M4中戦車単語

エムヨンチュウセンシャ

M4中戦車とは、第二次世界大戦期のアメリカ軍戦車である。
通称シャーマン(sherman)。いわゆる呪術師・祈祷師のシャーマン(shaman)ではない。
南北戦争(1861-1865)において活躍したアメリカ合衆国の軍人ウィリアムシャーマンが由来である。

概要

工業大アメリカ傑作戦車。当時量産か質かの二極に分かれていた戦車界において、信頼性と生産性の両方を確立し、5万両という前の生産数を誇った。WW2前まで戦車後進国だったアメリカ戦車を一躍世界準まで押し上げ、第二次大戦においても連合軍の勝利に少なからず寄与し、「偉大なる」と称された。
アメリカ陸軍の他に海兵隊、さらに連合諸にも大量に供給され、戦後も様々なで使われ続けている。

開発・発展

WW2開戦時、戦車をあくまで歩兵支援兵器として見ていたアメリカ陸軍は、ナチス・ドイツ軍の機甲部隊による電撃侵攻をの当たりにして本格的な戦車部隊の発足を決断。既に時代遅れになっていたM2戦車の後継として中継ぎになるM3中戦車を開発し、1941年にはその高体を継いだ試作のT6が開発され、1942年からM4中戦車として量産が開始された。

には初期の75mmに対戦車用の長口径76.2mm歩兵支援用の105mm榴弾火炎放射器ロケットランチャー搭載と様々な形式が作られた。イギリス軍の17ポンド対戦車搭載シャーマンファイアフライと名付けられ、その火力ドイツ軍戦車に恐れられた。

特徴

一見すると極まりなく、ともするとそのの低さゆえ安かろう悪かろうと見られがちな本だが、その本領は数字で表せないところにある。シャーマンのコンポーネントには民間メーカーの部材が大量に使われ、エンジン航空機用のエンジンからトラック用のディーゼルエンジン、果てはバス用のガソリンエンジンを搭載、M4A3でようやく戦車用のエンジンが積まれたほどであった。M4~M4A6までの式はおおよそエンジンによって区分されているが、そのほとんどが民間エンジンである。エンジン製造元に近いところで組み立てが行で行われたこともあり、基本的には製造工場単位で異なる式となる。後年、装甲、内部の装備も製造単位微妙に異なるだけでなくその後の良も独自で行われるなど、その生産台数に応じたバリエーションを見せており、すべてを把握するのが困難なほどである。

まぁわかりやすくいうと、現代の組み立てPCと同じで、規格さえ合致していればメーカーが違うエンジンでも搭載できるという工業製品として優れていたお陰で機関部分の故障は少なく整備も容易で、未熟な乗員だけでも運用することができた。この機械的信頼性と整備性の良さがシャーマンの最大の長所である。

(これを可にしたのは当時のアメリカのモータリゼーションの発達に伴う豊かな工業の素地があったため。同じ工場で作っていてもロット単位でしか部品の交換性がかった当時の極東のとは泥の差である)

また設計も走攻守がバランス良くまとめられ、独特の背の高さでスペースにもゆとりがあったので乗員への負担が少なかった。シャーマンはカタログスペック上、決して高性戦車ではなかったが、高い運用性と均的な性を併せ持った、一つの完成した兵器だと言える。

欠点

上述のように生産性を重視したモデルであったため、本戦車上においては、特にドイツIV号戦車とはほぼ互だったが、V号戦車(パンター)以降には明らかに劣位にあった。そのため「五台で一台を囲う」いわゆる物量作戦がこの戦車戦法だった。(ただし、巷で言われるような「一両のパンターを撃破する間に五両のM4が撃破された。」という歴史事実はない。実際にはノルマンディー上陸作戦以降は、ドイツ戦車兵の質の低下がしかったため航空支援がない場合でもパンター相手に互以上に戦えることが多く損ドイツ側の方が多かった。)
また1943年末までに製造された本戦車の正面装甲は生産性と整備性を重視した反面、意外にも質はあまり考慮しておらず欧州戦線のみならず太平洋戦線でも大損を出してしまった。そこで質を善した後期体(M4A3)投入したところ損が大きく減少したという。(例としては太平洋戦線において、後期体以前の場合は47㎜に射撃された場合命中によっては800ydの距離で正面装甲を貫通できたが後期(は貫通距離500ydに減少したという報告がある。)

特にエンジンの余が少なく、そのために重量のある装甲を堅にすることができなかった。装甲は溶接・鋳造・ハイブリッドがあったが、いずれにせよ防御は不足気味だった。さらに弾薬庫を左右袖部に設けていた前期体が側面を攻撃され誘爆炎上するケースが多発したため、後期体は弾薬庫を床に移 し、誘爆を防ぐ湿式弾薬庫を搭載して対処した。他にも接地圧が高くインフラが劣悪な太平洋戦線や季の欧州戦線では機動性に難が出たものの、ダッグビルと呼ばれる器具を履帯に装着したり後期では幅広の履帯にしたりすることで善された。

バリエーション

 M4中戦車にはいろんなバリエーションがあるが、M4良してM4A1、さらに良してM4A2・・・という訳ではなく複数のバリエーションが並行生産された。ビバ工業!である。

M4

 溶接製の体に航空機エンジンを搭載したタイプ。複数の規格の異なる装甲を溶接で繋げていたので、強度が鋳造製の体と較して低い。このため、追加装甲や前面だけ鋳造で作るが後に開発された。アメリカ以外にもイギリスポーランドフランスが使用。76.2mmは搭載されず、75mm105mm榴弾60連装4.5インチロケットランチャーを搭載したタイプが開発され、自走榴弾的な役割を担った。生産数約8,400輌。
M4バリエーションにおいて初期体といえばこのタイプす。 

M4A1

  鋳造製で一体体をもつタイプエンジンM4と同様。榴弾威に優れる75mmと対戦車の高い76.2mmを装備する2種類が作られた。また、M4シャーマンの中で最もく生産・実戦投入された前期と、戦訓を取り入れて大ハッチと湿式弾薬庫を導入した後期にも別れ、大別して4種類のM4A1が存在することになる。アメリカイギリスポーランドフランス中国が使用。生産数およそ9,700輌。

M4A2

 それまで搭載していたエンジンの供給不足を見越して、民間トラックディーゼルエンジンを2基搭載したタイプ体はM4と同じく溶接で製造されている。走行性は割と好評だったが、アメリカ陸軍は使用燃料をガソリンに統一しており、軽油を使うM4A2は兵站の問題から敬遠され、ディーゼルエンジンを積んだ上陸用舟艇を多数保有するアメリカ海兵隊に配備されることになる。それ以外ではイギリスフランスポーランドソ連レンリースされ、ソ連では信頼性の高さから割と好評で精鋭部隊にのみ配備された。生産数およそ11,000輌。

M4A3

 M4バリエーションにおいて後期体といえばこのタイプである。航空機エンジンからフォード製8気筒ガソリンエンジンに変更したタイプ体は溶接製、武装は75mm、76.2mm105mm榴弾の3タイプが使用された。アメリカ軍を担った中戦車であり、陸軍と海兵隊の両者が使用した。前面装甲上部の強度・構造に問題のあった初期~中期の鋳造・溶接装甲から、傾斜度をやや緩めた均質圧延鋼の1枚に変更することによって強度不足が善され初期~中期に存在したり出し部分がなくなったことで防御が向上し、さらに傾斜を緩めたことで体容積が増え作業効率も向上した。

(装甲の傾斜を緩めてしまった分、防御が低下してしまうので釣り合いを取るべくやや増厚しており体正面下部も約50.8㎜から約101.6㎜と地味に大幅増厚されてたりする。)

M4シャーマンの性不足(もちろんドイツ軍戦車との較)が問題となった際、ティーガーI88mmに匹敵する強90mmを搭載する計画が立てられた。これはM26の量産開始まで一年を要するためであり試作車両が一両作られた。しかしこ車両でさえ開発了までに数かを必要とするものであり、M26パーシングの開発・生産を圧迫すると予想されたため、結局キャンセルされた。もしアメリカ軍に余裕があってこの良が実現していたらドイツ軍ホタル狩りに血をあげてる余裕はなかっただろうなあ。生産数は全タイプを合わせておよそ12,300輌。

M4A3E2

 通称シャーマンジャンボM4A3の体に増加装甲(前面だけで101mm)を溶接し、も装甲厚をマシマシにしたガチタン75mmで、防御の増加の代償として速度は5~6km/hほど低下したが、歩兵支援用として開発したので問題にされなかった。しかし、戦場では76.2mmに換装され、戦車部隊の先頭に立って進む役割を与えらることが多かった。普通シャーマンでは耐えられないドイツ軍戦車、対戦車の攻撃も、シャーマンジャンボなら耐えることが出来たからである。生産数はわずか254輌。

M4A3E8

 通称イージーエイト。76.2mm、一枚の前面装甲、湿式弾薬庫、新サスペンションと幅広の履帯を持つM4シャーマンの決定版。新サスペンションと履帯のおかげで機動性が上がり、また現地改造で増加装甲を載せられるようになった。戦後日本警察予備隊(現在陸上自衛隊)にも供与された。

M4A4

 6気筒エンジンを5基たばねた30気筒複列エンジンを搭載するタイプ。下側のエンジンを整備するために全体を取り出さなければならないなど面倒くさい、この馬鹿げたエンジンを搭載するために体は後部が延長されている。当然ながら整備性に問題があり、アメリカは自軍で使用せずイギリスなどに押し付けたレンリースとして送った。が、イギリスではの巡航戦車より機械的信頼性が高いとして喜ばれ、M4と共にシャーマンファイアフライ良された。どんだけ英国製巡航戦車の足回りがダメなのかを示す車両

M4A5

 カナダラム巡航戦車に与えられたナンバー。ちなみにラム巡航戦車はM4中戦車ではなくM3中戦車ベース

M4A6

 M4A4のエンジンキャタピラーディーゼルエンジンに換装したタイプ。前面が鋳造、後方が溶接のハイブリッド車体である。作り始めて3ヶで「M4中戦車のエンジンガソリンエンジンだけにする」とアメリカ軍上層部が決定したため僅か75輌で生産終了、全てが訓練用に回された悲劇の子。

戦歴

戦時中は「米軍の在るところにシャーマン在り」で北アフリカ戦線西部戦線、太平洋戦線とあらゆる戦場に投入された。ソ連軍にも数千両がレンリースされたため、東部戦線満州でもその姿を拝むことができた。

一方、ドイツのV号以上の重戦車に単体で対抗するのは困難極まりなく、数機で連携して当たることが多かった本であったが、軍上層部も単ドイツの猛に勝つつもりはハナからなかったので、前途有望な若者を I want you ジャンジャン前線に送り込み自慢の物量と練度の高さでドイツ戦車を擦り減らした。矢面に立たされる戦車兵にとってはたまったものではないが仕方がない、
これが戦争なのである。

まぁ、アメリカ軍は基本的には対戦車対策としてM4ではなくM36のような駆逐戦車に相手をさせるか、あるいは戦闘爆撃機などの航空支援で対応する気がまんまんだった。というのもあるのだが。
後年タングステン弾頭弾などを使えば朝鮮戦争T-34も撃破したという記録も残されているのだか、戦時中、この弾頭は駆逐戦車M26パーシングに優先的に割り当てられたものの、その当のM26もまともに戦争に参加したわけではないとなると、何がなにやら…。さぞや戦中、M4の大量生産を決定して改造処置を考えなかった上、新戦車導入を妨し続けたAGFの人は戦後恨まれたんではないだろうか。(なおその筆頭であったAGFトップ・マクネア中将は、コブラ作戦の前線視察に出かけた際、B-17誤爆をくらって死亡した。ありがとうゴルゴ13
 
(ちなみに76㎜の貫通タングステン弾頭弾を使用した場合の威は、通常徹甲弾と同じくパンター体正面は貫通不可能であり防部ならば約360mに接近しなれば貫通できなかった。しかし通常徹甲弾の防貫通距離180mとべれば大きな進歩だった。)

英国ではさすがにM4の武装に危機感を抱いてを交換、シャーマンファイアフライとして導入しており、こちらはドイツ軍戦車狩りに成果をあげていることは特筆すべきだろう。

 転じて太平洋戦線ではまともな戦車を開発できなかった日本にとって最高の戦車とは鹵獲したM3軽戦車という泣くに泣けない日本陸軍が相手のために無敵の重戦車ぷりを誇ったものの、クレイジーな日本兵の薄攻撃でやられた車両も多い。
同時に一式47mm機動(対戦車)による待ち伏せ戦術も、硫黄島沖縄戦などでM4にかなりの出血を強要している…まぁ、正面から装甲を貫させるのは難しく、M4の側面、あるいはやり過ごしてからの後方からの攻撃がだった戦果ではあるのだが…。
日本架空戦記では三式中戦車五式中戦車バカスカやられているが、そこは戦勝の余裕で許して欲しい。実際の三式、五式中戦車がどのような完成度、工業製品、戦車であったかはお察しください。

朝鮮戦争では前述したようにタングステン弾を持ちいればT-34を撃破しえたが、あくまでM26が担っている。

その後、大量に生産されたM4は各の軍に配備されたあと各地でスクラップとなって終了…とはならなかった。建間もないイスラエルM4世界アチコチから、あの手のこの手でかき集め(女の子使ってかっぱらう、映画に使う大具として、スクラップ化されたもの二束三文で買いくなどなど)独自良を施すことになった。
これが、スーパーシャーマン(M1)の誕生である。このスーパーシャーマンも年代がたつたびにその改造っぷりははげしく、M50スーパーシャーマンでは長75mmを搭載した。このフランスAMX-13戦車に使われたものの良・転用だが、元々はドイツV号戦車(パンター)に使われたベースだから、回りまわってM4に搭載されるという皮なことに。
最後のM51スーパーシャーマンではT-55を撃破するため、105mmを搭載するにいたっている。
この他にも大量に手に入れたM4のシャーシを使って各種バリエーションに満ちた…何しろ、歩兵戦闘車両ならまだしも自走砲、迫撃ロケットランチャー搭載となんでもありで、キルヒョン対レーダーミサイル搭載車両という、ゲテモノ車両まで誕生している。

陸上自衛隊いてもM24M41軽戦車と並んで、戦車配備までの戦車を支え続けた。聖地の国魔改造を施された物には未だに現役でこき使われている不運車両もある。内では陸上自衛隊武器学校富士学校などの一般開でにすることが出来る。靖国神社等に展示されている九七式中戦車とは、余りに工業製品としてのレベルが違うのは、あえてを瞑るべきなのだろうか。

関連動画

ドイツ戦車ニコニコ動画ではかなり冷遇されている気がするが多分気のせい。

関連商品

関連コミュニティ

コミュニズムは敵。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/m4%E4%B8%AD%E6%88%A6%E8%BB%8A

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

M4中戦車

144 ななしのよっしん
2017/06/13(火) 10:16:26 ID: utjITwdSCK
ドイツ戦車やらT-34べて攻防の面では見劣りするだろう。しかし、何が凄いかと言えばあのバランスの取れた性を維持しつつ、あんなに作ること、駄にゆとり設計で異常なほど拡性が高いこと、WW2後も改造されて使える機械的信頼性が高いこと。これはドイツソ連にはない。
これはアメリカ兵器の特徴だと思う。UH-1AH-1M1A1 etc
145 ななしのよっしん
2017/06/27(火) 00:05:52 ID: o6Rl1JlLfQ
>>144
ドイツ戦車やらT-34べて攻防の面では見劣りするだろう。
多分パンターティーガーの印で書いたんだろうけど、実質の戦車たるIV号とべるのが妥当でしょ。
例えば最終あたりでべるとIV号JやHは体前面が80ミリだが傾斜は実質ゼロ
肝心の前面に至っては軽戦車レベル50ミリ且つ、防御に劣る2分割の溶接構造で対弾性に難がある。
M4A3E8あたりになるとT-35-85も込みで総合的に同じ位の戦闘になるだろうね。
146 ななしのよっしん
2017/08/06(日) 20:20:19 ID: 5Gw63pjIVf
そこそこ強いし、何より嬌のある見たをしてるから好き
147 ななしのよっしん
2017/10/30(月) 18:11:46 ID: VbMKbfYNOI
ついこの間土駐屯地の駐屯地祭に行ってきてイージーエイト見てきたがやっぱカッコいいな。

WTM対決編の後部の出っりってアンテナステーだったのね。
実物見て初めて知ったわ
148 ななしのよっしん
2018/03/12(月) 20:47:39 ID: v/GwpFDsbC
>>138
フィリピン防衛戦でM4撃破したホニⅠの活躍を視してやるなよ
まあ戦車vs戦車っつーか戦車vs自走砲だけど
149 ななしのよっしん
2018/07/11(水) 16:53:55 ID: y9tATPlIYn
M4A3E2シャーマンジャンボというパンターティーガーも怖くないフルアーマーシャーマンもあるぜ。
WOT惑星Warthunder初心者ハンターとして猛威を振っている。あまり強すぎるので公式がわざわざ対策動画を作るほどにNoobからクレームされていた。

https://youtu.be/l31USzTa5EQexit
150 ななしのよっしん
2018/11/11(日) 22:39:41 ID: kZQMFaXftB
今年4/22ラグアイ陸軍で運用されていた最後の三両は退役。

>>149
Noobじゃなくてもクレームが来るぐらい悪だけどな!
側面撃てばいい→なら狙えない位置に篭れば良いの対応されて撃破出来ない。
当然爆撃するが機動性が良いので逃げれる、正面装甲貫通できるのがソ連のみ
体機孔狙え→そもそもそんな近くに居ないので針のを通す狙撃が必須など実情は相当酷い
151 ななしのよっしん
2018/11/14(水) 22:14:11 ID: 5fEGxsg3Sc
よくダサいやられ役として扱われることも多いけど、正直フォルムでもスペックでもエピソードでも二次大戦戦車で一番好き
カッコいいじゃないホントに・・・
152 ななしのよっしん
2018/12/03(月) 18:50:45 ID: o6Rl1JlLfQ
弾薬庫や錬度に問題はあったがそれらは解消されていく事になるし、
そもそも当時の中戦車としては正しく第一級の車両である事に間違いないからね。
大抵の場合、ティーガーパンターいは待ち伏せ状態の突に不利だったっていう一部分だけ抜き取り誇した話だし。
そんなもん号やT-34系列にだって全く同じ事が言えてしまう。
153 ななしのよっしん
2019/06/15(土) 10:04:12 ID: VsGBr5PmcD
戦ヴァル4で主人公に抜T-34やらエレファントやらがモデルの敵戦車バカスカ撃ち合える

生産も運用も手間の掛かる重戦車より、シャーマンとかT-34とか号とか、そこら辺を見渡せばウロウロしてる量産型戦車の方が歩兵線では親しみやすい

急上昇ワード