標準化の利権を奪われそうになったから、分裂によりユーザーにもたらされる混乱を顧みず対抗したと考えると腑に落ちるものがある。

W3Cが「ご立派な W3C 標準化プロセスexit」にこだわっていたことも、プロセスへの参加権が「商品」であったと考えると自然なこととして理解できる。

世の中ゼニですね。

2020年現在でこそ様々なものがオープンソース化されて無料で入手できるようになっているが、現在オープンソースになっているものも、遡れば有償ソフトウェアからの資本や人的知的資が元になっているものが多い。W3CHTML標準化を始めた1995年の時点では無料で手に入るものなどほとんど何もなかったことを考えれば、W3Cが上記のような体質になったことはW3C自体の問題ではないともいえる。

と、フォローを入れておく。

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/html%20living%20standard

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

HTML Living Standard

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • HTML Living Standardについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード改

2020/10/24(土)18時00分 現在