K-219沈没事故単語

ケーニイチキュウチンボツジコ
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

K-219沈没事故とは1986年に起こったソ連軍のヤンキーⅠ級弾道ミサイル原子力潜水艦K-219」の沈没事故である。

発生

1986年10月3日、バミューの北東680マイル(1,090km)で活動中であったK-219は突如、R-27潜水艦発射弾道ミサイル(北朝鮮のムスダンベース)のサイロ(発射筒)の爆発・火災事故に見舞われる。原因はミサイルハッチカバーの縁が破損し、そこからサイロ内にが流入。ミサイルの液体燃料と化学反応を起こした事によるものであった。

K-219は以前にも同じ原因によるサイロの爆発事故を起こしており、ミサイルハッチの一つは溶接で封印されていた。

挺身

爆発によって乗員3名が死亡。この非常事態により、原子炉を緊急停止させる為にK-219は急速浮上した。艦が浮上すると原子炉の停止を試みるものの、遠隔操作の為の電気系統が爆発時の衝撃で故障し、作動しない。そこで最古参機関長が原子炉内に突入しての手動での停止を申し出る。放射能で汚染された炉内に飛び込むという特攻同然の行為であった。しかしK-219艦長イーゴリブリタノフ中佐はそれを却下。代わりに若い下士官と兵にその任を命じる。

ベテラン機関長と若手乗組員、冷で理に適った取捨選択であった。

二人の若い兵士は意を決して炉内に突入。二人は稼働中の原子炉2基の内、1基の停止に成功。しかしそこで炉内の放射能と高温にされた下士官は途中で離脱。兵はなおも炉心に留まり、残り1基の原子炉も停止。首尾よく艦を危機から救った彼は脱出を試みるが、短時間で膨大な放射線を浴びた体には区画密封ドアを開けるは残されておらず、そこで命を落とす。

セルゲイ・プレミーニン。享年19歳であった。

冷血

ブリタノフ艦長は付近のソ連船籍の貨物船に港まで航するよう命じた。しかし港ガジーヴォまでは4300マイル(7,000km)あり、9,000トンえるヤンキー級の巨体を牽引するには不足であった。この試みは失敗し、そうしている間にも火災によって発生した有ガスが最後尾区画にまで漏れ出し、バラストタンクの浸も深刻化しつつあった。最、一刻の猶予もなかった。

しかし、それに対する本からの示は冷酷を通り越した無慈悲なものであった。

「部下と共に艦に留まり復旧に尽任務を継続せよ」

達成不可能な命事実上の死刑宣告に他ならなかった。

決断

レミーニンの死を駄にはすまいとブリタノフは本の命に背き、総員脱出を発。先ほど航を試みた貨物船に部下達を乗り込ませるとブリタノフ自身は艦に留まる。

しかしブリタノフの命視に感付いた本K-219に送り込んでいた保安士官(所謂政治将校)に艦の揮を引き継がせ、生存者を再び艦に戻し、任務を再開せよという正気とは思えない命を出す。だが、この命が実行される前に艦の浸は急速に進み、回復不可能レベルにまで達した。

不自然な浸の進行。その間艦に留まっていたのは艦長のブリタノフだけ……

おそらくではあるが、保安士官の干渉を察知したブリタノフ自身による自沈措置であった事が伺える。

とにかくも1986年10月6日K-219は核兵器一式と共に深6,000mのの底へと消えていった。

その後

殉職したプレミーニンには勇敢な行動により勲章を受賞された一方、命からがら脱出し、命に反して部下の命を救ったブリタノフには怠慢サボタージュ、国家反逆罪の罪状で訴追された。当時のソ連防相セルゲイ・ソコロフは強硬に彼への厳罰を訴えていた。彼は収監されず、軍法会議に向けモスクワでの待機を命じられた。判決が下れば極刑は免れない。ブリタノフはあえて部下達には何も告げず、深夜で移動しようとした。

だが、そこには胸をって整列したK-219乗組員達の姿。彼らはの限り叫んだ。敬すべき上官の名を。

ypaa! Britanov!(ブリタノフ万歳!)」

意外なる結末

だが、ブリタノフが極刑に処される事はなかった。

1987年5月28日一機のセスナ機がソ連に侵入。当然防軍は迎撃の為戦闘機を出撃させるが、大韓航空機撃墜事件で世界中から非難されていた時期。あからさまな民間機を撃墜する事はもはやソ連といえど不適当な対処。更にジェット戦闘機で低速小のレシプロ機に追従する事は難しく、しまいには見失ってしまった。そうしてセスナ機は世界で最も厳重な警が為されたソ連々と飛行し、とうとう国家中枢たるモスクワのクレムリンに到達セスナ機はの広場へと降り立った。

パイロットの名はマティアス・ルスト。奇しくもプレミーニンの享年と同い年の、西ドイツ出身のありふれた青年であった。

時のソビエト連邦書記ミハイル・ゴルバチョフはこの事件を好機と捉え、ペレストロイカに反対していたソコロフをこの事件の責任を取らせる形で解任。そして自らの側近であったドミトリー・ヤゾフを後任に据える。

そして防相に就任したヤゾフは考える。

ロシアには革のが必要だ。そしてブリタノフは西側からしてみれば英雄と呼ぶに相応しい人物だ。彼こそ正しくゴルバチョフの提唱するペレストロイカを体現する人材ではないか!

そしてヤゾフは処罰書を破り捨てた。

晴れ無罪放免となったブリタノフだが、彼がその後軍に戻る事はなかった。党員も剥奪されたままだったが、すぐにそれは価値な物になった。

それから10年後、ブリタノフはかつての部下達と再会する機会を得た。そして彼らは最後に見送った時の言葉で、敬すべき元上官を出迎えたのだった。

ypaa! Britanov!(ブリタノフ万歳!)」

関連動画

モーツァルトバイオリン協奏曲とは何の関係もありません。

関連商品


作者の一人イーゴリ・クルジン氏はK-219の副艦長でした。

関連コミュニティ

K-219沈没事故に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/k-219%E6%B2%88%E6%B2%A1%E4%BA%8B%E6%95%85

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

K-219沈没事故

1 ななしのよっしん
2013/12/19(木) 23:36:37 ID: Fv6FFE1t/p
何か映画の内容みたいで興味深い記事だ、しかしなぜ今この事故を採り上げたのか、まあな内容で面い記事だからいいけど
あのの原潜の事故っていうとクルスクの話しか知らないなぁ、まあソ連時代じゃないけど・・・

>かつての部下達と再開する機会を得た。
↑ここんとこ「再開」じゃなくて「再会」じゃね? 
2 ななしのよっしん
2014/02/23(日) 20:45:36 ID: +IrmHz0wVZ
これの本読んだことある。「敵対域」だっけ?
多感な年頃だったせいかプレミーニンの最後のシーンで不覚にもね…
3 ななしのよっしん
2014/08/12(火) 00:00:56 ID: GZLQHDKJhz
こういう文章の書き方好きだな
4 ななしのよっしん
2014/08/26(火) 10:06:10 ID: pupG7Vmw/k
ナディアのあの回の元ネタなのかな…やっぱり。
5 ななしのよっしん
2018/02/01(木) 02:07:28 ID: ifWW4SswEJ
レミーニンの死因日本語Wikipediaだと「被ばくにより死亡」とあるが、英語版だと「火災により原子炉区画内の気圧が高まったせいで気密ドアが開かず窒息死」と書かれている。
正しいのはどちらか。

急上昇ワード