J1リーグ単語

5件
ジェイワンリーグ
6.4千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

J1リーグとは、日本プロサッカーリーグJリーグ)の1部リーグである。略称J12015年より明治安田生命とタイトルパートナー契約を交わしていることから、現在の正式名称は「明治安田J1リーグ」である。

Jリーグ全体の機構及び組織の沿革、歴史については「Jリーグ」の記事を参照。

概要

日本サッカーリーグ構成における最上位のリーグであり、日本サッカータイトルのうちでもっとも価値の高いタイトルの一つとされている。リーグの最終順位のうち上位3チームAFCチャンピオンズリーグの出場権を獲得する。上位3チーム天皇杯優勝チームが被った場合は4位のチームに出場権が与えられる。一方下位3チームが自動降格となる。J2設立前年の1998年から2003年は下位2チームの自動降格、2018年から2022年は下から3番の順位のチームJ2プレーオフを勝ち抜いたチームとの入れ替え戦を戦うことになっていた。2004年チーム数拡のため、2020年新型コロナウィルスによって降格チームしとなり、2021年は下位4チームが全て自動降格となった。2023年チーム数拡のため自動降格が最下位のみとなった。

1993年Jリーグが発足してからの創成期は、1部リーグのみの「Jリーグ」として開催され、JFLから昇格チームが加わることでチーム数が最大18チームに拡大。1999年より2部制が導入されたことによって「Jリーグ ディビジョン1」に移行し、J2クラブとの入れ替えがおこなわれるようになった。その際に16チームに縮小したが、2005年に18チームに戻り、2024年からは20チームとなった。

1993年から1995年までは2ステージ制でおこなわれ、第1ステージサントリーシリーズ)と第2ステージNICOSシリーズ)の優勝チームチャンピオンシップで年間王者を争うという形になっていた。1996年に1ステージ制が導入された後、1997年から再び2ステージ制が復活。しかし、欧州などのリーグレギレーションに合わせるべきだというが多かったことから2005年より通年で年間王者をリーグのみで決める方式に変更された。ところが、2015年に再び2ステージ制が復活。この決定には、ファンや関係者の間での反発のが多く、優勝チームは2ステージで決まるのに降格チームは年間の成績で決まるという分かりづらい面もあったことから2017年から通年制に戻り、現在に至っている。

日本代表の強化を優先させる観点から、日本代表の出場する際試合(FIFAワールドカップAFCアジアカップの本選・予選)あるいはU-23日本代表が出場する際試合(オリンピックのサッカー競技アジア競技大会サッカー競技)が行われる期間はリーグ戦が長期中断される。

2024年のレギュレーション

2024年のJ1リーグ所属クラブ

チーム ホームタウン Jリーグ加盟年 ホームスタジアム
北海道コンサドーレ札幌 北海道札幌市など 1998年 札幌ドーム
鹿島アントラーズ 茨城県鹿嶋市など 1991年 カシマサッカースタジアム
浦和レッズ 埼玉県さいたま市 1991年 埼玉スタジアム2002
柏レイソル 千葉県柏市 1991年 三協フロンテアスタジアム
FC東京 東京都 1999年 味の素スタジアム
東京ヴェルディ 東京都 1991年 味の素スタジアム
FC町田ゼルビア 東京都町田市 2012年/2014年 町田GIONスタジアム
川崎フロンターレ 神奈川県川崎市 1999年 等々力陸上競技場
横浜F・マリノス 神奈川県横浜市など 1993年 日産スタジアム
湘南ベルマーレ 神奈川県平塚市など 1994年 レモンガススタジアム平塚
アルビレックス新潟 新潟県 1999年 デンカビッグスワンスタジアム
ジュビロ磐田 静岡県磐田市など 1994年 ヤマハスタジアム
名古屋グランパス 愛知県名古屋市など 1994年 豊田スタジアム
京都サンガF.C. 京都府京都市など 1996年 サンガスタジアム
ガンバ大阪 大阪府吹田市など 1991年 パナソニックスタジアム吹田
セレッソ大阪 大阪府大阪市など 1995年 ヨドコウスタジアム
ヴィッセル神戸 兵庫県神戸市 1997年 ノエビアスタジアム
サンフレッチェ広島 広島県広島市 1991年 エディオンピースウイング広島
アビスパ福岡 福岡県福岡市 1996年 ベスト電器スタジアム
サガン鳥栖 佐賀県鳥栖市 1999年 駅前不動産スタジアム

大会結果

年度 優勝チーム 最優秀選手 得点
Jリーグ
1993 ヴェルディ川崎 三浦知良(ヴェルディ川崎) ラモンディアス(横浜マリノス)
1994 ヴェルディ川崎 ペレイラ(ヴェルディ川崎) フランク・オルデネビッツ(ジェフ市原)
1995 横浜マリノス ドラガン・ストイコビッチ(名古屋グランパス) 福田正博(浦和レッズ)
1996 鹿島アントラーズ ジョルジーニョ(鹿島アントラーズ) 三浦知良(ヴェルディ川崎)
1997 ジュビロ磐田 ドゥンガ(ジュビロ磐田) パトリック・エムボマ(ガンバ大阪)
1998 鹿島アントラーズ 中山雅史(ジュビロ磐田) 中山雅史(ジュビロ磐田)
Jリーグ ディビジョン1
1999 ジュビロ磐田 アレックス(清水エスパルス) 善洪(セレッソ大阪)
2000 鹿島アントラーズ 中村俊輔(横浜F・マリノス) 中山雅史(ジュビロ磐田)
2001 鹿島アントラーズ 藤田俊哉(ジュビロ磐田) ウィル(コンサドーレ札幌)
2002 ジュビロ磐田 高原直泰(ジュビロ磐田) 高原直泰(ジュビロ磐田)
2003 横浜F・マリノス エメルソン(浦和レッズ) ウェズレイ(名古屋グランパス)
2004 横浜F・マリノス 中澤佑二(横浜F・マリノス) エメルソン(浦和レッズ)
2005 ガンバ大阪 アラウージョ(ガンバ大阪) アラウージョ(ガンバ大阪)
2006 浦和レッズ 田中マルクス闘莉王(浦和レッズ) ワシントン(浦和レッズ)
マグノ・アウベス(ガンバ大阪)
2007 鹿島アントラーズ ポンテ(浦和レッズ) ジュニーニョ(川崎フロンターレ)
2008 鹿島アントラーズ ルキーニョス(鹿島アントラーズ) ルキーニョス(鹿島アントラーズ)
2009 鹿島アントラーズ 小笠原満男(鹿島アントラーズ) 前田遼一(ジュビロ磐田)
2010 名古屋グランパス 楢崎正剛(名古屋グランパス) ジョシュアケネディ(名古屋グランパス)
前田遼一(ジュビロ磐田)
2011 柏レイソル レアンドロ・ドミンゲス(柏レイソル) ジョシュアケネディ(名古屋グランパス)
2012 サンフレッチェ広島 佐藤寿人(サンフレッチェ広島) 佐藤寿人(サンフレッチェ広島)
2013 サンフレッチェ広島 中村俊輔(横浜F・マリノス) 大久保嘉人(川崎フロンターレ)
2014 ガンバ大阪 遠藤保仁(ガンバ大阪) 大久保嘉人(川崎フロンターレ)
明治安田生命J1リーグ
2015 サンフレッチェ広島 青山敏弘(サンフレッチェ広島) 大久保嘉人(川崎フロンターレ)
2016 鹿島アントラーズ 中村憲剛(川崎フロンターレ) ピーターウタカ(サンフレッチェ広島)
レアンドロ(ヴィッセル神戸)
2017 川崎フロンターレ 小林(川崎フロンターレ) 小林(川崎フロンターレ)
2018 川崎フロンターレ 家長昭博(川崎フロンターレ) ジョー(名古屋グランパス)
2019 横浜F・マリノス 人(横浜F・マリノス) 人(横浜F・マリノス)
マルコス・ジュニオール(横浜F・マリノス)
2020 川崎フロンターレ マイケル・オルンガ(柏レイソル) マイケル・オルンガ(柏レイソル)
2021 川崎フロンターレ レアンドロ・ダミアン(川崎フロンターレ) レアンドロ・ダミアン(川崎フロンターレ)
前田大然(横浜F・マリノス・)
2022 横浜F・マリノス 岩田(横浜F・マリノス) アゴサンタナ(清水エスパルス)
2023 ヴィッセル神戸 大迫勇也(ヴィッセル神戸) 大迫勇也(ヴィッセル神戸)
アンデルソン・ロペス(横浜F・マリノス)
明治安田J1リーグ
2024

昇格・降格チーム

2部リーグ制導入以前
年度 JFLからの昇格チーム
1993 ベルマーレ平塚
ジュビロ磐田
1994 セレッソ大阪
柏レイソル
1995 アビスパ福岡
京都パープルサンガ
1996 ヴィッセル神戸
1997 コンサドーレ札幌
2部リーグ制導入以降
年度 J2への降格チーム J1からの昇格チーム
1998 コンサドーレ札幌 -
1999 浦和レッズ
ベルマーレ平塚
川崎フロンターレ
FC東京
2000 川崎フロンターレ
京都パープルサンガ
コンサドーレ札幌
浦和レッズ
2001 アビスパ福岡
セレッソ大阪
京都パープルサンガ
ベガルタ仙台
2002 サンフレッチェ広島
コンサドーレ札幌
大分トリニータ
セレッソ大阪
2003 ベガルタ仙台
京都パープルサンガ
アルビレックス新潟
サンフレッチェ広島
2004 - 川崎フロンターレ
大宮アルディージャ
2005 柏レイソル
東京ヴェルディ
ヴィッセル神戸
京都パープルサンガ
アビスパ福岡
ヴァンフォーレ甲府
2006 アビスパ福岡
セレッソ大阪
京都パープルサンガ
横浜FC
柏レイソル
ヴィッセル神戸
2007 サンフレッチェ広島
ヴァンフォーレ甲府
横浜FC
コンサドーレ札幌
東京ヴェルディ
京都サンガF.C.
2008 東京ヴェルディ
コンサドーレ札幌
サンフレッチェ広島
モンテディオ山形
2009 柏レイソル
ジェフユナイテッド千葉
大分トリニータ
ベガルタ仙台
セレッソ大阪
湘南ベルマーレ
2010 FC東京
京都サンガF.C.
湘南ベルマーレ
柏レイソル
ヴァンフォーレ甲府
アビスパ福岡
2011 ヴァンフォーレ甲府
アビスパ福岡
モンテディオ山形
FC東京
サガン鳥栖
コンサドーレ札幌
2012 ヴィッセル神戸
ガンバ大阪
コンサドーレ札幌
ヴァンフォーレ甲府
湘南ベルマーレ
大分トリニータ
2013 湘南ベルマーレ
ジュビロ磐田
大分トリニータ
ガンバ大阪
ヴィッセル神戸
徳島ヴォルティス
2014 大宮アルディージャ
セレッソ大阪
徳島ヴォルティス
湘南ベルマーレ
松本山雅FC
モンテディオ山形
2015 松本山雅FC
清水エスパルス
モンテディオ山形
大宮アルディージャ
ジュビロ磐田
アビスパ福岡
2016 名古屋グランパス
湘南ベルマーレ
アビスパ福岡
北海道コンサドーレ札幌
清水エスパルス
セレッソ大阪
2017 ヴァンフォーレ甲府
アルビレックス新潟
大宮アルディージャ
湘南ベルマーレ
V・ファーレン長崎
名古屋グランパス
2018 柏レイソル
V・ファーレン長崎
松本山雅FC
大分トリニータ
2019 ジュビロ磐田
松本山雅FC
柏レイソル
横浜FC
2020 - [1] 徳島ヴォルティス
アビスパ福岡
2021 徳島ヴォルティス
大分トリニータ
ベガルタ仙台
横浜FC
ジュビロ磐田
京都サンガF.C.
2022 清水エスパルス
ジュビロ磐田
アルビレックス新潟
横浜FC
2023 横浜FC FC町田ゼルビア
ジュビロ磐田
東京ヴェルディ

解散したクラブ

記録

クラブ別優勝回数

順位 チーム 回数 優勝年度
1位 鹿島アントラーズ 8 1996,1998,2000,2001,2007,2008,2009,2016
2位 横浜F・マリノス 5 1995,2003,2004,2019,2022
3位 川崎フロンターレ 4 2017,2018,2020,2021
4位 ジュビロ磐田 3 1997,1999,2002
サンフレッチェ広島 3 2012,2013,2015
6位 ヴェルディ川崎 2 1993,1994
ガンバ大阪 2 2005,2014
8位 浦和レッズ 1 2006
名古屋グランパス 1 2010
柏レイソル 1 2011
ヴィッセル神戸 1 2023

監督別優勝回数

順位 監督 回数 チーム優勝年)
1位 木達 4 川崎フロンターレ2017,2018,2020,2021)
2位 オズワルド・オリヴェイ 3 鹿島アントラーズ(2007,2008,2009
森保一 3 サンフレッチェ広島2012,2013,2015
4位 松木安太郎 2 ヴェルディ川崎(1993,1994)
桑原 2 ジュビロ磐田(1997,1999
トニーニョ・セレーゾ 2 鹿島アントラーズ2000,2001
岡田武史 2 横浜F・マリノス2003,2004)
8位 早野宏史 1 横浜マリノス(1995)
ジョアンカルロス 1 鹿島アントラーズ(1996)
ゼ・マリオ 1 鹿島アントラーズ(1998)
鈴木政一 1 ジュビロ磐田(2002)
西野朗 1 ガンバ大阪2005
ギド・ブッフバルト 1 浦和レッズ(2006)
ドラガン・ストイコビッチ 1 名古屋グランパス2010
ネルシーニョ 1 柏レイソル2011
長谷川健太 1 ガンバ大阪2014
石井正忠 1 鹿島アントラーズ2016
アンジェ・ポステコグルー 1 横浜F・マリノス2019
ケヴィンマスカット 1 横浜F・マリノス(2022)
吉田孝行 1 ヴィッセル神戸(2023)

通算出場試合数

順位 選手 出場試合数 所属チーム
1位 遠藤保仁 672 横浜フリューゲルス
京都パープルサンガ
ガンバ大阪
ジュビロ磐田
2位 楢崎正剛 631 横浜フリューゲルス
名古屋グランパス
3位 中澤佑二 593 ヴェルディ川崎/東京ヴェルディ
横浜F・マリノス
4位 阿部 590 ジェフ市原/ジェフ千葉
浦和レッズ
5位 西川周作 588 大分トリニータ
サンフレッチェ広島
浦和レッズ
6位 曽ヶ端準 533 鹿島アントラーズ
7位 小笠原満男 525 鹿島アントラーズ
8位 伊東 517 清水エスパルス
ヴァンフォーレ甲府
9位 山田暢久 517 浦和レッズ
10位 興梠慎三 509 鹿島アントラーズ
浦和レッズ
北海道コンサドーレ札幌

通算得点数

順位 選手 得点 所属チーム 備考
1位 大久保嘉人 191 セレッソ大阪
ヴィッセル神戸
川崎フロンターレ
FC東京
2013年から2015年まで3年連続得点
2位 興梠慎三 167 鹿島アントラーズ
浦和レッズ
コンサドーレ札幌
3位 佐藤寿人 161 ジェフ市原
ベガルタ仙台
サンフレッチェ広島
名古屋グランパス
2012年得点
4位 中山雅史 157 ジュビロ磐田
コンサドーレ札幌
1998年2000年得点
1998年に4試合連続ハットトリック記録
5位 前田遼一 154 ジュビロ磐田
コンサドーレ札幌
2009年2010年2年連続得点
6位 ルキーニョス 152 東京ヴェルディ
横浜F・マリノス
ジェフ市原
清水エスパルス
鹿島アントラーズ
ベガルタ仙台
ヴィッセル神戸
2008年得点
7位 三浦知良 139 ヴェルディ川崎
京都パープルサンガ
ヴィッセル神戸
横浜FC
1996年得点
小林 139 川崎フロンターレ 2017年得点
9位 ウェズレイ 124 名古屋グランパス
サンフレッチェ広島
大分トリニータ
2003年得点
10位 ジュニーニョ 116 川崎フロンターレ
鹿島アントラーズ
2007年得点

関連動画

関連項目

外部リンク

脚注

  1. *新型コロナウィルス感染拡大による特別措置のため2020年は降格するチームはなし。
関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

東ローマ帝国 (単) 記事と一緒に動画もおすすめ!
提供: Kay
もっと見る

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

J1リーグ

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • J1リーグについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!


急上昇ワード改

2024/04/22(月)00時00分 現在