Lの季節単語

エルノキセツ
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

『Lの季節』とは、トンキンハウスから発売されたビジュアルノベル形式のADVである。

1999年8月5日プレイステーションソフトとして発売され、
2001年6月9日にはベストライス版(廉価版)が発売。
2009年11月26日には5pb.より、続編であるPS2ソフト『Lの季節2』と同梱でPSP移植された。

概要

東京書籍の子会社であるトンキンハウスから発売された本作は、
キャラクターデザインアニメーターイラストレーターである渡辺明夫氏が担当。
テーマソング小松未歩の『手ごたえのない愛』(DEENへ楽曲提供したもののセルフカバー
OPのアニメーションに使用されている他、ピアノバージョンBGMとしても使用されている。 

システム

ゲームシステムは『ToHeart』に代表されるビジュアルノベル形式のADV
選択肢によってエンディングが変わるマルチエンディング方式。
ヒロインによっては複数のエンディングが用意されている。

また、独自のシステムとして、

プレイヤー任意の選択肢システムIPS(口出しシステム)」<後述>
シナリオの進行状況を視覚的に表す「3Dマップ
特定ボタンを押すことで用の解説を見ることができる「TIPS

がある。

ストーリー

ストーリー展開は「現実界」と「幻想界」の二つに分けられ、それぞれに異なる主人公ヒロインが登場する。
この二つの世界はいわゆる並行世界である。
プレイヤーは冒頭の選択肢でこの二つの世界のうちの一方を選択し、以後は選択した世界物語を進めることになる。

登場ヒロイン

登場するヒロイン現実幻想共に6人+隠しヒロイン1人づつの計14人。
一部のヒロインの名前は漢字がとても読みらい。

あらすじ

《現実界》

 主人公「上進」は、写真部に所属する学園高校2年生。
ある登校すると、その手の中には見なれない7形のペンダントが。時同じくして学園内では先生や生徒が次々と原因も判らずに意識不明になる事件が発生し始める。新聞部員として調に乗り出した主人公が対面する1年前の事件の、そして今回の事件の相は?

《幻想界》

 主人公桐生」は、軽音楽部のバンドグループZAP」を率いる学園高校2年生。
ZAP」は学園祭で開かれる音楽祭の優勝補。だがスランプに悩む主人公音楽祭向けの新曲作りに煮詰まってしまう。そんな折「魔水晶」と呼ばれる7ペンダントが彼の手の中に現れ、そのうえ音楽を創造する禁断の邪法の存在を知ってしまった主人公の取った行動は...

IPS(口出しシステム)

『Lの季節』独自の選択肢システム
シナリオを進めていく際、特定の場所で対応ボタンを押すことで選択肢が現れ、
キャラクターに対する主人公の印を表す「感情値」を操作することでストーリーの進行に影を及ぼすシステム

話の展開上、ヒロイン同士が対立場合もあり、その際に感情値の高いヒロイン寄りの選択肢が表れることがある。
IPS選択肢プレイヤーが任意で発生させることができる為、
選択肢を選ばない”ということも行動選択の一つとなる。
メインストーリーを追う際は基本的には口出しをした方がよい)

尚、IPSタイミングテキストのスキップ機使用時に他の選択肢とは違い文字送りが停止することはない。
その為、一度クリアした後などスキップを多用した際にIPSポイントを飛ばしてしまうことがままある。

注:PSP移植版では口出しのポイントでもスキップが止まるように善された。

ヒロイン

《現実界》

  (あそう みどり)       cv野上ゆかな(現:ゆかな)
  高等部2年生。上進のクラスメイトで、写真部だった彼を自らも所属する新聞部に誘い入れた。
  周囲からはクールで近寄りがたい印を持たれているが、ごく親しい人々に対しては明るく優しい面を見せる。
  学業では理数系を得意とし、普段は非常に常識的。
  しかし、自身が学内新聞で連載する昆虫の記事を「これこそ読者めているもの」と本気で思っているあたり、
  若干ズレた感性の持ちでもある。
  上の新聞部入部後は彼にカメラの扱いを習うようになる。


 ・百合 (ほしはら ゆり)      cv柳原みわ(現:河舞)
  高等部2年生。かつては羽等と仲がよかったが、
  一年前に学園内で起きた事件をに心を閉ざしたように寡黙になり、
  他人と距離を置くようになった。
  一人で本を読んでいるか屋上にいる事が多く、彼女が連続意識喪失事件に関わっているのではと噂されている。


 ・倉 亜希子 (ゆみくら あきこ)     cv中川亜紀子
  高等部2年生。上進のクラスメイトで東由利鼓の親友。
  気の弱い面はあるが庭的で友達思い、優れた記憶の持ち
  両親は海外で働いており、中等部に在籍するさやかと二人暮らし。
  そんな環境の将来の事で悩んでいる。
  ぺったん


 ・東由利 鼓 (ひがしゆり つづみ) cv美冬(現:石村知子)
  高等部2年生。上進のクラスメイト倉亜希子の親友。
  快活で喜怒哀楽がはっきりしている反面、思いこみがしく一人で突っ走っては周囲を振り回す事もしばしば。
  新聞のネタを探す進への協と自身の問題の解決を兼ねて進、亜希子と共に学園の七不思議を追う事になる。
  陸上部に所属し、趣味読書と噂話。


 ・さやか (ゆみくら さやか)   cv田村ゆかり
  中等部2年生で、倉亜希子の
  性格はとは全く違い快活で人懐っこく自信だが、気分屋でわがまま、甘えん坊な面もある。
  成績は学内トップクラスで、吹奏楽部に所属(トロンボーン担当)。
  趣味小物集め。


 ・  (くさかべ みなと)    cv紗ゆり
  高等部の教諭で物理を担当。
  いつもマイペース、ぶっきらぼうで気だるげな振る舞いから、学内では変わり者と見られているが、
  生徒思いで一部の女子生徒の間ではカルト人気を得ている。
  学園のOGであり、「自立と自由」を教育方針としている。
  理科室ではフラスコとアルコールランプを使ってコーヒーを入れる。

 

《幻想界》

 ・科 流水音 すずしな るみね)   cv池澤春菜
  高等部2年生で桐生クラスメイトゴースト幽霊)。
  性格は素直になれない面はあるが快活でハイテンション制服を自分好みに改造している程のオシャレ好き。
  ピアノの腕はかなりのものだが、生前の体験から音楽を避けている。
  美術部に所属(但し文字どおりの幽霊部員)しており、趣味アクセサリー集め。


 ・舞波 優希 (まいなみ ゆうき)    cv堀江由衣
  中等部2年生。小さな体に不釣合いな程の大を携え、守護精霊ツチノコぽち」を連れた死神族の女の子
  自身の気の弱さと、優秀なである邪に対するコンプレックスに悩んでいる。
  美術部に所属しており、絵の腕前はコンクールで賞を取ったほど。


 ・リリス (こうるい-)           cv夏樹リオ
  高等部1年生で、音楽室のピアノを依代とする音楽妖精
  のある音楽を聴くことによって人間の姿へと成長することができるが、
  未だそこまでには至っておらず性格も邪気で子供っぽい。
  桐生音楽をつけ、彼の音楽からを得ようと付きまとう。


 氷狩 吹雪 ひかり ふぶき)    cv生駒治美
  高等部2年生で空手部の将。褐色の肌とい瞳、鎖でまとめた銀色を持つ妖族(いわゆる雪女)。
  その鋭い眼差しやとした佇まいに惹かれる女子生徒は多く、取り巻きがいるほど。
  2年前のとある事件に関わった舞波邪を嫌っており、桐生とも折り合いが悪い。


 ・ 七衣 (きりしろ なない)    cv鈴木真仁
  高等部1年生図書委員二次元三次元を行き来出来るという極めて特異な魔法生命体『絵の中の少女』。
  性格はマイペースおっとりしており、絵の世界の住人であるためか三次元(絵の外)の世界への関心は薄く、
  漫画ばかりを読みふけっている。


 ・エリザ・ノインテーター            cv山口由里子
  学園を運営するヴァンパイア族の名門ノインテーターの息女で、
  病床に伏すに代わり理事長代理を務めている。
  容姿端麗で気さくな為か男子生徒達の人気は高い。
  かつて問題を起こした桐生った事もあり、彼にとって頭の上がらない人物の一人。

その他

システムデータについて
  本作では3つのセーブファイルが用意されているが、
  一般的にプレイデータとは別個に保存されるシステムデータも本作では各ファイル毎に管理される。
  その為、一度読んだことのあるテキストも別のセーブファイルプレイした際にはスキップできない。

・続編
  現実幻想双方で起こる事件の原因は物語の最後には解決されるが、
  続編であり本作の1年後を舞台とした『Lの季節2』にも登場することがPVで判明。
  (これは『2』は事件が1作の結末とは別の解決をみた後の話という設定の為。
  ある意味『2』はパラレルワールドの話と言えなくもない。)
  ニコニコ動画では本作をプレイしたユーザーから「またお前か!」のタグを賜る。

関連動画


関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/l%E3%81%AE%E5%AD%A3%E7%AF%80

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

Lの季節

10 通り素通り
2014/03/09(日) 19:55:51 ID: VKejKxOJSd
今見てみると結構いい声優
リメイクするなら邪の緑川さんにやってほしいな。
11 ななしのよっしん
2014/04/10(木) 02:56:21 ID: Rd36gy2Rr7
人生初のギャルゲー……ギャルゲー
雑誌かなにかの紹介で見て、なんだか強に惹かれて探しまわって購入した。

一周主人公百合をくっつけようとして絶望したのは私だけでいい……。
12 ななしのよっしん
2014/07/13(日) 23:43:13 ID: q9uID9DAiO
2はともかく1は隠れた名作
ヒロイン数も当時としては破格の人数だしキャラが立っている
隠しキャラもいい
このあとに出たトンキンハウスミッシングブルーゲーム雑誌でギャルゲー
ながら80点(文字おススメ含み)を叩き出した良作だった
13 オーウェン
2014/09/09(火) 02:22:03 ID: jHJwGoe5f8
個人的にグッドエンドよりバッドエンドのほうが心に残った作品だった。特に羽さんが犠牲になった後の原さんBEは秀逸だったと思う。彼岸花の意味も含めて。
14 ななしのよっしん
2015/10/19(月) 09:40:25 ID: WZf2HGBGRg
あの当時色々なギャルゲをやったが、Lの季節はホントにやりまくった。
話の後が気になって仕方なかった。

でも今思い出そうとしても、細かくは出てこない。
羽さんが半裸で出てきたEDしか覚えてないのはなんでだ。
15 ななしのよっしん
2017/06/29(木) 19:17:39 ID: x1W/DvlRe4
流用もだし、そもそも新規絵もなあ、微妙
キャラデの人に描いて欲しかったところ
香野のキャラだけで2も良かったと思えるけどでも
やっぱりL、Mと来てNはどうなったのっていう
16 ななしのよっしん
2017/07/03(月) 01:11:31 ID: moW38X6i+c
当時SNKの格ゲにはまってたから
ナコルルシャルロットの人が出てるってことで買った初ギャルゲだった
何度も繰り返しプレイしたが幻想側の主人公だけはどうにも好きにはなれなかった
17 ななしのよっしん
2018/12/06(木) 06:56:03 ID: dZilcMuOQo
羽さん可すぎる
18 ななしのよっしん
2019/09/09(月) 14:44:58 ID: 6b9oTtNJXA
これミッシングブルーも含めて3部作にする予定だったんだっけ
トンキハウスが潰れちゃったからもう理だけどやりたかったなあ
19 ななしのよっしん
2019/09/13(金) 01:41:16 ID: +rJz5//BVp
ミッシングブルーってやったことないけど直接的な繋がりはあるん?
というより、やったほうがいい?