J3リーグ単語

ジェイスリーリーグ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

J3リーグとは、2014年に開始したJリーグの第3部リーグである。

J1及びJ2リーグにはそれぞれ「Jリーグ ディビジョン○(○にはそれぞれの数字が入る)」の正式名称があったが、J3リーグの正式名称はディビジョン3ではなく、「J3リーグ」が正式名称であるexit2015年からタイトルパートナー契約により、明治安田生命J1リーグ・同J2リーグの名称に変更されている)。

また、「J3」そのものは、は別の意味合いを持つタグなので詳しくはそちらを参照。→J3

概要

日本国内で行われているプロサッカーリーグJリーグ」は、2013年現在トップカテゴリーであるJリーグ ディビジョン1(略称J1・18クラブ)と、その次のカテゴリーに位置しているJリーグ ディビジョン2(略称J2・22クラブ)が存在しているが、J2クラブの最大数は22で固定されているため、Jリーグに参入するクラブを受け入れる受け皿が必要になった。

2013年現在JFLプロアマ混在のリーグであり、またアマチュアクラブの大半はJリーグに昇格する意思がい、もしくは昇格する基盤がいなどの理由もあり、Jリーグクラブのすそ野を広げる場とする、新しいリーグを検討する動きが数年前より面下で行われていた。

だが、J2クラブ2012年シーズン開始で最大の22となり、更にその年のJFLにおいてJリーグ昇格をV・ファーレン長崎J2に昇格、その影J2最下位だった町田ゼルビアJFLに降格となる。この事がJ3設置の動きをめる事となり、2014年シーズンからの開始が内定した。

歴史

2013年
 第1回のJ3リーグに加入するチームの募集を開始。「Jリーグ準加盟」の審→スタジアムの審J3ライセンスの審を経る必要がある。
参加できるチーム数は最大で12。審を通ったチーム数が12をえた場合、今年度の成績により参入チームを決定する(JFLチーム(上位から順)→地域リーグ決勝大会出場チーム(上位から順)→それ以外の地域リーグチーム、の順で優先権)。
 同年11月に、まず10チームが決定。北よりブラウブリッツ秋田福島ユナイテッド町田ゼルビアSC相模原横浜スポーツ&カルチャークラブY.S.C.C.)・AC長野パルセイロツエーゲン金沢藤枝MYFCFC琉球及びJ1/J2の若手選手混成チームJリーグアンダー22選抜)。
 翌12月には残り2チームが決定。地域リーグに在籍しているクラブJ3参加を希望している3クラブからグルージャ盛岡J2/JFL入れ替え戦の敗者であるガイナーレ鳥取となった。
2014年
 この12チームで第1回のJ3リーグが開始。
2015年
 前年度1位ツエーゲン金沢J2リーグに昇格し、J2最下位のカターレ富山が降格、そしてJFLから条件を満たした前年度JFL4位のレノファ山口FCJ3に昇格。
 Jリーグアンダー22選抜は2015年度も前年度同様に参加することとなり、チーム数は13に増加。
 試合数も全39節と前年度にべて増加、チーム数が奇数のため休みのチームが1チーム出てくるため1チームの試合数は36試合で行われることとなる。
2016年
 前年度1位レノファ山口FCJ2リーグに自動昇格し、J2最下位の栃木SCが自動降格。またJ2J3入れ替え戦の結果前年度2位町田ゼルビアが昇格し、J221位の大分トリニータが降格。そしてJFLから条件を満たした前年度JFL4位の鹿児島ユナイテッドFCJ3に昇格し、新たにFC東京U-23ガンバ大阪U-23セレッソ大阪U-23が参加し、Jリーグアンダー22選抜が活動を終了。
 これらにより、チーム数は16に増加したが、2回戦総当たりに試合方式が変更され、試合数は全30節と前年度よりも減少。
2017年
 前年度1位大分トリニータJ2リーグに自動昇格し、J2最下位のギラヴァンツ北九州が自動降格。そしてJFLから条件を満たした前年度JFL3位のアスルクラロ沼津J3に昇格。
 これらにより、チーム数は17に増加。
 J2J3入れ替え戦が止され、自動昇格2になった。
 試合数は全34節と前年度にべ増加、チーム数が奇数のため休みのチームが1チーム出てくるため1チームの試合数は32試合で行われることとなる。
2018年
 前年度2位栃木SCJ2リーグに自動昇格し、J2最下位のザスパクサツ群馬が自動降格。前年度1位ブラウブリッツ秋田J2ライセンスがなかったため入れ替えは1のみとなった。
 チーム数が変わらなかったためレギレーションは前年から変わらず。
2019年
 JFLからヴァンラーレ八戸FCが新たに参入。計18チームとなり3シーズンぶりに偶数チームとなる。前年最下位だったギラヴァンツ北九州優勝ザスパクサツ群馬2位となり夫々J2へ昇格、代わってJ2最下位のFC岐阜および21位の鹿児島ユナイテッドFCが降格することになった。
 また、JFL2位になったFC今治J3参入が決定。2020年は計19チームとなる。
2020年
 当初は19チームでの開催予定だったが、新型コロナウイルスの影による開幕戦延期の影で、試合会場の確保が困難になったことからFC東京U-23が参戦を辞退。18チームでの開催となった。
 この年はブラウブリッツ秋田優勝SC相模原2位となり夫々J2へ昇格。ただし、この年は降格なしという特別ルールが設けられたためJ2からの降格はなし。JFLからはリーグ4位になったテゲバジャー宮崎J3参入が決定(これにより九州全県からJリーグチームが誕生したことになる)。さらに、ガンバ大阪セレッソ大阪U-23チームの活動が終了し、2021年は計15チームでの開催となる。

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/j3%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

J3リーグ

6 ななしのよっしん
2013/11/25(月) 20:33:29 ID: Pe5INU9oAT
>>5
だったら、「Jリーグ ディビジョン3」(読み同じ)に記事名変更してもいいのでは。

今の「Jリーグ」という記事の内容を「Jリーグ ディビジョン1」(通称J1)と「Jリーグ ディビジョン2」(通称J2)に分割したうえで、「Jリーグ」はこれら3つを統合したものにした方が望ましいかと。
7 ななしのよっしん
2013/11/29(金) 20:43:16 ID: 0pXKbCf2FK
ディビジョンともに細かく時間かけて編集するつもりならいいけど、ある程度出来たら更新する気もないなら、単に「Jリーグ」の記事に統合したほうがいいと思う。
8 削除しました
削除しました ID: ySwhcmz2oQ
削除しました
9 ななしのよっしん
2015/04/13(月) 16:26:56 ID: lkzeDDIuL8
だれも注してないんか・・・
10 ななしのよっしん
2015/05/27(水) 20:47:30 ID: /0agx6+zaz
>>9
J3は極端に情報が少なすぎてニコニコでは盛り上がれんのや。。。テレビ中継すらまともにないんやで
今年からダイジェスト動画無料配信しとるからまだましやけど
11 ななしのよっしん
2016/01/07(木) 10:17:58 ID: sSFEHtMWtW
http://www.jleague.jp/release/article-00005551/exitによればJ3の正式名称は「J3リーグ」だから、
記事名を変更するとすれば「J3リーグ」が望ましいと思われます。

それでもって、Jリーグの記事でJ3のことが詳細に書かれているから、統合には賛成します。
12 ななしのよっしん
2016/02/24(水) 01:27:37 ID: GXUNttiNM9
トリニータの例を見れば「万年J2」はもはやほめ言葉のレベル
13 ななしのよっしん
2016/07/01(金) 16:27:53 ID: ZMcVQXdeGF
どうでもいいけど「J3リ」を横から見ると顔に見える
14 ななしのよっしん
2019/12/14(土) 20:51:44 ID: sSFEHtMWtW
このままチーム数が増加すると日程が組めなくなるがどうするんだろう?
15 ななしのよっしん
2020/01/06(月) 18:13:23 ID: /9yAi50krn
以前やってたような、まずはJ3JFLへの降格、あるいは入替戦導入によるチーム数のコントロール復活かね

急上昇ワード改