IGF単語

アイジーエフ

IGFとは、元プロレスラーアントニオ猪木催するプロレスイベントで、「イノキ・ゲノム・フェデレーション」の略称でもある。
またIGFの一連の大会を催する会社の名前でもある。

IGF旗揚げ、INOKI BOM-BA-YE復活へ

2007年3月7日プロレステーマに掲げ新団体旗揚げを発表。猪木が新団体IGFの社長となり、婿サイモン・ケリー・猪木新日本プロレス社長を退任し新団体へ合流。IGFの基礎が固まる。

2007年6月29日両国国技館にて旗揚げ戦を開催、8426人の大観衆を集め、大方の予想を覆して大成功を収めた。メインイベントではブロックレスナーとカートアングル突、アングル勝利を収める。

その後は「GENOME」と銘打った大会を行い、2010年12月3日には7年ぶりとなる「INOKI BOM-BA-YE」を両国国技館で開催。

2011年には初のタイトルとなるIGF王座が設立され、2億円のチャンピオンベルトが披露。2月5日の「GENOME14」から初代王者決定トーナメントも開催された。

K-1戦士の相次ぐ参戦〜IGFマット活性化

2011年4月28日東京ドームシティホールで開催された「GENOME15」に、なんとあのジェロム・レ・バンナが電撃参戦を果たし、さらに初代IGF王者決定トーナメント1回戦で一と突。プロレスルールであるにもかかわらず全なガチンコ勝負を展開し、ファンや関係者に計り知れない衝撃を与えた。
その後も崩を打つかのように、レイ・セフォーピーター・アーツといった人気K-1ファイターが続々とIGFに参戦、一気にIGFマットが活気づいた。

6月20日には「アントニオ猪木場」を設立し、本格的な選手育成に取り組み始め、同時に「IGF中国」も設立。その後もヨーロッパアメリカなどに支部を設立している。

大晦日の「INOKI BOM-BA-YE」復活へ

2012年大晦日両国国技館にて「INOKI BOM-BA-YE 2012」を開催。大晦日でのイノボンバイエはこれが久々となる。
第1弾対戦カードとして「藤田和之vs小川直也」が発表され、さらに参戦選手にミノワマンが発表されている。 

主なタイトル

関連商品

igfに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

igfに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/igf

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

IGF

1 ななしのよっしん
2015/01/02(金) 21:07:40 ID: l/COyecO+Y
レスいの寂しいな。
MMAの試合を組んでくれるのはありがたいけど藤田乱入からのミルコに挑戦して乱闘みたいな茶番は要らないと思う。
2 ななしのよっしん
2015/01/03(土) 15:22:34 ID: HnPiCzW0bA
なんか、コンセプトぶれてるよね?
プロレス」を掲げた割にはMMAも結構やってるし、結局何がしたいのかよくわからない

急上昇ワード